« 特撮博物館 | トップページ | 前田敦子卒業公演 »

2012年9月 1日 (土)

ドラゴンクエストX~その19~

今回のプレイは久々に動きがあった。

 初めての人間4人パーティを経験!

いや、別にコミュ障害じゃないんですよ?普通に接客業営んでいますし、高校一年の一学期にクラスメートの女子から「よくしゃべる男だなぁ」って言われてしばらく無口になったけどでも翌年には普通にしゃべるようになったくらいの人間です。つかコミュ障だったらこんなに長文書いたりしないと思うし。思いこみ?

休日の朝、コレと言って目的がなくなったので、でも経験値稼ぎをしたい気分でもなかったので、ダメ元で「ウワサのポポなんとか洞窟」に行ってみた。ここにはなにやら、

 おどる宝石がよく出るらしい。

もちろんだからこそパーティもウジャウジャいて、ターゲットの取り合いになったりしていそうなのだけど、まぁそこはそれ。行って雰囲気が悪かったら尻尾巻いてトンズラだ。別にここで稼がなきゃ死んじゃうってワケじゃないし。

場所はプクリポの本拠地、オルフェンだかオルフェアだかからほど近い。大体徒歩で5、6分かな、以前バアラックやマジックフライと戯れたアズランのモリナラ森林より近い印象。

 こんなに近くにそんなに率のいい狩り場があっちゃ、そりゃ混雑するわな。

ましてや敵がそれほど強くないとなれば、序盤からガンガン狩りたくなる。レベル範囲が広い狩り場は
※猫島もそうだけど
倍率上がりやすいんだよな。

 しかし着いてみると最初の部屋には1パーティのみ

おおこれは好都合。1パーティのみなら、少なくとも試しに何度か倒すことは出来よう。ポップのペース次第では十分実入りも期待できる。

最初のターゲットを処理したあと、そこにいたパーティのエンジェルさんという方が、

 一緒にやる?

と声を掛けてくれた。要はお金目当てだし、NPCを入れようとリアルプレイヤーを入れようと、経験値効率に大した差はないし、何より取り合いになる方が生産性は下がる。僕は快諾し、NPCの僧侶ひとりを含む4人パーティで狩り始めた。

ここでの敵は、おどる宝石と、ヤツがたまに召喚するなんとかピエロ。ピエロはメラミを使うので、出たら優先的に処理してと言われる。

 いきなりミスって普通に宝石に斬りかかる僕。

うーむまぁそういうこともあるさ。

洞窟の中には3つの広間があり、おどる宝石はそれぞれの部屋にポップするが、僕の仕入れた情報では、「誰かが倒すと別のどこかにポップする」らしい。要するに3部屋に3シンボルの出現可能性があり、とにかく他がガンガン倒せばこちらにも出現する可能性が上がる。逆に言えばこちらに3体のシンボルが出現しているときは、他には一切出現していないわけで、「少しでも早く処理しないと」、他のプレイヤーに迷惑というか、まぁ生産性を下げることになる。というか、

 出ない時はスゲェ出ないが、出るときはメチャメチャ出る。

パーティは40くらいの武闘家と、25くらいの旅芸人。50のNPC僧侶というパーティで、さほど苦戦せずに倒して行けたが、途中で、

 「ダメージデカいですね」

みたいなことを言われて、

 ぶっちゃけ有頂天(^^

いやいや自分なりにがんばって育ててきたつもりだったけど、こうして改めて見ず知らずの方に褒められると嬉しいもんだ。敵を倒す手にも力が入る。

ところどころで他のパーティが来たり消えたりしつつ、なるべく「荒まないように」狩る。空気が悪くなるのはイヤなんだよね。やっぱり。

でも途中で、「応援してください!」って叫ぶ子とか、いたりしてなんかちょっと愉快になったりもしたな。自分からそういうの頼んで、こちらには応援しないという。まぁ僕は自分が十分強いと思ってるから(^^;、応援なんざ(ホントに)いらなかったんだけども。

