« 激突カードファイターズが面白いワケ | トップページ | 核心には触れずに、、、 »

2013年3月25日 (月)

ミエリーノ柏木~第8・9話~

※休止中に書いたのを二つまとめてみた。ただくっつけただけなので中身におかしいところがあるかも。ちなみにウチの方ではまだ10話やってないんだよね。

-------------------------

録画しっぱなしになっていたのを見た。途中までは「自在にアヒル口を使いこなす女」のウザ過ぎる話で、

 思わず途中で小休止してしまったほど。

二日ほど経って再開。たかだか30分ドラマにどんだけ!って感じだけど、事実なので仕方ない。僕はガラスのハート、、、くもりガラスのハートなので、たとえテレビの、それもフィクションだとわかりきってる話であっても、

 心苦しいシーンを見続けられないのだ。

だから映画でも嫌なヤツが出るのが嫌いなんだな。要は自分勝手ということなのだけど。

しかしそれも前半まで。というかミエリーノはその構成の密度が非常に高く、例えば「ほんの一瞬の隙」をきっちりカットしてくるので、

 そろそろ終わりかな!?

と思っても実際は15分くらいしか経ってなかったりする。よくよく見てると、微妙かつ絶妙にコマ送りのようなカットが入るんだよね。

 0.5秒短縮、みたいな。

余談だけど、これはAKBのゆきりんのドラマだけど、自分の中で、「ゆきりんである必然性」をさほど感じてなかったりする。別に他の誰かでも十分楽しめるような内容なのだ。
※今ちゃんと佐野さんの力が大きいとも思うけど。
だから別にゆきりんが出てないシーンにいら立ちを覚えたりはしない。リリーフランキーが出てるシーンはいらつくけど。

ただ一方で、ゆきりんが出てなかったら見始めなかった、とも思うし、彼女のバックボーンを知ってるからこそ楽しめる場面があるのも事実で、まとめると、

 これだけ面白いドラマを、ほぼフルに楽しめる自分が嬉しいと思う。

8話は今ちゃんとアヒル口のキスシーンがあったり、、、これも秋元先生さすがだなぁと思った。僕視点で言えば今ちゃんは決して嫌いじゃないどころか、むしろ大好きな芸人だが、言ってもブサメンであることに疑いの余地はない。そう、言うなれば「こっち側」の人間であるわけで、そんな「自分たちを投影可能なキャラクター」に、「美人でかわいい女子をあてがう」という、

 秋元先生らしいずるがしこさ<褒め言葉 が見える。

またこの女がホントによく出来てるというか、「完成度が高い」。すごく「いそう」な一方で、手品の種をバラすがごとく裏側=本心も赤裸々に出してくる。伊達にメインキャラの対抗にしただけのことはある。

 ゆきりんの相手も出てくるんだろうか・・・。

物語が全何話なのかわからないが、
※8、9話で今ちゃんストーリー、10話で女子高生の話に決着して、11、12話でゆきりんの物語、、かな。

 見てない人は今からでもいいからオススメですよ!?
※デイリーモーションにアップされてますので。

------------------次9話の感想

うーむ面白い!面白すぎて声を出して笑ってしまうほど。何がそんなに面白いのかと自分でも不思議なくらいだが、

 柏木、今野、佐野史郎の三角形がよく出来過ぎている

というのが理由か。いや、それだけじゃないな。もう出てきてる連中の「距離感」が意外なほど近いのも大きい。え?アナタはアノ人の!?みたいな。そういえばアノ人はアノ時に、みたいな。

 絶妙にドラマチック(※感動的とかじゃなくて、「ドラマっぽい」「ドラマライク」の意)なキャラクター配置。

そしてところどころに差し込まれる「現実に引き戻すトリガー」これも上手い。ともすれば楽屋落ちになってしまいそうなシーケンスを、嫌味にならないように配置できているのは、監督の手腕か、はたまた秋元先生の指示か。

あと何話でおしまいかわからないけど、正直言う、

 今ちゃんとゆきりん、くっつかねぇかな~。

僕は別にゆきりんに特に「そういう感情」はないので、くっつくなら気持ちよくくっついてほしいと思うだけ。なんならチューとかしちゃってもいいですよ?みたいな。

でもこの9話、特に「ゆきりんが泣き女に啖呵を切った後、今ちゃんにクラクション鳴らされてそっちを見る場面」、

 このときのゆきりんの表情、、、、

 「マジ最高!」

娘に力説したら笑われたけど、

 「この顔、恋する乙女の顔でしょ!!!」

違うの?あそう。

でも僕にはそう見えたんだよね。この後の車の中のシーンも、「なんでチューしてたの!?」って問いただすシーン、これはあとに出てくるリリーフランキーに「うるさいかみさんになる」と言われることへの伏線になってると思うんだよな。

 まさしく今ちゃんが帰ってこなくなったりするのか!?みたいな。

でも問題はあのエリアマネージャ男だよな。前回見ていて「15分前男好感度プラ1」のコメントは、

 どうにもあざと過ぎると思った。

イイ仲になることへの複線だったとは思うんだけど、、、って今気づいた!まさしく今気づいたけど、

 これって、全員が二股になってるのか!!!!

・・・って今ちゃんは三ツ股!?佐野さんは二股じゃないか。いや、まだないとは言い切れないか。

 うーむ面白い。

見直すとその表情それぞれに思惑が見え隠れしてなお面白い。うーむ最初から全部撮っておけばよかった。デイリーモーションだとどうしても画質が悪いから、
※それでもアップしてくれた人ありがとう!
細かな表情が見えないんだよな。ちょっとDVDボックスほしいくらい気に入ってるし。っていうか、

 のだめ以来の傑作ドラマにクリス認定!<全く箔のないアワード。

マジすか1と双璧になるくらい面白いと思う次第です。9話★★★☆。

全然余談だけど、前回&今回の回想シーンで、エリアマネージャ男が、

 NO問題

って言ったんだよな。リアルで言ってるの初めて見た。つか僕が使ってるのはどこかで見たからだったかどうかも覚えてないんだけど、なんつか、

 かっこわるかったな。

まぁそういう役だから仕方ないんだけど。

|

« 激突カードファイターズが面白いワケ | トップページ | 核心には触れずに、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/57027007

この記事へのトラックバック一覧です: ミエリーノ柏木~第8・9話~:

« 激突カードファイターズが面白いワケ | トップページ | 核心には触れずに、、、 »