« アプリ通信 | トップページ | ガリレオ »

2013年4月15日 (月)

Dragon Fright

 う~む面白い!

なんかつい先日も同じような書き出しで始めた気もしないでもないが、いやいやどうして仕方ない。面白いものは面白いのだ。

 つってもマックス7点レベルの品ではあるのだけど。

もうアプリゲーに対する印象がコロコロ変わる今日この頃。オマエはいったい何が言いたいんだよ、と思われてらっしゃる方も少なからずいらっしゃるとは思うのだけど、

 仕方ない。日々思うことは変わるのである。

 「オマエ誰が好き?」

 「今この瞬間は○○。1秒後には変わるかも知れないけどね」

的な?

ドラゴンフライトはLINE連携アプリで、スマホに入ってるLINEユーザー内の「閉じたコミュニティ」でスコアを競い合わせる点がまず新しい。全世界がライバルでは1位になるのは難しいが、クラスメートや兄弟、家族、友人知人の中でなら、「井の中の蛙でいられる」。誰も彼もが世界一を目指すワケじゃない。友達間で1位ならそれで十分というのは、

 ファミコンにパスワードセーブすらなかった時代から、当たり前に価値があることなのだ。

そしてそのバランス感覚も密かに秀逸。

シューティングゲームに限らず、「先へ進むこと」を求められるゲームにおいて、

 ・プレイヤーのスキル
 ・キャラクターのレベル
 ・運の要素

この三つのブレンドが絶妙に為されていて初めて「ヘタレが人と競い合う」土壌になる。もともとゲームが上手い人には「キャラのレベル」という要素は必要ない。ゲームに不慣れな人には、運の要素がないと開幕直後のモチベーションが得られない。かといっていくらやっても上手くならないのも面白くない。

 適度に運の良さを感じさせつつ、時間や努力に「逃げる」余地を残しつつ、プレイヤースキルの上達も実感出来る。

言葉にするとこれだけのことだが、これを実現するのは実は容易ではない。「キャラクターのレベル」要素があるだけで、「時間を費やした人間が常に勝つ」図式になってしまうからだ。ドラゴンフライトは、

 ランキングが毎週リセットされる。

わずかな間でも、自分が一位になれるチャンスがある。もちろんリセットされるタイミングを狙われては、それも叶わなくなってしまうが、

 そこにLINEユーザーというライト層の妙味がある。

そんなにみんなガツガツしてないのである。だけど、地味に競い合っちゃう感じなのである。

上手いのはそれだけじゃない。

毎週リセットされるランキングは、「順位を更新(1位は1位の記録を更新)するたびに残機(ゲーム内では「翼」)が増える。

残機が増えるということは、その分プレイすることが出来る。プレイすることが出来れば、ゲーム内で手に入る通貨が増える。通貨が増えれば自機を強化出来る。強化出来ればよりたくさんの通貨を手に入れたり、ハイスコアを更新しやすくなる。

 モチベスパイラルが出来ている。

残機は通常10分で1機回復し、マックス6機。1時間でマックスまで回復するが、6機を消費するのに掛かる時間はせいぜい10分足らず。いわゆる市販のシューティングと違って、

 絶対に死ぬパターンが普通にあり得る。

具体的に言えば、真正面の敵を「倒しきれずにやられちゃう」。敵は先へ進むごとに、徐々にではあるが確実に強くなっていく。少しでも柔らかい敵を選び、定期的に飛来する隕石をかわし、運良くドロップする無敵やダブルショットに望みを掛けつつ、唐突に現れた宝箱に吸い寄せられるように体当たりして死んでしまう。

敵の出現速度はどんどん加速していき、一瞬の判断ミスが死を招く。だが一方で重なった幸運が奇跡的なスコアをたたき出すこともある。順位が上がれば翼(残機)はフルに回復する。6以上はいくら待っても増えないから当然(時間が許すなら)その6機を消化してから床に就こうと考える。

 そしてまたハイスコアを更新してしまう。

ふと気付くと「LINEユーザーに紹介する」の項目がある。これは、にゃんこと違って「先方にレスを求めない」。ただ紹介するだけで翼が一つ貰える。5人紹介すれば1万もするドラゴン(サポートキャラ)の卵が手に入る。自機のレベルアップに必死だから、ここでタダでドラゴンが手に入るのはメチャ美味しい。