そんな中、ひとり+NPC3人で来た子が僧侶だったので、エンジェルさんがまたも誘いを掛けてくれたのだけど、結構目の前のことに集中してるから、

 「誰になんで待ってって言ってるのかわからない」

そうすると段々声が大きくなっていく。というか、ドラクエはテキストチャットだけなんだけど、

 語尾に「!」を付けるごとに、吹き出しが大きくなっていく。

全然知らなかったけど、スゲェ愉快だった。

 「待ってってば!!!!!!」

まさに叫んでる感じ。もう一つのパーティの子が、

 「え?わたし?」

みたいな。要は戦闘してると一緒に出来ないからだったんだけど、まぁ無事に合流。30分ほどしか一緒に出来ないとのことだったけど、

 初の4人パーティを経験。

まぁ相手が強くないからそれほど効率うんぬんを語るほどじゃなかったんだけどね。

のらりくらりと狩りをし、ひとり抜け二人抜けして、エンジェルさんと二人だけになり、他のパーティもいたので、僕から、

「バサラーナに行ってみますか?」

と提案。移動することに。

バサラーナでの狩りは、とにかく忙しく、作業色が強い。ほとんど操作し続けるため、無駄話をする暇もなく、結果的に単位時間当たりの生産性はおどる宝石以上でも、

 まぁ面白みはない。

荒まない範囲でタゲの取り合いをするのは、実はそれほど悪くないんだよね。悔しい時があるから嬉しいときがあるって考え方もあるわけで。誰もいないオンラインRPGなんて誰もやりたがらないわけで。

しばらく狩っていたけど、途中でボス戦の話になる。エンジェルさんは、メインが僧侶で、レイダメデスのボスは倒したが、ラスボス冥王ネルガルには、

 通信トラブルで倒したのに倒してなかったことになってしまった

という。実を言うと、というか単に話が前後するだけのことなのだが、今回おどる宝石のポイントに行く前夜、

 僕もレイダメデスには挑んでいたりする。でもって惜敗というか、、、惨敗してたりする。

●レイダメデストライアル

非常に防御力の高い敵だとは聞いていたが、戦ってみなければわからない。一説には「魔神斬りとメラミしかダメージは与えられない」とか、「盗賊は、、、ダメですね」とか、「僧侶ふたりは絶対いる。それもレベル50」とかいろんなウワサを耳にしていたが、

 ホントにダメかどうかは戦ってみないとわからないだろう?なぜなら、ダメだった盗賊はオレほどの攻撃力を持っていなかっただろうから。

随分上から見ているが、高額なツメを購入し、自分なりにそこそこ満足のいく育成をしたカエルというのはそんなもんである。世界は自分が思っている以上に広いのだが、割とそういうの、気付かないのである。

パーティは今回も普通にサポート仲間。僧侶がいるとか、ザオがふたりはいるとかの話もあったが、

 とりあえず探しても見あたらないので今のまま行く。

っていうかサポート人間(クエストをいくつかクリアし、過去の世界へ行くことが出来るようになったキャラ。ウェディやオーガなど「亜人間」ではレイダメテスには行くことすら出来ない)をずっと使ってきた身としては、それで何とかなってきた身としては、正直どのくらいキツいのか想像が出来ない。LV47僧侶、LV50魔法使い、LV49盗賊に、自分LV50盗賊。これで何が悪いのかもいいのかもわからなかったのだが、、、

まず、レイダメテスに行き、いくつかのクエストを消化していく。というかストーリーを追っかけていくだけの話なのだが、まぁサイト見ながら一本道。面倒な部分もあるが、そこそこ楽しい。

そして、いよいよラズバーンの待つレイダメテスへ赴く。ここには当然強力な雑魚がいて、かつ、3体の「地獄の門番」を倒さなければ、ラズバーンのもとへはたどり着けない上に、

