« 「る責め」の話 | トップページ | ネタが豊富にある »

2015年2月10日 (火)

スチームワールドディグ

昨日触れたけど、

 今日今さっきクリアしちゃったので、一応もう一回ネタにする。

昨日までのプレイで丁度半分ほどだったらしく、クリアタイムは7時間ちょい。7時間ちょい十分楽しませて貰えたと思えば、プレステプラスに入ったのも報われるというか、そのまま買っても800円だったわけだから、
※ちなみにSTEAM版は980円で日本語非対応。
「プラスに入って良かったぁ~」ほどのことはない。まぁ遊ぶきっかけをくれたことには感謝だけど。

既にリリースされてから1年以上経っているので、攻略や操作ウンヌンの話はサイトがあるとは思うけど、そういう話に触れないと行が伸さないし、ネタとして物足りなくなっちゃうので、一応そこそこ詳しく触れる。

主人公は蒸気で動くロボット。荒野の炭鉱に親父からの手紙で呼び出されたが、来てみたら親父はあっさり死んでいて、おまえにこの炭鉱を任せる、、みたいな遺書が。

とりあえず安いピッケル片手に地面を掘っていく。たまに鉱石が入った岩があり、ポケットに入れてある程度(つか持てなくなるまで)貯めたら地上によじ登って売却。売却額に応じて経験値も入り、レベルも上がる。
→レベルが上がるとショップの品揃えが増える
 →品揃えにはウェイポイントを作るもの、体力を増やす物、水のタンク(後述)を増やすもの、ランタンのオイルを増やす物などなど。
  →ショップは全部で3つまで増え、それぞれどんどん上位の物を購入、強化していくことになる。

ピッケルである程度進めて行くと、ドリルが手に入ったり、ダッシュシューズ、落下ダメージ無効ほか、あらたなアイテムがアンロックされていくが、その中には「蒸気を使って(スチームパンクだから)ジャンプ力を上げるアイテム」や、ドリルを使う(冷やす)にも水を使うため、タンクが必需となる。タンクが空になるとドリルやスチームジャンプは使えなくなるが、炭鉱内にある水たまりから補給することも出来る。つっても欲しい時にはなかなかないので、ショップでお金を払って上限を上げたりする。

 つまり、掘削力か、生命力か、はたまた便利な水のタンクか、、、みたいなお金の使い道が充実しているのも大きなモチベーターになっている。

ちなみに購入には、鉱石を換金したお金以外に、炭鉱内でたまに手に入るオーブと呼ばれる宝石もあり、これがないと買えないレア度の高いものもたくさんある。

 ウェイポイントはそのウチの一つ。

前回も書いたけど、マップはその状態でセーブされるため、お金もオーブも上限が存在する。つまり、あまりに無計画にオーブを(ウェイポイントに)使いすぎると、

 装備関連の重要なアイテムが全て買えない、という自体が起こりうる。

まぁ結果だけ言えば序盤はスゲェ貴重だけど、終盤(ラスト30分くらい?)になってボロボロに余りまくり、結果ウェイポイント用には10個以上使えるくらいゆとりがあったんだけどね。
※自分は1箇所しか使ってない・・・なんて貧乏性。

水のタンクと並んで重要なのはオイルのタンク。こちらは炭鉱内で任意に補給する方法が、「敵を倒してランダムでドロップするアイテム」しかなく、敵が少ないエリアや、いても倒すのがキツイ&体力が減ってる状態だと、完全に枯渇した状態で探索を強いられることになる。枯渇してもブロックの有無は視認出来るが、ブロックがなんなのかはわからない。つまり、壊れるブロックか、鉱石が入ってるブロックか、落るブロックかなどが判別出来なくなる。そう言うときはおとなしく地上に戻れば、自動でゲージは回復する。

鉱石を集めるポケットもお金やオーブで増やすことが出来るが、割と簡単にいっぱいになる。というか、オーブをどの程度のペースで使っていいのかがわからないので、正直その点でのバランスが微妙だとは思ったが、
※お金やオーブを使い切ったあとの救済措置がないため。
結果としてかなり余ったので、そこまで徹底して節約する必要はなかった模様。
※人それぞれではあるけど、全部で3つあるダンジョン一つ当たり、3個くらいは使っても大丈夫って感じかな。

最初はほとんどジャンプ力がないこと、1ブロックしか掘れない(実は横方向ならキャラをズラして2ブロック先も掘れるのだけど)ことなどで、「遊びにくい」と感じてしまうかも知れないが、慣れてくると地上に登っていくのが簡単なパズルゲームのようになっていたり、そのルートをより容易かつスピーディに確保することが自分の任意の「掘り」によって可能だったりすることで、徐々に面白さが見えてくる。

