« 無重力を想像する | トップページ | 何となく中古ソフトを・・・ »

2014年10月 7日 (火)

ダンジョンへようこそ~その2~

前回は書き損ねてしまったかも知れないが、とりあえずアンドロイドのアプリゲームである。

プレイしている人が少なかろうが多かろうが、僕が時間を割いてしまった以上触れざるを得ない。過去にもそうして「俺ひとり!?」ハマってきたタイトルが数々あるが、中にはそれが講じて、ブログのアクセス数増加に寄与したケースも少なくない。

 まぁ今回はそうでもないかも知れないが。

ちなみに本作、いわゆるダウンロード時の評価は、

 4点(5点満点)

くらいである。まぁ面白いと感じている人もいるが、同時に欠点があるのも否めないというところであろうか。

課金アイテムはあるが、ある程度までは無課金でプレイ出来るので、試しに遊んでみるのもイイかも知れない。

 だが、本気で遊ぶなら、やはりそれなりの覚悟は必要な気がする。

それなりの覚悟とは、つまり、

 リスタートする覚悟のことだ。

本作は、前回も説明したが、先へ進めば進むほど敵が強くなっていく。この「強く」は、いわゆるRPGの「強く」とは少々意味が異なる。ぶっちゃけて言えば、

 進めないくらい強くなっていく

属性の相性が火、水、木とあり、それぞれが3人ずつ計6人パーティを組む。敵勇者は最大でも3人だが、それが例えば火、火、火である場合は、仮に水2体で一体ずつ倒しても、残り一体は火と木の4体で処理しなければならない。当然序盤であれば、水一体で火3体を処理することも可能だが、

 先へ進めば進むほどそのバランスがシビアになっていく。

対処するには、こちらのメンバーが強くなるしかない。強くなるとは、

 レベルを上げてHP、防御力、攻撃力を上げる

当たり前だろ、と思うかも知れないが、ぶっちゃけ☆1から☆6まであるモンスターの、☆1ランクをいくら鍛えたところで、

 そんなヤツは鼻息で蒸発させられてしまう。

ノーマルガシャの☆1~☆4、その中ので最強となる☆4が出る格率は、体感50分の1程度である。しかし、6人全員が仮に☆4であっても、エリア2の雑魚達には、たぶんそうやすやすと勝つことは出来ないだろう。

 やはりその上のランク、☆5と☆6のモンスターが欲しい。

☆5☆6のモンスターを手に入れるには、課金アイテムであり、リーダーである魔王のレベルが上がるごとに2コずつ手に入るジュエルを、5コもしくは40コ使って回す、レア、スーパーレアガシャで手に入れるしかない。

レアガシャはジュエルが5コだが、☆3~☆6のモンスターが出る。

スーパーレアガシャは、ジュエル40コで☆5か☆6のモンスターが出る。

単純にレアガシャ8回やって☆6が2体出るようなら、当たり前だがスーパーレアガシャの存在意義はない。つかぶっちゃけ、

 スゲェリスタート(データをデリートして最初からやり直し)を繰り返しまくったが、☆6のモンスターがレアガシャで出たのは、、、、

 一度もなかった。

ノーマルガシャでは50回に一回くらい☆4が出ると書いたが、レアガシャでも同等の格率だと言って良いと思う。

ちなみにガシャは、目の前でカードがスロットマシンのレーンのように流れていき、勝手に止まる
※目押しは不可
一見「止まりそうっ!!!」と思っても、ギリでズレたりしてキレるだけなので、ガシャに関してはサクッと左下にあるスキップボタンを推奨するが、

 とにかく出ないのだ。

だが先に書いたように、☆3と☆4の混成パーティなんぞでは、後半どころか(エリアは全部で4つ)二つ目のエリアの入り口で門前払いというところだろう。最低でも☆5、それも、