 60分の時間制限がある。

門番を倒し、60分位内にラズバーンのもとへたどり着けなければ、入り口からやり直しになるという。

 まぁやってみないとわからないのでやってみる。

が、せっかくなので見たことがなかった敵は戦って、みやぶって、リストに入れていく。無駄な時間は使えないが、いかんせん感覚がわからないのだ。1種1回すら戦えないレベルに時間がシビアなのか、はたまた余裕なのか、、、。

ここでの雑魚は、普通に「はげしいほのお」などの全体攻撃を使い、ベホマラーの使えない我がパーティは、結構なダメージおよび魔法の小瓶を消費するハメとなったが、一体「てっこうまじん」の強化版以外は一通りチェック。つかこいつは、

 オレ様のウィングブロウをもってしても23くらいしかダメージを与えられない「堅すぎる」相手。

少なくともHPが50とかには見えず、あっさりと逃走する。

地獄の門番は、言ってみればピッコロがはき出した雑魚。栽培マンみたいなもんである。こんなのに手こずっているようでは、ラズバーンに勝てるわけもあるまい。

 ・・・って結構強いんですけど!?

猛毒を使われるとバカ僧侶がキアリーを掛けてしまう。そんなことしてる間があったらベホイミだろ、おはらいだろ、と思いつつも、何とか3体とも撃破。あとからエンジェルさんに聞いたら、、、

 「AIで門番倒したの!?信じられない!」

みたいなこと言われた。まぁ運がよかったのかな、と思う。

そしていざラズバーン戦なのだが、、、

 ぶっちゃけお話にならない。

とにかく、僧侶がザオラルよりもベホイミを優先してしまうため、死人が復活しない。当然全体攻撃も熾烈だし、ダメージ自体は魔法使いのメラミが130くらいかな、僕のタイガーが100くらい与えていたけど、長期戦どころかあっさりとひとり減りふたり減り、全滅の憂き目を見てしまった。

 僧侶ふたりは絶対いる。

まぁこの程度のことは学習した。

・・・そしてそして、

エンジェルさんが、僕に、

 「遊びでいってみますか?」

と聞いてくれた。結構な時間が掛かるのは目に見えているし、エンジェルさん自身、「たぶん倒せません」とは言っていた。魔神斬りもなく、人間僧侶であるエンジェルさんは「天使の祈り」と呼ばれる、僧侶が自分に掛け、死んでも5秒後に復活するスキルを持っていない。NPCの僧侶ではザオラルよりベホイミを優先するのは目に見えていて、それこそ奇跡でも起きない限り、「倒せない」という。遠回しに、「倒せなくても落ち込まないでね」と言ってくれたが、僕としては、

 やるだけのことはやってみます。

そう、負けるつもりなど、前回も今回もないのだ。「試しに行ってみる」のは事実だが、「試しに負けてみる」わけじゃない。特に今回は、前回学習した、

 魔法の聖水やアモールの水もそこそこ持って行く作戦。

いざというとき、自分が軽いダメージの仲間を回復させることで、僧侶がザオラルを使いやすくなるかも知れない。どのくらいの長期戦になるかわからないし、小瓶ではらちが明かなかったから、バサラーナで稼いだ5000Gほどを全て聖水にぶっこみ、在庫も全て持っていくことにした。

途中、ベンチにいた亜人がひっかかって過去の世界に行けないというミスを犯してしまったが、パーティに入れていたNPCの魔法使いと僧侶を含め、4人で再びレイダメテスへ・・・。

前回門番を3体とも倒していたので、ラズバーンへは直接向かうことが出来た。まぁやりなおしと言っても「そこまでいくのがやり直し」であったのかなぁというところ。

そしていざ戦闘開始。「ラスボス」ではないが、ストーリー上は間違いなく、ボスクラスの敵だ。これまでの中ボスと同じ心構えではお話にならない。

開幕直後に2度ピオリムを掛け、エンジェルさんには悪いけど、みやぶりも使う。あとは、敵の動きを見つつ、タイガーを繰り返す。試しにウイングブロウも使ってみたが、こちらは約90のダメージで、タイガーの100よりやや弱かった。ヒットチェックが3回ある分、クリティカル率もタイガーに分があるとして、以降タイガーオンリーに。

