« ドラゴンクエストX~その23くらい~ | トップページ | AKB48近況 »

2012年9月12日 (水)

ドラゴンクエストX~その24~

実際どの程度このドラクエネタのニーズがあるんだろうね。アクセス数は確かに一時期より上がってるんだけど、これがドラクエのおかげなのか、電波人間のおかげなのかは、よくわからないところ。コメントを下さった方以外でドラクエ日記を楽しみにして下さってる方とかもいるのかしら。

まぁボチボチ潮時というかモチベーション的にもテンション的にも停滞気味になってきてはいるわけだけど、書き出すとなんだかんだでそれなりの分量になるのが不思議なところ。今日だってヘタしたら10行くらいしか書くことないんじゃないかと思いつつ、

 もう10行超えてる。

そんなもんだ。

何となくプレイしていたら、何となくサポートメンバーのタイムリミットが近づいてきて、あと2時間ちょいで僧侶がいなくなってしまうという。大体9時とか10時とかが、

 一番僧侶不足になる時間帯

なので、ここでいなくなる=まともな狩りは出来なくなると言っても過言ではないのだが、そうは言ってもこれと言って目的がないので、最近のブームになってるガタラ方面への採取ツアーをすることにする。

ジュレリア廃坑で銀鉱石だけを拾い、ガタラ原野の「光の石があるブロック」以外のキラキラを全部拾う。じょうぶな枝、サバンナの水がメインだったが、最近だとコットン草も値上がり調子。昨夜など、

 シルク草55G、コットン草50G

くらいまで価格が肉薄してた。このままだと逆転もありそう。

ちなみにこの理由は、(たぶんだけど)皮手袋のニーズ増大によるものだと思われる。レアドロップが上がる装備で、防御力に大きな影響がなく、かつより多くの職種で使える手袋を大量に作ることが、

 裁縫のトレンド

みたいな。

実際レアドロップ率が1.4倍になったところで、それが果たして体感出来るものなのかどうなのか全くわからないし、4人パーティで全員が付けて1.4×1.4×1.4×1.4=3.8倍にまでホントに膨れあがるのかもわからない。まぁ僕みたいに面倒なヤツは、なかなかそんなアグレッシブなフレンドと一緒にやろうとも思わないんだけど。

ともかく、コットン草は侮れないし、侮らない。

あとは地味に青箱を開けたりしつつガタラを漁ったら、その先のサーマルなんとかで、銀鉱石を集める。ここは、昨日まで周回してようやっと、

 キラキラが1カ所のところは、かがやきそうか、きれいな枝。2カ所のところは銀鉱石

ということがわかった。まぁそうは言っても周囲は「今手」の敵ばかりで、ちょっとした油断ですぐ死んじゃうんだけどね。

その後は軽くバサラーナを狩り、時間が来たのでメンバーにバイバイ。でも2時間ほど経ったことで、多少斡旋所の登録が増えたのか、

 奇跡的にLV50僧侶と、LV50旅芸人をゲット。

ついでにLV47か46の僧侶も入れちゃって、

 クリス、いよいよラスボスに挑む準備。

でもまぁ初見なので、勝手はわからない。攻略サイトを見て魔法の聖水がたくさんいるらしいとか、作戦は、いのち、いのち、おれにまかせろだとか、十分な攻撃力があるなら、ピオリムとMPを鑑みて盗賊の方が武闘家よりメリットが大きいなどのチェック項目を消化していく。まぁ実際はやってみるまでわからないのだが。

グレンから海峡を越えてランドン山脈へ入り、雪山登山の果てに頂上へ到達。そこからキュートでファンシーな白鳥型の足こぎボートを出してもらい、いざ冥王の心臓へ、、、。

ここは、レイダメテスと違い制限時間がなく、精神的な切迫感は薄い。巡回してるマポレーナ、ベホマスライムからはLV50で難癖付けられないが、サタンメイルやましょうぐもは攻撃してくる。他にもトロルやまおうのつかいもいたけど、リスクの高い宝箱はスルー。取れるところだけ取って行く。途中世界樹の葉が出たのはちょっと嬉しかった。一応手持ちで2枚あったけど、心強い保険になる。

程なくして舞台はいよいよ最後の神殿へ移る。まぁキーエンブレムも全部集めてないし、倒してない雑魚もたくさんいるが、腐ってもラスボスである。これで一区切り付くだろう。

 倒せれば。

つかまぁ正直なんでアタックしようかと思ったかと言えば、単純にルーラストーンが欲しかったからというそれだけのことだ。ベースキャンプでもあるジュレットと、宿屋専用の木陰の集落、バサラーナ用のがけっぷちの村以外に、もう一つあったら便利だろうなぁと思うことが多かった。

