« タッチスリーンってどうなの? | トップページ | ボーダーランズ2~その11~ »

2012年11月21日 (水)

大阪仕入れのこと

別段仕事自体は書くことがない。が、何となく取り上げてみる。というか今日は既にいつもの時間を過ぎているので、適当に足早に・・・。

月曜に行って月曜に帰る日帰り行軍の場合は、途中でおちおち昼寝とかしてられないし、
※ちなみに泊まりの時は2時くらいに15分~30分くらい机にうっぷして(<ちなみになんとなく使ったらちゃんとあることばだった)寝たりする。
帰りの時間も考えなきゃ行けないのだけど、今回は月中仕入れが名古屋から大阪になったので、回る箇所を減らしたりしてみた分、

 結果いつもより随分早く仕事が済んでしまった。

なので、前回あれほど辛かった近鉄で今回も帰ることにしたのだけど、

 まだ半月しか経ってないのに既にいろいろ忘れている、、、というか、

 もはや別の駅か!?という状況に。

例えば「堺筋本町」の駅は、船場センタービルを挟んで入り口が(たぶんだが)8カ所ほどある。1つの交差点に対して順路と復路で2カ所くらい階段がある。降りて合流していればまだいいが、そうじゃないと、

 前回と違う入り口から降りただけで、そこはもう別世界。

ただ、さすがにどこまで乗ってどこで乗り換えするかは覚えていたので、

 日本橋行きを買って、名古屋行きの近鉄の切符を買い、前橋で特急券を買えばいいですか?

と、聞いた。いやいやどうして、

 「名古屋に近鉄で行きたいんですけど、、、」

と、ハナから聞くよりは大きな進歩だ。

答えはYESだったのだが、日本橋で普通に道に迷った。というか、前回は階段の上り下りは無かったはずなのに、なぜか(駅員さんに尋ねた結果)エレベータで上って、90度方向転換。つかただでさえ地下で方向感覚がなくなるというのに、地下鉄が「十字」に地下1階と2階でクロスしてるとか、、、

 どんだけダンジョンなんだよ・・・トホホ

と思った。マジで。

まぁ前橋に関しては取りあえず問題なく特急券を買うことが出来たのだが。

ただ、ここでは前回丁度「あと1分で来ますので、そこから乗ってください」というタイムリーなタイミングだったのと違い、

 あと29分ほどで来ますので、、、

という、1時間に2本しかない列車に、どうすればここまでギリギリ乗り遅れられるのかというタイミング。ただまぁ時間もあったし、前回の教訓として、雑誌を買って乗り込むことにした。前回は途中でスマホの電池が、

 70%から一気に10%に激減し、<理由も分からず

大いに寂しい時間を過ごしたので、片道2時間半の友として、

 表紙にさや姉が載っていて付録に「さや姉のマウスパッド」が付いていた週刊プレイボーイを買うことにした。つかこれ買ったのって20年ぶりくらいな気がする。

週プレの話をする前に、乗り込んだ近鉄特急の話。

前回も同じように数駅しか止まらない特急だったはずなのだけど、今回はどうやら「アーバンライナー」という、ちょっぴりいい感じのヤツだったらしく、

 リクライニングがあった!<ちなみに前回はなかった!

これが殊の外快適。つか「足置き」もあり、心なしか揺れも少ない。というか前回はあまりにも揺れすぎて正直「二度と乗りたくない」と思ったのだけど、

 アーバンなライナーなら、十分車中で熟睡出来る。

まぁコンセントがないのが残念ではあるけれど、、、。ただ代わりと言っちゃなんだけど、車内の、新幹線で言えば電光掲示板がある位置に液晶の20インチくらいのモニターがあり、次の駅やニュースとローテーションで、

 先頭車両からの視界

を映してくれていて、鉄男でない僕ですら「ちょっといいな」と思った。子供の頃大好きだった名鉄パノラマカー<電車だけどこういう名称。一番前の車両がガラスで前が見えるような作りになっているヤツ。を思い出した。

 特に対向車両が来る時はなかなか迫力。

来るなーーと思ったらすぐ右をすれ違っていく感じ。悪くない。

週プレは思った以上にAKBのネタが多くてビックリ。まぁさや姉vsみるきーの写真集発売直前<ちなみに20日発売。だったこともあるだろうけど、二人の対談やら麻里子様のグラビア、当然さや姉のグラビアに、地味な3人のコラムなどなど。

 まぁAKBがキライじゃないというか好き、というか大好きな僕には何の問題もなかったが。

政治関係の話も珍しく(時間もあったので)目を通したけど、まぁつまんないね。解散とか総選挙とか!?

