« ホワイトハウスダウン | トップページ | アンドロイドアプリゲー »

2014年3月20日 (木)

ダークソウルII~その4~

 何というか軽い自己嫌悪。

前回前々回と「呪縛者」なるボスが最悪に強くてマジ作ったヤツ死ねよ、とほざいてましたけど、いやいやどうして何というか、

 まぁ確かに死ねと思ったのにウソ偽りはございませんが、

あそことは別にルートがありまして、

 そっちからがんばってれば、たぶんヤツもそれほどは手強くなかったんじゃないか、と。

一応順路が「最後の巨人」→「呪縛者」であるが故に、僕の罵声もまた不自然なものではないにしても、

 「あそこしかルートがない」と思い込んで決めつけていたことに関しては、反省しきりでございます。

まぁ申し訳なかったな、と。

 ただ、

だからと言って評価が手のひらを返すほど良くなるかと言えば、やっぱりそこまでじゃない。経験値を稼げないストレスは、ゲームコピーで言うところの「絶望を焚べよ」なんてかっこつけたもんじゃ全然なく、ただただムカつくだけですからね。

 一応それでも★★☆くらいには戻しておきますけど。

ちなみに今から始める人にいくつかのアドバイス。まず一応ざっくり選別。

1.まだダークソウルやデモンズソウルを経験したことがない人

→今のダークソウルIは、様々な面でパッチが当たり、「生まれた頃」とは様変わりしている。バグが少なくなったのはいいが、いい意味で厳しかったチューンがヌル甘になってタルくなってる面も否めない。オンラインをオフにしてがっぷり四つで遊べば、普通に厳しく、そして楽しい世界が待っているはずだ。1本しか遊ばないならコレをオススメする。

→デモンズソウルはオンラインのサービスが事実上停止しているので、当時のバランスで遊ぶことは叶わない。が、それでもブランニュータイトルとして十分過ぎる完成度と魅力を放っている。正直厳しさはダークソウルより上だが、「がんばれば何とかなる」チューンなのは1作目2作目の共通点。「両方遊ぶつもり」なら、こちらからプレイするのもいいだろう。

2.ダークソウルやデモンズソウルの経験者

違いをいくつか挙げておく。人によってはこれが大きなネタバレと捉えられてしまう可能性はあるが、その場合は平にご容赦願いたい。

・エスト瓶が最初1個しかないが、重要なのは個数ではなく、使用時にかなり長時間の硬直が入ること。つまり、ボスではほぼ使えないくらいの気持ちで臨む必要がある。というかそれはちょっとオーバーだった。「ボスによっては使えない」くらいで。

・敵の発生が10匹ほどで打ち止めになるため、全滅させていけば確実に安全圏は広がっていく。まぁ得られるソウルが限られているため、血痕を取り損なうミスの重みも重くなっているけど。

・最初の街マデューラからは、「朽ちた巨人の森」と「ハイデ大火塔」という二つのマップに行ける。
※正確には他にも行けるところはあるが、そこはある程度パラメータが上がり、装備がないと100%無理。

 単刀直入に言うが、「繋ぎ止める指輪」があるのはハイデ大火塔の方。
※亡者時のHP減を抑える指輪。このゲームで一番大事。

進軍は容易ではないかもしれないが、ボスを戦わずに取れるところにあるので、もし巨人の森方面で心が折れそうになったら、思い出してぜひ取って欲しい。

・僕の場合だけど、ハンドアックスを強化したことは、少なからず後悔している。雑魚の数が決まっているということは、雑魚から仮に楔石の欠片が手に入ったとしても、その数は限られる。何を強化するかは、本気の本気で考えた方がいい。ちなみに弓と杖(魔法を使う為の装備)は、未だに1つずつしか手に入ってないけど、ヤリとか剣とかはいっぱい手に入ってる。

ハルバードを強化したことに後悔はないけど、もしやり直すなら、現時点では炎のロングソードだけを強化するだろうな。もちろん参考にする必要はない。

・ウワサでは、「オンライン前提」で難度のバランスが取られているとも聞く。みんなの助言は、ともすれば凶悪なネタバレのリスクを含むため、僕はオフ専でプレイしているが、いかんせんボスが強すぎる場合は、正直その限りではないかも知れないとも思う。つまり、

 オフ専はイバラの道

ってことは理解して進めた方がいいだろうな。

友人Tとかバブシカさんとか、買わないんだろうか。

--------

そんなこんなで現状は、結構いろんな方面に「行けるところ」があって、正直ちょっと浮かれている。

・マデューラの縦抗の先、聖人墓所のネズミ掃除

・ハイデ大火塔方面の隠れ港は、雑魚が多くて「最初のマップ」かと思うほど居心地がいい。死んでもイヤな感じがしない。怖いし、ヒヤヒヤだけど、この感じは今までのダークソウルにもあった「懐かしさ」を伴っているからね。

