« ゼノブレイドクロス~その6~ | トップページ | ズゴックの話 »

2015年5月11日 (月)

5月のプレステ+フリープレイほか

ゼノブレイドクロスのプレイ時間を捻出するために、薄い話で水増しする。

自分は既に期限切れで会員じゃないので、現時点ではプレイできないのだけど、

 期限は6/2まで

なので、ゼノクロが一段落したらまた3ヶ月で申し込む予定。つかまぁ「1本500円で買っていいと思えるタイトル」があれば、その都度申し込めばいいんだけどさ。

とりあえずリストは開示されたので、感想少々。前から書いてるけど、

 プレステ+に期待させないキャンペーン

がそのまま進んでるためか、今回なんて、

 画面写真すら載ってないタイトルも。

ゲームの雰囲気が分かる情報が、数行の文章だけというのは、

 どう考えても売る気がない(このタイトルをきっかけに+に加入して貰おうという気がない)としか思えないのだけど、

 まぁフリープレイタイトルがあるだけマシか。

●トライアルズフュージョン PS4

コレが即ち「500円の価値」を見いだせるタイトル。体験版も普通に「安定のトライアルズ」だったので、「このため」に加入する予定。

余談だけど、本作はまぁ実質奥行きのない非常にシンプルなジャンプアクションなのだけど、
※見た目はそう見せないけど。
実はスマホのフリーウェアとかにもかなり似たゲームは多いんだよね。
※あとPCのインディーズとか

でも実際やってみると、

 トライアルズシリーズとそれ以外には明確な違いがある。

それはどんな違いかというと、、、

 面白いか面白くないか。

なんてプリミティブにしてシンプルな答え。そうなんだよトライアルズシリーズは普通に面白いんだよ!割とルールも操作もわかりやすいから、もしかしたら女性でもいけるかもって思うけど、

 ベースになるのはスーファミF-ZEROや、ファミコンエキサイトバイクを高濃度で楽しんだ層。

そういう人が買う分には★3つ(6点)は手堅くあるタイトルだと思うな。

●ホホクム PS4、Vita、PS3

なんだかファンシーな見た目で、「ヘビのような自機」を操作するアドベンチャーゲームのようだけど、前回似た見た目のモンスターバックがあまりにあまりな内容だったので、とても期待できない。SONY製なのか各ハードでリリースは親切だと思うけど、

 ホントに面白いのか!?

って感じはする。ぶっちゃけタダでもやる気にならないタイトルって、

 よっぽどだよ?

●TOWER OF GUNS PS4、PS3

これが文章だけで画面写真がなかったタイトル。FPSということであまりテンションは上がらなかったのだけど、いざ調べてみたら、

 Steamでちょっと面白そうと思ったタイトル。

もしかしたら4gamerのインディーズの小部屋でも紹介されてたかな、重火器が大量に配置されたマップを踏破する感じの「見た目に居心地いいFPS」という感じ。イメージだけなら(海外製だけど)日本人のセンスでビジュアルを仕上げたような手ざわりがある。

正直500円で買えと言われたら躊躇したと思うけど、トライアルズF目当てで買って、おまけに付いてくるならアリかな、と。

ハードもPS4に対応していて気軽に始められるので、

 1ヶ月後くらいにたぶんレビューを書くことになりそうな予感

STEAMに動画の方がずっと内容がわかるし、そそられる↓
http://store.steampowered.com/app/266110/?l=japanese

ちなみにプラス版もたぶん英語。STEAMでは定価1480円。まぁしょっちゅう値下げするけども。

●うたわれるものPORTABLE Vita、PSP

もとは18禁のPCエロゲーだけど、なんだろ、あんましフックしないというか、僕はあんま「泣きゲー」が好きじゃないし、その流れでシリアス、ホラー、サスペンスみたいなギャルゲーにはあんまフックしないんだよね。ましてやエロがないわけだし。

こないだも1つギャルゲーがラインナップされたけど、やっぱあんまフックしなかったからな~。まぁいろんなユーザーに向けてる、って意味ではありだとは思いますけど。

●CHAOS RINGS Vita
●CHAOS RINGS Ω Vita

スクエニのスマホ用本気RPG。現在は4作目(無印、Ω、2、3)まで出ていて、この15年5月7日からVita版がいっせいにリリース。そのウチの2作目まで(販売価格は各800円。ちなみに3作目と4作目は1800円と2800円。かなり差がある)が、フリープレイイン。

面白かったらまんまと続編を買って貰おうというもくろみなのだろうけど、

 まぁ結構前のタイトルだしね。

でも「ライトな本気RPG」と言う感じで、どこかゲームボーイ系のニオイがするのは悪くない。サガみたいな?意外と本気、みたいな。

人によってはこれがキラーコンテンツになるかも知れないね。

●トトリのアトリエPLUS Vita

やれば面白かったのかも知れないアトリエシリーズだけど、なぜだか今まで一度も触ったことすらない。これを機にさわってみるのも悪くないかも、とも思うけど、

 たぶん触らないんだよな。

なぜって言われると理由はよくわからないけど。

本音を言うと「ルーンファクトリーシリーズ」を遊びたいな~。もとはネバーランドカンパニーのタイトルで、
※今は潰れちゃったみたいだけど。
評判がすこぶるいいんだよな。つかアトリエシリーズも「その筋の人」の評判はいいのかも知れないけどさ。

●ソウルキャリバーII HD ONLINE PS3

キャリバーって今いくつまで出てるんだろってのがまず第一。あとIIって?ってのがもうひとつ。

 ゲームキューブの時代に出てたヤツじゃない?

リンク(GC)やダースベーダー(PS3)、スポーン(XBOX)がゲスト出演したヤツじゃない?

