« ダークソウルII~その2~ | トップページ | ダークソウル2~その3~ »

2014年3月17日 (月)

PS3体験版少々

ネタ不足になるとやってくるこのネタ。たまに面白い玉があるので侮れないが、今回は果たして、、、。

 つかほぼ全滅だった。

つまり、

 僕の感想はかなり辛辣になる

なので、

 タイトルに愛着のある人はスルー推奨。

●龍が如く 維新

 今までの僕の「龍が如く歴」は、体験版の3だか2だかを少々かじった程度。まぁそれで買いたくならなかったのだから、そもそも相性としてあまりよろしくないのもうかがい知れるというものだが、

 本作もまたしかり。

長男と一緒にやっていたのだけど、そもそも人間たちの顔が美しくなく、どこか汚い。

頻繁にイベントが発生して、自分から能動的に何かしなければならないということがない点は、ある意味今風だと思うが、

 一緒に「ええじゃないか」を踊り出したときには、

 「おまえ(主人公)とオレはわかり合えない」

って思った。とにかく勘に障る連中が多く、ついつい

 「斬り捨てろ」

口から出てた。でもまぁそう簡単に斬り捨ててはくれないわけで、さきのことも併せて、作り手と自分との価値観の乖離を痛感したってところかな。クリス評価★。街の作り込みとかは悪くないと思う。

●DOKI DOKI UNIVERSE

 「シュール」という表現が一体どんなものを指すのかがそもそもわからないのだけど、とりあえずシュールなんだと思う。

日本語のゲームではありつつも世界観は非常に洋ゲーライクで、目的およびその達成の仕方等もわかりづらい。つか、

 見た目からして全然フックしなさ過ぎる。

たとえて言うなら「より悪い方に進化した(退化した)マンホール」のような見た目。つか「マンホール」がどんなゲームであったのか、今時の御仁は知るよしもないかも知れないが。

クリス評価はとりあえず0点。マイナスにするほどの印象もなく、加点要素も一切ないタイトルだったな。タダでもいらない。1時間プレイするなら1000円は欲しいタイトルってところ。

●HOW TO SURIVIVE

 今回の中で一番期待していたタイトル。昔ゲームボーイで出てた「サバイバルキッズ」のような、無人島で道具とかを自分で作りつつ脱出する、俯瞰視点のアクションRPG。

ただ、本作には、

 ゾンビが出て来る。

結構簡単に死にまくれるので、その点を受け入れられるかどうかがひとつのポイントになる気がするが、とにもかくにも、

 水がない。

あと、

 懐中電灯を当ててもちっともゾンビ達が逃げていかない
※ゲーム中の説明では逃げてくれるはずなのに・・・

序盤がとにかくキツくて、その後どんどん易しくなっていくタイプのゲームだとは思うけど、その序盤のキツさを乗り越えて、いよいよ楽しくなってきた!ってところまで進めなかったので、

 僕には不向きだったんだろうな、と。

価格的に1500円は妥当だと思うし、レベルやスキルツリーの概念を見ると、結構僕好みのテイストだとも思うのだけど、いかんせん難しくてジジイには無理でしたって感じ。クリス評価は★☆。

あ、一点スゲェ気に入らない点があったのでそれは書いておく。

ゲーム中いろんな説明をしてくれる「本」が登場するのだけど、その説明が、

 ムービーになっていて、メッセージを早送り出来ない→しようとするとスキップしてしまう

のがスゲェ煩わしかった。こういうのは偉い人が気付いて「これじゃダメだろ」って言って欲しいとこだと思うのだけど、、、まぁそのままだったみたいだな。

●FINAL EXAM

サイドビューのアクションアドベンチャー。カチ上げやコンボなど格闘要素はそこそこ豊富で、操作感そのものは悪くないと思うのだけど、「アクションアドベンチャー」の「アドベンチャー部分」がとっても戴けない。

具体的に言うと、A地点とB地点でフラグを立てる必要がある場合、「順番を護る必要性が全くないのに、順番通りに移動しないとフラグが立たない」。クソうるさい非常ベルを止めろ、みたいなイベントなのに、先にB地点のベルに行っても何も出来ず、遙か遠くのAを止めたら「もう一個ある」みたいな流れ。その後の目的地もめちゃめちゃ遠くて、道中の敵は沸かないため、

 ただ移動するだけ。

アホウが作ったゲームという感じ。はしょって移動でいいだろうよ、と。それほどグラフィックデータが多いわけでもないし、
※サイドビューでそのエリアの雰囲気は全て同じような感じだったわけで。

悪くない戦闘シーンと、頭の足りないアドベンチャー要素を掛けた結果、取るに足らないクソゲーが出来ましたって感じ。クリス評価はとりあえずマイナス10点くらい。

これだったら、一切のアドベンチャー要素を排除して、樹形図分岐型のアクションゲームにした方がずっとよかったと思うな。

●BROTHERS

 今日遊んだ中では一番まともだったタイトル。STEAMで買おうか買うまいか思案中だったので、この体験版はとっても嬉しかったわけだけど、

 クセが強いのは否めない。

左右のスティックでそれぞれ兄と弟を移動させ、L2とR2でそれぞれにアクションをさせる。それだけの操作で、高台に移動したり、犬を引きつけつつもうひとりを逃がしたり、ふたりで扉を押したりと言ったハードルをクリアしていく。

グラフィックは柔らかみのある絵画的なもので、精細感は薄いが決して悪くはない。遠景もそれなりに描画されていて、見渡したときにさっき通ったところが見えたりするのもイイ。

体験版で遊べるところは全てクリアしてしまったが、正直思った以上に完全にアドベンチャーだったので、今後簡単に詰まってしまいそうな怖さはある。
※そういうときにネットで答えを見ちゃうのも興ざめするタイプだと思うし。

クリス評価は★★☆とそれなりだけど、たぶんクリアまで遊べたら、これにもう二つくらい★が加わる可能性はあったかな。好きな人は好きなタイプのゲームだと思う。巨人が出てきたり、地味にファンタジーな世界も訴求対象が広いものだし。

●ALIEN RAGE

 印象としては、ウォーフレイムそっくり。SFテイストのFPSで、

 一番易しいモードで始めて、2体目の敵が倒せなかったので、サクッと長男に変わったら、

 一体目の敵にやられてほぼやる気ゼロに。
※それでも継続してしばらくプレイしてもらったけど。

まぁマウスオペでチューンしたゲームっぽい印象で、見た目もさほどフックするわけじゃないし、爽快感があるわけでもないし、ジャンプが5mmくらいだし、とにかくすぐ死ぬしで、

 1時間プレイするなら3000円は欲しい内容。
※2000円くれてもやりたくない。

FPSとしてはたぶんそこそこ普通なのだろうと思うけど、僕にはとことん合わないというか、1ミリも面白さが感じられなかったな。まぁウォーフレイムが好きな人なら、楽しめたりするのかも知れない。クリス評価はとりあえず0点。

----------

ハウトゥサバイヴがもう少し気持ちよく遊べたらな~というのと、ブラザーズにもう少し逃げ道(RPG要素?)があったらな~というのが感想。まぁネタ1回分って感じかな。

|

« ダークソウルII~その2~ | トップページ | ダークソウル2~その3~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119981/59276891

この記事へのトラックバック一覧です: PS3体験版少々:

« ダークソウルII~その2~ | トップページ | ダークソウル2~その3~ »