« オブリビオン | トップページ | 年末年始大書き殴り大会終了 »

2014年1月 3日 (金)

HAMMERWATCH~その2~

前回書いたことにミスがあったので修正。

誤 緑のアンクを取ると戻れなくなる

正 ボス部屋に入ると戻れなくなる

ご注意を。

しかしこれだけ面白いゲームなのに、ネットではろくに攻略もプレイ日記も書かれてないのがちょっと不思議な感じがする。確かに地味だし、洋ゲーだし、難度も高いとは思うけど、

 決してつまらなくはないと思う。

まぁ誰もプレイしないんじゃこのジャッジの正誤すらあやういのだけれど。

今日は前回せっかく3エリア目まで到達したのに、

 取り損ねたアイテムとかが凄く多く、かつショップに行かなかったことをひどく後悔したので、

どうにも続きをやる気になれなかったレンジャーは一旦置いといて、別の二人に手を付けてみることにした。

●ウォーロック

通常攻撃はパラディン同様近接で、リーチは「べったりくっついてないと当たらないほど短い」。ただ、「隣接して敵がいる場合」は、なぜだかわからないけどその向こう側の相手にもダメージが通る感じ。もしかしたら、

 毒攻撃が貫通してるのかも。

ウォーロックのナイフは毒を帯びており、50%ほどの確率で2秒ほど相手を毒にすることが出来る。
※当然のように中ボス、ボスには効かない。
そのエフェクトが発生時に、奥の敵までダメージが飛び火してる感じ。

つか「ウォーロック」ってそもそも何?って感じだよな。ゲームによってはまんまマジシャン、メイジ、ソーサラーと同列に扱われてる気もするのだけど、本作では、

パラディンの体力120、メイジ25、レンジャー70という初期値に対し、

 ウォーロックの体力100。

つまり通常攻撃が近距離ということもあり、割かし打たれ強いキャラとしてチューンされている。だが、

 当然のようにサブウェポンは遠距離。
※MP消費するアレね。

電気を帯びたボールを投げ、敵に命中すると、「その敵に隣接していた敵にダメージが伝播する」。一種のチェーンライトニング。
※条件次第ではなぜか離れてる相手にまで電気が届くこともあるけど、イマイチその条件が理解出来ない。
飛距離は10キャラ程度で、それほど長くはないのだが、命中しなくても、「着弾時に炸裂して周囲の敵を探す」ので、こと使い勝手では、

 たぶん全ての攻撃の中で最高レベル。
※まだ終盤まで行ってないので、そこで増えるスキルとかはわからないけど。

でもMPの消費も大きいため、割とちくちく通常攻撃も絡めていかないと、全然敵を倒していけなかったりもする。隣接してる相手にしか届かない通常攻撃だけど、パラディンと違い正面に対するディフェンスがないので、

 通常攻撃で飛び道具持ってるヤツを倒すのは、マジ至難の業なんだけど。

ただ、他のクラスと違ってHPの回復手段も多く用意されているので、
※20%の確率で敵を倒したときに1HP回復するスキルがあったり、チェーンライトニングのおかげでコンボを発生させやすい=コンボ発生時にHPが回復するスキルの恩恵を得やすい
多めの体力と相まって、意外とラフなプレイを許容してくれるキャラになってる感じはある。

しかしそれも対雑魚においてのこと。1面ボスは周囲に放射状の弾を吐き出してくる難敵なのだが、MPがなければ遠距離攻撃が出来ず、パラディンのように盾がないウォーロックにはその攻撃を防ぐのが非常にキツい。正直イージーなのに3匹くらい死んでクリアとなってしまった。

後述する魔法使い(今調べたら正式名はウィザードだった)と違い、MPの消費頻度が激しいため、回復アイテムが普通に嬉しい。角から隠れながら攻撃するレンジャーと比べ、大群を一気に起動してライトニングでごっそり減らしていくスタイルはなかなかに気持ちよく、
※レンジャーよりもMPも(たぶん)多い
でもMPが切れると途端に切なくなるギャップも味と言えば味。

