« PLAYSTATION PLUS | トップページ | ゼノブレイドXが面白そう! »

2015年1月15日 (木)

次世代機を考えてみたら、、

昨日プレステプラスがなかなかに凄い「野心的な」試みだって話をしたのだけど、その流れで「次に作られる」「作られて欲しい」次世代機ってどんなんだろって考え出したらなかなか楽しかったので、そのことをちょっと書いてみる。つか最近はホントネタがなくて毎日追いかけっこで書いてるのに、

 気付けば結構長いネタ、、、

書き始めは全くそんなこと考えてないんだけどな。

まず適当に思いつくまま箇条書きしてみる。
※ちなみにレジメを書いてから、個々の文章を書き加えている。目次とかにするほどのこともないかと思って。

・ポケステって意外と良かったな

 好きなゲームというのは、ゲームをしていない時でもそのことばかり考えてしまうもの。ポケットステーション&FF8ってのはまさにそれで、家では普通にプレイして、それ以外の時はポケステを持ち歩くことで「8と繋がっている」「8をプレイしている」気になれた。今でも↓

・スマホと連動して欲しい

 いくつかのタイトルで連動的なアプローチをしているものもあるけど、それをもっともっと押し進めて、それこそゲーム機本体でプレイしていても、スマホでサイドストーリーをプレイしていても、時間が合算されるとか、相互に情報が行き来するようなシステムが欲しい。特に言いたいのは、

 本編のキャラクターデータにしっかりと「強さとして」影響を及ぼして欲しい

ということ。見た目だとかガシャだとか「それはいいから」と言いたくなるようなゴミクズのようなアプリ連動ではなく、例えば「オートのみでなら戦える経験値稼ぎ」とか「フィールドはないけど戦闘は出来るバンククエストのようなミニゲーム」とか。

ポケステFF8はその点でかなり満足度が高かったんだよな。

・スマホを「普通持っている」とする前提

これはもう現状でも十分だと思うけど、特に「ネットワーク前提」でなければ、もっとずっとハードルは下がると思う。任天堂お得意の「枯れた技術の水平思考」
※ちょっと違ったかも
で、ハードにWi-Fiオンリースマホを同梱してしまえばいい。今なら5000円もせずに、デュアルショックより安い値段で同梱可能なスマホを作ることも出来るハズ。電話やLINEをさせるのが嫌い&リスキーであるというのは、たぶんあと2年くらいでいろいろ事情が変わっていく気がするんだよな。根拠はないけど、シェアが爆発的に増えていくことで、

 携帯電話をみんなが持つように、ゲーム機とスマホが当たり前に連動する未来

が来る気がする。

・提案型

 あとにも出てくるけど、今後ゲームは「序盤だけならいつでもタダで遊べる」状況に近づいていくと思う。マンガが1巻だけ、1話だけタダで読めるように、体験版だけなら気軽に無料で遊べるようになっていく。

重要なのは「気軽に」ということ。つまり、

 電源を入れて立ち上げたら、ダウンロードしなくても「タイトルをチョイスして遊べる」状況になっていくと思う。

スタンバイ時にどんどんダウンロードしていき、全部じゃなくても、、、20個くらい?が常時入れ替わり立ち替わりで「提案される」。特に好きなジャンルとかはAI任せでもいいし、任意に指定してもいい。当然待機電力は極小であるべきだし、製品版にデータを引き継げるのは大前提。

プレイ開始5分で「現在の評価」を入力する場面になり、例えば5段階評価で「5」であるなら、その時点から製品版データをダウンロード開始。ゲームデータの構造も、そうした「小分け」にフレキシブルに対応出来る形態になっていき、例えば体験版のリミットとして10分なり15分なりの時点で、

 続けて遊びたい場合は、ただレジストするだけで良い
※そこから待たされることがない

というシームレスな構造になっていく。つかSTEAMやディアブロIIIではそれに近いものが既に出来ているわけで、データを全てダウンしなきゃ遊べないなんてのは、既に古くさい考え方って気もするんだよな。

・1時間遊べる権利

通常15分の体験版を「全タイトル1時間遊べる」という会員があってもいいと思う。それこそプレステプラスの延長線にあるものだけど、

 時間がないから大作とかはとてもクリアまで遊べない。でも正直興味はある。

という層、「スマホゲーをやるのは時間をそれほど取られないから」という層に訴求する手立てが欲しい。より気軽に、より短時間に、いろいろ触って貰って、その上で本当に気に入ったものを買って貰うようにすればいい。

