« もしも超能力があったら~その2~ | トップページ | フライトプラン »

2013年5月14日 (火)

ドラゴンフライト~その6~

昨日はずっとバックグラウンドでPS3の体験版をダウンロード&インストール。毎回言うけど、

 同時にやれよ、と。

なんなら予定表に「全てインストールまでやったあと電源を落とす」を用意しろ、と言いたい。が、まぁいいやそれは。

相変わらずドラゴンフライトをやっている。たかだか5匹のドラゴンが一列に並んで飛んでくるだけのシューティングゲームなのだが、いやいやどうして、

 奥が深い。

これほどシンプルなゲームなのに、考え出すと結構いろんな要素が綿密に絡み合ってたりする。つか、初見では全く予想だにしなかった事態。

最近のトレンドは、ミニドラゴンを育てつつ、それぞれに合った戦法を模索することだ。

自分一体でただ敵を倒すだけなのと、サポートが1体、2体いるのとでは、実は全然スタイルというか、結果が変わってくる。自機レベルはもちろん最も重要だが、
※レベルが低いと「絶対倒せない状況」というのが増えてしまう為。具体的に言うと、敵の堅さが進めば進むほど確実に堅くなっていくので、自機のショットが最上であることは、より遠くより強い敵を倒すために必須と言える。
ミニドラゴンたちに関しては、

 正直(彼らの)レベル以上に重要な点がいくつかある。

まずはその攻撃力だ。当たり前だが、いくら弾幕が厚くとも、ろくに敵の体力を減らせないのでは意味がない。その点においては、

 電撃系がやはり強い。

電撃系はパラメータの攻撃力に依存せず、確実に敵を仕留めてくれる。電撃Xは、今ひとつポテンシャルが計り切れていない面があるが、、、

●電撃I

 自分のは4秒ほどに1本電撃が出る。この時間はかなり短い方だと言える。比較的自分の周囲(リスクが高いところ)に着弾してくれている気がしないでもないので、たとえばライン移動をしくじって倒しきれないような相手をパシッと消してくれるのは、事実上一回死地を逃れるに匹敵するわけで、結構ありがたい。

欠点はやはり「4秒に1本」であるため、DPS(ダメージパーセカンド)の向上にはあまり寄与しないこと。ただ、個人的にはAクラスにお気に入り。

●電撃III

 現在自分の子は「14秒に1回、3本の電撃」。今までは非常に頻度が低いため、「使えない」子なのではないかと半分烙印を押していたきらいがあったが、前述の子がレベルMAXになったのを機に、この子も本腰入れて育て始めたところ、、、

 あくまで結果ではあるのだが、この子と後述する連射の子とのペアで、直近7回の獲得コインアベレージが690に達した。

上手いヘタは当然あると思うけど、「アベレージ690」というのは、僕の中ではかなりのものだ。コインの運もあるが、連続7回ならそれほどデータが少なすぎるわけでもない。結局、「3本出ることで、ほぼ敵が一掃され、ジュエルが出たときに取りに行きやすくなる」ことが、獲得コインの底上げに繋がったのではないかと思われる。

確かに序盤は3本出てくれても実質ほとんど自機が掃除したあとの「倒し損ね」にしか効果を発揮しない、実質1本しか出ないのと同義だったりするが、終盤の3本は本当に強力。ただそうは言っても低頻度であることは否めないので、「結果は残したが好み的にはBクラス」というのが僕の本音だったりはする。

●固定連射

 前回から劇的に地位が向上したのがこの子。うちの子は攻撃力15、速度0.12、幅4本というスペックなのだけど、

 動かないということの意味をあらためて理解した。

自機と連動したり、ゆっくり付いてきてくれたりするキャラに「賢い」とか「鈍い」という性格表記があり、動かない子に「怠ける」という蔑称が与えられていたのがカモフラージュになっていたが、

 実質賢い子より有効。

理由は(知ってる人には「何をいまさら」な話だとは思うけど)、

 同じ列を攻撃出来る。

ミニドラゴン1体では、終盤はおろか序盤の黄色がギリ倒せるかどうかの攻撃力しかない。だが、自機を重ねることで、

 自機だけでは画面50%の距離が必要な堅さの敵を、画面40%の距離で倒せるようになる。

これはあくまでたとえだが、確実に倒すために必要な距離が短くなることは間違いない。要するに、

 レベルがMAX35になったあと、自機の攻撃力を上げうるのは、この固定連射だと言える。

特に終盤の猛攻は、ちょっとした油断で敵を倒し損ねることが多い。だが、固定砲台の列を中心に移動することで、死のリスクを確実に減らすことが出来る。

ただ、それでも終盤の「一列避け(後述)」レベルに達すると、結局は運の要素も大きくなってしまうので、現実問題効果を得られるのは、

 今まで1列でしか倒せないと思っていた区間を2列倒せるようになる

くらいに受け止めてた方がイイかもしれないけど。でも個人的にはAクラス。

●一列避けについて

その昔は「2列ずつ移動した方がイイ」なんてことを言っていた時期が僕にもありました。これはつまり、

 ギリギリで隕石を避けるのが怖い=隕石の当たり判定が把握し切れてなかった

頃の話。今でもあれが間違いだったとは思わないけど、
※その当時はそれでしっかり延命率が上がっていたので。

スキルがそれなりに上がって、よりギリギリのせめぎ合いが出来るようになってくると、その「避ける距離」はどんどん短くなっていく。最終的には、

 一列の右側(でも右の列の敵には弾が当たらない程度)にいて、(隕石が飛んできたら)その反対側に移動して避けるやり方

に行き着くかもな~と思っていたりする。そのとき、固定砲台が、
※固定砲台はゲーム開始時にランダムで位置が決まる。自機の左か右かは巣の場所である程度決まるが、「列の真正面か、列と列の間か」は運次第。

