« つぶやき少々 | トップページ | ブラッドボーン~その1~ »

2015年3月26日 (木)

PS4動画アップへの道

※本日二つ目。なかなか良い出来。

つか何をいまさらという話もあるが、明日のブラボー発売に向け、出来ることはやっておくことにする。ちなみに「僕向け」の内容であるので、結構詳細に書いていくつもり。っていうか書かないと覚えられない感じ。もちろん書いても覚えられないが。

●準備

まずプレステ4を用意する。プレステ4とは「プレイステーションを4台」の意味であり、重ねて詰むと結構不安定だ。

プレステ4には黒くて貧弱なイヤホンが入っているが、これは一見イヤホンに見えて、実はイヤホンならぬ。「モノラルヘッドセット」。よくわからないが中間地点にある黒くて細長い、横に青いスライドがあるヤツがマイクだと思われる。が、実は一見クリップに見えるそれが、真のマイクかも知れない。油断は禁物だ。

そしてそのモノラルヘッドセット(以下イヤホン。一度も出てこないが)の端子をPS4に差す。・・・もちろんギュッと奥まで差す。どこに差すかって?そんなものは自分で考えろ!いや、、、考えちゃダメだ。感じるんだ。この男が言ってることは、、、いや、、、まさか、、、

 ほぼウソだーーー!!

コントローラの下部に差すとこがあるのでそこに差す。結構探した。

USB接続のHDDがあれば、PCにデータを移動することも出来るらしいが、面倒なのでとりあえずはやらない。つかコントローラとHDDとキーボードを差すには、

 1つのUSB端子に強引に2つ差さなきゃ足りないので注意な!

ちなみにフォーマットはNTFSではダメらしいので要注意。たぶんトルネの方式と同じだとは思う。ファ、、ファッ、、、ファクション大魔王。FAT32形式フォーマットだ。あくまでたぶんだがな。

次に遊ぶゲームを用意する。ゲームがなければ録画は出来ない。というか試してないのでわからないが、電源入れずに録画しようとしてもたぶん無理だろう。いや、もしかしたら出来るのかも知れないが、、、まさかね。上級者向けなので素人は手を出さないことにする。

ちなみにゲーム内で著作権のある音楽とかのシーンでは録画は出来ないし、ゲームによっても「すんなよ、すんなよ、絶対録画すんなよ」と表示されてるヤツでは出来ないらしい。画面をよく見ればきっと書いてあるんだろう。

そして絶対必要なのは電気、そして手、目などの各パーツ。これらがないとなかなか録画までこぎ着けることは出来まい。僕が上級者ならば、、、素人なのでおとなしく用意する。

ネット環境については、電気や手なんかよりも「当然ある」ものなので、詳しくは触れない。あって当たり前。無いヤツは生きる資格がないとさえ言えるだろう。ネットにあらずんば人にあらずだ。君も僕もネット。嗚呼ネットネットネット。ネットって何?

基本的な接続設定とかは、とりあえず済ませてあるモノとして話を進めていく。PS4を買った日に死にそうになりながらがんばったことだから、今は思い出したくないってヤツ。

準備が整ったら次のステップへ進む。進みたくないヤツは今すぐここから去れ!

●録画するぜ!

PS4の電源を入れ、
※スイッチがわかりにくいので注意な。本体の底面の真ん中辺りにある茶色くてブツブツした四角いボタン、それが電源スイッチ。わかったな!大きさは、、、そうだなぁ3mくらい?いや、それじゃ大きすぎるか。3cmでどう?そのくらいのスイッチだ。

ゲームを起動する。ゲームを起動するときは、「心で念じる」。そうすれば大抵のことは叶う。「橋本環奈ちゃんの5歳下の弟になれますように!」。大抵のことは叶うはずだ。

ぶっちゃけPS4は四六時中画面を録画し続けている機械だという。コンセントが抜けていようが、壊れていようが、常に録画し続ける生き物。それがPS4。なかなかやりおるわい。だが、そんな録画魔神のPS4に、「今から録画しろよ!?」と指令を出すことも出来る。ずっと録画し続けてるヤツに「今から」と指示するのもよくわからない話なのだが、

 シェアボタン(PS3で言うとセレクトボタン。XBOX360で言うとFZボタン。そんなボタンはない?じゃあ他のヤツ)を超高速で2回連打する。

ここで「のんびり連打」では、スクリーンショットが2枚どこかわからない謎のエリアに保存されるだけなので、必ずマッハで押す。指でスイカを割る男高橋利幸並にマッハで押す。大丈夫、気持ちが伴っていれば多少遅くても認めて貰えるさ。

すると、画面の左上の方に、なにやら小さな虫がうごめき出すのが見えるだろう。あれがウワサのコンピュータウイルス。液晶画面を食い尽くし、気付けば部屋中いっぱいいっぱいおなかいっぱいだ。適当なことを書いてスベっても当局は一切関知しない。

そしてこの状態から、録画は始まっている。ついでに録音も始まっているし、人生という名の長いRPGも始まっている。ちなみにサブタイトルは「後悔への道」な。・・・嫌な人生だな。

録画を止めるには、PS4を4階から放り投げるか(3階ではダメ。5階はOK!)、祈るか、電源を抜くか、、、シェアボタンを一回押して、その後PSボタンから「なんとかギャラリー」のアイコンを選択して開くと、「あれ?どこにも動画なんて無いよ?あるのは静止画だけ。なんで?」となるので、あらためてゲームに戻り、またマッハでシェアボタンを連打して録画を開始、今度はシェアボタンを長押ししてみると、、、、

 画面が切り替わり、ドラクエで言うトコロの呪われたときのジングルが鳴る「デロデロデロデロデロデロデーーロ」ってヤツ。アレ、ホントヤだよな!?

