« プレステプラス関連のつぶやき少々 | トップページ | 精霊の翼 »

2015年2月18日 (水)

WORDS AND MAGIC

4GAMERかファミ通のアプリ紹介で教えて貰ったスマホゲー。ちなみにアンドロイドもiアプリにもある。要は「フリック入力練習ゲーム」。

ではあるのだが、本作の良いところは、

 それにハクスラ要素をいい感じにブレンド。

正直大手の作るアプリのような豪華さはない。だが、大手のような「1円でも多く金をむしり取ろう」という意図もなく、行動ポイント、課金アイテムともになし。寄付を100円から受け付けていて、寄付すれば広告が消える。と言ってもその広告も特にじゃまになるところにないあたり、

 作者の「まずゲームを楽しんで貰おう」という気持ちが強く感じられる。

広告がじゃまだからゲームがつまらなくなる、では本末転倒ということなのだろう。

 全く持って正しい判断だと言える。

 謹んで100円課金させて頂きました。

ちなみにそのあとも100円課金していくと、ドロップ率が上がるというおまけがあるらしいが、作者自ら、「ほとんど意味はありません」と書いている辺り、その誠実さがうかがえる。もう100円寄付しちゃおうかしら、という気にすらさせる。

世界観は完全に剣と魔法の世界で、登場するモンスターもクラスも見知った物。また、お題として出される言葉も、ほぼ全て「その世界観」に即した物で、僕ら(複数形大丈夫だよな?)にはとても居心地が良い。
※ただ単語によっては「そっちぃ?」というものも無くはない。「スレイプニル」「スレイプニール」や、「ティターン」「タイタン」など、どっちかというと馴染みがない方が採用されているものもあったりはする。まぁ個人の経験によるものだと思うけど。

システム的には、まず最初に与えられた所持金で2人のパーティを組む。
※正確には1人目が自分でロハ。二人目が1000円。
で、クエストに出発。
※その後もゲーム内通貨でキャラを増やしていき、最大6人パーティに。

クエストは完全一本道で、ボタンをポンポンタッチしながら、「周囲に気を配りながら歩みを進めた」とか「毒の沼地にはまって全員のHPが減った」「宝箱があった」などが表示されつつ進む。当然敵も出てくるわけで、そこで単語を入力する、という流れになる。

正直「入力しなかったらどうなるのか」とか、「入力を間違えたら」「入力が早かったら」ってのがイマイチよくわからないのだけど、
※なぜなら画面上部で行われている戦闘の詳細を見る余裕が全くないから。とにかく必死に入力するだけだから。

 とりあえず早くスマートに入力できれば、戦闘は楽に終わってるっぽい。

ちなみに一番気になると思われる「誤打」に関してだが、

 バックスペース等で消す必要はない。

つまり、間違った文字を入力しても、そのあとで正しい文字を入力すれば問題ない。まぁ間違ったことで攻撃力が下がってるとか、コンボが切れてるとかは、

 あるかも知れないけど。
※ないかも知れないし。

途中敵に先制攻撃を受けることもあり、そう言うときは戦闘開始時に「TAP!」みたいなゲージが表示される。まぁ連打すればゲージが増え、消えれば通常戦闘開始。

 開始当初は意味がわからなくて、「これってボーナス?」くらいに思ってたけど、どうやら違った。

道のりは50%で中ボス、100%でボスが待ち構えている。当然強いが、ボスは宝箱のドロップ率もいいので、出来たら倒したい(当然)。だが、倒せなかったとき、すなわちデスペナルティも結構大きい。現状のパラメータから下がるわけではないが、

・死んだ人はそこまでに手に入った経験値が「1/10」になる。実質貰えないのと同じ。

・全滅したら、そこまで手に入った宝物も一切なくなる。

クエストは戦闘中以外いつでも破棄して町に戻ることが出来る。当然再開は最初からになるが、体力が減ってるときとか、あまりに敵が強い時などは、諦めてその前のランクのクエにするか、さっさと町に戻るのが得策。全滅するというのは、文字通りそこまでの時間が徒労に終わることを意味するからね。

