« 死に直面した話 | トップページ | 最近マンガが面白い »

2014年12月21日 (日)

ゲームが発売されなくなる日

なにげに年末年始の発売リスト見てて思ったのだけど、

 少ねぇ、、、

でもって、

 知らねぇ、、、

もっと言うと、

 興味がねぇ、、、

つい先日までどっぷりボーダーランズをやっていて、その前もモンハンとかゲームをやってる時間がないわけではないクリスではあるのだけど、

 近い将来、全くゲームをやらなくなる日が来るのかも

とちょっと思ったり。正確には、

 買いたくなるゲームがなくなる日

でもいい。っていうかそれはもうすぐソコまで来てる気がする。

先日友人Tとも話していたのだけど、「買いたくなるようなゲームがない」。まぁ44歳で「あれもこれも欲しいゲームがいっぱいありすぎてまいっちんぐ」ということはさすがにない。しかし、ふと気付けばPS4もXBOXONEも買ってないし、Vitaなんて直近で買ったソフトが思い出せないレベル。WiiUも完全に娘用かつ僕自身まともにやったと言えるゲームはゼロ。

 ライトユーザーですらないのかも

XBOX360やPS3のリリース予定なんて「明らかに終わってるハードのソレ」で、確かにブラッドボーンは欲しいには欲しいけど、

 ブラッドボーンとFF15の為だけにPS4を買うことになるのかも、、、

と思うと、それはそれでなんだかもったいないというか、違う気もしてくる。つかメーカーさんたちはみんな「これで問題ない」って思ってるのかね。単純に僕だけがゲーム離れを起こしてるんでしょうか。

中学や高校の時ゲームをやっていた友人も、次々に離反して今まともに継続してやってるのはごく一部だと思うのだけど、モンハン、FF、ドラクエ、ポケモンなど、めぼしいビッグタイトルを除いたら、ホントに今でもゲームを遊んでるアラフォーって少ない気がする。

つか別にアラフォーじゃなくてもいい。ポケモンと妖怪ウォッチを抜いた小学生とかでもいい。

 みんなパズドラやモンストをやってるんだろうか。

少なくともゲームそのものから離反しなければ、とりあえずスマホだろうとなんだろうとやりつづけてさえいてくれれば、時に面白い、時に大きな波が押し寄せたとき、受け皿として期待も出来る。でも、

 ホントにやらなくなっちゃう可能性って、低からずあるよなって思う。

特に僕の場合は貧乏になっちゃって余計加速してるけど、、、

 ゲーセンとか一切行かなくなった。

長男とかは音ゲープレイヤーだから、高校の時は結構行ってたみたいだけど、ホント自分がゲームセンターで遊びたくなるようなゲームが「全く」「ひとつも」なくなってたことに、結構な衝撃を受けたんだよな。

 そっかぁ、、、って。

Steamの年末セールがちょっと楽しみだなぁと思っていたのに、いざページを開いてみると、

 XPが対応ハードから外れている

そして、

 でもだからと言って悔しくなるタイトルもない。

遊べないならハードを(もしくはOSを)買えばいい。でも「買ってでも遊びたい」ほどのキラーコンテンツがこうもなくなってると、

 買いようがない

・・・

ゼルダの新作が製作中という話を目にしたとき、当然のように「遊ぶんだろうな」と思った。でも、いつ発売されるかもわからないタイトル。

 果たして発売されるまで、自分がゲームという娯楽そのものに対する興味を失わずにいられるんだろうか。

何だかんだ言ってボーダーランズも面白かったし、丁度一年前を振り返れば、ライトニングリターンズも猛烈楽しんだけど、

 食いつなぐべき未来が今ほど見えなくなるとは、正直想定外。

だったら何か買えばいいじゃんって話だけど、

 面白くないゲームは絶対買いたくない。

貧乏だから独身時代みたいに、

 面白ければ2時間で終わっても許せる、なんてことはない。

せめて50時間前後は楽しませて貰いたい。お金同様時間にもシビアになっている僕なので、「つまらないけどせっかく買ったから、、、」なんて状態で50時間は絶対遊ばない。「それなり以上に充実してエンジョイしたい」。50時間ってのは結構な長さだ。

まず何がダメかって、次世代機2トップがどちらも心にフックしない。文字通り「お先真っ暗」な状態なのが一番よろしくない。お金を貯めていつかは買ってやる!という気持ちに全くなれない新ハード。今までなら、早くDSの後継機出ないかな~みたいに楽しみだった未来が、まったくと言って良いほど「存在しない」。

スペックが頭打ちになったからとは思わない。実際スマホのフルHDで見るシドニアの美麗さには胸を打たれるし、FF15のデモも結構グッと来たりもする。

 いかんせん本数が少なすぎる。

思うんだけど、ホントにテラリアやローグレガシーみたいなゲームって作れないのかね。そりゃマインクラフトレベルのエポックメイキングは難しいと思うけど、ただ単純に楽しいアクションとか
※もちろん人に寄るだろうけど
、、、まぁテラリアもローグレガシーも「単純ではない」か。楽しいけど。

気付けばレースゲーム、シューティングゲーム、アドベンチャーゲームにもそそられなくなったな~。まぁシューティングは出ないってのもあるけど、Steamとかの安価なタイトルでもフックしないもんな~。

 飽きたってのもあるのかも知れない。

特にレースゲームとか、実力が拮抗する友人がいなければ、ひとりでハードルを越えていくしかモチベーターはない。それは完全に自己満足で、操作やグラフィックにフックがなければ、きっかけも欲しいという衝動も沸いてこない。たぶんそういうのを「飽きが来てる」って言うんだろうな、と。

ディアブロ3もそれなりに遊んだけど、2をやったあとのような、

 3はハードごと新調して買ってやるぜ!

みたいな感じはなかったし、ボーダーランズも、1をやった後のような「次超楽しみだな!」みたいなのもなかった。

 出れば買うかもだけど、、、

そんな低空飛行では、ビッグタイトル以外が霞んで消えてしまうのも無理からぬことだよな、、、。

・・・

昔は欲しいゲームを探して中古屋巡りをしたものだけど、今なんて、何一つ欲しいゲームがないもん。正確には、

 欲しいゲームの在庫がない。

見たらワクワクして欲しくなるかも、ってブツがない。手にとって買おうか迷いたくなるブツがない。うーむ。今回は根が深い。楽しくてしょうがねぇ!ってゲームで遊んでる人って、今の日本にどのくらいいるんだろうな~。

|

« 死に直面した話 | トップページ | 最近マンガが面白い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 死に直面した話 | トップページ | 最近マンガが面白い »