« モンスターハンター4~その5~ | トップページ | モンスターハンター4~その6~ »

2013年9月24日 (火)

娘の体育大会にて。

昨日も頭が痛かったので、全くモンハンをやらずに就寝。さすがに11時前に寝ると、朝早く目が覚める。でも5時半とかに目が覚めても一日のサイクルが狂うだけなので、再度眠りに就く。6時半。まだ早い。7時。まだ早かったが、娘の体育大会に写真を撮りに行く手前、「どこに座っているか」を確認し忘れていたことに気付き、問い合わせる。これで問題ない。ゆっくり眠れる、、、と思い就寝。8時。いつも僕が起きる時間よりはまだまだ早いが、この時間ならば逆に「一狩り」くらいは出来るかな、と思いモンハンを起動。グラビモスを倒し、天空城への道が開けるも、行けるクエストは「高難度:ババコンガ:環境不安定」のみ。最初からあからさまに「高難度」と脅されては、おいそれと始めるわけにはいかない。やるからには3死は絶対したくないし、
※今のところ1死やリタイアはあるものの、3死およびタイムアップ経験はなし。
かといって時間がギリギリなのも精神衛生上よろしくない。不安定な狩り場だと、要はババコンガ以外の大型モンスターも登場することを指しているわけで、ただでさえ高難度でビクついてるのに、その上2頭相手など、、、コヤシ玉を準備する必要を感じる。

 そんな感じの朝。

昼飯も食わずにカメラを持ち、母校へ赴く。「この場所だろう」という場所に娘の姿はまだなかったが、ほどなくして見知った娘の友人を発見。シチュエーションが違えば40過ぎのオッサンが体操服の女子中学生に話しかけるなど、犯罪のニオイしかしないのだが、ここでは問題なし。よかったここで。ともあれ、クラスの場所を確認中に娘と合流。早速何枚かの写真を撮る中で、娘の友達の現役女子中学生に、

 「○○のお父さんって、面白いですね!」

と笑顔で言われる。あと、

 「採寸時(※ウチの店で体操服を買ってくれたのでその時)に、ウチの娘と仲良くしてやってくれって言われて、1、2年続けて同じクラスですよ!」

とこれまた笑顔で言われ、

軽くテンションが上がる。まぁ軽く面白く、ひどく変態であるのだが、この場でそれをカミングアウトするメリットはないのでこちらも笑顔で応対。そりゃどうも。

こういう時ノリがいい子は写真が撮りやすい。僕がこうしてああしてという指示を出しても、笑顔で受け入れてくれる子ばかりなら、勢い写真も良くなると言うモノだ。つか実際は明るすぎてピントが合ってるのかどうなのかもよくわからなかったというのが本音だったりしたのだが、

 案の定いくつかズレていた。

でもまぁそれなりにいい写真も撮れたのでよしとする。3人がジャンプして手を突き上げている写真だ。

ちなみに読者様の中にはお子さんがいらっしゃる親御さんも少なからずいるとは思いますが、ぶっちゃけ写真もVHSのビデオみたいなもので、再生環境がなくなって見られなくなっても、そうそう子供から罵倒されたり、自らを恨んでどん底まで落ち込んだりはしないものだと僕は思います。それよりも目の前の瞬間、写真に撮られる被写体の今を目に焼き付けることや、自分とは違う時間の流れ方、、、若い頃の方が時間は確実にゆっくり流れますから、それをわずかでも共有しようという歩み寄りみたいなものの方が大事な気がします。僕は今日1時間ほどその場で写真を撮ったり、話をしたりして戻ってきましたが、今思えばもっとゆっくりじっくりその「中学校の体育大会」というイベントを味わってくれば良かったと、軽く後悔しています。「いい写真を撮らなくちゃ」というある種脅迫感にとらわれ、それを成しえた時点で肩の荷が下り、早々に退散してしまったことが、「(一生の間でそうそうチャンスのない)繋がりの深い関係の子供ががんばる体育大会を軽視すること」になってしまっていることに気付かなかったんですよね。

 来年はもう少ししっかり楽しみたいと思います。

つか実際親とかで見に来てる人は少数だったりするんですが、同じクラスの男子に「○○のお父さんですよね!?」って言われるのは悪くない。「写真撮るからいい顔して親指立てて!」って言って聞いてくれる男子も悪くない。ああ男女混成の写真を撮ってくればよかった。ああしまった。ああしまった。暑かったから?そんなのは言い訳だ!

でも自分達が中学生の頃って親が来たのって一回それも一瞬しか記憶にないんだよね。別に蔑ろにしたわけでもないし、はりきったわけでもないんだけど、やっぱ中学くらいになると親とはそれなりに距離を取り始めて然るべきなのかな、とも思った。まぁ昔と今は違うと言えば違うんだけども。

ちなみに記録として残しておく意味で書いておく。娘達の2-1は、長縄の練習時間に1、2度しかやらず、ろくに跳べもしなかったのに、ずっと座っていて、本番まさかの30数回。全校見渡してたわけじゃないけど、20回以上跳べてたところは無かった気がするので、マジでかっこよかった。全員参加とおぼしき長縄となると30人くらいが一斉に跳ぶわけで、そうそう数をこなすのは容易じゃないと思うのに、いやはややるなって感じ。直後に友達と喜び合う写真はなかなかいいショット。

結果他の種目と合わせても学年一位だったのだけど、その歓喜に沸く瞬間はすっかり忘れていて撮り逃し。つかウチの子供達がいるクラスが1位を取るなんてことは、過去例がなかったわけで、なんつか「不慣れ」ゆえの失態というところでしょうかね。

ホントは長縄→順位発表のあとのマスゲーム(組体操)が一番の見せ場ではあったのだろうけど、何つかテンションが上がらず帰って来ちゃったんだよな。これは(僕らの頃に)よりいろいろとリスクの高いことをやっていた気がするので、ちょっぴり萎えちゃうみたいなところもあったりしたし、あと長男の時に感じたことなんだけど、(たとえ長男がそうでなくても)失敗して座ってる子を見るのはいたたまれないんだよね。でもやっぱこれも見てくれば良かったな~と。娘を見る、娘の写真を撮るという目的ではなく、もっと自分のために、というか、自分が中学の頃の気持ちや楽しさや熱さを思い出すために、引き出しを開けるために、見てくればよかったって思った。

 やっぱ中学生時代っていいよな。

娘は毎日ネットばっかやってるけど、悔いのない中学時代を過ごして欲しいとマジで思うわ。ウチの娘は比較的アクティブ側の人間みたいだから、特に「自分の意志で」思い出を作っていけるだろうと思うから余計にそう思う。プレッシャーを掛けるつもりはないんだけども。

つか、娘の友達でオレと一緒にモンハン4やってくれるようなヤツはいないもんかね。
→書いてから思ったけど、「別段好きでもないクラスメートの女子のオヤジ」と、一緒にゲーム出来る男子がいたとしたら、そいつ結構大物っていうか、よくよく考えたら、「自分の娘のクラスメートの男子」と一緒にゲームしたいと思うオレの方が結構どうかしてるぜ!?って感じなのかもな。いや、別に男子じゃなくてもいいんですけどね>そうなってくるともはや妄想以外の何物でもなくなってくるな。

|

« モンスターハンター4~その5~ | トップページ | モンスターハンター4~その6~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/58254071

この記事へのトラックバック一覧です: 娘の体育大会にて。:

« モンスターハンター4~その5~ | トップページ | モンスターハンター4~その6~ »