« ウォーリー | トップページ | Dragon Fright »

2013年4月14日 (日)

アプリ通信

最近スマホゲーの話題ばっかで食傷気味の方もいらっしゃるかとも思うのだけど、仕方ないプライベートの占有率が高いコンテンツのネタがどうしてもメインになってしまうのだ。

ということで近況も踏まえつつ、、、
※今日のは全部アンドロイド。でも中にはにゃんこのようにiPhoneにもあるやつがあるとは思う。

●なめこ

ぶっちゃけほとんどやってない。というか、究極3種を揃え、図鑑も100%になっているものの、

 例の3種が全然生えてこない<最初の1匹で打ち止め状態。

結構やってたつもりだったのだけど、あまりにも生えないので、投げちゃった感じ。いくらなんでも生えなさすぎだろ、と問いたくなる。3種とも5匹集めた人いるのかなぁ。ぬぐ~。

●にゃんこ大戦争

1ポイントの課金ネコカンアプリを地道に集め続け、5人の方の協力もあり、ついに、

 カンフーにゃんこをアンロック。

酔拳にゃんこにクラスチェンジも即完了。

 でもこれで結構モチベが途絶え気味に・・・

とりあえず統率力が貯まり次第徐々に進軍したり、お宝探しに行ったりしてるものの、コレと言って張りが無くなったというのが本音。一応「ミカン箱」に入ってる子たちはゲットしたいかなぁと思うのだけど、、、。

ちなみに酔拳にゃんこは、

 攻撃力は笑っちゃうほど高いけど、攻撃スピードも笑っちゃうほど遅い。

強いっちゃ強いんだろうけど、ネコダラとあんまし使い勝手は変わらない感じかな。

●ゾンビinUSA

にゃんこのポイントのために入れたアプリのほとんどは、一瞬やってすぐ消しているが、唯一の生き残りがコレ。

 と言ってもさほど面白いわけではないのだが。

とりあえず固定画面で、右から左へ銃を撃つだけ。自キャラは固定で、照準だけを移動する感じ。ちなみに押しっぱなしで連射は出来ず、猛烈に画面を叩きまくるゲーム性になるのだが、

 この単純さは実は嫌いじゃない。

面白いか面白くないかと言われたら、まぁ面白くないかも知れない。が、敵を倒せばポイントが手に入り、そのポイントを使って武器を強化する流れは、ありがちだが嫌いじゃない。弱かったハンドガンが地道に強くなっていく感じ、倒しやすい敵ばかりで構成されたマップで思わず繰り返し稼いでしまう感じ、死ぬほど堅い敵に辟易としつつなんとかクリアして安堵する感じ、、、

 割とゲームの基本が押さえられてる気もする。

評価は★★くらいだけど、ネコカン1ポイントのために入れるタイトルとしては、アリかな、と。

●Dragon Fright

LINEの連携アプリ。スコアボードにはスマホに登録してあるLINEユーザー内でのランキングしか表示されないため、

 ある意味やる気をそそられる。

全宇宙で何万何千位と言われてもピンと来ないが、知り合いの中で5位となれば、上を目指したくもなる。というか、

 ゲーム自体もかなり良くできている。

非常にシンプルな「左右移動」だけのインターフェイス。オートショットで上から横一列の隊列を組んで飛来するドラゴンを倒すだけ。倒せなくて接触するとミス。1ミスでゲームオーバーで、1機でどれだけ進めるかを競う。

どれだけ先まで進めたかに、どれだけスコアを稼いだかが加算されて、トータルスコアになるが、それとは別に、敵を倒すことで集まるコインを使って自機の強化をする。敵のドラゴンはどんどん順調に強くなっていくので、自機のショット強化はそのまま到達距離の延長に直結する。