 随分前のタイトル持ってきたなぁって感じ

つかこないだは2D系の格闘がプラスインしてたから、これも「その一端」なのかも。

でもホントに今キャリバーIIのニーズがあるのかなぁという気はする。つか、

 HD化するなら、ソウルエッジのムービーをやってくれよ
※HD化というより作り直しして欲しい。

と思うんだよな。それだったらその為に500円出そうって気になるから。

●ブラザーズ 2人の息子の物語 PS3

既にクリアしているので、今どうこうって話はないのだけど、

 スゲェイイゲームなので、これを機にプレイしてクリアしてくれる人が増えたらいいな

とは思う。女子でも子供でも楽しめるゆるやかな世界観
※でもゲームを全くやってない人にはキツい操作
だし、要所要所で盛り上がるところもあるし、クライマックスもイイ感じにしっとり終わるし。

未プレイの人に勧めるとしたら、今回のフリープレイで一押しかも知れないな。まぁ他のをやってない僕が言うのもなんだけど。

-------

つかプレステプラスの解説文って「まったく血が通ってない」感じがして、ホントコレをアピールする気が感じられない。ただ、これ止めちゃうとPS4のネットプレイが出来なくなるから、痛し痒しでサービス継続してる感じなんだよな。

Steamみたいにダウンロードタイトルを随時低価格化していって、例えば1ヶ月に1本、2000円以下のタイトルをどれでも差し上げます、みたいなのはダメなのかしら。

通常2000円が500円なら十分魅力はあるし、ソレによって人気のデータを取って、例えば通常2000円だけど人気があったので1000円にします、ってやれば、「だったら買おうかな」って人も出るかもだし、3000円、4000円のタイトルも期間限定で2000円にして、結果無料で楽しんで貰う。

今はまず「やってもらうこと」すらハードルが高いと思うんだよね。いろんなコンテンツ、特にスマホという過去最大のライバルがいる状況だから、「もっと据え置き機を盛り上げる施策」をしないと、SONYも任天堂も(マイクロソフトは別に大丈夫だと思うけど。ゲームだけじゃないから)キツい未来しか待ってない気がするんだよな。

 つかゼノブレイドクロス、考えれば考えるほど奇跡のタイトルだと思うわ。

絶対元取れないと思うほどのボリューム感だもんな。

 実質プレイ時間がそれほど
※FFの300時間とかほど
伸さないとしてもさ。

●スマホゲー

数ヶ月に渡ってプレイし続けてきたスマホゲー「精霊の翼」が6月9日くらいでサービス終了とのこと。

 超残念。

まぁお金使わなくても「遊べ過ぎちゃう」内容だったからな~。つかネット連動ゲームは「ドラゴンフライト」もそうだったけど、サービス終了と共に「一切遊べなくなってしまう」のが大きなネックだよな。ハードとソフトとテレビさえあれば今でも旧ファミコンのゲームは遊んだりも出来るけど、オン専用ゲームは、

 永遠に失われてしまう

からな。FF11とかも、思い入れがある人にしてみれば、「体の一部が欠落する」くらいのショックがあったりするんだろうな。

思わずスクリーンショットいっぱい撮っちゃったよ。まだ1ヶ月近く先ではあるけど。

→次回まで何とか101レベルまで上げて、チャンピオンリーグ入りしたいな~と思ったり。次回は無理かな~。

●スプラトゥーン

ゼノブレイドクロスに続く、任天堂イチオシの対戦型FPSアクション。ペンキを塗りまくって、たくさん塗った方が勝ちというルール。4対4のチームバトルで、

 スゲェ短時間だけ試遊できた。
2日間で1時間×3回だけ。最後なんて日曜朝4時から5時だし。アホかと。遊んで貰う気ねぇだろ、と。外人用かと。

たまたまその時間、WiiUの青ランプが点いていて、「ん?」と思って起動したら、まんまとその時間内だったので、600MB弱のデータをダウンロードして、プレイしてみた次第。

最初に簡単なキャラメイクをし、チュートリアルを終えたら、武器を決め、マッチングして試合開始。普通のFPSと違うのは、着弾点にペンキが塗られ、その上で「イカ」に変身すると、自陣の色のところは垂直だろうとネットがあろうと高速で移動することが出来、かつインク(要は弾)も補充されるという仕組み。

レスポンスそのものは悪くないのだけど、「ゲームパッドの角度を傾けることで照準を操作する仕様」なのが、まぁ気に入らない。別に左右の視点切り替えが右スティックなんだから、上下だってそれでいいだろ、と思ったし、

 そもそもリーチが凄く短いので敵まで届かないケースが多発。
※水鉄砲みたいな武器なので。

いわゆるFPSのつもりで遊べないというか、そもそもいわゆるFPSが苦手というか。

とりあえず一戦して負けて終了した。

ま、何はなくとも任天堂には感謝の言葉しかない。

 体験版のおかげで数千円の出費が抑えられたので。

見た目はポップでキャッチーだけど、「対戦ゲーム」「FPS」「ゲームパッド」の三つともほとんど嫌いな自分には、全く訴求しない内容だったな。つか、

 対戦オンリーだったのか!?

って感じは否めなかったというか、普通にクラコンやProコンで遊べる一人用のゲームモードが「メイン」のゲームだと思ってたワ。

クリス評価は、とりあえず0点かな。全く一ミリも面白さは感じなかったな。負けたしな。さっきの三つのキーワードのどれもフックする方にはオススメできるかもね。

つか全然短くなかったな。

|

« ゼノブレイドクロス~その6~ | トップページ | ズゴックの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゼノブレイドクロス~その6~ | トップページ | ズゴックの話 »