« Project Morpheus | トップページ | ダークソウルII~その8~ »

2014年3月26日 (水)

ダークソウルII~その7~

今日は前回からあまり時間が経過してない。よってプレイ内容もささやかであり、取るに足らないことばかりだ。人生なんてそんな些細なことの繰り返しなんだ。だけど、そんな人生であったとしても、逃げちゃダメだし、逃げられるものでもない。毎日大事に生きていかないと、振り返ったときに後悔しか残らない。

全然全く枕と関係ない話だけど、昔の深夜の馬鹿力を聞いていた中に、

 「恋と愛の違いとは」

ってのがあって、いくつもあるその答えの中で、

 「愛は太陽、恋は嵐」

ってのがあって、これはとても言い得て妙だなぁと思った。愛は降り注ぐ物で、終わりがない。見えない時と見えるときはあるけど、大きくて暖かくて、強い。ふむ。

一方嵐の方も、凄く強く心を揺さぶってくるものだし、涙(雨)で濡れることもあるけど、基本一過性の物で、いつかは消えてしまう。

 かっこええ!

あまり耳慣れない例えだったけど、地味に感心した次第。ちなみに伊集院が言った言葉じゃないよ。

さて、そんな本編とは全く関係ない話から入るあたり、今日の中身の薄さもうかがい知れようというものだが、、、まぁ薄い。というか、

 あまりに淡々とプレイしすぎていて、ホントに「ただのプレイ日記」でしかない。

だからこそ語ることも多く無いし、そもそも色気がない。じゃあさっきの愛だの恋だのは色気があったかと言われると、それはそれで微妙ではあるのだが。

●忘却の牢

自分の探索不足というか、「牢のカギ」を手に入れてからさほど歩き回っていなかったので、いろんなところから新発見があった。

ここでいきなり結論から書いてしまうと、それで今日のブログはおしまいになってしまうので、多少肉付けをしながら進めて行くが、とりあえず屋根から飛び降りたところにいる犬たちと戯れ、その先がマデューラとは別の鍛冶屋のところと繋がっていて、ほぼ中心となるかがり火からのルートも、いろいろと発見があった。

ダイビングして砂煙をまき散らす雑魚(通称ダイバー)は以前から怖かったが、全滅させようとする課程で徐々に慣れていくのが心地よい。倒し尽くすと結構な稼ぎにもなる。
※全部で14匹×10回×286(指輪アリ)≒40000

ヘルメットをかぶった兵士も、まともに戦うとえらく大変だけど、逆に死んでもいいや、という気持ちで徐々に処理していけば、まぁその限りではない。白い霧の先にいる罪人の塔の弓兵連中もそつなくお掃除。スタコラサッサ<それは掃除の擬音ではない。

罪人の塔の最下層には墓守だったかの、

 どう見てもなんだか良くわからない雑魚

がいて、そいつのダメージも相応に痛かったが、むしろこいつらは経験値が美味しい方が重要。強いて言えば何か落としたときに「広い損ねて死ぬのだけは避けたい」感じ。あと、ほぼ同じ場所で出てくるダイバーのが恐怖。一撃でHP半分削られるし、

 逃げると100%食らう。ゴロンで逃げても食らう。なぜなら重量が90%くらいあって遅いから。つかこいつらに一回8700ほどソウル溶かされたし(注:2回連続で殺される意)。

まぁ一撃で倒せるのが救いだけど。

ちなみに今の僕のパラメータは、筋力が42の技量が31あって、生命力にも27割いている。
※レベルは110。プレイ時間は47時間(ところどころほったらかしにしてたりしてるので、実際はもう少し短い)

 でもガーディアンソードはまだ強化してない。

光る楔石は3個あるので、一気に+2まで磨いちゃいたい衝動に、

 スンゲェ駆られるけど、

グッと堪えてる。つかこの剣が最後の最後まで最強だったりするんだろうか。
※ちなみに墓守みたいなヤツからは、「なんだか良くわからない剣」が貰えた。攻撃力はガーディアンソード以上の数値なのだけど、とにかく振りが遅いのでお話にならない。一撃で倒せる相手には有効かも知れないが、

 そんな丁度いいヤツはほとんどいない

ので、結果ガーディアンソードに軍配が上がるのだ。あのモーションの速さは特筆ものだもんな。意外と小回りも効くし。まぁあればっか使ってるとすぐ「店長!ガ、ガーディアンソードが今にも、壊れそうです!!!」って言われちゃうけど。

