« Brothers - A Tale of Two Sons | トップページ | HERO SIEGE ~PC版序盤攻略wikiI的なもの~ »

2015年1月 1日 (木)

ショベルナイト~ちょっぴり攻略WIKIっぽい~

英語のタイトルは「Shovel Knight」。年末のSteamホリデーセールで買った1本。

ファミコンライクなグラフィックとサウンドは、初見時から「かなり面白そう」に見えていたが、定価1500円は一向に安くなる気配がない。安くなったと思ったら「33%OFF」で、やや微妙な値引率。そりゃ90%OFFは行き過ぎとしても、半額くらいまでは期待したかったのだけど、、、。なぜ買ったのかと言えば、つまりは評価の中に、同様の記述を見つけたから。

 セールを待っていても一向の下がる気配がない。待ちきれなくて定価で購入。買って良かったかと言えば、

 答えはイェイ!<この辺ちょっと良くわからないんですケド

ファミコンライクな見た目というと他にもいくつか身に覚えがある気もするのだけど、いやいやどうして、

 見た目はファミコンだが、中身は全然別物。

たとえて言うなら、まさに「ラムラーナ」が近い。MSXっぽい見た目で仕上げられたウィンドウズタイトルのラムラーナは、遊んでみるとその気配りや奥深さ、迫力の演出など、MSXのそれっぽいタイトルとは一線を画す「凄み」があった。

 ショベルナイトもまさにそういう1本。

BGMの迫力はトレーラーを聞くだけでも流れ込んでくるし、
※実際にゲーム内で流れるのはPSG3音「っぽい」ものだけど、その完成度は特筆レベル。具体的に言えば最盛期のコナミサウンドレベル。

シンプルで特に目立った強化のない主人公の攻撃・・・
※正面と下突きのみ。ダッシュも二段ジャンプもない。わずかにしゃがむことは出来る。ちょっと笑いを誘うくらいわずかなしゃがみだけど(笑。

からは想像も付かないような心地よい操作感。カケフくんのジャンプ天国とスーパーマリオのジャンプの「心地よさ」を比較すればわかることだけど、
※誰ひとり比較できる人がいないというのはこの際スルー。
やはり「良くできたアクションゲーム」というのは、ジャンプ一つ取っても全然「手触り」が違うのだ。

また、スプライトの影響で「頻繁にチラつく」ファミコンだったが、本作ではその辺は「ないこと」になっていて、全くチラつくことはない。もっともそれはレビュアーの誰しもが気付くことだと思うが、

 僕が感じたのは主人公のドットの多さ。

色数こそファミコンと同数に絞っていると思える見た目だが、スプライトの影響を減らすため「やせ形」に仕上げがちだったファミコンアクションと違い、「チラ付かないから横幅も十分取れる」ことによって仕上げられた主人公は、例えばシモンやスーパーなマリオと比べても表情が非常に豊かで、

 動かしているだけで、(こんなレトロテイストのグラフィックなのに)贅沢な気持ちになれた。

アイテムを破壊すること、ショベルで鉱石を掘ること、倒された敵、背景のエフェクト、、、全てが「ファミコンのようでファミコンでない」。より完成度を高めた「別の何か」に生まれ変わっている。

残機はないが所持金はあり、所持金は死ぬとそこに3割ほど置いてきてしまう。連続して死んだらそれは「なくなってしまう」だろうが、その前に拾えば問題はない。ステージ内のリスタートポイントは4箇所とそこそこ多く、当然セーブにも対応している。昔のゲームに見えても、プレイヤーは今の人間。今の人間が「耐えられる」「楽しめる」落としどころをしっかり見定めてチューンされた難度は、やっていて、

 「正のストレスはあっても、負のストレスはない」

スーマリ3のようにマップを移動していくシステムも、地味に「ファミコン後期」の良さを演出しているし、トレーラーで紹介される大型モンスターの数々もドット絵の質を含めとてもよく出来ている。

「レトロな体裁さえ整えておけば、その筋の人間が買ってくれるだろう」そんな低俗で矮小な志とは全く趣を異にした、文字通り「良質なアクションゲーム」。それがこのショベルナイトの正体だ。

