« 頭が痛い | トップページ | ボーダーランズ2~その8~ »

2012年11月11日 (日)

ボーダーランズ2~その7~

体調不全であるので、短いながらもストックを書いておく。プレイ時間はそれほど経過してないし、ストーリーもほぼ進んでいないが、まぁ多少書きたいことも出てきたので。

ボーダーランズ(以下BL)は1も2もほぼ「武器が全て」。強い武器こそが正義であり、強い武器を手に入れることこそが目的と言っても過言ではない。ディアブロだとスキル何にしようとかどんなコンボができるかみたいなことを考えるけど、BL(ボーイズラブ)ではほとんどそのウェイトはない。

だから、強い武器が手に入れば、それはもう嬉しいわけなのだが、実際のところ、

 それが強い武器かどうかのジャッジが非常にしづらい

というのも、ある意味BLの特徴と言えるかも知れない。

武器のステータスには、

・攻撃力
・秒間発射弾数
・リロード時間
・装填数

の基本パラメータに、あとはオマケの属性効果だとか、クリティカル時のダメージが増えるだとか、見た目に露骨なナイフが付いていてメリーダメージが1.5倍になるだとかの記載がある程度。

 実際はそれだけでは全く情報不足。

特に、今メインで使っている3つの武器、特にその2つに関しては、

 パラメータでは計れない強さがある。

ひとつはアサルトライフルである。ダメージは880ほどで、秒間弾数は5発ほどだったか。マガジンは50発でまぁまぁ多め。エフェクトはエクスプローシブ(黄色)。

 なのだが、

実際のところ、ダメージ620×2、秒間弾数8、マガジン29というノーマルアサルトライフルも持っている。パッと見マガジンが少ない事を除けば、こちらにも十分分があるようにも見えるのだが、

 さにあらず。

メインのアサルトライフルに付属している「エクスプローシブ」と言う属性効果は、言ってしまえば小型の炸裂弾である。隣り合う2体のモンスターに命中するほどの炸裂範囲はないが、「盾を持ってる相手には効く」。そして、全ての属性にちょっとだけ余分に効く。酸に弱い敵には緑、シールド持ちには青、生命体には赤の属性が主に「効く」武器なのだが、黄色はそれら全てにそこそこ効く。そして、

 基本秒間弾数が少ない。

ピストルを例にとって言えば、普通の使える品が秒間8発とか10発であるのに対し、黄色属性はわずかに2発前後。これでも実はそこそこ使えたりするのだが、前述のアサルトは、

 ガトリングになっていて、序盤パラ、パラ、、段々加速して、パ、パ、パパ、、ババババ!!!

って感じになるのだ。これには2つのメリットがある。

とにかく堅い相手には、凄まじい勢いでたたき込むことで大量のダメージを確保出来るが、実はそれほど堅くない相手には無駄撃ちしなくて済むという側面もある。1、2発でそこそこダメージが与えられる相手に、猛烈な勢いでたたき込む必要はない。武器によっては、

 1度ボタンを押しただけで5発とか7発自動で弾が出る(当然弾数も減る)ものもある。

確かにそれはそれで有効な面もあるのだが、あくまで「弾幕を張る」用途。主にSMGに活かされるものだ。アサルトにはそこまでの連射はむしろ、

 弾薬を消費し過ぎてしまってもったいない

ということもある。

そして前述の通りこれは「黄色」。エクスプローシブでここまで秒間弾数が多く、かつ装填数が50もある武器はほとんどというか、今のところ全くないのだ。2周目とか2.5周目とかなら当然のようにこれより強い武器もあるだろうけど、

 たぶんなんならコレ一丁で1周目はクリア出来ちゃうんじゃないか

ってくらい使い勝手がイイ。レベルは29か30だったと思うけど、今回のプレイの中で一番の「使えるヤツ」だと思う。つか最初は発射速度が遅いから、今ひとつかなぁと思っていたのだけど、いざ使ってみると、

 敵を倒す速度が違う。

そりゃ弱点を思いっきり攻めたり、後述するロケットランチャー(以下RPG)みたいに瞬間的な爆発力はないけど、1000発ほどの弾薬と50発の装填数が、かなりの長期戦を支えてくれる=主役であることに、疑いの余地はないのだ。