 知るか

って感じ。少なくとも選挙に参加しないことで、

 自分が投票した人間が自分の意に反する政策をして裏切られるという思いはしなくてすむ。

というか、「100%裏切られる」のがわかっているので、誰にも入れないし、距離も取る。誰も裏切られる為に生きてる訳じゃ無いだろう?<なんか尾崎っぽい。

記事的にはほとんどフックしなかったし、珍しくおっぱいもない号ではあったのだけど、唯一、

 ルーカスのスタジオがディズニーに買収されていて、もう作られないと言われていた「7作目」以降の制作が決まったみたい

と言うニュースにはちょっとビックリした。まぁ監督がジョージじゃない<馴れ馴れしい。というだけで、どこまで「スターウォーズ」なんだ、という話はあるけど、まぁウォルトが死んでも<だから慣れ慣れしいって。ディズニー映画は作られているわけで、要はスピリッツなのかな、と思ったり思わなかったり。

 つかジェダイの復讐(帰還)の続きって考えると、皆目見当が付かないけど。

ともあれ、ややうたた寝をしたり、伊集院の深夜の馬鹿力を聞いたりしながら名古屋に到着。つか、

 アーバンライナー、2時間くらいだったな。

前回が2時間半くらいだったことを思うと、止まった駅が少なかったり、速度が速かったりしたのかも知れない。速かったから揺れなかったのかも。

 ただ、近鉄の名古屋駅から名鉄の名古屋駅に行くのにも迷った。

前回は何にも考えずに降りて、人の流れに逆らわずにそのまま「名鉄」に向かうことが出来たのに、今回は、

 凄く大きな疑問にぶつかった。

立体的な構造を口で説明するのはなかなか大変なのだけど、

 地下道の途中に、右と左両方への下りの階段があると思いねぇ。

まぁプラットフォームに降りる階段なわけだけど、この階段の真ん中にある看板が、

 右から登ってきて見える看板に「まっすぐ直進で名鉄」

 左から登ってきて見える看板にも「まっすぐ直進で名鉄」

と書いてあるわけ。全く同じ文面が、どちらから登ってきた人にも同じ案内として書いてあるわけ。

 「ということは、、、どっちから降りても名鉄駅に着くのかな」

と一旦は考えた。名鉄の駅もそれなりに広いから、ホームの端と端に行く形で、「どっちも正解」なのか、と。まぁ結果として当然どちらかが僕が降りる駅の階段に近く、どちらかが遠いということはあるだろうけど、まずは名鉄だ。近鉄はたっぷり乗ったので未練はない。

 だが、もしかしてこの看板が間違っていたとしたら、、、

そんなことは冷静に考えてあり得ないのだが、僕は油断しない人間なのだ。近くで掃除をしていたおっちゃんに訊いてみた。

 「こちらから降りてまっすぐ行ってください」

え!?ちょっと待って、こっちにも「まっすぐ」って書いてありますよ?

既におっちゃんの顔は「面倒だなぁ」という感じになっていたので、軽く礼を言って、でも、

 「じゃあこの看板は間違ってるんですね」

と捨て台詞を吐いて教えて貰った方へ降りていった。つか表面的には平静を装っていたけど、腹の中は煮えくりかえってた。
※もちろんおっちゃんにではありません念のため。

 ふざけんな、と。

ただでさえクソわかりづらい地下道なのに、なんだそれ、と。

もし自分がボンバーマンだったら、この地下道に(人がいないのを確認した上で)リーチ10のボムを十字路ごとに置いていくところだぜ!?くらいなことは、

 今思った。

ともかく、禍福はあざなえる縄のごとしである。みるきーは「永遠プレッシャー」のカップリングのPVで「かなりいい感じに、でもゆるゆるに」縛られてたな。縄というよりもはやロープというレベルの綺麗なヒモだったが。

 名鉄の地下のファミマで「さくさくぱんだ」というPB(プライベートブランド)のお菓子を買う。「著しく美味い」。たかが105円の小さなパッケージだが、

 僕のチョコ史に名を残さんというレベルの美味さ。

ちなみに一緒に買ったカラムーチョの「ピリカラチーズ<やや自信なし」もまぁまぁ美味かった。

パクパク食べながら列車を待ち、乗り込む。

しばらくすると隣に女の子が座ってややテンションが上向くが、サッと取り出したマンガ「砂時計」が、なんだか僕の娘が好きそうな奴で、むしろ少し引いた。というか黒髪ロン毛ではあったが、明らかに好みではない感じ。

 むしろフックしたのはその横に立っていた女の子だ。

明らかに丸顔。でもって正直それほどかわいい感じではない。

 が、前歯がちょっぴり目立つ。

出っ歯なのではなく、口を半開き、、、その唇も「ポテッ」としていていい感じ。これもいかにもエロい「ポテさ」ではなく、ちょっとカサついていてグロスどころかリップも塗ってない感じ。

 この子はあんましモテないだろうなオーラ

が出まくってる。でも、

 ちょっとカワイイ。なぜならたまに笑ってくれたから<オメェにじゃねぇよ死んでも絶対な!

赤くて細い、、、でも真希波・マリ・イラストリアスほどシンプルではなく、多少ブラウンのデザインが混じったような感じのメガネをしていて、髪の毛は、、、そうだなぁ逢坂大河みたいな感じかな。

 手の肌のつやを見たところ、僕のセンサーでは「19歳、、、か!?」くらいのサーチ結果。

時折見える前歯がかわいくて、思わず目をやってしまう感じ。「超座りたい」オーラが出てて、僕の隣の砂時計女が立てばここに座ってくれるのになぁなんてことをちょっとだけ考えながら、

 結局1つ前の席が空いたので座ってしまい、見えなくなってしまった。

 でもまぁいろいろと大丈夫。

道には迷ったけど、結果オーライって感じになったからさ(^^。

PS.伊集院のラジオのコーナー「Yahoo糞袋」が殊の外楽しい。久々の名コーナーの予感。フックしない人にはフックしないかも、だけど。

|

« タッチスリーンってどうなの? | トップページ | ボーダーランズ2~その11~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/56157651

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪仕入れのこと:

« タッチスリーンってどうなの? | トップページ | ボーダーランズ2~その11~ »