---------

そんな素晴らしいショベルナイトではあるものの、残念なのは、

 全て英語

なところ。アクションマップではその不便さをさほど感じることはないのだけど、村に入ったら一気に会話が増えて戦々恐々。とりあえずwikiに書かれていた情報を少々転載。

・吟遊詩人に500円と言われるのは、取得済み楽譜の視聴アンロック代。「一回聞くのに500円取られる」わけじゃないらしい。

・ヤギからはライフの最大値を上げるアイテムが購入可能らしい。お金で買うか、アクションシーンで手に入れたチケットで交換するかの2択なのだそうな。

・魔法の薬屋。アップグレード1回で最大値が10増え、MAXが100らしい。

・レリクス。腰の動きが怪しいチェスターという人が販売しているのがそうらしい。

→以下英語のサイトから適当に翻訳サイト翻訳で転載してみる。ミスもかなりあると思うけど、僕自身の為でもある。

●RELICS

・FLARE WAND 水平方向に発射するファイアボール。PRIDEMOOR KEEPの第2チェックポイントのあと、はしごの下にある?1000円で購入可能。

・PHASE LOCKET 消費コスト8で全てのデバフを無効化する。リッチヤードの第2チェックポイントのあと2体のスケルトンのいる穴に落ちる?1000円で購入可能。

・DUST KNUCKLES 砂、岩、氷の柔らかいブロックをパンチで通れるようになる。チェスターから3000円で購入可能。

・THROWING ANCHOR 高いところにいる敵や足場に投げられるアンカー。巨大魚との戦闘後にチェスターから3000円で購入可能になる。

・ALCHEMY COIN ・・・良くわからない。とりあえずEXPLODATORIUMで見つかるらしい。3000円らしい。

・MOBILE GEAR リンク切れ

・WAR HORN 消費コスト20。周囲の敵および障害物を破壊する。Stranded Shipの第3チェックポイントのあとまもなく。4000円。

・PROPELLER DAGGER 主人公を飛行可能にする。twin fans blowing air upwardsの横にある秘密の通路を通った第2チェックポイントのあと。4000円。

・FISHING ROD 村のチェスターから1250円で購入可能。釣り竿。

・CHAOS SPHERE 緑のバウンドボールを投げつける。

・TROUPPLE CHALICE 村の居酒屋の右側の司祭から購入可能。イコルを運ぶのに使用する。

●UPGRADES AND ARMOR

・STALWART PLATE 基本装備。何も防げないが、、、、よくわからない。「彼を防げない」とか「彼が阻害される」とか、、、。とりあえず他の装備購入後鍛冶屋に行くと切り替えることが出来るらしい。

・FINAL GUARD 3000円。飛行船内部のアーマーアウトポストで購入可能。死んで落とすお金を半分に出来る?赤い。

・CONJURER'S COAT 4000円。紫色。防御力が半減する代わりに、最大マナが50増える。

・DYNAMO MAIL 6000円。濃い灰色。2回連続で下突きすると、ダイナモメールを高速でチャージすることが出来る、、、?

・MAIL OF MOMENTUM 6000円。暗い赤色。ノックバック無効、、、だと思う。

・ORNATE PLATE 8000円。金色。大したメリットはないが、キングナイトと話をすることが出来るようになるらしい。

・CHARGE HANDLE 武器のアップグレード4000円。充電すると盾も貫通する強力な攻撃が出来るようになるらしい。

・TRENCH BLADE 武器のアップグレード3000円。鉱石を1スコップですくえるようになる。結果より早く金策できる。

・DROP SPARK 6000円。体力が全快の時に、地面全体にダメージを伝える攻撃が出来るようになる。地面に触れていて体力が全快でなければ無意味。

-------

こんな感じかなぁ。つかまだ村に着いたばかりなので、それほどプレイはしていない。それでもこのゲームが、

 最低★★★

の内容であることは感じたんだよな。音楽、操作感、グラフィックなどで。

まぁクリアするときは一気にやらないと、いろいろ忘れちゃいそうではあるかな。大晦日にクリアしようかな。

|

« Brothers - A Tale of Two Sons | トップページ | HERO SIEGE ~PC版序盤攻略wikiI的なもの~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Brothers - A Tale of Two Sons | トップページ | HERO SIEGE ~PC版序盤攻略wikiI的なもの~ »