 このわかりやすさがイイ。

グラフィックはちょっとゴチャ系が入っているものの、メニュー画面は固定で、その中で出来ることはスタートするくらいしかないので、
※当然課金アイテムはあるが、なくても全然平気。
それほどわかりづらいということはない。まだ僕は序盤だけど、強化されて先へ進めるようになれば、手に入るコインの分母も増えていき、結果としていくつかある特殊アイテムやフィーチャーを楽しめる=シンプルになりすぎないような工夫もされているみたいなので、そこそこモチベも高まる感じ。

10分ほどで残機が増え、マックス6機はすぐに使い切ってしまうが、一回一回のプレイで、お金を200稼いだとか、60で死んじゃったとかの一喜一憂があるので、ついついまめに起動してしまう良さがある。

にゃんこにも言えることだけど、最強になるまでが楽しいタイプのゲームかも知れないな。

ちなみに本作の課金アイテムは、

 現金以外で手に入れることは出来ない。

このあたりはある意味LINEっぽいチューンと言えるのかも知れないな。
※他のアプリに依存しないという意味で。

クリス評価は★★★。

●プリズンタワー

フェアルーンを作ったところのアプリ。単純明快に、ただキャラクターを積んで最下層にいるお姫様を塔から脱出させるというもの。
※チャレンジモードはとにかく高く高く積むスタイル。

何がいいって、そのバランス。難しすぎず簡単すぎず、シンプルなんだけど、嫌味がない。真剣に遊びまくるタイプのゲームではないが、友達とハードを回しながらローテーションでチャレンジしたりするのは面白いかも知れない。

塔が揺らいでくると、思わず本体を傾けてしまったりして、

 そんなセンサーは無関係なのに、、、

とひとりほくそ笑んだりするのも悪くない。評価は★★☆とシンプル極まりない内容にしてはかなり高めだと思う。

●無限ラッコカーニバル

これもフェアルーンのところのアプリ。手前から「パチンコ」の要領で貝を飛ばし、3D視点で、より遠くにいるラッコに命中させれば高得点。貝には、、、

・1体に数発命中する(スコアが数倍になる)マシンガン
・貫通するレーザー
・爆発するボム
・最奥部の敵を狙撃(非常に簡単に命中させることができる)出来るライフル

があり、点数を重ねていくことでレベルアップ→どれかの弾数を増やすことが出来る仕掛け。

やってることが無駄にならないチューンはプリズンタワーより「RPG要素」があると言えるが、それほどテクニカルなわけでもなく、ゲームとしては前者の方が面白いというのが僕的な感想かな。評価は★★。ラッコはそれほどかわいくもないしな。

●クィーンズクラウンII

イノティア戦記4で実績のあるコムツスの新作。つか、

 字がちいせぇよ!

でもって見た目が「HIGH」なのになんでボヤけてるんだよ、って感じ。とにかくしゃべりがウザくて、課金しなくても普通に遊べる点は好印象であるものの、ゲームとしてはイノティア戦記の方が気持ちよく、そして楽しく遊べた気がする。溜め攻撃とか複数の武器とかいろんな「遊ばせようとする仕掛け」が豊富なのは悪くないけど、一番プリミティブな「気持ちよさ」の点では、

 (同社の)サードブレイドを超えるタイトルがないのが残念。

とにかく会話がウザい&ジジイには文字が小さすぎるので、ほどなくしてデリートしちゃいそうな予感。評価は★★。楽しめる人にはかなり楽しめるタイトルだとは思うけどさ。

●アンデッドスレイヤー

「なるほどね~」という感想。課金アイテムを無料で手に入れるために、

 ☆5の評価をくれ

と。そうすれば課金アイテムをちょっとだけやるよ、と。確かにコレはみんなからの評判がいいわけだ。っていうか、

 ちょっとした詐欺みたいなもんだが。

「ちょっとした」なのは、「ゲームが面白くなければ課金アイテムも欲しくない、だから課金アイテムが欲しくなる時点である程度はこのゲームを評価しているという裏付けになる」からだが、

 5点満点じゃなくても課金アイテムは欲しくなるよな。

ゲーム自体は正直そんなに悪くない。5点パーフェクトは言い過ぎにしても、クリス評価で★☆くらいはある。ただ、

 いかんせん三国無双タイプ。

「ハック&スラッシュ」という触れ込みだったのでダウンロードしたのだが、やってる感じはそれとはちょっと違うというか、

 敵に近づくと自動で攻撃って、、、ハクスラか!?

