« RISK OF RAIN | トップページ | ゲームの値段の話 »

2014年2月15日 (土)

AKBネタちょっとだけ

最近ゲームの話題ばっかじゃん、とAKB好きの友人に言われたので、他のネタもちょっと挿してみる。この場合の「さす」は、「差す」が正解かも<どうでもいい。

●AKBINGO

愛知では東京に一週遅れなので、こちらで見たのは先週分ということになるのだけど、

 やっぱショージキ将棋は面白ぇな。

はーちゃんvs西野、めんたいこvsボス田中という組み合わせ。前半戦の解説のみぃちゃんが清人に褒められてるだけでもちょっと嬉しくなる。やっぱみぃちゃんのトーク力はAKBでもトップクラスだよな、と。

はーちゃんがかなりババア寄りの扱いでかわいそうだったけど、言っても23歳女盛り。婚活したらそれなりの玉の輿には乗れそうな気もするし、そもそも美人だしな~と。

正直AKBの中にあっては、居場所がなくなりつつあるメンバーのひとりなのかも知れないけど、言っても前回総選挙34位。西野よりはまだ上だと思うしな。

傷つけられて傷つけられてでも続けて行くのかどうかって話。亜美菜センターの「今度こそエクスタシー」は、ほとんどはーちゃんの声しか聞こえなかったりしたくらい「歌メン」だし、ターンだけじゃないダンスもキレキレ。でもやっぱりアイドルとか人気って、

 不平等だと思うから。

しょうがないんだろうなって思う。でもかおたんとかだーすーみたいに、ルックスでは間違いなくはーちゃんよりも下のメンバーが、より大きな話題となり、視線を集めたりしてたりもするわけで、

 最終的には向き不向きの問題だったのかな、とも思う。

西野を見てると、つくづく「AKB向き」というか「アイドル向き」って思うんだよな。まぁひな壇にいるバラドル的資質って感じだけど。

相変わらずなぁちゃんのマジメネタがあってニヤリとする一方で、こじまこが全然出てこなかったり、はーちゃんサイドの援護射撃がなかったのが残念ではあったけど、全体的には良く出来てたと思った。

めんたいこは、喜怒哀楽が激しくて、

 100%スベるギャグをやるより100倍魅力的。

というか、

 ショージキ将棋向き。

最後の体重ネタとかボスの口を読心術で読めないかなぁって思ったもんな。っていうか、

 ギャグを封印して普通にトーク力を磨けば、村重はもっと上を目指せると思った。

ボスに関してはあんまし詳しく知らなかったけど、なかなかぶっこむな~と。でも、

 13歳でHな本を買う買わないとか、、、言っちゃっていいのか?

って思った。伊集院でもオブラートに包むところだろうによ。

●前しか向かねぇ

こないだのスマスマで見たけど、

 非常にイイね!

GIVE MI FIVEっぽいと言えばぽいけど、10年桜にしてもコレにしても、アップテンポな卒業ソングのが好きだし、

 優子の魅力が爆発してる!

あっちゃんにせよ麻里子さまにせよ、卒業ソングはしんみりバラードが定番だったけど、優子にはそういうの似合わないよな、と、曲を聴きながらシミジミ思った。

正直新鮮みはないし、特に振りでキャッチーなところも見あたらなかったけど、逆にマンネリやワンパターンをリリースし続けられるところがむしろAKBの強さかなって僕は思うし、秋元康の賢さだよな、とも思う。

スマスマでは、正直こまりこが「キビしいな・・・」って感じだったのと、恋チュンのスマップコラボがイイ感じだなってこと、

 やっぱキムタクはかっこええな

そして、

 まゆ師匠のネクタイ外し、超かっけ-!