一番左、画面の外を見ると、やぶれた障子が見えるので、「あーあ、ネコのヤツ」と思いつつ画面に視線を戻すと、

 ビデオクリップをアップロードする

という選択肢が見えるかも知れない。もちろん全員が全員見えるわけじゃないぞ!?ここまでのハードルを全てクリアしてきた歴戦の勇者、熟語にすると「猛者※もさっとしたヤツの意」だけに見える桃源郷だ。大抵の人に見えるのは「トンヌラはのろわれました」の文字だろう。まだ続いてたのか・・・。

で、それを洗濯すると。結構汚れとか落ちる感じになるので、明日からまた気分一新。っていうか、「選択」と「洗濯」のボケは、「あなたが選ぶ絶対やっちゃイケナイボケ10選」に8年連続で選ばれて、殿堂入りしてるヤツ。

ゲームタイトルが出て、その下、、、下って言ってもエッチな話とか汚い話のことじゃないよ?○ボタンを押して進む先のメニューってことだよ?だったら「下」じゃなくて「先」って言えよ。

 ついに「撮られた動画ファイル」が!

おもむろに再生してみると、

 思ったより汚い。さすが下(しも)の話だな。

ちなみに静止画はフルHDで保存されるが、動画は720pで保存されるらしい。っていうか720pが何かは、今回は秘密ということにしておくが、

 少なくとも解像度が720pしか表示出来ない「フルじゃないHD画質のテレビ」画面より汚いことだけは確か。

まぁその分長時間保存出来るのかも知れないけど。

ちなみに保存可能な時間は15分らしいので、もしシェアボタンを長押ししなくても、15分過ぎれば勝手に録画は終了する。つか15分て長いんだか短いんだかよくわからない長さではある。すなわち丁度良いと言うことなのかも知れないが。

動画を選ぶと、今度は、

 f か Youtube か

の選択画面になる。fはフードのfかな。もしくはファミマガのf?よくわからないので、Youtubeを選択すると、IDとPASSを聞かれるので、がんばってがんばってふんばってふんばって、例えて言うなら、直径10cmのう○こをヒリ出す勢いでふんばって抜ける。・・・ちょっとそれ大変だな。よっぽどがんばんなきゃだな。

 そうするとついにYoutubeにアップ、、、

の前に、タイトルだとか説明だとかトリミングだとかの画面になる。トリミングとは、日本語に訳すと「とりみんぐ」であり、意味は、、、ちょっと難しいからパパにでも訊いてくれ。たぶんパパはちょっとテレた笑いと共に、「ママに訊きなさい」と言うに違いない。っていうか面倒なのであんまやりたくない。

で、一番下の「シェア」というところにカーソルを合わせて○ボタン。

 するとどうでしょう、、、Youtubeにはアップされていません!

なぜなら、、、

 ちょっと時間が掛かるからっ!(ドヤ顔ウザ

大体もう一つの動画をアップし終えるくらいのタイミングで、一つ目がアップされます。プライバシーの何とかは公開する必要はありません。誰もアンタのことなんて知りたくもないんですよ。ええ。

---------

自分で言うのも何だけど、超わかりやすい説明だったと思う。明日からブラッドボーンをプレイする人は多いと思うけど、

 アップしたからってみんなから見て貰えるとは思わないことだな。

まぁ一応僕の場合は、ブログと連動していくつもりなので、僕の生声とか聞きたい(そんなヤツいねぇよ)とか、リアルなクリスのプレイに興味がある(だからねぇって)という人は、覗いてもらえたらって話ですワ。▲▲▲。

追記

このあとテツヤコムロレイブファクトリーみたいな名前のアプリをダウンロードして試してみた。動画をくっつけたり伸ばしたりしてオーブンで15分。表面がこんがりきつね色になったら素早く冷水に浸して、10日間天日干し。

 いったい何が出来上がるというんだ・・・

ともかく、そんなアプリなのだけど、

 ぶっちゃけ超面倒。

せいぜい二つとか三つとかの動画をくっつけるくらいしか用途はない。四つは無理。もちろん理由は不潔だから。いや不吉だから。

文字とか入れるのも超面倒。何の略かもわからない「FXを追加」の先にあるテキストを選択するらしい。フキダシの大きさは後から調整できるのに、テキストのサイズは最初に決めたあと変更出来ない。結構融通が利かないんだな。

 つかマイクでしゃべるより、あとから字幕入れる方が絶対面倒だと思う。

っていうか、マイクでしゃべるのも面倒だし、なんなら録画もゲームも面倒。生きていくのも面倒だし、かといって死ぬのも面倒だ。ああ面倒面倒。・・・いや待てよ、面倒じゃないことなんてもしかして世の中にないんじゃないか。そうか!

 なら面倒でもやるしかないって話。

つかホントにやるのかよ>動画配信。

|

« つぶやき少々 | トップページ | ブラッドボーン~その1~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つぶやき少々 | トップページ | ブラッドボーン~その1~ »