« ファイナルファンタジーXII~再会その3~ | トップページ | ファイナルファンタジーXII~再会その5~ »

2013年9月12日 (木)

ファイナルファンタジーXII~再会その4~

ふと思えば当時もこんな感じでどっぷりだったなぁと懐かしくなる。

 まぁバーニングボウは未だ手に入ってないのだが。

たださすがに前回書いたように、「ずっとそればっかり」はしていない。というかあまりにも出ないので一旦他に出来ることはないかと考えた結果、

 フィデルが落とすヘビーランス、長槍ならダイブイーグルにも届くのでは?

ヘビーランスは攻撃力48のヤリである。たまにスロー効果を与えたりもするが、この際それはどうでもいい。攻撃力だけで言えばウェアウルフからもらった虎鉄の方が強い。よりどころは「ヤリだからリーチが長いだろ常考」だけである。

しかし、以前の僕のブログを読み返してみるとわかることだが、

 そっちはそっちでヘタしたらダイブイーグル以上にイバラの道・・・

だって当時の僕のコメントに「どんなチェーンドロップも、フィデルほどじゃないだろう」という一文もある。それほどまでにきつかったフィデルチェーンとはいかようなものだったのか、、。

フィデルは西ダルマスカの中央断層というエリアに入ったときランダムで出現する。一度倒したら2エリア移動しないと再出現のフラグは立たず、一度出現していれば1エリア移動で消えることは(たぶん)ない。

攻撃はレベル43HP3000弱の僕に400前後のダメージを与えるロッククラッシャーと、猛毒にしてくるポイズン、くらやみにしてくるダーク。他は通常攻撃が二桁ダメージというところで、普通に戦うだけならさして強敵でもない。毒を無効化するアクセを付け、くらやみになったらその都度ケアすれば問題ない。

 そいつとだけ戦えるなら。

狙うはチェーンドロップなのだ。あくまで戦っていい相手はフィデルのみ。他の雑魚はいくら一撃で倒せても、いくら取り囲まれてフルボッコにされても、決して刃を立ててはならない。菩薩マスクでアルカイックな笑みをたたえつつ「よきにはからえ」が求められる。

また、ミストナックを使うのも御法度だ。普通に一発撃つだけならともかく、つい気持ちよく連携してインフェルノなんぞを発動した日にゃ、周囲のウルフどもも丸コゲである。当然チェーンはぶっつり切れてしまう。ぶっつりだ。

地味にウザいのは隣のエリアであるガルテア丘陵にいるウルフどもだ。チェーンを始める前にあらかた掃除したつもりだったが、始めてからも1匹ポップし、2エリアチェンジの再出現フラグのための移動中常に攻撃を浴び続けることになってしまった。オマエなど刀をサヤから「一瞬出すフリ」をしただけで瞬殺できるというのに、、、。

だがしかし望みはそこにしかない。というかヘビーランスがもしダイブイーグルに届かなかったら、、、なんてことは考えない。

 なぜなら届かないとわかったら望みが絶たれちゃうから。

そんな状況で始めたフィデルチェーンであったが、いざ始めてみると、当時の映像がフラッシュバックする。ああ確かにフィデルがいるところは微妙に空気が揺らいでたな、と。ガルテアの雑魚がうざくてエリチェン後にケアルしてたな、と。

当時がどうだったかわからないが、今回はもう少しだけ進歩していたと思う。出現していたら倒せばいいが、出なかったときは数回出入りだけを繰り返し、以前の記録である「体感20%」を考慮した上で10回以上出ない時などはエリア内をグルッと一周する。大抵は変なところに移動して見えなくなっていたり、

 目の前にいきなり出現したり。
※単に見過ごしてただけの可能性もあるけど。

そんな感じで以前よりはハイペースで倒していく。ちなみにフィデルにはフェニックスの尾が有効らしいが、そんなものはもったいなくて使えない。

 所持金12万しかないのに250円のアイテムをひょいひょい使えるもんか。

僕がどこに向かっているのかはわからないが。

もうひとつ今回進化したというかラッキーだったのは、

 序盤で全くアイテムをドロップしなかったこと。

倒しても倒してもドロップしない。だがその結果、10回でチェーンアップ。17回で2回目のチェーンアップをした。時には30回以上になっても2回目のチェーンアップがなされないこともあるのに、これはなかなかラッキー。と思ったその2回後(チェーン19)で見事にヘビーランスをゲット。既に「フィデルのチェーンドロップはキツイ」ことを知っていたからか、拍子抜けするほど、、、でもないか。まぁそこそこ簡単に出てくれた。というか、

 既に150匹くらい倒してる(と思われる)ダイブイーグルを思えば、「あっという間」に出たと言っても過言ではない。

勇んでヘビーランスを装備す、、、ライセンスがないので装備出来ません。

 でもポイントは持っていたのですぐさまアンローーーック!エーンド装備!<イクイップじゃねぇのか。

手近なウルフに斬りつけてみる。

 ・・・ ・・・気のせいかグラディウスとリーチが変わってないような、、、。

いやいやこれはあくまで相手がウルフだからであって、上空の敵には有効ということも十分考えられる。だってほら、ヤリって上に向かって持ってるじゃん?絶対そうだよ。そうに違いないよ。そうじゃなきゃ、、、ヤリなんて、、、存在意義とか、、、、