まゆゆはオーラだけなら優子に次ぐ№2なのは間違いない。つまり優子が卒業したら、事実上ナンバー1。いくらぱるるとか三銃士とか話題になっても、いくらJRやさやみるが爆上げしてきていても、

 まゆゆとの間には絶対埋められない深い溝を感じる。

でも、その溝はまゆゆの前にもあった溝なわけで、、、

何をどうしたらまゆゆが優子やあっちゃんに追いつき、追い越せるのかって思うのだけど、それってつまり、

 天性のもの

なんだよな。歌唱力やダンスはあんましAKBでは重要じゃない。ルックスは負けてない。運動能力も、優子はあるけどあっちゃんはなかったし、二次オタ、ヅカオタであることが特に足を引っ張ってる感じもしない。ただただ単純に、

 魅力で負けてる

ただ、その点に関して指原には勝ってるとも思う。指原の一位は所詮いろんな偶然が絡み合って、「推しが爆発的に増えた」結果であり、アイドルとしての実力や魅力が負けてたわけじゃないと思う。

 ただ、運では負けてた。

結局まゆゆが一位になる、本当の意味でAKBのセンターになるには、何か大きなブレイクスルーが不可欠って気がするんだよな。本人も苦しいところだと思うけど。

●友人が好きなメンって、、、

聞くだけで実はちょっとその後のAKBライフが豊かになるという仕組み。友達が好きだという子が、その話を聞いた後だと妙に輝いて見えたりするのと同じく、誰かが推してると聞くと、例えば「すーめろ最近キてますよね?」とか「KKにがんばれって言いたいんすよ!」とか聞くと、次から彼女たちを目で追ってしまう。下手するとそれによって自分も結構好きになっちゃったりなんかしちゃったりする。最近だと玲奈が割とそう。

●ネット動画

AKB紅白の動画があったので、おもむろに見てみた。正直マチャアキの司会や、ところどころに差し込まれる芸人のパートは、

 絶対要らない

と思うが、
※それやるくらいならメンバーにコントさせたり漫才させたりする方が比較にならないレベルで良いと思うのだが、、、

常日頃見られないユニットが見られたのは僥倖。以下軽く感想。

2012

ぱるるの「それでも好きだよ」

声質もピッタリで、素直にカワイイ。この頃はまだぱるるのこと何とも思ってなかったけど、いやいや悪くない。つか永遠プレッシャーの頃だと思うと、押され始めてた頃なのか。

まゆの「君は僕だ」

元歌が好きなので順調に聴ける。ともすればまゆの持ち歌かと思うほど。

玲奈の渚のCHERRY

この歌はどこかバックの3人との「扱いの差」だけが見え隠れしてしまう気がして、あまり好きではないのだけど、この時の玲奈ほど「気持ちいい笑顔」で歌ってくれると、そういうのが消し飛ぶね。2013年は優子センター版だったのだけど、こっちはバックのゆりあがかわいそうというか物足りないというかで、、、。

ゆきりん「桜の花びらたち」

押尾コータローギター版。問題なく良い。ソロライブだと、だんだん声量が乏しくなっていくけど、一曲だけだからちゃんと通ってNO問題。良かった!

優子「GIVE ME FIVE!」

バックバンドがドリカムやらレベッカやらルナシーやらからの「豪華寄せ集め」で、それだけでも聞く価値アリ。もとから好きな曲だったってのもあるけど、ここはいつものメンバーと、「プロとの差」みたいなのがやっぱ聞き所かな。

2013

ゆりあの「DEAR J」

うーん、ゆりあは好きだけど、この曲ではな~というのが本音。でも彼女にソロ曲が振られたことを素直に喜びたいか。ちなみに対するはみぃちゃんの「友達より大事な人」。まさかホントに剛力ダンスやってなんてな。まぁ微妙だったけど。ただ、

 二人続けて自分の推しが歌ってくれるうれしさな。

川栄「ラッパ練習中」

スゲェハマってて、むしろ川栄の歌かと思うほど。まゆと声質が近かったんだな~とも思う一方で、「ただのバカじゃねぇよな、コイツは」と思わせる。普通にイイ。対するこじまこの「まこきー※わるきーのこじまこ版」は、無理がありすぎていたたまれないよ・・・。

まゆの「君の名は希望」

たしか乃木坂の曲だったと思う。ピアノ伴奏もたぶん乃木坂の子。

 でもこの曲好きだから普通に聴ける。

まゆのソロは概ねハズレがない。生歌だったんだよな?

