« Dragon Fright | トップページ | つれづれなるままに »

2013年4月16日 (火)

ガリレオ

なんとペアが柴コウから吉高由里子!?誰それ。

 ああ見たことある。僕の嫌いなタイプ。ちょっとYUIに似てる。

好きな人がいたらそりゃまぁ別に結構。そういうことってありますし。

でもまぁ大好きなガリレオでありますし、とりあえずは見たわけですが、、、

 普通に面白かった事実。

さすがだなぁと。しみじみ感心する。

そりゃトリックに関しては、なんで「飛び降りたのか」という点において違和感がないとは言わない。でも、

 そういうのは別に(僕は)許せる。

渡辺いっけいの相変わらずのキレ芸。良いでしょう。ちょこっとだけ出てきた北村一輝、僕はこの人結構好きなんだよね。問題なし。引き継ぎで出てきた柴コウ、やっぱ安定感。

 次のシーズンでは是非復帰して欲しいところ。

ちなみに主題歌は継続してKOH+だったけど、これは前作を超えられず。つか前作の主題歌「KISSして」
http://www.youtube.com/watch?v=RXWNAQC7acQ
は普通に名曲でしたからね。つか、

 この曲が好きでガリレオを見始めた、みたいなところあるし。

・・・閑話休題

大沢たかおの演技も凄く良かった。セカンドシーズン1話を飾るにふさわしいオーラがあって、オチも含めてしびれましたな。劇場版の堤真一に勝るとも劣らない「顔筋」の動き。正直ましゃがちょっと太って来ちゃって(そりゃ歳だって取るよな、トム・クルーズじゃあるまいし)、以前ほどのキレがなくなってる分、上手くゲストでシナジーさせないとな~って僕も思いましたからね。

 次回以降も順調に見ていく予定。

ミエリーノが終わっちゃって楽しみにするドラマがなくなってたところに、良い感じにポストが埋まってよさげです(^^。

なんか凄くあっさりしてるなぁ、、、。以下本編と全く関係ない余談。

--------------

何となく自分のブログの左のメニューにある「お気に入りマイページ」の中から、イントロクイズをやってみる。アニメの方は9割以上答えられたけど、ゲームの方は全然。ただ、今更だけど、

 アレは良い企画だったなぁと自画自賛。

またなんかイントロクイズやってみたいなぁと思ったり。でも正直ゲーム以外では回答者が集まらないかなぁとも思ったり。あと、そのゲームですら、

 前回使ったのをまた使うなんてことはさすがに恥ずかしくて出来ないし。

だったら何の曲を使うのかって話になるけど、さすがに110問は多すぎだよなぁとも思った。自分でやってて改めて思った。つかあの時は、

 あのくらい入れないとどこか片手オチになるというか、「えこひいき」が出ちゃう気がしたんだよね。ファミコンもメガドラもPCEもアーケードも88も、、、って入れていくと。

だから逆にもしまたやるとしたら、もっとニッチに、

 縦シューのみ
 コナミのみ
 ファミコンのみ
 効果音のみ

とかでもいいかなぁとか。でもニッチになればなるほど、「聞いた人がポカーンとしてしまう」のも否めないんだよな。クイズってさ、その問題の質が何より重要だと思うんだよね。っていうか、作った人のそのもののクオリティが問われるっていうか、

 ガチで思う。クソみたいなクイズを出してるクイズ番組見ると。

スマホの黒猫なんとかってクイズゲー、あれとかも辛かったな。問題はクソじゃないのかも知れないけど、いかんせん、

 ジェネレーションギャップが否めなさすぎる。

今のテレビのバラエティって結構僕らの世代中心というか、一番お金を使ってくれた世代の「昔取った杵柄」や「思い出の一ページ」で視聴率稼ぐみたいなところがあるじゃない?クイズゲーム、イントロクイズも、そういうところをないがしろには絶対出来ないと自分では思う一方で、

 スマホのクイズは当然スマホのユーザー層を中心に考えるよな、、と。

これはつまり僕がまたイントロクイズを作るとしても、勢い世代に即した物になってしまうだろうよ、ということを暗に「弁解」してるわけだが、みなさんはお気づきか。

ともかく、一身上の都合でソースが激減してる今日この頃なので、前みたいに景気よくは行かないとは思うけど、ちょっとそういうことも考えてるって話。

 あくまで考えてるだけかも知れないけどさ。

|

« Dragon Fright | トップページ | つれづれなるままに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/57181841

この記事へのトラックバック一覧です: ガリレオ:

« Dragon Fright | トップページ | つれづれなるままに »