« プレステプラスのPS3タイトル3本 | トップページ | WORDS AND MAGIC »

2015年2月17日 (火)

プレステプラス関連のつぶやき少々

バイオリベレーションって僕にとってどうなんだろうか。やっていて特に面白くはない。でもメリハリのあるハイテンポな展開は嫌いじゃない。でも怖過ぎるのはイヤ。でもあんまし怖くない。でもキャラが強く出来ないのは不安。でも不安を裏付けるほどツライ状況にはなってない。でも弾がすぐなくなるのが不安。でもなくなる前にキャラが変わる。

 要は「好みではないが、出来はいい」感じ。

伊達にここまでシリーズが伸してるだけのことはあるというか、数を重ねることで、例えばモンハンのように、より経験値の浅い素人でも遊べるように間口を広くする努力を怠ってないというか、それがしっかり出来てるから本作から遊び始めた人でもそれほどストレスなく遊べる、、遊べてしまうというか、、、。

「面白くない」とは書いたけど、それは僕的にストレスが強いからであって、もしたとえばこのままストレスを抱えつつ最後までプレイ出来たとしたら、

 たぶんきっと強い満足感が得られる。

それがつまりカタルシスであって、バイオの面白さでもあるのかなぁと思ったりもするのだけど、

 やっぱりいきなり大きな音が鳴る系の「びびらせ方」はあまり好きじゃない。

 でも嫌いじゃない自分もいたりいなかったり・・・
※ホントに嫌いだったらクリーチャー系の映画とかも見ないと思うし。

サイズが大きいので、一回消したらまた入れるのは超面倒。だから消すなら二度とやらない覚悟が必要だし、やるなら最後までやらないと楽しくなかったことになっちゃう、、、。うーむ。

一方VITAのプラスタイトルはというと、、、

●俺の屍を越えてゆけ2

※スゲェ叩いてるので、ファンは読まない方が身のため。特に2のファンは。

案の定というか、「買わなくてよかった」というか、

 キャラメイクが終わる前に挫折。

なんで写真撮ったり顔を似せたりってセクションを入れたのか理解に苦しむ。キャラはどんどん世代交代していくわけだし、最後の最後エンディングのあとに初代として顔が出たとしても、

 それが自分の分身であって嬉しいか!?

ブサイクが初代として表示されて、何が感動か。全く無駄というか、蛇足というか、

 タダで手に入ってしまった分、その程度の「抵抗」であっさり折れてしまう。

せめてゲームがまともに動き出すところまでは「遊ばせて」欲しかったな~。あのオープニングだけで、

 もし100点のゲーム内容でも0点に落ちるわ。

ああもったいない。ああもったいない。

一作目はホントに楽しかったのにな~。ああウザい。

・・・

でもあまりにもったいなさ過ぎて、「せめてゲームが始まるまで・・・」とがんばってみた。キャラメイクはおまかせ。名前もおまかせ。

 オープニングムービーの胸くそ悪さ・・・

なんであそこまでガイコツ?キツトってこんなヤツだっけ?犠牲になったあと食わせる意味って?

 テンションが地底深くまで潜っていく・・・

ゲームが始まっても、どこか「アニメファンをなめてるんじゃないか?」と感じさせるセリフ回し。「全てワタシの言う通りに、、、」って言っておきながら大した指示もせず、「そのまま続けるかどうか」もプレイヤー任せ。

 責任もって全部誘導しろよ、、、。

あといちいち「説明しよう!」ウザ過ぎ。富山敬さんが他界されてるから、元ネタをひっぱれないのはしょうがないのかも知れないけど、

 誰得?

直撃世代の僕には少なくとも、ウザいだけ、なんですけど。

あと、説明そのものがウザいんですけど。っていうか、

 チュートリアルの作りが下手。

ただでさえルールが複雑なゲームを「わからせよう」とするわけだから、いろいろ大変なのはわかる。でも、

 少なくとも僕には全然ダメだった。

っていうか2を1より複雑にしちゃダメなタイプのゲームだよなぁって思った。今の時代、あそこまでわかりにくいシステムは、

 もはや説明不可能

なんじゃないか、と。

もしがんばるなら、

 最初はパーティ自分ひとりだけで、敵も1~3体の前列のみ、職業も選択の余地なしで、ルーレットの中身も3種固定くらいにシンプル化してレクチャーする「べき」だったんじゃないか、とも。