今更だけど、僕はゲームが好きだ。でも僕が好きなゲームを僕がプレイ出来るかどうかは、昔と比べてかなりハードルが高くなってきていると思う。きっと僕以外にも「ゲームは好きだけど、面白そうなゲームってのがわからなくて・・・」って人は絶対居る。そう言う層をもっとどん欲に囲っていく戦略を、据え置き、、、いや、具体的にSONYと任天堂とマイクロソフトはやっていくべきだと思う。

 現状僕が考える最も優れたゲーム機は「STEAM」だと思う。

気軽にチェック、気軽に購入。体験版も多いし、セールも多い。

 でもPCで、それなりのスペックを要求するというハードルが高すぎる。

それを家庭用ゲーム機が強烈に「押し下げる」ことは出来るはず。そのために不可欠なのが、、、

・ブラウザの性能
・マルチタスク
・マルチウィンドウ

この3つ。

現状WiiUもVitaも3DSも、特に3DSなんて、全くブラウザを併用してゲームをする気になれない。

 「やってやれないことはないけど、その実使い物にならない」

のが3DSのブラウザだと僕は思う。とにかくレスポンスが悪すぎる。「そりゃWi-Fiだから、、、」なんてのは理由にならない。だってWi-Fiのみのスマホでももっとブラウズは高速だもの。

 まぁブラウズしながらゲームは出来ないけど・・・

でもそこを乗り越えることは、機能的に絶対可能だと思う。だって今のCPUは5年前のCPU2個分よりずっと優れてるんでしょ?

解像度だってそう。フルHDじゃなきゃ2画面表示出来ないなんて事は全くない。つか、

 解像度を落として表示する機能があってもいいとすら思う。

要するに、スペック不足でブラウザと併用出来ないなら、ゲーム側のリソースを一時的に下げて、その上でネットやりながら遊べるようにしたらいい。

Steamが一番優れてるって感じるのはそのためでもあるんだよな。

・インターフェイスについて

昨日友人Tとも話をしていたのだけど、今の若い人にはキーボードが使えない人も多くなってるのだとか。つまり、携帯は使える、フリックは超速いけど、キーボードでの文字入力は出来ない。

だったらフリックに合わせたインターフェイスがもっともっと進化すればいい。結果として1分100文字打てればいいわけだし、
※あくまで目安ね。
ワープロだって昔はもっとずっとお馬鹿だったわけだし。

でもコントローラにモニターを付けることに関しては思案のしどころだと思う。結局WiiUを遊ばないのはあのコントローラが「露骨に嫌」だからで、でも一方でスマホで遊ばないのもあのタッチオペレーションが「タイトル次第では絶対嫌」だから。

言い換えれば、WiiUはかなり「面白いところを突いた」インターフェイスだったとも言えるんだけど、そこでiPhone並のフリック入力を可能にさせなかった点が、甘かったというか、「人まねを嫌う任天堂らしいところ」と言う気もする。

コスト的なことももちろんあるとは思うけど、PS4のデュアルショックにあるタッチパッドくらいの大きさのモニターなら、「付いていてもよかったんじゃないか」って思うんだよね。そこでフリックさせれば、もっとずっと気楽に文字によるコミュニケーションを取り合いながらゲームを遊ぶことが出来るようになるはずだし、もっと言えば、

 よりゲームについて語り合う機会が増えるとも思う。

要するに、「ニコニコ動画のゲーム版」みたいなことが、進められる可能性を持つと思うんだよね。「キーボードが使えない層」に訴求して。

まぁポインティングデバイスに関しては、スマホのタッチもまだまだマウスには遠く及ばないとは思うけどさ。っていうかマウスを超えるポインティングデバイスが発明される日って来るのかなぁ。

・コントローラの質

 再三書いてるけど、これは本当に思う。っていうかスマホに唯一優ってる点と言っても過言じゃないのではなかろうかというのが「コントローラ」だと思うのだけど、

 それが低質になってきてることに、誰も異議を唱えない
→唱えても始まらないからだろうけど。

友人Tも言ってたけど、Vitaのスティックとかボタンって、PSPより遊びにくいんだよね。3DSも初代DSと比べて全然クソ。何が腹が立つって、

 昔出来ていたメーカーが今できなくなってるってのがムカつく。

スーファミのコントローラみたいに軽くてシンプルで安くて丈夫なインターフェイスじゃダメなのかって思う。アナログじゃなきゃダメなのかって思う。アナログ入力じゃなきゃ面白いゲームは一切作れないわけじゃねぇだろって思う。ボタンが20個以上なきゃダメなのかって思う。何つか、

