« ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q | トップページ | タッチスリーンってどうなの? »

2012年11月19日 (月)

ボーダーランズ2~その10~

もう辛くて辛くてくじけそうになったけど、何とか持ち直した。

僕のプレイは、1周目から凄くじっくり牛歩で、ラスボスであるWARRIORもそれなりに数時間倒してからの進行であったため、レベル的にさほど不足しているという手応えは、少なくとも開始直後はなかった。

が、やはりサブクエストを全てシカトして、メインだけをガンガン進めていけば、あらたなレベルにフィットした武器も手に入らず、こちらのレベルが上がらない分、相対的に敵は強くなってく。

1周目の終盤でもそうであったように、こちらのシールド&HPは一瞬で空っぽにさせられるし、簡単に死ぬ。死んだ後のセカンドウインド頼みに関しても、シールド持ちや、ベラボーに高いHPの雑魚が多く、

 至近距離から10000×3のRPGを6発撃っても倒せない奴とかザラにいる。こちらの方がレベルが3も高いのに。

敵からの経験値は極端に少ないわけではないが、
※100~300程度
ドロップする武器の質、およびスキルが活かせず、ここに来て「ゼロって弱いんじゃね?」って思い始めると同時に、

 プレイが途端にキツく感じられるようになった。

ダストの3箱マラソンはレベル38の装備が手に入るが、レア度がほぼ青止まりで正直「コレだ!」というほど強いものには巡り会えない。かといって雑魚は本気で強いので、

 宝箱を取ってから数体倒せるだけ倒して死んだらリスタート
→これならデスペナルティは取られない。

そんなプレイでモチベが得られるわけもなかったので、いい加減重い腰を上げて先へ進めることにした。

次のマップ、ブラッドショットストラグルホールドは、1周目でも何度も死んだ「僕がかなり苦手とするマップ」。とにかく道中が永遠と思えるほど長く、持ち物がいっぱいになって戻ったりした日にゃ、

 帰り道で敵が復活してるレベル。

前述のような鬼体力の雑魚も多く、マジで泣きそうになりながらのプレイ。つか、

 今後どんな状況になったとしても、今ほど辛くないんじゃね?

ってくらい辛かった。僕のレベルは41。相手のレベルは38とか39とかだったか。

稼ぎとかもういいから、とにかく倒しながら進まないと話にならない。1体倒しては体力を回復し、1体倒してはデセプション(スキル)を使う。幸いにしてデセプションのクナイを至近距離で全弾撃ち込んでなお倒せないような相手はほぼいなかったので、

 回復せしっかりやっていれば、そうそう死ぬこともない。

まぁ言ってしまえば、「それこそが2周目」であるわけで、これまでのように武器とレベルに任せたガンガン進行こそが、そもそも「ナメ過ぎ」だったのかな、と思う。

ともかく、何度も何度も死にながら、ちょっとずつ進めていく。死んだ後そのまま継続すると、デスペナルティが発生するだけでなく、一旦倒した敵も、時間で復活する恐れがある。なので、

 死んだら終了してリスタート。

そうすると雑魚は確実に復活するが、配置にも慣れるし、少ないながらも経験値も入る。何度も繰り返すことで「死ににくい方法」を模索するようになり、結果それが時間の掛かる牛歩戦術であっても、

 戻らないから敵がリポップすることはない。

ただ、途中にあるセーブポイントまで進んでからは、リスタートすると最初まで戻されてしまうので、「そのまま継続」で。

とにかくデセプションと、自分の中で強いと思える武器、属性のあった武器を使いながら、じっくり腰を据えまくって進めていった結果、何とかこのエリアを踏破。

 次のロボたちが出てくるエリアの何と清々しいことか!

体力的にもロボたちはそれほど大きくなく、飛行雑魚以外は概ね倒しやすい奴らばかり。動きも遅いし、回避行動も少ないし。まぁ火力と自爆はあるけど。

気持ちよくノーデッドでそのエリアを踏破し、ローランドを救出。ちなみにエリアボスである大型ハイペリオンロボも、クナイとショック武器&RPGで割とあっさり倒せた。
※一度引いて回復したけど。

とにかく学んだのは、「1匹ずつ確実に仕留めていくこと」だ。デセプションはその性能上、他のキャラのスキルより、チャージの時間が短い。1匹ずつというと凄く面倒で遅く聞こえるかも知れないが、ボムを投げ、クナイを投げ、追い打ちを連射しつつアンフォーシーンスキルの発動でホログラムが爆発する。

 これで確実に屍を築いていける。

弾薬も、それぞれの武器をじっくり使い回せばそれほど足りなくなるということもなかったし、
※一時的にカラになることはあるけど。特にスナイパーライフルとか。「消費弾数2でバースト射撃可能なスラグライフル」なんて、1度トリガーを引くだけで6発も弾が減るわけで。その分「鬼強い」けど、、、。

ともかく、そうして進んだツンドラエクスプレスの居心地いいことと言ったらなかったね。雑魚の虫は先のホログラム爆発で一気に倒せるし、真ん中にある塔には白箱と赤箱、奥の家の上には白箱があり、マラソンするのもテンションが上がる。出土品のレベルは40で、現時点で不満はないし、経験値稼ぎに関しても、「虫を羽化させる過程ギリ」で倒すと、その時点ではかなりの量の経験値が貰える。

 結果僕のレベルは43になって、精神的にかなり落ち着いた。

戦っても戦ってもレベルが上がらない時ほどツライ物はないわけで、
※ましてや敵が強いところとかだと。
ようやっと、

 サイクルが復活した

感じにはなってきたかな。

残り7レベルが遠いと見るか近いと見るか。はたまたボスクラスの敵が倒せるのか倒せないのかはわからないけど、じっくりイイ武器を探しつつもう少し遊んでいられる感じには、なってるかな。つかガチでキツかったな、ストラグルホールド。もう来たくねぇよ・・・。

ちなみに今メインで使ってるのは、攻撃力3400で発射速度が2.8発。マガジン12発ほどのエクスプロージョンピストル。弾速はそれほど早くないけど、一発がそれなりに重いので、弾数が減りにくい。エクスプロージョンならクナイで付けたスラグの効果も活かせるし、大概の雑魚には渡り合える感じ。まぁ今までのガトリングでも悪かないんだけどさ。

|

« ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q | トップページ | タッチスリーンってどうなの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/56131633

この記事へのトラックバック一覧です: ボーダーランズ2~その10~:

« ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q | トップページ | タッチスリーンってどうなの? »