 列と列の間の場合は、一列避けの安心感が増す。

「列と列の間」ということは、砲台の弾が2列に分散することになる。が、言っても一列避けは、「まだ僕が体得し切れていない」ハイテクニック。

 せいぜい、「1.5列避け」くらいのものなのだ。

真正面の敵を攻撃しつつ、隕石が飛んできたら隣の列に避ける。当然隕石と敵は足並みを揃えてくるわけではないので、時には非常に避けづらいタイミングになることもあるが、

 そこで砲台がフォローしてくれると、一列でも二列でもかなり避けやすくなる。

でもこれはあくまで僕のレベルの話。さっき書いたけど、本当に上手くなったら、たぶんガチで一列避けをしないと敵が倒しきれなくなる気がする。

 そのときはそのときで砲台が列の中心であった方がいいはず<戦力を集中できるので。

僕はまだ紫の敵までしか見たことがないけど、その先まできっとあるはず。そしてその先の敵はたぶん、

 レベル35のショット1列100%で倒しきれない

となれば、ミニドラ砲台のサポートは、事実上必須になってくると思うんだよね。2列の敵を相手にすることは全く出来なくなって。

そこで浮上するのは、

 もう一体のサポーターを「賢い」にする案。

自分の右側に賢い子を置くことで、一列避け、もしくは二列避けをしやすくする発想。ただこれは「あくまで一方通行」で、逆方向への移動は意味をなさない。ゲーム終盤は「またさっきの列に戻って、、」なんてことは全く出来なくなるので、

 50%の確率でハイリスクを負う

というスタイルになりかねない。だったら4秒に一回しか撃てないながらも、「確実なリスクを回避可能」な電撃Iを入れた方がいいんじゃないか、という気もしてくるんだよね。

ちなみに当然前回紹介した「33体目の男」トリプルホーンもレベル10(MAX)になっている。パラメータは攻撃力9.48攻撃速度8.14。電撃Iの子の半分のペースで1~3本の電撃を放つが、

 ぶっちゃけレベル10になってからはベンチウォーマーにさせてしまっているので、実際電撃Iより有効かどうかは未知数。

ただ、

 こういうのを考えながらプレイするのは、普通に楽しい(^^。

結果間違っていてもいいのだ。

・・・

ちなみに現在のハイスコアは48000点ちょい。奇跡的な二列避けで久々に24000m以上行った。このときのミニドラは、うろ覚えだけど電撃Xと電撃I。高頻度のリスク回避攻撃が、結果として延命に寄与した形になったが、

 この2体と一緒だと、全体的にコインの入りが悪い傾向が強い。

アベレージで言うと350前後なんじゃないかって言う、、、。だから素直に「これが正解!」って言えなかったりするんだよな。

あと、前回24000くらいまでごっそりとミニドラゴンの卵に費やしちゃったコインだけど、昨日一昨日と結構プレイして、現在9万まで戻した。昨日で卵のセールス期間(8000円)が終了しちゃったので、今から買うつもりはないんだけど、正直ちょっと他のキャラ(候補としてはプリンセス)を買ってもイイかなって思ってるんだよね。まぁクリスタルかキャラのセールが入ったら、って感じだけどさ。

・・・

このあともう少しプレイして、「このスタイルが正解かな、、」と思えるスタンスが見えてきました。今日書いた内容をベースにはしていますが、とりあえず47000点をマーク。距離は過去最高の25000m越え。集中力が最重要なのは言うまでもありませんが、延命力はたぶん一番じゃないかな、と。次回があるならそこで触れます。

|

« もしも超能力があったら~その2~ | トップページ | フライトプラン »

コメント

PS3のインストールは意味不明ですよね。インストール場所が選べるのならともかく、そうじゃないわけで。

PS3はさっぱりゲーム機として使ってないので、またオススメがあったらネタの一つして記事にでもしてもらえると嬉しいです。

投稿: nyaru | 2013年5月14日 (火) 10時56分

どもですnyaruさん、クリスです。ウチのブログは、それなりの常連さんがゲームネタとして、期待されてらっしゃる気がするので、そういった面では取り上げたい、取り上げなきゃなぁと思ったりもするんですが、いかんせん不精者というか、

 テンションが上がらないとレスも滞る人ですからね。

やっぱり自分の興味をガツンと引きつけるタイトルが出ないと、なかなか体験版すら起動出来ないというのが本音だったりします・・・。

投稿: クリス | 2013年5月15日 (水) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/57347975

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンフライト~その6~:

« もしも超能力があったら~その2~ | トップページ | フライトプラン »