複雑な分、「1」をタダでプレイさせてくれるサービスもあったみたいだけど、それって単純に「2の前に予習しとけ」ってことなんだよね。いろいろ気持ち悪いわ。

ダッシュでスベって敵にぶつかるうんぬんの話を、「×ボタンでダッシュ」を教える前にするべきか?とも思ったし、もっと言えば、ダッシュでスベって、、って話自体やればすぐわかることなんだから、序盤タダでさえ情報量が過多になりがちなんだから、むしろはしょるべきだったんじゃないか、とか、

 やっててストレスしか出てこない。

こんなことなら、フリープレイに入って来ない方がよかったな。それだったらまだ「もしかしたら面白いかも」と思っていられた。

 触っちゃったら自分に合わない、対極にあることがまざまざと突きつけられちゃうもんな・・・。

マイナス2000点くらいかな。

●ゴッドイーター2

こちらは操作うんぬんより、キャラが好かん。見た目だけじゃなく、セリフも勘に障るというか、

 妖怪ウォッチのED「ダン・ダンドゥビ・ズバー!」
https://www.youtube.com/watch?v=wfKjRcah_zg

みたいなもんで、元ネタになってるアメリカ海軍の訓練学校?やビリーズブートキャンプと比べて、

 著しく楽で安易で手抜きなストレッチを、さもハードな風に煽ってる、

 「気持ち悪さ」がある。

腕立ても出来ないような子供向けアレンジではあるものの、なんだろねこの気持ち悪さは。ゴッドイーター2もそれは同じで、

 生死の境にいるんじゃねぇの?こいつらは。

って感じ。実際話の中で死んじゃう脇キャラとかもいる一方で、なんであの長官?リーダー?あんなに軽いんだよって感じ。

 背筋がゾッとする感じ。

 軽い吐き気を催す感じ。

ええもちろん「合う人」「楽しめる人」は楽しんで貰えたらいいと思いますし、僕以外誰一人「こういう感覚」が理解出来ないのかも、とも思いますけど、

 少なくとも僕は「そう」感じてしまったからしょうがない。

つか気持ち悪いのはその「軽さ」じゃなく、「性格設定(キャラ付け)」かな。シドニアの艦長とは大違いだよ。
→単なる好みかも知れないけど。

●プレステプラス ゲームアーカイブス

まぁ内容的に特にフックするものがあったわけではないのだけど、現時点で表示されてるのが、

 2014年2月19日~2015年2月17日まで

というライブラリ。全部で何十本ものフリープレイタイトルが、17日に一斉に停止してしまうのか、それとも安易に延長するのか、はたまた、

 全く違うライブラリが2月18日から配信開始になるのか。

個人的に最後のが一番期待したいところではあるものの、なかなか難しいかなぁとも思ったりもするわけで、

 とりあえずSONYに直接電話で訊いてみた。

そしたら、、、

 把握してないので調べて折り返し電話くれるそうで。

初代プレステのタイトルでも、もし気楽にタダでダウンロードして遊べる様になるなら遊びたい、ってタイトルは少なくない。
※「オレ、トンバ!」とか「THE原始人」とか「クロス探偵物語」とか・・・。まぁ持ってるんだけども。あとアーカイブスに入ってないかもだけども。

それに、アーカイブスにはPS2のタイトルもあるみたいだから、そっちがリストインしてくれるなら、それはそれで嬉しい感じ。まぁ「今」ホントに楽しめる傑作がどれほどあるのかって話ではあるのだけどさ。

・・・

返事が返ってきた。

結論から言えば、

 これらのタイトルが2月17日をもって配信が停止するとは限らない。

表示上そうなってはいるものの、「全てが刷新される可能性」と「全てが刷新されない可能性」はどちらとも言えないようで、一つ確かなのは、

 2月18日以降も、同程度の本数がアーカイブスとして配信となる

ということだけ。「次の大きな更新予定が3月4日」であることを」鑑みると、2月188日に数十本ものアーカイブスが全て刷新される更新は、

 大きな更新に該当しない=つまりなされない

と考えるのが妥当というところか。

つまんねぇの。

でもまぁこうして心構えしておいて、「実は、、、」良い意味で期待を裏切る更新が入れば、それはそれで大歓迎。まぁないだろうけど・・・。でももしかして?

|

« プレステプラスのPS3タイトル3本 | トップページ | WORDS AND MAGIC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレステプラスのPS3タイトル3本 | トップページ | WORDS AND MAGIC »