限られたリソース(お金)を何に使うのかが、凄く悩ましいキャラというところかな。
※さすがに「毒のダメージを増やす」はいらないと思うけど、、。

●ウィザード

通常攻撃のファイアーボールが、

 5キャラ分程度の中距離攻撃

レンジャーのように画面一杯届くわけではない分、かなり敵と接近して戦うことを余儀なくされるのだけど、

 体力が25しかない分、敵の一撃が超痛い。

ちなみに敵の攻撃は、イージーでも「物理アタックで13、飛び道具で3くらい減る」。要するに殴られたらほぼ死んでる感じになる。

 でもファイアーボールは着弾時に炸裂し、周囲の敵にもダメージを与える

リーチは短めだがダメージ自体も大きく、非常に強力な通常攻撃なのだ。MPも消費しない。

しかし、
※気のせいか「しかし」とか「でも」「だけど」「そうは言っても」みたいな否定的な接続が極端に多いタイトルのような気がしないでもないな、、、。

 MPを消費するサブウェポンが、

 とんでもなく弱い!

魔法使いのくせにそれってどうゆーこと!?と上司に涙目で訴えかけたくなるほど。具体的には、

 前方に扇状のファイアブレスを吐くのだけど、そのダメージが異常に小さく、MPの消費が時間制であっという間にカラになる

地球防衛軍の経験者なら、「あれのバーナー」を思い出してもらえばわかると思うけど、とにかく使えないのだ。

このゲームは今のところ「第三の攻撃ボタン」を使わせていないので、のちのち「スゲェ使える超強い攻撃手段」が加味される可能性は低からずあるが、現状でのウィザードは、

 低すぎる体力と使い勝手のいい中距離の通常攻撃、使えないMPワザ

という何ともいびつなキャラに仕上がってる、という感じかな。ある意味上級者っぽいチューンと言えなくもないね。

●ショートカット

慣れてくると隠し通路等の発見にも長けてくるのだけど、今回のプレイで今まで見つけてなかった通路&扉を発見し、

 3Fに行くけど戻れないよ?

という、一種のショートカットが出来た。が、このゲームは何度も書いている通り、「お金が非常に大切」なゲームであり、ショートカットすることでその分の資金を棒に振ることにもなりかねないので、果たしてこれが正解なの?とも思ったのだけど、

 今回に限って、今まで入ったことの無かった宝箱(中には高額の宝石が入っている)満載の部屋に入ることが出来、いつも以上にお金を手に入れることが出来た。

たまたまこれまでのプレイで気付かなかっただけなのかも知れないし、ホントにショートカットしたことによる資金難を救済するための措置なのかも知れないけど、とりあえず、1面のスタート地点からグルッと反時計回りでマップを移動したどん詰まり辺りにあるので、

 今現在僕のブログの読者の誰ひとりとしてプレイヤーがいなかったとしても!
 ※というかまずいないだろ、これやってる人。

 「もし気になった人は試してみて、」

 などと書いてしまうのであった!

●雑感

他のブログを見ると、みんなノーマルのパラディンでクリアしてるようで、結果そっちのが楽なのかな~と思ったりもし始めてるわけだけど、
※自分がやったときはあまりに「システムのイロハ」を知らなすぎたし。
とりあえずイージーをプレイした限りでは、やっぱりレンジャーの「スゲェ長いリーチ」が有効だったと思う。サブウェポンの爆弾も使い勝手が良く、体力もウィザードほどは詰んでなかったし。

ただ、それもこれも経験によるところが大きい気もする。体力回復のコンボボーナスは買う価値があるけど、体力MAXを上げるコストはもったいないかも知れない。遠距離で戦うのがメインになるため、相手の遠距離攻撃が一番ウザく感じる=1撃のダメージをわずかながら軽減するスキルが意外と重要なのかな、と思ったり、そうは言っても全てのスキルを上げるほどのお金はないわけで・・・。

マップそのものは結構広いが、ランダムではないので繰り返しやってれば段々覚えていく。割と気楽に他のキャラをチョイスすることも出来るし、1周8時間ほどと言われていても、キャラごとに全然違うスタイルになるのでボリューム不足を感じることもそうないと思う。

複数箇所セーブが出来ないのはジレンマではあるけど、今日ちょっとやってみたヴァルディスストーリーよりは、

 全然面白かった

って言えると思うな。

つかレンジャー作り直そうかな。マジで。

|

« オブリビオン | トップページ | 年末年始大書き殴り大会終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/58876446

この記事へのトラックバック一覧です: HAMMERWATCH~その2~:

« オブリビオン | トップページ | 年末年始大書き殴り大会終了 »