ともかく、その先の離れにいるボスも無事初見で撃破。22個もあればたまには使っても罰は当たらないだろうと生身になり、エスト瓶+2が7本で、あとは地味に雫石を使いつつ戦闘。

正直あんましよく覚えてない。とりあえずタワーシールドで様子を見つつグルグル相手の周りを回って、「いかにもコレ、隙があんじゃね?脇とか甘くね?」みたいなときにピシピシ削る。あと回復も隙を突いてゴクゴクやる。

まぁ初見で倒せたから文句はないです。あとから調べたら、周囲の漁り火に点火してると、戦闘がやりやすくなったらしいけど、

 んなのは別にいい。倒せたから。

このエリアはこれでほぼ詰みなのかな~って感じ。

あ、隠し港側からのルートも無事繋がったのはちょっと嬉しい反面、寂しくもあったな。ここは比較的明るくて雰囲気も悪くなかったから、終わって欲しくなかったんだよな。

●サンショウウオ

雑貨屋下のサンショウウオがそろそろ倒せないかな~、と何度目かのチャレンジ。ちなみに炎の指輪と炎の指輪+1は、両方一緒に装備することは出来ず、結局2発でスタミナがゼロになり、3発目でライフが削られ、次の3連発であっさり撃沈。うーむ。前も書いたけど、

 こいつを一対一で倒せる日が来るとは思えない・・・

相手を凍らせるとか、爆発物みたいなものを当てるとか、安全地帯から狙撃するとか、、、つか狙撃が出来るなら苦労しねぇってのよな。中にある扉も開かないし、うーむ。

ちなみにこのフロアの上にもひとつ、どうしても取れないソウルがあるのだけど、
※櫓の上のヤツ
昨日おもむろに枝からジャンプしたら、

 ちょっとだけ高台に上れてテンション↑!

でも結局行動半径が広がるわけでもなく、それきし。

以前の白い人がいた近くのソウルは、ジャンプで取ることが出来たんだけどな~。

いつか取れる日が来るんだろうか。行けそうにも見えるんだけど・・・。

●他の場所

石化してた人の先の森と、クズ底とその先の黒いところがまだ全然。あとネットで見ちゃったけど、奇跡売ってくれる人がゲートキーパーになってるらしく、何度か話しかけたりすると行動半径が広がるっぽい。あと二つ目の香木を見つけたので、牢屋のかがり火前の人に使ってもいいのかな~どうしようかな~って感じ。

ソウル無くすとスゲェへこむけど、とりあえず全滅させていくのに慣れてきて、特に体力と攻撃力さえ高ければ、大概のことは乗り越えられるということがわかったのがデカイ。まぁそんなこと言ってても急に壁が現れるのがこのゲームなんだけどさ。

ともあれ、何とかモチベがキープされてる今日この頃。今日は娘とドラマ見たけど。

|

« Project Morpheus | トップページ | ダークソウルII~その8~ »

コメント

クリスさんへ

離れの罪人を初見とはすごいですね!
小生は中盾しか持てないので防御が弱く、自分では倒せないので勝手に死んでほしいボスがたくさんいます
これは筋力を上げるべきだと思いました

当方は待望の新作発売ショックから少しずつ熱も冷め、まだ半分来たかどうかですが中だるみです

品質の維持と新たな挑戦が素晴らしい作品ですが、ゆっくりやっていこうと思ってます

投稿: ダクソ | 2014年3月26日 (水) 09時13分

どもですダクソさん、クリスです。まとめレスで失礼いたします。

>オンおよびプレイスタイルについて

結局自分のことですし、僕がどう遊ぼうと僕の自由、ダクソさんもまたしかりですよね。ただ、僕のスタンスに関しては、

 クリスならこう遊ぶんじゃねぇの?

的な視点で見られることも「なくはない」ので、ちょっぴり心配になったりすることもあったりなかったりあったり・・・(^^;。

自分がオンをやらないのは、「ヒントがネタバレになる」とか「進入されるのが怖い」とか「フリーズしそう」とかの「建前」もありますが、本音は、

 面倒だから(^^;

これに尽きるんですよね。でも、その一方で、

 経験値は羨ましいと思ったり。

雑魚が有限なのなら、つまりはそれでバランス取りをするべきだと思うわけです。オンに繋げられる人と繋げられない人で、露骨な格差を作るというスタンスに腹が立ったりもするし、

 なんだか課金しまくるヤツが強いゲーム

みたいなニオイも感じ取ったりします。

自分はオンも出来る環境ですが、そっちに傾くことで逆にオフ専の気持ちが見えなくなるのがなんだかイヤなんですよね。初心者を蔑ろにする「側」に行っちゃう気がしたりして。

でもまぁそれもこれも「個人の自由」、そう言いたかったわけです。というか、

 ダクソさんとチャットとかしてぇ!