キャラの育成や装備も、いわゆる普通のRPGのようにしっかり作られている。すばやさが早ければ攻撃が回ってくる速度も速い(っぽい)し、防御力や攻撃力は言うに及ばず。レベルが上がればスキルを取得するし、
※取得時の枠は1つだけで、たとえばファイアボールとマジックアローを取得していても、クエストにはそのどちらかしか装備出来ない。でもレベルが上がるとスキルの種類も増えるし、枠も増えていく。
ハクスラを謳うだけあって、マジックエンチャントの装備も豊富に登場する。
※素早さが上がる武器とか、防御力がより上がる盾とか。

キャラクターのクラスによって装備出来る物がかなり違うので、「攻撃力がめちゃ上がるアミュレット」とか出ても、戦士には装備出来なかったりする。
※つっても攻撃力は後衛にも重要なのだけど。「魔法攻撃力」「魔法防御力」のパラメータがあるわけじゃないので。

武器や防具は鍛冶で10段階まで強化することが出来、当然売ったり買ったりも出来る。
※売るときはまとめて売れて便利ではあるものの、ソートが出来ないのがやや惜しい。あと装備出来るクラスのアイコン等が表示されないので、キャラを選びつつ、何が装備出来るか確認しながらチェックする必要がある。

・・・

単語は当然序盤2、3文字から、徐々に増えていき、途中から「!」みたいなものも出てくる。入力はフリックでもフルキーモードでも出来るっぽいが、フリック以外はやってない。携帯の連続して文字種を回すのは不可。集中力が欠けてくると、

 「ったくなんで『ぐ』が出ねぇんだよ!」

と自分の誤入力を棚に上げて、ゲームに八つ当たりしたくなったりする。

 でもしばらく遊んでいて、確かに入力が早くなってきているのを実感してたりもする。

とは言っても今打ってるPCの速度からしたら、遅々としたもんだけどさ。

遊んでいて特に感じた欠点というか、「もう少しこうならいいのに」と思ったのは、装備時のキャラ変更ボタンが小さく、次のキャラにスムーズに切り替えられないことと、

 電池の食いがスゲェ激しいこと。

充電しながらでもメキメキ減っていく。というか、

 1時間も遊んでたらバッテリーが不安になるレベル。

まぁ僕のGalaxyのバッテリーそのものがヘタってきてる可能性も多々あるけれども。

あと、触れ忘れてたけど、

 音楽もかなり良い。

どこぞのフリー素材なのかも知れないけど、
※絵とかはそうらしい。
なかなか雰囲気にマッチしていて心地よい。

また、金色の宝箱が出た時の効果音も、ちょっぴり豪華でテンションが上がる。まぁ銀の宝箱でもマジックアイテムは出るので、異常に嬉しいってほどではないんだけどさ。

・・・

とにかく「フリック入力の練習」という「エデュテイメントな側面」があるので、あまりにお気楽にプレイするという感じではない。
※クリア済みのエリアはオートで戦うことも出来るけど、そのオートですら「簡単とは言いにくい二桁の足し算引き算」などでより効率良く倒せる、みたいなおまけを付けてくれちゃってるので、

 そっちのがむしろ疲れる。

でも、行動ポイントや課金アイテムのない「無制限に遊べる」
※電池の許す限り、だけど。
ハクスラというのは、それはそれでありがたくも嬉しいわけで、

 現時点でのクリスの評価は★★☆というところ。

単語には、「やすだひとし」や「わーどな」「ぎるがめしゅ」など、
※ちなみにひらがなと本来の漢字かな交じりが同時表示されるので、特に読みづらいということはない。
ニヤリとさせられるものも多く、ファンタジー系のゲームをやっていればいるほど、その遊び心地は良くなるだろうと思われる。

つかこのためにサブバッテリーを買おうかマジで思案してる今日この頃なんだよな~。ルパンも落札出来なかったしな・・・。

|

« プレステプラス関連のつぶやき少々 | トップページ | 精霊の翼 »

コメント

こちら私もかなりハマりました。
キャラが成長仕切ったと思いきや、手強いボスの壁にぶつかって
やや頓挫中です。
スキルツリーがあるみたいで、同じジョブでも覚えたスキルに
差があり製作者のこだわりが感じられます。数はないから最終的には皆同じになってしまうかもですが、かばうスキルの発動がこまめで明確な壁役を仕立てやすいのは素晴らしい。