って感じ。何つか何でもオートにすりゃいいってもんでもねぇよなぁというか、

 単に僕が思い通りに操作出来なくてちょっぴりイラついてるだけって話?

あと、圧倒的に気に入らない点もある。それはズバリ、

 課金アイテム以外で武器や防具が一切買えないこと。

ゲーム内通貨で手に入るのはスキルだけで、武器防具は全て「金で買え」という仕様。

 よく考えたらスゲェひどい気がしてきた・・・

まぁでもこれも一つのビジネスケースというか、いろんなことを考える人が出てくるよなって話。満点評価が多ければ、課金オンリーでも「それが面白いのか」と錯覚させなくもないしな。あと、誰かに紹介するとかでも、

 絶大なメリット(多額の課金アイテムとか)をもたらしたりすれば、それってつまりは「ネズミ講」と同じってことになりかねない

よな、とも思ったりした。でもまぁ昨日のネタでも書いたけど、アプリってもうそういうところまで来てる気がするんだよな。

-----------

今日は仕事が休みだったのだけど、昨日まで体調を崩していて昼過ぎまで寝てた。何とかだいぶ回復したけど、まぁ早寝するつもり。

今から寝る話はともかく、起きてた間は、、、

・にゃんこ
・ドラゴンフライト
・道具屋さん1&2<iPhone
・ゾンビinUSA

をローテーションで遊んでた。にゃんこが失速気味で、ドラゴンフライトが急伸というところ。道具屋さんは地味に楽しい。あとAMAZONの無料アプリと、4GAMERのアプリニュースで特売を物色。そういえばiPhoneで、

・バグパニック

というCAVEのアクションゲームを購入。85円だけど、長男には100円あげたので、まぁ100円で買ったわけだけど、

 その程度のゲームだった。

一応期間限定で400円が85円、みたいな触れ込みではあったのだけど、さして面白くもなく、これだったら怒首領蜂とか虫姫さまを買った方がよかったかなぁという気がしないでもない。
※まぁ250円とか400円とかだけど。

ただ、

 お金は使うと無くなる。

250円で買ったネコカンには後悔はないが、やはり気軽に無駄遣いするものではない。自慢じゃないが、今の僕は、

 風邪を引いても医者に行きたくないくらいお金を使いたくない人なのだ。

 ジュース一本買うのにも決断が必要なくらい節制しているのだ。
 ※これ言い出すと僕がどれほどの決意でネコカンを買ったのかうかがい知れるというものだ。

なので、いろいろ考えた結果、

 ヱヴァはキャンセルした。

つか冷静に考えたらQはそんなに面白くなかったし、あれほど堪能した破ですら5回は見ていない。レンタルで借りれるようになるには(序盤はほぼ貸し出し中だろうから)結構な日数が必要になるだろうけど、今の僕にはそれほど焦って見たいコンテンツということもない。

 何のためにお金を貯めてる(節制してる)のかって気はするけど。

ちなみに3月1ヶ月間で、「自分のために」使ったお金は、たぶん1900円くらいだったと思う。ジュースとかお菓子とか入れて。

 ・・・もう少し切り詰められそうだな。

つかお金を使わなくても、それなりにブログで書けるネタがあるということを、

 みなさん評価して下さいね(^^;。

とりあえずまた明日!

|

« ウォーリー | トップページ | Dragon Fright »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/57146912

この記事へのトラックバック一覧です: アプリ通信:

« ウォーリー | トップページ | Dragon Fright »