« ゲームの話をつれづれに・・・ | トップページ | PS4到着 »

2015年3月11日 (水)

女子ゲーに関するつぶやき

※大した内容じゃなかったので、随分先送りにしてしまった。まぁ気にしないちょ。

こないだプレステプラス2月のラインナップが発表された際のスレッドで、「エロとギャルゲーばっかりで乙女ゲー(女子向き)がない!」というクレームというか、心の叫びが発せられていた。確かに毎月事実上前払いでお金を払うサービスなのだから、何が来るか楽しみである反面、裏切られた時は切なくもなる。つか、

 確かに「キモめ」のラインナップではあった。

カグラ、クラナドはもちろん、エクストルーパーズは完全「少年マンガ」のノリだし、ゴッドイーター2も結構オタク臭が強い。プレイヤーによっては女子でも(ゴッドイーター2や俺の屍2は)受け入れられる可能性もなくはないが、とりあえず僕が触った感じでは、

 とても女子全般に受けるとは言い難い印象

だった。

というか、ゴッドイーターはキャラのデザインやセリフが「厨二」っぽく、結構キモい。というか僕には「辛かった」。男の子キャラも女の子キャラも見事に全くちっとも愛せない。
※古い話になるが、FF8のキスティス先生なんかは、録画して繰り返し見たくなるほど好みだったりしたわけで、決してポリゴン人形全般に否定的なわけではない。もっとも、今見たらキツかったりはするんだろうけど。

その「見た目の辛さ」というのは、僕以上に女子なら感じる可能性が高い。逆に言えば、見た目の訴求力の高いキャラでなら、
※BL系、、、と一括りにするつもりはないが
それだけで女子でもゴハン3杯、はあるかも知れない。

そんなことを考えつつ、昨今のゲームでどれだけ女子に訴求可能なものがあるか、中三の娘および娘の友人に「これやってみて!」と自信を持って勧められるタイトルがあるのか鑑みてみると、、、

 いやさ全くと言って良いほどない。

プレステプラス、年末年始のSteamで20本以上のゲームと接点を持ったが、最有力で「ブラザーズ」。
※娘もそこそこフックしたし。
でもそれ以外は、、、

テラウェイなんかは、明らかに女子向け(もしくは女子もOK)を狙ったルックスだが、僕に言わせるとまだまだ面倒。っていうか、

 箱庭スタイルのゲームは、それだけで結構面倒。

次から次へと操作レクチャーを押しつけてくるのは、「既にダメ」だと思うんだよね。何つか、

 もっと気軽に遊びたい。もっと楽しく遊びたい。

「操作方法を学ぶ」というのが、もうダメだと思う。

そう言う意味で言えば、手に既に馴染んでいるスーマリタイプの操作はハードルが低い。2Dサイドビューでファンシーかつイージーなルックスと、ポップでメロディアスなBGMなら、女子にも十分訴求しうる。つまり、

 ロコロコは極めて女子向き。

また、ファンシーさとPOPさがある点、基本操作が非常にわかりやすく単純である点で、最近娘が(昔のゲームを掘り起こして)遊びだした「塊魂」もまた、かなり女子向けであると言えると思う。つか、

 ロコロコはともかく、塊魂は男子には不向きなのでは?と思うほどのシンプルさ。

モチベを得にくいというか。

あとは何と言ってもどうぶつの森。スローライフ、おままごと、コレクション要素、オシャレ要素など、多角的に女子向けであり、ルールもわかりやすい。ぶっちゃけ、

 ロコロコ、塊魂、どうぶつの森は、どれも全くゲーム性が違うものながら、

 どれも「僕がさほど楽しめなかった」

という共通点もある。まぁロコロコはそこそこ楽しんだかな。

そしてもう一つ娘が楽しんだタイトルに「マインクラフト」がある。あれも何だかんだ言って、

 モンスターを出現させないモードにして、ただ自分好みの家を建てる感覚、つまり、

 激的ビフォーアフターが好きな娘のハートに訴求したゲーム性

だったと言えると思う。ラクガキ王国みたいに、本気で絵心とかを求められるのはキツいけど、たくさんある中から選ぶのは嫌いじゃない、みたいな。マインクラフトみたいに「ドットが大きい」のは嫌いじゃない、みたいな?

何となくテラウェイをやらせてみたら、存外楽しんでプレイしてるご様子。つかそれは、

 受験生が現実逃避でどんなゲームでも楽しく見えてしまうシンドローム

そんな気もしてきたけどな。

|

« ゲームの話をつれづれに・・・ | トップページ | PS4到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲームの話をつれづれに・・・ | トップページ | PS4到着 »