 全部違う属性であることが望ましい。

「望ましい」とは、あくまで「そうであったらいいな~」というレベルの話である。というか、

ノーマルガシャで☆3が出る確率および、レアガシャで☆5が出る確率は、たぶん10分の1くらいである。

魔王のレベルが上がったり、途中いくつかのイベントで手に入るジュエルによって(エリア2到達までに)溜まる数は、ザックリだが40コ程度。まさにスーパーレアガシャを回すか否か、という数しか手に入らない。

 まともにやっていては、光は見えない。

となれば、先に挙げたようなリスタートを繰り返し、3回程度のチャンスまでに、

 ☆6が出れば御の字。

 ☆5が1体出たらもうしばらく稼ぎ継続

 ☆4以下しか出なかったらサクッとリスタート

このマラソンをこなすハメになる。繰り返すが、

 こんなことはしなくて良い。このゲームだってやらなくて良い。

 だが、やってしまった人間がここに居る以上、触れざるを得ないのだ。

正直マラソン中は「☆6が出るまで粘るしかねぇ!」くらいの勢いであったが、途中、

 3回のガシャで異属性の☆5が2体出土するという奇跡が舞い降りる。

ファーストプレイ時には、都合9回ほどのレアガシャで、☆5水が3体という状況であったことを考えると、この確率は、本当に奇跡的なものであり、

 継続するなら今しかないっ

そう決断させるに十分な状況だった。

そしてプレイを継続し、何度目かのチャンスにまたも、大型モンスターが召還される。
※ガシャ時には一旦光の帯が縦に伸び、その後ろからモンスターが見えてくるのだが、大型であればすぐさまその存在感が明らかになる。

 キターー!!!でもどうせ同じ、、、じゃねぇぇぇぇぇぇ!!!!!

☆5ではあったが、我がパーティに3つの強力なメンツが揃うことになった。

ちなみにパーティ内の☆の数には魔王のレベルに応じた上限もあり、全員☆6、なんてパーティはいくら大金持ちでも構成出来ないようになってはいるのだが、

 前回のプレイ時、上限30に対し24とか、、、涙を誘う

その差はつまりは、「敵がその分手強いですよ!?いいんですか?強化するならイイ方法があるんですよダンナ、ねぇダンナァ」な状態であり、

 涙しか見えねぇよ・・・

なのである。つかやめるんならやめればよかったのだが、

 僕は乱数に翻弄されるのが嫌いではないのだ。

さて、ここでもう少しこのゲームのことを詳しく説明する。というか前回どんな話を書いたのか、もうスッキリ忘れ去っている
※今日の午前中のことなのに・・・
からだが、気にせず行く。ジジイとはとかくそういうものなのだ。まだ44だけど。

戦闘中にゲージが溜まったら、モンスターをタッチしてスキルを発動することが出来る、という点に関しては前回触れたが、そのスキルもまた、モンスターのランクおよびレベルによって強化される。

具体的には、☆1では「敵のレベルを1下げる」という効果のスキルでも、☆6なら下げられるレベルは6になるし、☆5のモンスターでもレベルを20くらいまで上げると5レベルダウンから6レベルダウンに強化される。

モンスターのレベルを上げるには他のモンスターを合成するしかないが、
※余ってるモンスターを全て合成させないこと(後述)。

合成するモンスターのレベルやランクが高いほど、換算される経験値も大きくなる。魔王のレベルを上げるには、常に強敵の相手をし続けなければならないが、一旦その場を諦め、マップ画面からクリア済みのダンジョンに挑むことで、リスクを減らして金策することも出来る。

まぁ時間さえ掛ければ、ランクの低いモンスターであっても強くすることが出来るという逃げ道でもあるわけだが、

 スゲェつまんねぇから実質無意味。

結局魔王のレベルを上げなければ、課金ジュエルは手に入らない。課金ジュエルが手に入らなければ、☆5、☆6の強力なモンスターは手に入らないわけで、とどのつまりモチベーションも上がらない。だって考えても見れ、

 あとから今より強いモンスターが出てくる可能性があるのに、弱いモンスターに合成リソースを割くべきだと思うか!?

