« 腰が痛ぇ! | トップページ | モンスターハンター4G~その11~ »

2014年10月29日 (水)

モンスターハンター4G~その10~

「古のお守り」から出る護石には、「絶対出ないスキル」や「ポイントの上限」があったりする。まぁ他のお守りにもそれはあるのだけど、天空山のマラソンをいくらやっても、絶対にこれ以上良いスペックは出ない
※あくまで1スキルに関してだけど。
物があったりする。

 そういうのが出ると、それはそれでかなり嬉しかったりする。

G級や高レベルギルドクエストが夢のまた夢である僕にとって、キャラクターを強化出来るポイントはかなり限られてくる。持ち込むアイテムを吟味し、出来る限りの鎧玉で防御力を上げ、作りうる最強の武器を装備し、

 最高の護石を探し出す。

これらを全て行ってなお勝てないとなれば、

 ソレ即ち僕がどうしようもなく下手。

ということになってしまう。まぁどうしようもなく下手なのではあるが。

ただ、もちろんそんなお守りは容易には出土しない。何度も回れば出るというものでもないし、出るときはフッと出る。

・聴覚保護+5 3スロット
・切れ味+5 3スロット

この二つはまさに僥倖と呼べる一品であり、

 二つ連続で出た。

一瞬前後不覚になりそうな衝撃。いやいやさすが銀の匙クエスト。ちなみに僕はこのクエストだけで貯めた「狂走薬G」が100個を超えた。
※一切使ってないからってのもあるけど。

操虫棍縛りも止めて、相手に対して自分の慣れ不慣れも踏まえつつ、ベストな武器をチョイス出来る。そうなると当然素材不足がもたげてくるわけだけど、

 まぁ目的素材をがんばって手に入れるのもまた楽し

※実際は出なくてスゲェイライラしたりするケースも多いが。

ということで、

●上位ゴアマガラ連戦へ・・・

上位ゴアマガラの素材から得られる武器の特徴は、

・龍属性
・そこそこ高い攻撃力
・そこそこ高い会心率
・多少スロット

操虫棍が「4」の頃まで実質「龍と毒」しかなかったことを考えても、龍属性の優位性は疑う余地がない。がんばって倒せばその分見返りもあろうというものだ。

書いていてたまに我に返るけど、進んでる人、特にマルチ中心でやってる人からしたら、僕のブログなんてほんと「読むに値しない」内容なんだろうなって思う。未だに「4」の内容だし、そもそも「スゲェヘタレ」だし。

でもまぁオフの友人で実質4Gから始めてる人もいるし、ネコもしゃくしも「ダラ・アマデュラなんて作業だし」とか「激昴ラージャン×2を5分針」なんて人ばかりではないのだ。っていうかたまに(4の話であったとしても)「上位ブラキソロ無理ゲー」とかのヘタレコメントを見つけると、なんだかスゲェホッとしたりするしな。

そんなわけでゴアマガラなのだけど、コイツは村の時でも初見時その攻撃力の高さ、
※正確には狂竜状態でHPが減りやすい上にダメージのでかさが重なってのことだったけど、
威圧的な見た目、空気までよどむエフェクトなどが相まって、

 かなり怖かった。

しかし、いざ数を重ねていくと、こちらの防御力UP(プレイヤースキルアップとは言わない)や、攻撃力UPに連れて、だんだん倒しやすくなっていく。

 気付けば村のゴアマガラはそんなに怖くなくなってた。

しかし、上位集会所はそんなこともなく、

 やっぱり超痛い・・・

HPが余裕で7割とか取られたりする。
※実際は1割減ってるところから5割取られるくらいだったのかも知れないけど。

何とか無死でクリアするも、それ以降怖くて門を叩いてなかったのがこの上位ゴアマガラクエストだったわけだけど、

 こちとら上位シャガルマガラすら気持ちよく28分でクリアした身。

ゴアマは言うなればシャガルの「幼虫」のようなもの。さすがに今のオレ様の敵ではないだろう。

 っていうかそうであってくれ(本音)。

・・・

準備はシャガル用そのまま。「弱いの来い」を発動しつつ防御力と龍属性攻撃を上げた物。咆吼は防げるなら防ぎたかったけど、「大」だと聞いてそれなら防御力を優先しようと。とにかくヤツの攻撃は痛すぎるので、その対策を最優先にした。

