« テラリア~その6~ | トップページ | テラリア~その7~ »

2013年6月 6日 (木)

Gの話

今日はあまり好きな人はいないゴキブリの話。ぶっちゃけウィキペディアの丸写しみたいなもんなのだけど、あまりにも興味深いエピソード満載だったので、いくつか適当にアレンジもしくはでまかせを加えて書いてみる。アクセス数がめちゃ増えてるこのタイミングでアップする意味がわからないが、仕方ない書きたくなっちゃったんだもの。

●ゴキブリの移動速度

一言で言って「速い」が、一体どのくらい速いのか。

ゴキブリは1秒間に1.5m移動するという。それはつまり体長の40~50倍の距離ということになり、仮に身長170cmの成人男性に換算すると、

 100mを1.2~1.5秒で駆け抜けるほど

平均1.32秒として、時速換算 272.72km!チーターどころか、

 東海道新幹線 N700系の最高速度270kmすら凌駕する!

人間の大きさのゴキブリは、のぞみよりも速いのである。

ちなみに車を使ったメジャーな競技に「ゼロヨンチャンプRR」があるが、あれでも400mでせいぜい7秒台が最高だった気がする。
※うろ覚え。
ゴキブリはスーパーカー並の加速力があるのである。つか、

 人間並に大きいゴキブリに追いかけられたら、逃げられないうんぬん以前に怖さで気を失う気がするけどな。

●天敵

よく言われるのはクモである。益虫のクモはゴキブリを食べてくれると言われたりするのである。

が、

実際はいきなり現れたらクモもゴキブリも同様にびっくりするという「ビックリ害」を与えてくるので、

 オススメはネコである。

ネコは結構な頻度でゴキブリを主食としているらしい。バッタとかトカゲとかも食べるらしい。

まぁ箱入り娘な座敷ネコだったりすると、「マジ勘弁」と逃げちゃうこともあるようだけど。つかウチのパートさんのネコはみんなそうだって言ってたけど。

●水なしでも飲めるストッパ下痢止め

一切の食べ物どころか水分すら摂取せずとも、1ヶ月から1ヶ月半生きる。生きちゃうという。ゴキブリはラクダよろしく自分の体のコブに水分を蓄えているので、、、あまりにウソを書きすぎるのもよくないぞクリスよ。

・・・体の油を消費燃焼して走るらしい。なんだかハイブリッド。

ちなみにゴキブリが雑食なのは有名だが、

 人間のアカやフケ、和紙や天ぷら油も食べたりするらしい。

お腹こわさないのかな。

あと、ゴキブリは核戦争後も生き残るとまことしやかに言われているし、生きた化石と称されるほど昔から体型が変わっていないが、実際はショウジョウバエ(小さいハエね)とかのが生命力が強いんだと。

●日本人よりアメリカ人により嫌われているらしい

そのくせ他の外国では、

 ペットはおろか食用にしてるところまで!

恐ろしすぎる・・・。ただこれは価値観の問題で、言ってしまえば

 エビのような味らしい

でもって、

 エビやカニも冷静に考えたら結構グロテスクではある。

日本人はタコを普通に食べる数少ない国だが、
※むしろゴキブリを食べる国よりも少ない
もしゴキブリが伊勢エビより美味しかったりしたら、、、まぁ最初の一口を食べるのがそもそもハードル高いって感じだよな。

ちなみに、「食用」とは言っても、それはあくまで「それ用に飼育されたモノ」であって、普通に何でも平気で食べてるようなそこら辺のゴキをパッと取って食べて美味しいわけではないので念のため。

むかしTVジョッキーかなんかで、生のゴキブリを食べて体で卵がふ化し、内臓を食い荒らされて死んだという話がまことしやかに流れたが、

 あれは完全にウソだったらしい。

特命リサーチ200Xでその「食べて死んだ」とウワサされた本人の生存を確認しているのだそうな。

 すっかり騙されてたぜ<マジで。

ただ、さすがに生でボリボリ食べるのはどうかと思うけどね。

あと、漢方薬としては血行促進に効果があるものとして日本でも簡単に入手出来るものもあるんだとさ。

●世界には1兆5千億匹

日本には250億匹いるらしい。人間ひとり当たり200匹のゴキブリが割り当てられている計算だが、実際に人間が目にするゴキブリは、全ゴキブリ種の中の1%ほどなのだそうな。