って思ったり(^^;。身近にダークソウルIIをやってる人もいませんし、かといって2ちゃん系のプレイヤーは「他人に優しくない」じゃないですか?聞きたいこととかたくさんあるんだけど、質問掲示板とかもあんま見かけませんし、
※見かけてもなんだか質が違うというか、たとえば、知ってることを聞かれたら「ググれ」って言われそうで、知らないことを聞かれたらスルーされそうな空気、わかります?結局バカばっかりかよ、みたいな。

結構な回数ソウルをロストしていますから、
※たぶん総額で4万くらいかな。
稼げるところを全部潰していくつもりでむしろ丁度いいのかな、と思ったりもしますが、それでもどうにもならない局面に直面したら、

 僕もオンに手を染めるかも知れませんね(^^。

全然関係ないですけど、魔法使い極振りの人とかって普通に戦えるんですかね。自分あの猛攻をほぼ喰らわずにしのぎきるとか、

 絶対無理って思ってしまうんですけど。

>WIKI情報とか

ソウルをなくさない指輪が修理出来るとか、どうしても倒せない敵に対する救済だとか、本当にありがたく感じる情報も多いですが、一方で、(僕の探し方が悪かったのかも知れませんが)火吹きトカゲの倒し方が載ってるサイトはひとつも見たことがありません。

自分のスタンスが、いわゆるその他大勢でないのは百も承知なんですが、このゲームの場合は、その自分ロンリーでバラしきれないパートが多すぎる気もしますね。何というか、

 みんなで協力すれば?

的な。まぁそれはそれで悪くないはずなんですが、
※他にもネットを有効に使ってるタイトルも多いですし、FF12とかはまさにそんな感じで楽しめたりしましたし。
僕が気に入らないのは、

 ダークソウルIの時は、「まずは独力でやってみて欲しい」というスタンスだったのに、ってことなんですよね。

今さら手のひら返してんじゃねぇよ、みたいな。だったら最初からオン専用でチューンすりゃいいじゃん、みたいな。

自分が好きなダークソウルの「あり方」みたいなのが様変わりしてしまってることに、自分が対応仕切れてないだけなのかも知れませんが、でもやっぱどこか、

 オフ専1プレイオンリーでも、隅から隅まで遊び尽くせるように作って欲しかった

って感じが凄くしますね。まぁ「ソウルの器」はその点ですごく心強いとは思いますが、「試しに魔法使いになってみよう」が出来ますからね。・・・まぁしませんけど(^^;。


苦戦するボスが人それぞれに変わるのは、とてもイイと思いますね。誰しもが弱点や攻略法に気付けるわけじゃないですし、敵の乱数で運不運もありますし。

自分がどう書いたのかも良く覚えてなかったりしますが、本当に心がやさぐれたのは呪縛者とガーゴイルだけですね。3体も手強かったですけど、戦っていて嫌じゃなかったですし、近日中にアップしますが、毒妃ミダなんかも、苦戦の末倒せたことが素直に嬉しかったりしました(^^。

「らしさ」が残ってるところもちゃんとあるにはあるんですよね~。もっともだからまだ続けてプレイしてるんですけども(^^。

>罪人討伐

僕のプレイではまず褒められることはないと思いながらやっているので、たとえそれが「運9割」だったとしても、正直嬉しいです(^^。どもです。

経験値稼ぎの好き嫌いが影響するゲーム性ですから、育ててる人間がより楽になるのは当然だと思いますし、でなければ僕はこのシリーズにフックしませんでしたから、「育てた結果倒せる」ことは何も偉くないんですが、重要なのは、

 そんなヘタレでも倒せる隙が残ってる、、と感じさせること

だと思うんですよね。

敵が有限になったことでかなりブーたれましたけど、ミダが倒せたことでテンションは上向きました。今回稼げない分魔法に一切手を付けてないんですが、
※それもある意味もったいないとも思うんですが、
もし1周クリアできたら、

 2周目はやらずに、再度魔法使いで1周目をプレイしようかな、

とも思うんですよね。

ともかく、

ダクソさんのコメントが僕の大きなモチベーターになっています(^^。今後ともヨロシクです。

投稿: クリス | 2014年3月27日 (木) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/59350643

この記事へのトラックバック一覧です: ダークソウルII~その7~:

« Project Morpheus | トップページ | ダークソウルII~その8~ »