 コントローラのピークは横井軍平だったのかって思う。

個人的に振動と並んで「軸検知」
※傾けたり振ったりするのを検知する機能
も全く要らない。トリガーのアナログ検知もレースゲーム以外要らない。アナログスティックはあって欲しいけど、そのために十字キーを蔑ろにするのはどうかと思う。

 現時点で手に入る最高のコントローラは、有線の360コントローラだと思う。

まず値段が安い。
※2700円くらい
電池を使わない。必要十分なボタンとスティックがあり、軸検知も付いてない。まぁ丈夫さの面でやや怪しいところはあるし、十字キーの質はスーファミに大きく劣るし、配置はデュアルショックのが「僕は」好きだけど、電池と値段とPCでも使える点で現時点での最高。

 もっとがんばってくれよ、と思う。

・振動は重くて電池の持ちが悪くなるからいらない
・でもスマホのバッテリーは結構持つ

 スマホの電池の持ちは、コントローラの持ちと比べて格段に長い。携帯ゲームにしてもそう。まぁそれはつまりVitaとか3DSとかのがずっと「処理に電力を食う」からなんだけど、実は僕らがあまり知らないだけで、

 古い設計でコストダウンを計ってる分、電池の持ちが悪いのではないか

と思う。最新のスマホのバッテリーが一時期より遥かに持つようになっているのは、そのための技術開発に凄いコストが割かれてるからだと思う。

もちろんそれはゲーム機の開発にも同じ事が言えるとは思うけど、「もっと持たせること」は出来るようになると思うんだよな。例えばゲームによって使わないボタンや機能はどんどん省電力で使えなくする機能とか。まぁ詳しくはわかんないけど。

・マイクは欲しい

最近僕が多くなってるのは、「耳に当てずに電話をする」こと。スマホがカケホーダイになって、店の電話を使う機会が激減したのだけど、同時に「持って話さなくても、スピーカーにすれば普通に両手が使える」ことに気付いたんだよね。

 実は結構便利。そして疲れない。

どういう構造なのかわからないけど、もう「ヘッドセット」とか「単体のマイク」みたいなものは不要に「出来る」んじゃないかな。ボタンひとつでコントローラ(スマホ)から音声を出力しつつ会話が出来るようにすることは、技術的には既にクリアされてると思う。

 慣れるとマジで楽だからね。

最もそのためには、コントローラに内蔵するマイクの質も、Wiiリモコンみたいなクソスピーカーじゃなく、それなりのものにする必要があるんだけど、

 スマホがそれほど重くないんだから、WiiUのコントローラほどごつくはならないと思うんだよな。

何もかもお金が掛かる話ではあるけどさ。

・強い電波で家庭内移動の自由度

これもそう。さっきのブラウザの話にも繋がるけど、本体を有線でネットに繋いで、あとは子機なりコントローラなりが家中どこにいても高速でやりとり出来るようなネットワーク機能が欲しい。HDMI端子を繋げるだけで、どのテレビでも気軽にゲームが出来る、みたいな。

PSPのアドホックもそれに近いけど、あれは速度面で全く遅いから、「同じベクトルで磨きを掛けてもダメ」な気がする。とにかく、

 家庭用ゲームには速さが足りないと思うんだよ。

・スマホゲーに負けているところ

 それはつまり「気軽さ」であり、「速さ」だと思う。

立ち上がるまでの時間。既に電源が入っていて、サスペンドになっている前提のスマホは、ゲームを遊ぼうと思って立ち上がるまでの時間がいわゆる家庭用ゲームおよび携帯ゲーム機よりも遥かに速い。
※Vitaだって最初に無駄なページめくりとかあるしね。死ねと思うわアレ。

もっともっと「スマートに」ならなきゃダメだと思う。「ゲームさえ面白ければ」なんてのは、「時間を浪費してくれ」と言ってるのと同じな気がする。ファミコン並になれ、とは言わないけど、レスポンスはもっともっともーーーーーっと速くなって欲しい。