 ねぇじゃん・・・

フゥ。まぁね。そういうこともありますよ。最初からダメもとだったじゃん?え?オレ言ってなかった?そっか、、、言ってなかったか、、、。

気を取り直して再度ダイブイーグルを狩り始める。こいつってホントにヴァンひとりの時にはミスト以外で倒せなかったっけ、、、。

ちなみにミストナックを撃つ時は、レッドで始めて2撃目にカートリッジもしくはレッドが出なければ、そのままハザードせずに戦闘を終了しちゃった方がいい。その状態ならまだMPは残っていて、一発はレッドを発動できる。そこでカートリッジを出すか、もしくは合計3発のレッドで倒せてしまうこともある。内部計算がどうなってるのかよくわからないけど。

まぁそれはともかく、

 マジでどっかにいい武器とか落ちてないかな~。

軽く攻略サイトを見ると、「ロクスリーの弓」というのが交易品で出るらしい。必要なのはなんかの石と黄色い液体、とがったの爪。おぼろげな記憶では「黄色い液体」はゼルテニアのスライムを狩猟した時に手に入った気がする。
※クランレポートでは狩猟時に「スライムオイル」が手に入ることになっているが、実際はそれじゃなく、黄色い液体だったはず。
とがった爪は、、、調べるとガラムサイズ水路のコウモリが落とすらしい。

 ついにダウンタウンに足を踏み入れる決心をする。プレイ開始後20時間が経過していた、、、。

とりあえずストーリーを進めず水路の入り口へいちもくさん。入り口のガキンチョにカギを開けて貰った時点で、

 貰った!

と思ったが、
※コウモリは絶対弱い敵だと思うので、もし2段階で入れるエリアが区切られていたとしても、絶対「手前」のエリアにいると踏んだため。黄色い液体は18個も狩猟しないと手に入らないが、そんなのは時間さえかければ何とでもなる。こっちはとにかくバーニングボウなのだ。それさえ手に入れば他はどうでもいいんだ。ストーリーは進めたくないが。

 入った水路には、ネズミ一匹いやしない・・・。

 「そう言えば冒頭でオレが倒しちゃったもんな、、、ハハハ、、、」

力無く笑ったクリスの瞳からは光が消えていた・・・

再度ダイブイーグルの所に戻り、経験値を稼いでいく。気付けば僕のレベルは46。当初の目標であった、遙か遠くそこまで到達するのは絶対無理だろう、それまでに飽きてしまって投げ出すだろうと想定していた「45」を超えてしまっていた。バーニングボウのヤツのせいで、、、。

しかしそんな繰り返しの時間の中でも、大きなそしてありがたい発見もあった。

僕が倒していたダイビーは西ダルマスカの奥の方、黄色いセーブクリスタルがあるエリアのすぐ外にいるヤツなのだけど、そのエリアに入って向かって左側、ダイブイーグルを倒したちょっと先にあるツボから、

 エーテルが出土。

近くにいるアルラウネの経験値も283とそこそこで、そいつを倒しつつエーテル(当然ポーションやギルのこともある)を稼ぐのは悪くない。そもそもエーテルの稼ぎは非常に面倒で、何かと平行してやるのが難しいものだったからだ。

 最初から知ってたら今頃50個くらい貯まってただろうけどな、、、。

ともかく、未だにバーニィが出ないわけである。ザクに乗ってアレックスにやられちゃうバーニィが出ないわけである。ポケットの中には戦争があり、いつか空に届くはずなのであるが、、、何を言ってるのか全くわからない。キズによる一時的な記憶の混乱だ。もちろん五体満足だが。

--------

ウワサではバーニングボウに火の矢を合わせると、攻撃力が2000倍くらいになるらしい。ラスボスだろうとオメガだろうと「弓を引いただけで」倒せてしまうらしい。雑魚は近づくことも出来ず蒸発してしまうらしい。コンニャクだけは斬れないらしい。弱点はしっぽらしい。またも一時的に記憶が混乱している。

だがまずはボウの方だ。ボーだ。ボーボだ。「ガンバそれっておいしいかな?」だ。

 そんなことは7年前からわかってたことだ。

しかしホントにやることがなくなってきた。このままここで骨を埋めちゃうのか、はたまた諦めてストーリーを進め、いろいろ強化してから挑むのか、それが悩み所だ。

とりあえずもしものために黄色い液体18個は手に入れておこうかな。簡単に書けるほどのことじゃないのかも知れないけど、ホントに他にやることがなくなってるんだよな。ライセンスのオプション部分は全てオープンにしたし、
※全て取得したわけじゃないけど。
持ってる装備や魔法で使えないものもない。

攻撃力が無理なら防御が著しく高くなれば、とも思うけど、そんな豪気な鎧をくれる雑魚も見あたらない気がするし、、、
※ネクベト辺りがくれないかな~。

 一本でいいから落としてくれ~<本音が出た。

▲▲△。なんとなく。あと攻略本とか安く売ってないかな。ここが打破したいだけなんだけど、、、。

|

« ファイナルファンタジーXII~再会その3~ | トップページ | ファイナルファンタジーXII~再会その5~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/58156191

この記事へのトラックバック一覧です: ファイナルファンタジーXII~再会その4~:

« ファイナルファンタジーXII~再会その3~ | トップページ | ファイナルファンタジーXII~再会その5~ »