 まぁ著しく弱いけど。

期間限定でゲーム内通貨(コイン)が1.5倍になるキャンペーン中であることに気付く。その間に少しでも効率よく稼ぎたいと思う。

期間限定で課金キャラ(課金アイテム=クリスタル。15クリスタル=170円)の価格が値下がりしているという。

・取得コインが倍になる錬金術師 50クリスタルが40クリスタルに
・一度だけ被弾しても復活出来るアサシン 35クリスタルが15クリスタルに
・付近のコインを吸い寄せるお姫様 45クリスタルが30クリスタルに

セールは明日(4/11現在)まで。熟考に熟考を重ね、

 アサシン(170円)を購入する。

貧乏ではあるが、どうしても欲しい、明確な価値を見いだした物にお金を支払うのはやぶさかでない。やっぱプレイ前にレジストするんじゃなかったよ>バグズパニックbyCAVE。

アサシンを買った理由は、その価格が最低課金単位15クリスタル170円であったこともあるが、「一度被弾しても復活出来る」というスキルが、僕にとって最も価値があるとジャッジしたためだ。

 残機が1しかないゲームでは、ケアレスミスのウェイトが高い。

ちょっとしたミスで死んでしまうゲームなのである。それまでいくらがんばっても、1ミス即ゲームオーバーなのである。

 貴重な1機をそんな易々と消費したくない。

復活出来るからと言って残機が倍になるわけではない。死ぬのは概ねプレイ後半であるわけで、その頃には敵の攻撃も激しくなっているから、結構続けて死んでしまったりする。

 だが序盤のミスは大いにフォロー出来る。

確かに取得コインが倍になるのは魅力的だ。それによって自機がより早く強くなれるだろう。

 だが、540円だ。

でもって、

 遊べる時間そのものは延長されない。

僕は今このドラゴンフライトにめっぽうハマっているのである。少しでも長く遊びたくて仕方ないのである。

 アサシン一択であった。

だが、そんなアサシンも、最初はレベル1からである。今まで鍛えてきた初期キャラのナイトはレベル11。既に、白も黄も敵ではない。ピンクもなんとかしのげるようになってきた。
※ちなみにその次は緑ドラゴンだが、こいつはまだまだ手強かった。

 また1から鍛えるのは正直辛かった。

だがしかしである。時間はどんな心の傷も癒してくれる。あいつが死んだあの夜のことも、、、。
※ちなみに僕は現在進行形の友人を亡くしたことはありません念のため。

 果たして僕のアサシンはレベル14にまで育った。

以前はちょっとしたミスで60円とか70円とかしか稼げなかったこともあったが、今はコンスタントに200オーバー。行く時は350とかもある。

 モチベスパイラルの居心地イイことよ。

ほとんど見ず知らずのようなLINEユーザーにも紹介し、翼を増やし、プレイしまくった。

 まさか3時過ぎまでやっちゃうとは・・・。

我ながらビックリだが、

 ドラゴンフライトはそういうゲームなのだ。

つか何を今さらとおっしゃる貴兄もいるとは思うけどね。っていうか、複数の「待ち時間ゲー」をローテーションしてるこの感じ、嫌いじゃないです。

-----------

書いたあとのプレイで、

 驚愕のスコア更新1.6倍!
 ※1000点だったら1600点。このゲームはその人のレベル次第で到達できるギリのラインが変わるので、あえてこういう表記にしてみた。

レベルも高くなればなるほど上がりにくくなるのは自明の理なのに、

 今日だけで4レベルUP(13から17に)

神がかり的なラックと、人知を超越した回避テク<言い過ぎにもほどがあるにより、友人のスコアにダブルの差を付けてしまった。

 やっぱ時間かけ過ぎちゃうと差が開いちゃうんだな・・・(ポツリ

ただ、同じLINEアプリの「ウインドランナー」は、どうにも僕の好きになれないオートスクロール物。ということで、こちらは正直ハマれない予感。ひとつひとつのジャンプを慎重にやらないと簡単に☆を取り逃すじゃん?ドラゴンフライトで1コイン見過ごすのとは意味が違うんだよね。1セット全部取る前提ってチューンは。

なんだかんだ言って熱しやすく冷めやすいんだよな、、、自分。

|

« アプリ通信 | トップページ | ガリレオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/57159301

この記事へのトラックバック一覧です: Dragon Fright:

« アプリ通信 | トップページ | ガリレオ »