次のメインは前述のRPGである。これはレベル26ほどのレジェンダリーであり、通常の武器とは文字通り「格」が違うため、パラメータ上からもその強さが十分うかがい知れるのだが、

 とにかく破壊力が凄い。

3800×6のエクスプローシブを毎秒撃ち出せる。装填数12発は、撃ち尽くすまでに実に27万ものダメージを稼ぎ出す。

正直(以前も書いたけど)精度が低く弾がバラける難点はあるけど、

 ゼロのスキルで自分を一時的に消し、クナイで属性ダメージおよびスラグ(属性ダメージの効果が上がる付加効果。エクスプローシブにも効果有り)とデスマーク(ダメージが増す特殊効果)を与えつつ炸裂させれば、

 サターンですら一気に撃ち切れる。つか7発くらいで倒せちゃう。

死んでしまってセカンドウインドを期待する時でも、

 近くに敵がいたら確実にこれで復活出来るほど。

たださっきも書いたように精度は低いので遠くにしか敵がいないときは、

 もはや諦めるしかない

のだけどね。

まぁルートが決まったマラソンの時には、強敵相手に決めボムならぬ決めRPGしていけば、効率はかなり上がる。っていうか対ボスの最強兵器と言っても過言じゃない。

そして最後がクロッシブ(緑・酸属性)のスナイパーライフル。

ぶっちゃけこいつは前述の2丁と比べると華がないというか、

 108発のスナイパーライフル全弾薬をあっという間に撃ち尽くしてしまう、スナイパーらしかなる大食いライフル。

装填数は21で、これも普通6発とかのスナイパーとしては超大型なのにも関わらず、

 オートマチック付。

オートマチックとは、要はボタンを押しっぱなしで「ババババ」と弾が出まくるヤツである。これも武器の説明には一切書かれていないが、ぶっちゃけ、

 秒間発射弾数16発とか書かれていても、オートマじゃなければ全く意味がない。

人差し指を1秒間に16回も引ける「わけがない」のである。っていうか仮に引けたとしても、そんなに武器が反応してくれない。要するに、

 オートマじゃなきゃせいぜい6発がいいとこ。

なのである。そして、

 スナイパーに付いているのは極めて稀。

あっても3点バーストとか、つい最近手に入れたけど(大食い過ぎるのが)怖くて使ってない7点バースト。一瞬で弾薬が底を尽くわ。

 でも逆に言えば遠くの相手にダメージを集中しやすいとも言える。

というか、

 ヘリとか飛行型の無人機にメチャメチャ有効。

というか、むしろ、

 これ以外ではほとんど倒せる気がしない。

ライフルの弾速は武器の中でも最速レベルで、飛行雑魚は特にその距離をつめるのが容易じゃない。でもライフルなら、それも機械に強い緑属性なら、

 面白いように当たるし、簡単に倒せる。

仮に前2つの武器がいくら強いとは言っても、弾が当たらなければ倒すことは出来ない。
※それでもアサルトの方は撃ってると弾速がガンガン上がるので、かなりの命中率にはなるのだが、言っても「無駄づかい」なわけで、不向きであることに変わりはない。

あまりにもスナイパー=狙撃に使う武器らしからぬポテンシャルだが、「要は強い」から使っているわけで、

 実際他のスナイパーは全てタンスの肥やしみたいなもんである。

持っていても全く使わない。たまに「弾数ケチりたいな」と攻撃力2600の秒間0.5発なんぞを持ち出しても、一瞬で1000×4+酸ダメージを叩き出す前述のライフルを超えることなど出来ないのだ。

 クリティカルに関するロマンは微塵もないけどな。

っていうか2600のスナイパー、ぶっちゃけズーム倍率が低すぎて、狙いもクソもないっていうか、

 あんまし遠くの敵を倒したい場面がないんだよな。今回。

「今回」と言えば今回は青武器の出番も全然ない。全くない。一度もない、、、ことはないが、ほとんどない。
※シールド付きのドラゴン相手にちょっとショットガンが活躍したくらい。
 →ドラゴンはしょっちゅう消える&動きが機敏なので、連続してダメージを与えづらい=シールドが回復されやすい。ショットガンで弾幕を張れば、一気にシールドを壊してダメージも伸す。

