« 失われたデータ | トップページ | 弾幕バラッド »

2013年2月 7日 (木)

暗殺教室

娘は(かみさんに援助してもらいつつ)毎週ジャンプを買っているのだけど、ふと訊ねてみた。

 「今でもワンピースが一番面白いの?」

 「今はあんまし面白くない」

 「じゃあ今一番面白いのって何?」

 「うーん、、、暗殺教室かなぁ」

暗殺教室。そう言えば半年ほど前にかみさんに訊いたときも同じ返事が返ってきたような気がする。その時はさほど気にも留めず、ページを開くも「続き物だしな、、」という感じでスルーしてしまっていたのだが、

 聞けばコミックスも買っているという。

現在2巻まで出ていて3月には3巻が出るらしい。

娘はジャンプのマンガを全て読んでいるわけではないが、
※例えば両津は読んでない。
少なくとも、「一番」という肩書きは無視出来ない。絵面的にはシリアスっぽくもあったが、「基本ギャグ」だというので、久々に未知なる領域に足を踏み込んでみた。この感覚は実に12年ぶり。ヒカルの碁以来である。

暗殺教室のあらすじはこんな感じ。
※知ってる人は「間違っていても」スルーして下さい。テキトーなので。

~~~

ある日「月」がザックリとえぐられるように削られ、「いつも三日月」になってしまう。それはある超生命体が1体でやったことであり、その超生命体は、「1年後に地球もそうする」と宣言する。

ただし、もしその1年の間に、自分を殺すことが出来たら、破壊は止めにするという。何本もの触手を持ち、マッハ20で飛行し、当然宇宙でも生きられる身長2mほどのその生命体は、人語を解すだけでなく、知識も反射神経もずば抜けており、通常の兵器や銃器では全く殺す事は出来ず、そもそも当てることすらままならない。

だがなぜかその生命体は、「1年間某中学のあるクラスを担任(というか全教科)受け持ち、暗殺技術を教える」という。そしてその生命体すら殺す事が(と言ってもかなりの攻撃をヒットさせないとムリなのだが)可能な武器も用意される。

生徒たちから「殺せない先生」=「殺せんせー」と名付けられた生命体と、笑顔で暗殺技術を磨く生徒たちの生活を描く・・・みたいな。

~~~

まぁまどろっこしいというか、作者はいったい何を書きたかったんだろうという気がしてならないプロットだが、ともかく、丸に点と口を描いただけのような殺せんせーと、そこそこ以上の画力で魅力的に描かれる生徒&副担任などの先生。学園モノ特有の「次から次へキャラを立たせた生徒が登場する」感じと、マンガらしい荒唐無稽で常識の通じない設定の殺せんせー。

 リミットは(現時点で一応)あるものの、エピソードはいくらでも水増し可能な世界。

読んでいて懐かしくもあり、今風でもある。「落ちこぼれ=エンドのE組」のメンツはみなイケメン&美少女で、通常のクラスの生徒たちは、学力はあってもビジュアルはひどいもの。殺せんせーの性格は「地球を滅ぼす予定」であることを除けば、生徒思いで勉強熱心。言ってしまえば、

 金八先生のポテンシャル(学力や身体能力)を100倍~数千倍にした上で自らを殺させる教育をしつつ地球も滅ぼすよ、と言ってるようなもの。

要するに、「基本は善良にして頼りがいのある先生と生徒の学園モノ」なのだ。

めだかボックスのようなヒリヒリギスギスな感じは薄く、嫌なヤツが出てきても、その回の中であっさりいい人になってしまう、「教育上大変よろしい」展開が続く一方、一見なんでもありな殺せんせーにある様々な弱点や特徴
※例えば生徒を基本信頼しきっている、、、が隙はほぼないとか、感情によってビジュアルが変わる=油断してるときはストライプ、怒ってる時は黒とか。
で、ギャグに落とし込んでる感じ。

 中身は全然違うが、読んだあとの「読後感」は、ヒカルの碁にも通じる。
 ※超絶凄いヤツが身近にいるとか、主要メンバーがイケメンとか。

ある意味ジャンプらしい作品であり、正直大人向けだとは言い難いところもあるにはあるが、

 決してつまらない作品ではなかった。

クリスの評価で言えば★★★くらいかな。殺せんせーのビジュアルは正直抵抗があるとは思うけど、1、2話読めばすぐ状況が把握できるし、学園コメディという懐かしさも手伝って、気付けば「ああ2巻ももうすぐ終わってしまうぅぅ!」って感じになってました。※ウチに捨てずに残ってたジャンプとの間が開いてて、続きが非常に気になる状況<今。

ブログ読んで興味が沸いたら、1冊買ってみるのもいいかもね。何度も言うけど殺せんせーのビジュアルに覚悟がいるとは思うけど。

|

« 失われたデータ | トップページ | 弾幕バラッド »

コメント

暗殺教室、面白かったです。初めてジャンプで読んだんですが、読みやすかったです。
この作者、奇抜な話を作るのがうまいですね。

投稿: あき | 2013年5月29日 (水) 00時33分

初めましてあきさん、コメントどもです。最初読んだときは、変な設定だなぁと思いましたが、実は普通の(良質な)学園コメディのアレンジなんですよね。だから見た目よりもずっと訴求対象が広いし、話の自由度もある。あとは、

 高校を3年間にしないようにする

ことくらいですかね(^^;。

投稿: クリス | 2013年6月 5日 (水) 03時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/56677020

この記事へのトラックバック一覧です: 暗殺教室:

« 失われたデータ | トップページ | 弾幕バラッド »