ベースアイテムが少なく、上位レベルでも木の棒が出てくる面倒くささはありますが、売却して金を稼ぐことも強化に直結するから無駄度は低いように思えました。
出現するアイテム種類数を増やすアプデが出たりしたら小躍りしたい。

クリスさんと同じく、私もニヤリとするワード盛りだくさんです。
グレイルクエストとかアラフォーでも知っている人はかなり限られ
そう。ゲームブックですが、小学生の時に買い揃えました。

ゲーム内のダンジョンレベルは100までありそうです。ちなみ私は70まで進んでます。ここまで遊ばせてもらったのだから寄付しないと。

それにしてもこのようにコツコツ強くなるゲームをコンシューマー機で遊びたくて仕方ありません。RPGで。
ディアブロ3は作業的に感じたし、ファンタジーライフは強くなるのとはちょっと違うし、モンハン4Gはマゾゲー以下。
そうそうこのゲームはパーティ人数が多いところかなりポイント高いですね。アイテムを装備させられるメンツが多いイコール、強くなったと感動出来る頻度も高いので。


投稿: ゴロー | 2015年2月19日 (木) 08時12分

毎度ですゴローさん、クリスですども。ゴローさんに言われてからちょっぴりやる気が再燃して、ブログのネタにも数回させてもらいました。どもども。

今はレベル135のダンジョンですかね。レベル121くらいで突入しちゃったので、
※運がいいと結構勝てちゃったりするじゃないですか?
もうお話にならないくらい敵が堅くて、こりゃ敵わんと。こりゃ上げて来なきゃムリだと。

で、今はレベル130越えて、ようやっとまともに戦えるようになってきたって感じ。

最奥フロアは確かに貰えるモノがいいんですが、殲滅速度から考えると、105とか100の方が経験値の時間効率がいいんですよね。でもあくまで経験値で、強い装備はなかなか難しかったりするし、、、もっともそれを「バランスがいい」と言うのかも知れませんけどね。

スキルツリーと言われてピンと来て、無事全てのスキルを取得することが出来ました。と言ってももう既に結構前の話になっちゃっていて(^^;、今はあと1、2個かな、レベル10じゃないのが残ってる程度です。

スキルについては、威嚇射撃が居合ほど効かないのがどうにも解せないのと、バリアは使うことがあるのかってこと、あと炎系のグループ魔法が1体にしか当たらないことがあるのと、なぎ払いが逆に後列にも当たることが多いことなど、相変わらずわからないことも多いんですが、それらを「良い意味のゆらぎ」として受け止められるくらい楽しめていますね。始めて「炎の氷の雷の」みたいなのや、「金の銀の白金の」みたいなのが出た時は、

 このゲーム、奥深ぇぇ・・

って思いましたからねぇ(^^。

アプデはアイテムうんぬんより、とにかくフリーズを減らして欲しいです。というか、ハードとの相性なのかも知れませんが、音が100%聞こえるのなんて最初の1回くらいですからね。

あとは売却画面で装備したいとか、装備画面で売却したいとかですかね。でも許せないレベルじゃないです。つか許せなかったらこんなに遊んでないですしね(^^。

ダンジョンレベルは230超えてもまだあるらしいですが、アプデで対応しないとクリア出来ないとかなんとか書いてあったようななかったようなうろ覚え。まぁレベルうんぬんより、強い装備が出た時が何よりテンション上がりますね。

パーティの人数が6人なのは確かに久しぶり。というか普通にコンシューマだと、これだけの人数分装備とか考えなきゃいけない時点で、結構失速しちゃうんですよね。インディーズだからこそ気楽に出来るって気がします。コンシューマだと、やれ設定だ性格だ相性だって言い出しますからねぇ。イラネーっての。

最新作はやっていませんが、「電波人間のRPG」もパーティの人数は多かったですね。人前でDSを振り回すのは、僕レベルにハートの強さを携えた猛者でも、かなりのダメージでしたが(^^;、ゲーム自体は悪くなかったと思います。見た目の抵抗が大きいですが、言っても作ってるのは天才山名学ですから、ゴローさんにもフックする可能性はあると思いますよ。

投稿: クリスtoゴローさん | 2015年2月27日 (金) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレステプラス関連のつぶやき少々 | トップページ | 精霊の翼 »