サシハラブ

言うまでもなく指原のマツムラブ。はっきり言って、

 オマエ自分のために作った歌だろ!?

ってくらいのハマり具合。正直指原のどのソロ曲よりフィットしているし、

 事実いい曲。

これを聴く為に僕はこの動画を再生したんだなぁと思うほど。

他は正直さほどでもないというか、個人的にはたかみなに右肩を歌って欲しかったとか、珠理奈はあんま歌上手くないんだな~とか、みるきーにもっといいところ振ってあげてほしかったな~とかあるけど、

 見て損したってことはなかったな。

●大組閣

もしかしてもしかするとさや姉がAKBに移籍する?なんて話を耳にして、

 それはそれで面白いかも

と思ったり。
※本人にしてみればそんな安易なもんじゃないだろうけど。

実際今のAKBって、支店本店ごちゃまぜって言うか、選抜か非選抜かで、全く違うグループ、扱いになってる。そりゃコンサートとか公演はそれらの垣根も越えるけど、

 どこに所属していようと、選抜であれば、その活動は変わらない。

だから、実際の話誰がどこに移籍しようと、兼任しようと、

 言うほど視聴者からは変わって見えないだろう

というのが僕の見方。ただ、さっきも書いたけど、本人たちにしてみればそんなわけはないわけで、たとえば、

 ゆいはんとさや姉がトレードされるような大組閣があったりしたら、

それはそれでいろんな化学反応というか、

 崩壊の序曲!?

みたいなのが聞こえてくるかも知れない。

仲のいいメンバーを、分けた方が二人のためなのか、くっつけたままの方が二人のためなのかも難しいところだし、分けたことで卒業されちゃうのも、運営としては善し悪しありそうな気もする。つか、

 いかにして「さっさと辞めて欲しい中堅」を切るかを考えていそうな気がする。

以前ほどコンテンツを摂取してないからかも知れないけど、曲がりなりにもDDの僕でさえ、紫、ウッチー、ちかりな、みゃお、やんぬ、たなみん辺りは、

 厳しいだろうになぁ

って思うんだよな。推してる人からしたらそんなこと無いのかも知れないけどさ。

よく「AKBはもう終わりだ」みたいな話も出てくるけど、結局のところあっちゃんが卒業してもさして大へこみすることなくここまで来ちゃったんだよな。正直、

 鈴掛なんちゃらは、運営からのテコ入れでミリオン行ったんじゃね?

って邪推もなくはなかったけど。
※じゃんけんさえ超えれば、優子の卒業→選挙投票曲→選挙曲と3連続ミリオンの上乗せはまず間違いないから、逆に言えばそこで適当な生け贄(去年で言えばにゃんにゃんのハートエレキ)を出して、途切れたらそれはそれ、続くならまたそれはそれって感じの流れだと思うんだよな。

大組閣で誰がどうなるのかわからないけど、もしそのせいで辛い思いをして辞めることになったとしても、

 とも~みやなっちゃんみたいなスキャンダルで辞めるのよりは、ずっとイイと思う。

はるごんみたいにとんでもなく馴染むかも知れないし、結果がどうなるかなんて、秋元先生でもわかんないんだからな。つか、

 結果が見えない組閣をするだろうと思うしな。

こんなもんでいかがでしょうKKKさん、F川さん。

|

« RISK OF RAIN | トップページ | ゲームの値段の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/59131720

この記事へのトラックバック一覧です: AKBネタちょっとだけ:

« RISK OF RAIN | トップページ | ゲームの値段の話 »