« ゼルダの伝説 神々のトライフォース2~最終回~ | トップページ | VALDIS STORY ABYSSAL CITY~その2~ »

2014年1月11日 (土)

VALDIS STORY ABYSSAL CITY~その1~

「その1」で最後になってしまう可能性もなきにしもあらず。

 お金出して買ってなかったら絶対投げてた。

っていうか、

 いろいろ失敗した。

まず、最初何にも考えずに「ゴッドスレイヤー」の難度でスタートして、

 それをすぐさま忘れている自分。

もう敵とかボスとかが、

 吐くほど強ぇぇ・・・

もう本気の本気でアルゴリズムをきっちり学習してかないと、

 全く倒せない。

でも、悔しいのはちょーーーーっとずつでも学習機能が働いてしまうこと。じゃあ良ゲーなのかと言えばさにあらず。

 イマイチ手にフィットしない操作感。

全く似てはいないんだけど、ある意味初代ドラキュラみたいな、「その時代のスタンダードとは異質な操作感」。ジャンプも低く、崖際で降りようとしてもすぐ無駄に掴まってしまったり、その状態から降りる方法がなかったり、掴まってる状態から上に登るのも一瞬ラグがあるというか、

 気持ちよくない・・・。

そこがローグレガシーと一番違うところで、何よりも、

 英語が多い。そして英語力を求めまくる。

いわゆるポピュラーな単語を組み合わせてあるだけみたいな、比較的理解しやすい英語ではなく、中学レベルでは太刀打ち出来ない文章が山ほど出てきて、

 もうチンプンカンプン。

その結果メッセージを全てスルーしてたら、

 操作が全然わからなくなって涙目<冗談抜きで。

それでも悔しくて血反吐吐きながらボスを倒して行ったのだけど、

 いい加減無理だ・・・

と諦め、メインメニューから他のキャラとかねぇかな、と覗いた瞬間、

 自分が最上難度でやっていたことに気付かされる・・・という。

見た目は、スマホでこれでもかとリリースされている「COM2US」のアクションRPGみたいな感じで、
※ホントにそんな感じ。
キャラの顔とか、

 掛け値無しでサイアク。

どこも愛せる要素がないルックスのキャラと、軽く見えて軽くない操作で、広そうで広くないサイドビューのマップを進めていく。

一見メトロイド風に探索出来そうな気配を見せつつも、その実序盤はほぼ一本道で、でも一本道だと油断すると貴重な回復アイテムを取り逃してたり、、、。
※本作の回復アイテムは、ダークソウルと似た感じで、セーブポイントで補充される「ビン制」。

でも苦労してボスを倒すとやっぱり嬉しかったりもするんだよね。ただ、

全然ダラダラ遊べないので、「もう3時過ぎくらいかな?」と思って一旦抜けて時計を見たら「まだ11時半!」。こんなに時間が経ってないのも珍しいくらい時間が経たないゲームだったな。つか僕がこれを始めた時間がそもそもそれほど遅くなかった(7時半くらい?)のかも知れないけど。

あらためて最初からスタートした「ノーマル」の敵の弱いこと。単純に体力が5分の1くらいで、攻撃方法もごくごくシンプル。ゴッドでは、

 いくら攻撃しても倒せないヤツ

だったのか、ノーマルでは普通にバリアがなくなって倒せるようになってたり。

 でも、そんなノーマルでも涙がチョチョ切れるようなヤツが平気で出てきたり。
※前述のポーションを取り損ねたので、スタートまで戻って探そうとしたら、その道中に、往路でNPCから「あいつはマジ強ぇぇから倒せないわよ!先へ進みましょう!」って感じで登場した「イエティ」なる押すがいて、

 こいつ倒すのに30分以上。

これが倒せちゃうから悔しいんだよな。なんか昔むか~しやってて即座に諦めた、メガドライブのエイリアンソルジャーを思い起こす感じ。あんなの2体くらいしかボス倒せなかったしよ。ちなみに実機ですよ!?

ともかく、操作が未だに半分くらいしかわからない。とりあえず、

・XYで小斬り、大斬り

・BでジャンプAで防御<何がイラつくって、防御すると「カキン」って甲高いいかにも防御しましたって音が鳴るくせに、

 スゲェしっかりダメージは食らってるパータンな。

とにかくゲーム中にダメージを食らうと「!」って自機の上に表示されるんだけど、これが、

 「1ダメージにしか見えない!」

ダメージ表示がないので強くなってるのか弱くなってるのか、強敵なのか雑魚なのかもよくわからず、

 なんともしっくりしないもどかしさがつきまとう。

・RTでたぶん魔法。RT押しながら十字キーで「ATK+」のバフが発動。でもイマイチよくわからない。どういうタイミングで消えるのかもわからないし、AGIとかINTとかを上げる方法がありそうでなさそうで、、、。

・RT押しながら左スティック上で、回復魔法。雀の涙レベルだけど、

 このやり方を完全に忘れてたので、これまたボス達に大大苦戦した現実。

ゲーム開始直後の説明なんて、

 このオレが覚えているわけがない。

・RT押しながらXでよく分からないゲージを使ったよくわからないモードが発動。特別攻撃力が高いようにも見えず、当然無敵でもない。
※見た目は無敵っぽく黄色くなるんだけど、、、。

とにかく、スキル関連の使い方、覚え方、強化の仕方などもわからないし、その点かなりもどかしい。

それこそ人生の無駄遣いかとも思いつつ、せっかく買ったし、

 1回くらいはがっぷり四つで付き合っても、、、

と思ったけど、まぁおなかいっぱいって感じになっちゃったな。つか、

 自機のデザインはサイアクでも、モンスターのデザインはなかなかにかっこよく、魅力がないわけじゃないんだけどな。

クリス評価は★☆ってとこで。

|

« ゼルダの伝説 神々のトライフォース2~最終回~ | トップページ | VALDIS STORY ABYSSAL CITY~その2~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/58910178

この記事へのトラックバック一覧です: VALDIS STORY ABYSSAL CITY~その1~:

« ゼルダの伝説 神々のトライフォース2~最終回~ | トップページ | VALDIS STORY ABYSSAL CITY~その2~ »