ゴキブリのメインストリートは森とか林とかなんだってさ。だから実際に核戦争で森や林がなくなっちゃったら、ゴキブリも死滅するって言われてるんだと。

●世界最大のゴキブリは

ナンベイオオチャバネ。羽を広げたときの大きさが20cm!もはやゴキブリとは言えないレベルの大きさ。ドブネズミクラスのヤツが部屋の隅とかを移動してるかと思うと、

 書いてるだけでもゾクッとするな。

●カマキリの親戚

へ~って感じ。シロアリとかも近いらしい。へ~って感じ。意外とコオロギやカマドウマじゃないんだね。

●名称の由来

「御器(ごき=食器)」を「かぶる(かじる)」から、「ごきかぶり」と呼ばれるようになり、それが明治時代<結構最近だなまで続いていたのだと。で、途中

 文献の誤植でゴキブリになったという。

へ~って話。でも実際の呼称は主に「あぶらむし」が通例で、「ゴキブリ」が使われ出したのは、

 1972年に発売された画期的な新商品「ごきぶりホイホイ」の影響なんだそうな。

これが一番驚いたって感じ。だって商品が出るまではみんなヤツのことを「ゴキブリって呼んでなかった」んだよ!?

 ファミコンみたいなもんか!

●殺虫剤について

「巣ごと駆除する」タイプは、ヘタすると「その薬剤ケースそのもの」を巣にしてしまうこともあるという。へ~。

「氷結ジェット」は、ゴキブリを駆除するより凍らせて運動性能を低下させるスプレーだったが、あまりにも大量に一度に使ったことで火災を引き起こし、発売停止になってしまった。
※トイレで大量に使ったあとタバコを吸っちゃって引火。

バルサン系の殺虫剤は卵には効かないので、一度使ったあと、卵がふ化する2、3週間後に再度やると良いらしい。というかやらないと意味がないらしい。へ~。

泡スプレーとかは呼吸器をふさいで窒息死させられるらしい。

ホウ酸だんごとかは、割と耐性ゴキブリを増やすだけ、ということもあるらしい。あと、ゴキブリホイホイも結構学習され、回避されるらしい。へ~。

 やっぱネコが一番かな。わかんないけど。

---------------

最近「飛ぶゴキブリ」を見てないんだよね。怖いし驚くから見たくないんだけど、ぶっちゃけ(僕の中では)飛ばなければゴキブリもゲジゲジもヤスデも大して変わらない。むしろムカデとかハチとかマムシとかのが毒がある分怖い印象だよな。まぁ移動速度の速さと、殺したときに飛び散る体液の量はキモいの一言だけど。

なんとなく愛猫カンナに感謝してみたりしてな。

|

« テラリア~その6~ | トップページ | テラリア~その7~ »

コメント

クリスさん、どもです。Gが出る夢を定期的に見るのですが、マジ勘弁。もしかしたらフロイト的に意味あるのかもしれません?我が家は定番のブラックキャップ2年目です。効果継続中です(´Д`;)

投稿: デスバ | 2013年6月 6日 (木) 06時14分

こんにちは、クリスさん。
テラフォーマーズ読んでますが、Gは苦手です。昔、シャドウハーツで画面に向かって飛んでくる感じのGな敵がいて、腹が見える度にドキッとしてました。

投稿: KC | 2013年6月 6日 (木) 15時33分

まいどですデスバさん、KCさん、クリスです。こうして日常を切り取るようなネタにもフックして下さる方がいらっしゃると思うと、素直に心強いです。

>デスバさん

定期的に夢に見るのはツライですねぇ。でも僕もひとり暮らししていた頃は、
※リアルな遭遇頻度も高かった為ですが
かなり見ましたね。もう文字に起こすとクラクラくるような夢を(^^;。

ブラックキャップは存じませんでしたが、ウチのパートさんが言うには、「連続使用」は確かに効果があるみたいですね。毎年やっていくとホントに見かけなくなるのだとか。

ああ、そう言えば一昨日ゲームやっていて視線の端に2度ほど黒い影がよぎったんだよな。ただ、ウチの場合はGの確率よりむしろトカゲやゲジゲジの方が高かったりするんですけどね~(^^;。


>KCさん

テラフォーマーズ読んでなくてごめんなさい。でもGが苦手じゃない人ってむしろ少数派ですよね。その昔TVで真田広之が、

 ゴキブリ殺せないんですよ

って言ってて、その場にいた女性観客たちみんなが、

 それでも大丈夫

って言ってたのを思い出しました。イケメンならなんでもいいのか!と。

ゴキブリの「腹」は確かに見たくないですね。出来たら一生見ないで過ごしたいです。AKBのみるきーが「60cm大」のリアルなゴキブリのヌイグルミを抱っこしてるのを見ても、「結構来るなぁ」って思いますからねぇ。

投稿: クリス | 2013年6月 9日 (日) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/57518607

この記事へのトラックバック一覧です: Gの話:

« テラリア~その6~ | トップページ | テラリア~その7~ »