 そのための次世代であるなら、僕は喜んで飛びつくよ。

つか初代プレステ以降、ゲームが始まるまでの時間がどんどん伸びてるよな。間違いなく。

 それが「ダメなこと」だっていい加減気付いてもいいと思うわ。

スマホゲーが出来てることなんだから。

・ゲームは発売後どのくらいで「古く」なるのか
・伸びつつある寿命

昨日発売から半年経ったら新品はほとんど売れなくなるから、プラスにラインナップされるのもアリ、みたいな話を書いたけど、実際問題(タイトルによる違いはあれ)確実に「新品が動かなくなる時期」ってのは来る。全て一律「半年で」とか「1年で」みたいな、レンタルDVDライクな区切り方は無理でも、「販売本数が週間100本を割ったら」みたいな明確なジャッジ機関を設けて、セールに入れるなり、体験版をアピールするなりの「既存コンテンツで利益を生む構造」を作り出す必要があると思う。「必要」というと言葉はキツいけど、つまりは、

 新しいコンテンツで利益を生むのは、容易じゃない時代に近々なる(と思う)

だからこそ今でも焼き直しとか続編が多いわけだけど、それがもっと進んでいく。っていうか、

 国内のゲーム産業の「贅沢なピーク」は、FF12だったと思う。

13はもはや絵だけのゲームというか、ボリューム的にも構造的にも、ぶつ切りというか、章立て的で、「大作感」という意味では、12以上のものは今後作れないと思うんだよね。寂しいことだけど。

でもそれでもまだゲームは作られていくと思うし、お金が上手く廻るようになれば、スマホゲーみたいに派手なテレビCMが打てるようになるかも知れない。僕としてはそういう未来がまた来て欲しいと心から願うし、

 もし今日書いたような「古いゲームを安く遊べることで、ゲームを遊ぶ層がまた昔のように凄く広がっていけば」、、、

 結果としてゲームの寿命はグッと延びることにも繋がると思う。

こないだ僕がダウンロードしたゲーム、2年前、4年前のゲームでも、今普通に「見た目に劣化を感じずに」遊ぶことが出来る。PS4と比べればPS3は確かに弱いかも知れないけど、PS3とPS2の差ほどじゃない。ということは、見た目で勝負する必要性が薄れたゲーム資産は、見せ方次第で十分今でも通用させることが出来るということだし、結果それが寿命が延びるってことだと思う。

-----------

コントローラに触れると、画面の上半分には「前回遊んでいたタイトル」が表示され、
※カーソルもそれに合っている
Aボタンを押すとすぐさま前回の続きから始まる。

画面の下半分には、オススメのタイトルが並び、全てボタン一発で序盤を遊ぶことが出来る。気に入ったらレジストして続きを遊べばいい。待ち時間はほとんどない。

コミュニケーションは意識せずに画面の邪魔にならないところに表示される。ただの挨拶やマルチプレイのチャットなら、特に意識することなくコントローラで出来る。もちろんボイスチャットもヘッドセット無しで気楽に始められる。

攻略サイトが表示したいなら、ホームボタンのメニューでこれまたボタン一発「攻略WIKI」で検索する設定は、デフォルトでも登録されている。表示は透過の重ね合わせやマルチウインドウ、2画面分割などフレキシブルに対応。もちろんフル画面で見ることも出来る。何ならゲームをしながらテレビを見ることが出来たっていい。

ゲームを終了するときも主電源は切らない。スマホの画面がすぐに暗くなるように、テレビの前から移動すればそれで休止に入る。え?トイレに行くだけだったって?それでも問題はない。

 コントローラに触れれば、前回のタイトルの続きから、すぐさま始めることが出来るのだから。

僕が考える近未来のゲーム機はこんな感じ。あとはスマホ連動で外出中にトレハンとか経験値、お金稼ぎとかが出来れば完璧。立体視も4K2Kもないけど、十分過ぎるほど魅力的な未来だと思うのだけど、、、どう?

つか今日もこんなに書いてしまって肩が痛い。小分けにしないのは、

 もちろん面倒だからだ。

ちなみに今日のネタを書くのに2時間くらい掛かってる。それを遅いとみるか早いとみるか。

|

« PLAYSTATION PLUS | トップページ | ゼノブレイドXが面白そう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PLAYSTATION PLUS | トップページ | ゼノブレイドXが面白そう! »