回復はさすがにエンジェルさんは適切。NPC僧侶はスクルトやベホイミを連発。魔法使いはヒャドで93ほどのダメージを与える。

当然のように苦戦するかと思いきや、ほどなくしてヤツのHPが黄色になる。内心「これは行けるのでは!?」と思った矢先、ついにエンジェルさんのHPが赤く染まる。なのにNPC僧侶セリナはザオラルを使わない・・・。

 「ほらね」

とエンジェルさんが言う。だが僕はあきらめない。とにかく全員のHPがマックスになるように回復に集中し、そして、、、

 祈る。

心なしかラズバーンの行動が遅く感じられた刹那、セリナがザオラルを唱え始める。

 エンジェルが舞い降りた!

そこからのことはあまりよく覚えていない。ただ、相手が怒ってる時はロストアタックを使い、テンションバーンを使い始めたらゴールドフィンガーも使う。ゴールドフィンガーは、ここで、190時間以上プレイしてきてついに、意味を知ることになったのだが、、、

 失敗しないし、ダメージも大きい。

ロストアタックは時としてミスをすることもあったが、ゴールドフィンガーは見事にヤツの動きを抑え込んだ。ピオリムもゴールドフィンガーも、ツメ盗賊ならではのスキルだ。
※特にゴールドフィンガーは、武闘家を志した者が取得する可能性は極めて低いのだ。なぜなら、それを取ると武闘家の気合い100まで育てるのが非常にキツくなるから。

 「自称最強盗賊なめんな!」

※エンジェルさんに言ったワケではありません念のため。

そしてヤツは地をなめることとなる。運が良かったと言えばほとんど痛恨の一撃を食らわせて来なかった点は運が良かったし、エンジェルさんが死んだのが一回だけだったのもラッキーだった。途中で、ゴールドフィンガーとロストアタックに気付いてからのダメージは目に見えて低かったし、ピオリムのかけ忘れもMPの回復し忘れもなく、

 自分で言うのもなんだけど、よく立ち回ったと思う。

いつもならテンパっちゃっていろんなこと忘れちゃうもんな。

倒した後、クソ長いデモを終え、エンジェルさんと合流。何度もお礼を言い、別れたのだけど、最後に、

 「クリスさん、強かったですね」

って言って貰えて、凄く嬉しかった。この時は「思ったよりダメージが出なかった」って言ったと思うけど、よくよく考えたら、魔神斬りを使う戦士や魔法使いよりもターンの周りは早い。クリティカル率が低いのは当然マイナスだけど、目に見えて安定したダメージが加算されていく心強さがあるのは事実。

 攻撃力に磨きを掛けてきて、良かった。

もっとも、

 「ラスボスはこうは行きませんけどね」

とも言われたけどね。とにかく簡単にやられちゃうらしいし、今度こそNPC込みのパーティではお話にならないだろう。僕も戦士と武闘家のスキルを磨き、HP+70を取り、防具も強化して、今度はクリティカル率の高い武器も買う。ラスボスの防御力はラズバーンよりも高いらしいから、さすがにこのままじゃキツいだろう。

初見で倒せるとは思ってないし、もっと言えば、

 倒そうとも思ってない。

こいつを倒すことで、僕のドラクエXは終わってしまう気がするんだよな。ただ、言えるのは、

 大きく前進した。

ってことかな。

・・・

飯を食ったら急に眠くなっちゃったので、軽く爆睡。起きたらエンジェルさんはいなくなってた(^^;。何をしようかな、と思ったけど、これと言ってやることがなかったので、軽くバサラーナで稼いでいて、途中でふと、