答えは「断じて否」である。とにもかくにも「強いモンスターが正義」なのだ。

ついでなので僕が把握している各モンスターのスキルをざっと列挙する。これが全てではないと思う。

●モンスタースキル
※数値はレベルやランクによって増減する

・大打撃 強力な攻撃を繰り出す。いつもの倍くらいのダメージ。使うモンスターが多い。つか大半はコレ。

・勇士のレベルを下げる。☆1で1レベル。レベルが低い割に鬼強い光属性の勇士に対して使いたいが、鬼強いので大抵はゲージが溜まる前にやられちゃう。

・勇士の防御力を40%下げる(☆3)
 ※☆5レベル20のモンスターで「60.7%」

・勇士のHPを600奪ってくる(☆3)
 ※☆5レベル19で「1440」

・モンスターのHPを900回復させる(☆3)

・勇士の元素属性を無力化させる 状況次第でかなり有効。だけど今の僕のパーティには使い手がいない。

・勇士が部屋を移動する度に100ずつHP減少(☆1)
 ※☆5で500ずつHPが減少
 ※実際は戦闘中にかなりの速さで減っていく。部屋移動は関係ないと思う

こんな感じ。あと、属性に関しても、「元素属性火、水、木」以外に光と闇があり、光は勇者(ゲーム中では勇士。敵)にしかない属性で、闇はモンスター(味方)にしかない。闇の効果はともかく、光属性の勇者は、

 鬼強い

そして、ランダムで発生する、

 勇者を強化する「聖女降臨」と、この光属性の勇者が重なると、

 まずまともに戦っては倒せない。

スキルは戦闘中にゲージが溜まらないと使える様にならないので、ゲージが溜まる前に殺されてしまってはどうもこうもないのである。

 まぁそれがイヤならレベルを上げてマックスHPや防御力を強化しろって話なんだろうが。

つってもまぁ聖女×光勇者のコラボは、そうそうあることじゃないし、
※3時間以上プレイしているが、今までに一度しかない。

 死んでも別段失う物は時間だけなので、さして気にするほどのこともないのかも知れないがな。

--------

モンスターの強化に関して、前回詳しく触れ損なってしまったことが二つあるので、それについても触れておく。

●冒険

雑魚敵を倒し続けていると、こっそりと右上のメニュー→左上の3枚カードが並んだアイコンの中で溜まっていく「赤いオーブ」
※マックス10
それを使って、オトモアイルーの探索みたいなことをさせられるのがこの「冒険」モードだ。

冒険に出すことが出来るのは、あらかじめ決められた2種類~5種類の特定のカードを全て所持することでアンロックされる「ここ専用のパーティ」。パーティによって「2DAY 消費オーブ1コ」とか「4DAY 消費オーブ3コ」などと決められたレギュ、消費に合わせて冒険が長旅になったりもするのだが、

 ぶっちゃけチョイスすべきは上から二つ目の4人パーティ(2DAYオーブ1)

戦闘は、こちらのHPに関わらず、「属性が勝っていれば撃退」「同じなら半減」「負けていれば消滅」の3択。光と闇は存在せず、1DAYあたり3体の雑魚が出てくる。こちらのメンバーはカードによって固定なので、単純に2枚しか手札のない冒険は、勝率を上げることが難しい。つまり、2DAYで4人パーティなら、最後までクリア出来る確率が高いというわけ。