 (3回)死なない限りは勝てる。

それが僕のプレイスタイルだ。

クエスト開始直後ヤツの居場所もわからず右往左往。時間的にシビアであった記憶は薄いが、
※ゴアマは比較的体力が低いので。
見つからなければクリアは出来ない(当たり前)。

 きっちり5分針になる頃、ようやっと見つかる。

が、

 走ってペイントボール、空振り、空振り、空振り

 そして移動・・・

まだ当たってないんですケド・・・

寂しい気持ちをグッと堪えて探しまくる。どこにいたとかいるとかも忘れ去っている分、この捜索がホントにきつい。

 ようやっと見つかって、ペイントボール。そして赤の印を当てる、、、

 それまでに回復薬Gを7個ほど使う。

「ペイントボール」と「赤印」を当てるだけで。

「こりゃヤバイな」と。シャガルよりやっぱ苦手だな、と。時間もめきめき過ぎていくし、どうしたもんだいと思いつつ、とりあえず目的の閻玉は剥ぎ取りでしか手に入らないので、
※たぶんウソ。落とし物とかでも出る。でも捕獲で手に入らないのはホント。
落とし穴やシビレ罠を攻撃に使い、

 と言っても「ワナにはまる」→「頭を探す」→「頭に攻撃開始」→「ワナから脱出」

という華麗なコンボを2度ほど披露。つか慣れてないときってのは何でもかんでもが裏目に出てしまう物なのだ。

途中一回だけ猛烈な連撃が決まり、気付けばヤツは足を引きずり始める。いつもなら寝床で捕獲しておしまいだが、今回はそうはいかない。

 寝床でシビレ罠→頭を攻撃→2回くらい叩いたくらいでもう起きる

うー。まぁ何とか攻撃を続け、

 クリアタイム42分。

大丈夫かオレ。いくら防御力が高いとは言え、掛かりすぎじゃないか。っていうか見つからなすぎ。あと、

 一回死んでる。でもって一回も乗れてない・・・。

なんだか知らないが全然乗れない。位置が悪いのか位置が悪いのか、、、それとも位置が悪いのか。

それでも角は壊したし、多少なり動画を見た学習の成果も出た。
※正面より横のが安全という程度の学習だが。

 そして当然閻玉は出ない。

剥ぎ取りから出る確率3%。剥ぎ取り回数3回だから、ざっと11匹倒すくらいで99%。確率ってのはそんな簡単なモンじゃないし、頭の破壊とかでも出たかも知れない。落とし物は2,3個拾った気がするが、当然これも出ない。

 気が重かったが2戦目も続けてやることにし、

今度はあれよあれよとダメージを重ね、

 20分で討伐!早いっ!そして当然出ないっ!

3戦目

 28分で討伐!ボチボチ!そして当然でないっ!

4戦目

 32分で討伐!やや苦戦!そして当然でない!?

いい加減出てくれてもいいと思うが、戦っていてそれほどタルくないというか、ボチボチまともに戦えるのが楽しい。コツとしては、、

・ペイントボールは超接近して当てる。そして頻繁に当てる。

・赤の印も超接近して当てる。コンガがいるところならそいつから取ってもいい。

・正面は避け、足を攻撃。出来たら片方。ムリなら適当に。

・尻尾は下位でも出るのでスルー。

・怒ったらエリア移動はしないので、距離を取ってオトモに気を取られてる隙に落とし穴→大タルG×2。

・怒ってる時にしか角は折れないので、がんばって折る。乗れたら超ラッキー。顔、顔、顔!

・ウイルスやオトモ2死に気をつけつつ戻る時は戻る。死ぬと凹むので死なないように。

こんな感じ。たぶん赤印に囚われずに攻撃した方が早く倒せると思うけど、どうしても取りたくなるのが操虫棍使いのサガというヤツなんだよな。

 ま、そろそろ出て欲しいけどな>閻玉。

ちなみに逆鱗は6枚ある・・・。そんなもんだろうな。

|

« 腰が痛ぇ! | トップページ | モンスターハンター4G~その11~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腰が痛ぇ! | トップページ | モンスターハンター4G~その11~ »