「メトロイドっぽさ」も随所にあり、特に終盤の強化されたキャラの身体能力は、(プレイヤースキルの上達も相まって)序盤からは考えられないほど気持ちよく炭鉱内を駆け巡ることが出来るようになる。

 そういうのは掛け値無しに楽しいし、気持ちいい。

正直キャラデザイン、特に地上の町にいる恋人?のヒドさはかなりのものだが、ゲーム自体はVITAでも全く違和感なく操作可能で、難度に関しても、特筆するほどシビアと言うことはない。
※主に落石による事故死や、体力が減ってるのに無謀なプレイを続けたりしない限り死なない。

強いて物足りない点を一つあげるとするなら、

 ボスがラスボス1体しかいないこと。

マップはメトロイドより遥かに(ブロックが壊せるから)ゆとりがあり、今の時代にはフィットしてる。でもボスが一体というのは、正直物足りないし、寂しい。特に攻撃方法が一切無いわけでもなかったわけだから、各エリアに1体ずつプラスラスボス1体の合計4体くらいはいてもよかったんじゃないか、とは思った。もっとも、

 ボスが倒せなくて詰むのは、作者として本意ではないだろうけど。

ともかく、見た目の(僕個人への)訴求力を裏切らない、小粒でピリリな良質メトロイドアクションって感じだったな。やっぱ評価は★★★☆に上げておこう。

余談。

クリア後はタイム、回収ゴールド、回収オーブ、死んだ回数が表示されるのだけど、ゴールドとオーブは完集してた。
※死んだ数は11。
これは、ゲーム中後半に「スーパーメトロイドで言うところのサーチライト」が手に入るためで、それによってアイテムを探し、手に入れる行程が、

 非常に楽しかった!

見えているから取りに行く。文字にすればたったそれだけのことだけど、それによって最後のひとつまで鉱石とオーブを取り尽くすことが出来たというのは、やっぱりとってもスッキリすることなんだよな。時間やリトライは、元から狙ってなかったしな。

|

« 「る責め」の話 | トップページ | ネタが豊富にある »

コメント

クリスさん
こんにちは
相変わらず読ませて頂いていますよ。
最近めっきりゲームから遠のいていましたが
スチームワールドディグの記事を読んで、検索し
コレならいけるかもって?

思わず、購入しちゃいました。

下手でも頑張れば、どうにかなる点とサクサク感にハマってしまい。

時間を忘れてぶっ通しで、7時間で終了しました。

ほぼ寝ないで遊んだので、久しぶりに身体が大変なことになりましたが、楽しめた、遊んだぁって感じられた自分になんだか嬉しくなりました。
40越えのオッサンには、2,3日きついですけど(笑)

楽しい オススメ ありがとうございました。

これからも、ピリリと辛口なオススメ楽しみにしていますね。

今は、http://luftrausers.com/が気になります。

投稿: ちゅーい | 2015年2月23日 (月) 17時10分

どもですちゅーいさん、クリスですばんわ。最近めっきり「普通のゲーム」の話題が少なくて、アクセス数が低下気味なんですが、しょうがないですよねぇ、自分が楽しめるようなゲームが少ないんですから。

そんな中、本作はなかなかに、って言うか正直に言えば、

 思ってたより★分(2点分)面白かったです。

もっと外人っぽいというか、ラフなゲームかと思ってたら、存外アイテムとか配置とかがタイトで、よく言えば任天堂的、悪く言えば息苦しい作りでした。でもだからこそモチベが途絶えず、一気に遊び尽くしてしまえた、とも言えるんですよね。これが毎回ダンジョンの構造が変わるタイプだったりしたら、きっとここまで集中出来なかったと思いますし。

ただ、本音を言えば、クリア後にもう一つ、アナザーダンジョンが欲しかったってのもありますけどね。っていうか、

 絶対あると思ってたので、ちょっと裏切られた気になって、そのあと、

 「あ、そう言えばこれロハだった」

ってことに気付いて、妙に納得したって感じです。

ルフトラウザーは自分にはダメダメでした。システムというか、方向性は楽しいはずなのに、操作のクセが強すぎて、今の自分にはフィットさせるのがマジ無理!って感じになっちゃったんですよね。惜しいとは思いますが。

次にやる予定のゲームはSteamゲーなので、ちゅーいさんは難しいのかな。スチームワールドディグをやって、メトロヴァニアがどうにもやりたくなってるんですよね。何だかんだ言って「それが僕の求めるゲームのゴールなのかな」とすら。

ちなみに↓コレ。
●UNEPIC
http://store.steampowered.com/app/233980/

投稿: クリスtoちゅーいさん | 2015年2月27日 (金) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「る責め」の話 | トップページ | ネタが豊富にある »