 LV45だし、武闘家クエストでもやるか。

と消化しはじめる。武闘家クエは僕のホームグランドであるジュレットにいるNPCが斡旋してくれるのだが、

 さほど苦もなく30、35、40と消化する。ちなみに、、、

30は、爆弾岩を5体倒すだけ。
35は、ためる、を使いマージスターを倒す。これもたくさん溜めれば余裕。
40のクエは、素手でニャームコ(タブン違う)を倒すだったかな。つか35と40は多少ごっちゃになってるかも知れないけど、そう大差はない。余裕だ。

 だが、45のクエには結構苦労させられた。

まず、最初に、キラーパンサーを会心の一撃でしとめ、右角を取ってくると言うミッション。

 運良く最初の一匹で会心の一撃が2回発動し、あっさりゲット。

しかし、実を言うとこのクエスト、「左角はNPCがゲットしてくる」という話だったのだが、

 あまりにも浮ついたヤツだったので、どうにも信用できず、もう一方の角も自分で取って行こうと決断。

その為に、最初の1匹で手に入れられたにもかかわらず、

 以後20匹以上狩り続けるハメに。

でもって結果、

 普通に僕では取れず、NPCが左角を持ってきてる・・・。

まぁサイトを読めば明白だったのだけど、つい熱くなっちゃったんだよね。

ちなみにこのマップには、奥の方に「ベルフェゴル」というデーモン系の雑魚が鎮座ましましてるのだけど、なにげに斬りつけたら、

 「しゃくねつ。クリスは160のダメージ」

ぐはぁ!!

速攻退散。今はまだ勘弁してやるぜ。つか、

 こんな奴倒してる人いるのかしら。

最初にフバーハとか武闘家のスキルとか使えば何とかなるのかしら。人間パーティを組みたくなる今日この頃だぜ。

で、その角を持って訪れたダンジョンで対峙したのが、

 オープニングに登場するギガデーモンその人。

つかなめてたんだよな~。なんつか倒せるでしょ?みたいに。なんとかなるっしょ?みたいに思ってたんだよ。余裕でしょ?みたいに。

 全然余裕じゃなかった。

つか、

 2回全滅した。
※ある意味ラズバーン以上の強敵!

とにかく体がでかく、死んだキャラを甦らせるために僧侶が近づけない。バカNPCはずっとヤツにでっぷりしたお腹に顔をこすりつけるばかりで、

 そりゃ倒せないわ。

って感じ。全体攻撃も結構きつくて、HP自体は初戦時にオレンジまで持って行くことが出来たから、それほどでもなかったと思うのだけど、

 サポート仲間だけで倒すのは結構骨が折れた。

つか倒してる人も少ないんじゃないかとマジメに思ったな。まぁ僧侶や旅芸人で組めば余裕なのかも知れないけど。

結局最後倒した時は、虎の子の聖水も使い、パーティの作戦を「いのちをだいじに」にシフト。とにかくみんな死なないことだけ考えてくれ、と。あとはオレが何とかすっから、と。

 それでもギリ討伐。

つか回復しろよ、そういう作戦だったろ!?としみじみ言いたくなったが、まぁしょうがない。賢すぎるAIは人間を超えてしまうからね。

 なんとか武闘家の必殺技をゲット。

でもこれってどんな効果があるんだろ、と取ってから知ったのだけど、

 相手をショック状態にして2ターンくらい硬直させる。

まぁ雑魚には全く使えない?ボスにも効果があるのかわからない?そんなワザだった。つか、一気にテンションが50になるみたいな効果じゃなかったっけ?>ドラクエIX

・・・

そんなこんなで激動のプレイ内容だったが、宿題は結構タイトになってきている。

・お金を貯めて装備を買う
・武闘家と戦士のHPUPスキルを得る
・みやぶってない雑魚をみやぶる
・キーエンブレムを集める

まぁ最後のはどうでもいい。とにかく今は経験値とお金を稼ぐだけだ。

|

« 特撮博物館 | トップページ | 前田敦子卒業公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/55551416

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンクエストX~その19~:

« 特撮博物館 | トップページ | 前田敦子卒業公演 »