まぁ今後は出てくるかも知れないが、現状では今ひとつというのが正直なところだ。

ちなみに、今日覗いたサイトには、

 エンディングまで20時間ほど

と書かれていたが、どう考えても50時間は既にやっている気がする。もちろんまだ1周目であるが、

 普通に楽しんでいるのでもちろんNO問題だ。

もう少し武器の話を書く。

4つある装備枠のあと1つは、その状況に合わせて持ち替える枠であり、言い換えれば他の3枠はもはや固定の領域である。持ち替えるまでもない高い汎用性が、上記3丁にはあるのだ。

残り一枠には主にSMGが入る。酸か炎で、対人や機械に対する「長期戦」対策。いくらアサルトが長期戦に強いとは言っても、それだけではやはり不安だ。
※今までにアサルトの弾薬が切れたことはないが、それは要所要所で別の武器を使っていた為だと思うし。
SMGは豊富な弾薬数と間断ない攻撃で、1発のダメージ自体はさほどでなくとも、総じて平均以上の結果を残してくれる。

また、念のために持っているのが以前も紹介した「×3スラグ24%」である。これもSMGだが、冷静に考えたら「1度撃つだけで3発弾が飛び(消費弾数1)、24%の確率でスラグ状態になる」ということは、単純に「弾薬1発で72%の確率でスラグにする」と言っても過言ではない。スラグ状態は主に他の属性の効果を高める状態異常なので、この武器その物のダメージはあまり重要ではない。

 倒しづらい相手が出たら他の武器と交互に使って行けば、ガンガン殲滅出来るんじゃないかと思う次第、、、なのだが、

 ぶっちゃけそれほど苦戦する相手すらいない

のが現状なのだ。

他にはピストルで「緩やかなホーミング」があるものも携行している。ホーミング属性が付いている武器は極めて少ない。どのくらい少ないかと言えば、

 (ボムを除いて)これしか出土してない。

これもクエストアイテムな気もするが、とにかく希少性が極めて高いので、あえて持っている。敵によっては遠距離から「起こす」のに便利な場合もあるというしね。

携行してると言えば、昨日の休日プレイで、

 オレンジ(レジェンダリー)のMODをゲット!

普通にバッドランドのZEDの家にある赤箱に入っていたのだけど、

5つのスキル+3効果と、リロード速度UP、スキルチャージ速度UP、発射速度UPなどに加え、「使った瞬間に10%体力回復」という効果があるもの。

正直MODには「自動HP回復」機能が不可欠だと考えていたので、これを装備することによってその効果が得られなくなるのが痛いには痛い。だから「携行」。とにかくスキルでガンガン押していきたい時はオレンジMODを使い、通常の武器で十分なところでは自動回復MODに切り替える。

 まぁ常時持ち歩く枠を圧迫するっちゃするんだけど、これはやっぱ要るかなと。

でもスキルで押していくスタイルは、これまで全然使ってなかったけど、

 使ってみると面白いほど敵が倒せる。

それ用に特化してるっちゃしてるんだけど、まぁこれはこれでありかな、と思う次第なんだよね。

ちなみにこれまで見つけたオレンジ(レジェンダリィ)は全部で、、、6つかな。

・3発か6発か7発弾が出るピストル
・スラグSMG
・4800だけど歩くのが遅くなるシールド
・10発×10発爆発するボム
・×6のRPG
・前述のMOD

どれも一時代を築いたと言っても過言じゃない。前作にはなかった(かもしくは見つけられなかった)レジェンダリィ武器だけど、

 やっぱ見つかるだけでテンションがめちゃめちゃ上がる。

全体通して見ると前作の方が楽しかった感は否めないけど、ことこのレジェンダリィに関してだけは、

 あってホントよかった!

って思うな。つかバンカーとかもヤツが落とす(らしい)オレンジ目当てで結構な回数周回したつもりだけど、結局は落とさず。つか「結構な回数」は、たぶん本気でやってる人にしてみれば、

 全然足りねぇよ!

ってことなんだろうと思うんだけどさ。

つかいつの間に300行近く書いてるんだよ(^^;。「頭が痛い」んじゃなくて「頭が弱い」の間違いなんじゃないか?

|

« 頭が痛い | トップページ | ボーダーランズ2~その8~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/56079218

この記事へのトラックバック一覧です: ボーダーランズ2~その7~:

« 頭が痛い | トップページ | ボーダーランズ2~その8~ »