重要なのはそのご褒美で、1DAYクリアごとに200~2000の範囲でランダムにゴールドが貰えることと、

 DAY終了時にランダムで出現する「占い師」に1000ゴールド支払って12枚から1枚のカードを引ける「クジ」があること。

12枚のカードにはモンスターやプレイ中に使えるボム、ハズレが入っているが、
※クリーム色の目玉みたいなのがハズレね。

 なんと!ここで手に入るモンスターは、合成時にかなりの経験値になる。

I~IIIまでいるモンスターの中で最も強力なIIIのモンスターなら、通常☆3のモンスターでも1レベル上がらないくらいの高レベルモンスターでさえ、3レベルくらい引き上げてくれちゃったりする。
※追記:先へ進んだら「V」まで確認。

 つまりメタルスライムみたいなもの。

ランダムではあるものの、カードは自分で選べるので、気分的には悪くないし、金策としてもかなり溜まる。正直単純すぎて作業色が強い点は否めないが、

 より無駄なくモンスター達を強化する上で、欠かせない要素であることは間違いない。

また、この冒険に出られるパーティを集めた時点でジュエルやボム(消費型の強力な攻撃。基本課金アイテムなので、気軽には使わないが)が貰えたり、パーティそのものの強化に繋がったりもする。
※「水属性のモンスターの攻撃力+15%」とか、「☆3のモンスターの防御力+30%」とか。

モンスターカードを全部合成させちゃわずに、最低1枚ずつキープするべきなのは、この特殊効果を維持するためというわけなのだ。

ちなみにこの冒険では、「赤い旗のマーク」のあるポイントも貰えるが、このポイントはぶっちゃけ「どのくらいやってるか」の指針でしかない様子。ランキングで参照することが出来るので、同じサークル?で競ってる友人がいたらって程度のものみたいだな。

●クエスト&日替わりクエスト

ただスコアを競うだけの「対戦(相手はNPC。うずまきアイコン)」の左に表示されるのが、トータル討伐数によってゴールドが貰える「クエスト」。10回勝つなどのお手軽なものから、

 水属性の勇士を1000体倒す、それも10月21日までに

なんてハードなものまでいろいろあるが、軽い注意点として、

 この数字は、データを消去してやりなおしても、リセットされない

まぁお金に関しては、「最初のプレイが一番優遇される」くらいに受け取って貰えればって感じ。

その下に表示されるのが「日替わりクエスト」。何時でリセットされるのかわからないけど、3つか4つ、「火属性のモンスターを5匹倒せ」とか「対戦を1回しろ」などのシンプルなもの。ご褒美はジュエルだったりゴールドだったり。ぶっちゃけクリアは簡単だが、ボタンをタッチしないとご褒美は貰えないし、次のクエストに切り替わらないので、忘れずチェックするのが重要かな。

-----------

まぁそんなこんなでプレイしてきたわけだけど、先ほどのプレイで、

 ついに!

 なんと!

 マジで!!!

 ☆6のモンスターが降臨!!!

いや~嬉しかったね。既に3属性☆5でやっていたので、リスタートマラソン中ではない=「出なかった」とさっきは書いたけど、

 こういう嬉しさがあるから!

ってホントに思う。

☆6ワイバーン 現在のLV18 HP12120 攻撃1525 防御224
※スキルは前述の「勇士が部屋を移動する度に670ずつHPが減少する」
※つかカード画面で経験値を表示出来たね。次のレベルまで510だと。

正直次の☆6が手に入るとは到底思えないので、実質ここからジャンプアップされる余地は、「闇属性持ち」
※闇属性は3属性と併載される
か、有効スキル
※まだ見ぬ属性がったとしたら、だけど。
くらいしか思い浮かばない。

 つまり、地味にお金を貯めてノーマルガシャを回し、モンスターをレベルアップしていくしかない。

ということは、もはやこの時点で「面白いところは終了!」という気がしてこなくもないわけだけど、

 ま、暇つぶしとしては、なかなかに良質であったな、と。

こう思う次第なわけですよ。

久々寝起きに半分以上ボケた状態で起動して稼いだりしてたからな~。

|

« 無重力を想像する | トップページ | 何となく中古ソフトを・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無重力を想像する | トップページ | 何となく中古ソフトを・・・ »