 まぁ、倒せれば、だが。

戦闘前に小瓶でMPを全快にする。HPは満タンで全快済み。忘れずにひらめきの指輪をちからの指輪に替える。今一度戦略も再確認。まずはピオリム×2、みやぶるで、あとはタイガー連発。ある程度ダメージを与えたら、雑魚が3体出て来るはずなので、それをアークデーモン、ベリアルの順に倒し、ピオリムをかけ直してからアークデーモンを倒す。あとはひとまずタイガー連発で倒すだけ。そして、変化したら、物理攻撃無効にする右腕を壊してから、本体へダメージを加えていく、、、。

果たしてバイシオンで強化された僕のタイガークローは、冥王ネルゲルに驚くほど大きなダメージを与えてくれた。90以上のダメージ×3。これならほどなく第一段階はクリア出来そうだ。こちらのメンバーも、HP160ほどの僧侶がギリHP1で踏ん張ってくれたのがありがたかった。

第2段階に登場したアークデーモンは、最初のタイガー1発で会心の一撃が発動し、約700ほどのダメージを奪う。2回目のタイガーも300オーバーで、拍子抜けするほど瞬間的に倒すことが出来た。ちなみにアークデーモンからのダメージは一桁だった気がする。ベリアルにもアークデーモンほどでないにろダメージは通り、さほど苦もなく撃破。ただ、最後のアークデーモンは、こちらのHPやMPを十分に回復する前に倒してしまい、

 結果次のネルゲルで回復するハメに。

それがかなり辛く、メンバーも死んでは復活死んでは復活の繰り返し。結局倒した時には、

 HP1の僧侶、HP30の旅芸人、死んでる僧侶と、HP全快の僕

という状況に。攻略サイトでは死んでるメンバーは復活し、掛かってる効果は全て一旦キャンセルされる、とのことだったが、

 死んでる僧侶、死んだままじゃーーん・・・

多少ダメージを与えたとは思うが、ここからはまともな回復が追いつかず、結局死者が増えていって、最後自分もやられてしまった。

 うーむ。

直後は何が敗因だったのか今一つわからなかったが、今思えば、賢者の聖水や世界樹の葉を使ってでも、最終戦を一気に立て直すべきだったかなぁという感じ。特やくそうも持ってくれば良かったなぁとか、少しでも防御力の高い装備を買ってくればよかったかなぁとか、

 ひとりでも人間僧侶に手伝ってもらえば良かったかなぁとか。

ダメージ自体は、バイシオン×2のタイガーでそれなりに与えられたと思う。まぁ今思えば腕にしか与えてなかった気もするから、実際はウイングブロウにした方がいいのかも知れないし、合計10個消費した聖水も、もっとケチらずに使っていくべきだったかなぁとも思うけど、

 そんなには悔しくないんだよな。

なんつか、数こなせば「倒せそう」な感じはした。人間ならもっと楽になれそうな気がした。せめて「聖女の守り」でもあれば、全然違っただろうに、とも。

戦いの後、アクセスしていたフレンドのしおんさんに、明日手伝って欲しい旨を伝え、了承を戴く。聖水は当然僕が持つし、数も30用意する。なけなしのお金で装備を(わずかだけど)強化し、

 明日は絶対倒したいと思った。

LV50の僧侶と旅芸人がいるときなんて、今後いつあるかわかったもんじゃないし、最近そこかしこで「タイガーが強すぎる」って言われてるから、弱体化される可能性もゼロじゃない。

 やるなら今しかない。

まぁつってもそんな感動のクライマックスにはならないと思うけどね。あ、世界樹の葉はもう少し追加しておこうかな。メダル2枚で1枚か、、、せいぜい2枚くらいだけど<セコッ。

|

« ドラゴンクエストX~その23くらい~ | トップページ | AKB48近況 »

コメント

http://www15.plala.or.jp/gcap/dq10/monster.htm

約束のURLです。ご活用ください。

投稿: BlueTasu | 2012年9月13日 (木) 21時17分

どもですBlue_Tasuさん、活用させて戴きました(^^。

ブログでも書きましたが「ゆめみの花が250G」ってのが一番大きな情報でしたね。確定ダメージに関しては、「バイシオン2回アリ」だとどうなるのかが気になったところです。それがわかれば、どのくらい消耗するか、自分ではなく魔法使いの人に頼むべきかの目処が立てられますから。
※自分が倒したトリケラがタイガー400発とか言われても今一つピンと来ませんからね(^^;。

今は正直モチベが下がってきていて、ボチボチ潮時かなぁと思ったりもしています。やはり10月までは(個人的には)持ちそうにありませんね。

PS.メトロゴーストのレシピ、やっぱ無理でした(^^;。

投稿: クリス | 2012年9月18日 (火) 05時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/55635763

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンクエストX~その24~:

« ドラゴンクエストX~その23くらい~ | トップページ | AKB48近況 »