« ボーダーランズ再開~その5~ | トップページ | タニタの社員食堂 »

2015年1月26日 (月)

大脱出

スタローン×シュワルツネッガーの刑務所脱出モノ。二人が二人ともアメリカンドリームのような俳優で、結果微妙な立ち位置になったりもしたけど、

 映画はそこそこ面白かった。

というか「そこそこ」とか書くとなんだか面白くなかったみたいな印象を与えてしまうかも知れないけど、

 爆発的に最高ではなかっただけで、まぁ普通に面白かった。

これまたこんな書き方だと、どうでもいい駄作みたいなニュアンスを醸し出してしまうかも知れないけど、

 何つんだろ、手放しで面白かったと言いづらい何かが残った感じの映画だった。

それはつまりこの映画が、「スタローンとシュワルツネッガーの映画」であり、それはすなわち「木村拓哉はどの映画に出ても木村拓哉になる」のと同じことを指す。例えばストーリー、演出、絵作り、脚本など、全てこの二人以外の誰か無名の俳優にもしやらせていたとしたら、果たしてここまで面白くなったのか、いや、無名であるならもっと楽しめたのではないか、という気にさせたということ。

演出的に過去の作品を彷彿とさせるシーンがいくつかあって、
※僕が気付かなかっただけで、たぶん凄くたくさんあったんだと思う。
ニヤリとしてしまう自分がいる一方で、「なんだかそれがもったいなく」も感じてしまうジレンマ。二人をメインに据える上で、逆に削ってしまった演出というか、説明?が結構あった気がした。

 面白くないわけじゃないんだよ?

評価的には★★★☆。映画館で見てたらたぶんプラス1点。

ざっくりとしたあらすじとしては、

脱獄してその刑務所の欠点を指摘する仕事をするレイ(スタローン)のもとに、極秘裏に開発された民間の刑務所からの脱獄依頼が届く。しかしこれまでと違い場所も明らかにされず、あらかじめ通じていたはずの所長は別人、非常時に有効になるはずだったコードも反古にされてしまっていた。そこで囚人のボス的存在であるロットマイヤー(シュワ氏)は、レイの洞察力に目を付け、二人で脱獄を企てることになるのだが、、、。

みたいな。

そもそもメインの二人が「このふたり」なので、それに見合うだけのヒールが必要ではあったのだけど、

 (全然知らなかったけど)ジェームズ・カヴィーゼル、なかなかかっこええ。

一瞬「トムか?<似てるわけじゃないけどそのオーラというか、お金が有り余ってたらトムがやってもおかしくない役柄」と思ったり、「クリスチャン・ベールか!?」と思ったりもしたけど、まぁ知らない人だった。でも知らないのにそれほどメジャーな俳優とイメージがかぶったということは、

 かなり実力がある人だったと思う。

つか役が役なら善玉でも全然イケるイケメンだった。

他にもどっかで見たような?みたいな俳優が随所に配置され、
※ジュラシックパークのサム・ニール、アイアンマン、スタートレック、エリジウムに出ていた「わかりやすい脇役」ファラン・タヒール、60セカンズのスフィンクス、X-MENのジャガーノートをやっていたヴィニー・ジョーンズなど。

キャストに関しては、前述の「豪華ゆえのジレンマ」を除けば、ホント十分過ぎる配置だった。内容的に女の子を出しづらいのは致し方ないところだし。

序盤からかなりテンポのいい展開で、よどむところはほとんどなし。脱出モノということで、どうしても「ザ・ロック」とも比べてしまうのだけど、二つを端的に表すとすれば、

 ザ・ロックはかっこいい男の映画

 大脱出は子供でも楽しめる娯楽作品
※2箇所ほど笑わせるシーンもあったし。

って感じ。まさにシュワ氏とスタローンの映画という感じで、良い意味で肩の力が抜けてるような、悪い意味で特筆すべき点がさほどない佳作という感じだったな。

・・・

見てる最中は結構「あ、これブログで触れたい」とか思ったこともあったんだけど、見終わったら案の定忘れてる。ただ一点覚えてたのは、

 シュワ氏のアップ、超カッケー。

何つか、もうじいさんなのは二人とも同じなんだけど、

 ブルース・ウィリスのアップとは違うって思った。

コマンドーのような銃乱射シーンは明かなファンサービスなんだけど、

 でも許してしまうかっこよさがあった。

最新の刑務所は物語を紡ぐ上で、ある意味ご都合主義の塊ではあるのだけど、それでも絵的なメリハリを上手く出していたし、落としどころとして「他の囚人全員を殺すわけにも行かない」部分をよく抑え込んでいたなぁと思う。つか、

 言っても(名目上全員)極悪人たちだからね。

おいそれと脱獄されたらたまらないわけだけどさ。

・・・

蛇足だけど、最初の脱獄シーンの中で「え?」って思ったところが一箇所あって、思わず巻き戻して見返してしまった。見た人はみんな「そんなのあったっけ?」って思うのなら、それは僕が「甘い」ってことなんだけど、、、。つか、日本人に見せる「吹き替え用字幕」に「歯磨き粉」の表示は欲しかったな。「何で(WHY)、何で(WHAT)」ティッシュを丸めてるのかわからなかったもん。

|

« ボーダーランズ再開~その5~ | トップページ | タニタの社員食堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボーダーランズ再開~その5~ | トップページ | タニタの社員食堂 »