・牢屋の先に普通に進めたが、ここは次のかがり火が見つからないと、「かがり火まで戻れない」。帰還の巻物を使えばいいと言えばいいが、現状すでに白い霧まで到達している。雑魚を極力スルーして扉まで到達し、失っていいソウルを抑える形で入りたい。ちなみに今ある白い霧はここだけ。

・人間性がかなり溜まったし、生命力にも振っているので、雑貨屋下の炎のサンショウウオにダイブしてみたい。軽業の指輪の装備を忘れずに。死ぬ時は死ぬけど。

・前後するけど、ハイデ方面の2体のボス兵士は、どちらも反時計回りに貼り付きつつ炎のロングソードでピシピシ削り倒した。とにもかくにも繋ぎ止める指輪があるし、敵の隙にエスト瓶も使える。どちらも2戦目で倒せた。
※1戦目はさすがに無理。そのつもりで来てないし。
呪縛者とは大違いだ。

--------

次のレベルまでに必要なソウルも、いつの間にやら随分な額になっている。
※6800くらいだったかな。
正直雑魚を全滅させれば、まだいくつかは上げられるが、次に手に入る装備によって必要なパラメータが変わるため、ここはあえて全滅させずに歩みを進め、2本目の弓なり強い剣なりを手に入れて、そこであらためて成長の方向性を定めたいところ。

正直今回は「剣も魔法も弓も」は無理そうなので、一旦は4ポイント割いてはしまったが、魔法はとりあえず諦めようかな、というのが現状。「何度もプレイしていただけるように作りました」的スタンスは、ファーストプレイを重視する僕からしたらヘドが出るが、まぁそれは、

 僕が少数派故に諦めるしかない。

つか、毎日夜遅くまでプレイしすぎて結構眠い。何だかんだ言って遊んでるのだ。

|

« ホワイトハウスダウン | トップページ | アンドロイドアプリゲー »

コメント

1をクリアしたら購入する予定なのですが当分先になりそうです。
暇を見ては遊んでいるもののまだ5時間程度でレベル18。
PC版は何故かキーコンフィグ出来ないので結局パッドで遊んでいます。

投稿: バブシカ | 2014年3月20日 (木) 09時12分

クリスさん
毎日チェックさせてもらってます!
ゲームの話目当てですが特にダクソ2×クリスはずっと楽しみにしていました!
小生も久々に寝る時間を削ってゲームにはまれており、ありがたいタイトルです!
肩が痛いですね!

投稿: ダクソ | 2014年3月20日 (木) 09時48分


どもですバブシカさん、ダクソさん、クリスです。

>バブシカさん

1をクリアしたら、個人的にはデモンズにシフトして欲しい気もしますが、PCでは出てないんですかね。

ダークソウルIが出た時も、デモンズと比べてバグが多く、キャラメイクの幅が狭いと叩かれたりもしました。個人的には今のIIには不満がありますが、もしかしたら何度かリチューンされて、僕に合う未来が来る可能性もあるかな、って思ったりもしています。

バブシカさんがプレイする頃には、全く別のゲームになってたりしてね(^^。

>ダクソさん

期待して下さって申し訳ない気持ちでいっぱいです。でもやっぱ自分にはあのバランスというか、「オンで遊んで下さい」と言わんばかりのチューンが鼻についてしまいますね。オンで遊んだ結果強敵が倒せたとしても、それはどこか「逃げた」感じになってしまう気がしますし、コピーにある絶望うんぬんとは違うように思います。

プレイヤーの心が折れないように折れないように細心の注意でバランスを取っていた(と感じさせた)前作とは、根本的に舵取りが違う気がするな~とね。

この二日くらいやってないんですが、正直ガーゴイルとか「倒したくならないくらいやる気を削がれました」。呪縛者もそうなんですが、あの時はまだ逃げ場がありましたからね。もっとも、他のボスもみんなそう(オンベースの調整)なんだろうなって思ったのが最大のへこみですかね。

もしソロでサクサク倒して行ける人が大多数だよって言うんなら、自分も大概今のゲームについて行けなくなってるってことなんですけどね(^^;。

投稿: クリス | 2014年3月21日 (金) 22時03分

クリスさん
オンは逃げという感覚は小生も同感です
小生の場合、お助けプレイはするけど呼ばないという玉虫色の美味しいとこどりです
恐らくですが「有限の雑魚を活用してレベルをどんどん上げていけばソロでも倒せる」調整でそこに楽しさを感じれるかがポイントではないでしょうか

投稿: ダクソ | 2014年3月22日 (土) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/59315822

この記事へのトラックバック一覧です: ダークソウルII~その4~:

« ホワイトハウスダウン | トップページ | アンドロイドアプリゲー »