« 今日の出来事 | トップページ | ゼノブレイドクロス~最終回~ »

2015年7月24日 (金)

ウルトラストリートファイターIV

なんかどこぞで世界大会が催されてたらしく、4gamerのサイトで何回か紹介されてたりもしたのだけど、

 動画とか簡単に見れねーじゃん・・・

さほどテンションも上がらず。

ただ、時を同じくして、Steamでのセールが開始。

 66%OFFで1016円に

かなり長時間思案したが、

 買うことにした。

まず、買わない方の理由は明確。

 やらないから。

やらないゲームを買うのはいくらなんでももったいない

で、買う方の理由は、

・安いから

・「スーパー」を未プレイだとすると、以前360でプレイしてから「2つ新しい作品」だから

・事実上最新作で、かつVのリリースがアナウンスされたばかりで、ちょっぴりテンションが上向いたから。ちょっぴりね。

・人数も多いし、なんかお得感があったから。
※360の無印は24人くらいで約半分くらいだった。本作は44人。全てアンロック済み。

特に「久々にやりたくなった」ってわけでもないし、もっと言えば、

 360用のスティックが使えるかなぁ

くらい。でもぶっちゃけ「まだ新品」なので、
※いろいろあって新品交換してもらって以来一度も使ってない為。

 開けるのがちょっともったいなく、主に面倒。

ただ、それ以上にプレイを妨げたのは、

 ファイルが12ギガバイトもあって、始めるのにしばらく掛かりそうだったため。

まぁそれは昨日の話。今日はさすがにダウンロードも完了していたし、スティックを出してくるのは面倒でも、とりあえず360コントローラで遊ぶことは出来たので、

 超久しぶり、6年ぶりくらい?にストII(自分の中ではIVもIIIも「ストII」だ)をやってみることにした。

ちなみにキャラはリュウ。

細かな感想はともかく、

 普通に波動拳や昇竜拳は出せる。が、「竜巻旋風脚としゃべらない」ことに凄く抵抗感が沸いた。

COMには3人目で負け。まぁこんなもんだろう。つかこれでもう既に結構おなかいっぱいな感じに。

この時点での軽い感想としては、

・ゲーム内のボイスが英語
 ※あとから調べたらメニューで切り替えることが出来た

・グラフィック設定を全て最高にしても、フレームレートが平均150くらい出て、評価はA。なんかちょっと嬉しかった。つってもDirectX9.0C時代のタイトルではあるけど。デフォルトだと300くらいだったかな。

・キャラ選択後のロード時間はほぼ感じられない。
 ※一瞬「NOW LOADING」が表示されるだけ。ホント一瞬。目つぶってたらわからない<どんな長いロードでも目をつぶってたらわからない。

・ただし、戦闘終了時にちょっと待たされる感じ。
 ※スタートボタンで飛ばせるのかしら

・戦闘スタイルみたいな設定が多すぎて、正直ちょっとウザい。

・見た目はストIV無印とほとんど変わらない。
 ※フルHDでやったので360より解像度は上がっていたはずではあるが。

・「滅波動拳」の使い方が自力ではわからなかった
 ※真空波動拳+パンチボタン3つ同時押しだった

・開始時にセル絵(動きはしない)でデモ。

・オンラインのリプレイ動画を見ることが出来ない。
 ※理由は全く分からない。表示されてるのに見れない感じ。

・オープニングムービーがスゲェ長い。内容はまぁまぁ。

ってな感じ。で、少しチャレンジモードでもやってみようかと思いチョイスしたら、波動拳や真空波動拳のあと、最初のコンボ、

 しゃがみ中パン
 しゃがみ中パン
 しゃがみ大蹴り

これが全然出来ない。なんつか目押しなの?連打なの?って感じだったが、とにかく全然繋がらなくて、

 実質ひとつめのチャンレンジで俺、挫折なの?

と軽く凹んだが、しばらーくやってたらなんとかクリア。続いて2、3個クリアしたかな、「ジャンプ大蹴り、しゃがみ大パン、波動拳、セービングアタック」とかまでやったかも。

つか続きは怖くて
※見たらやんなきゃいけない気がして
見てない。

 ま~難しいわな。

っていうか、

 実践でとても使える気がしないわな。

でもまぁこのモードは「このモードをクリアすること」が目的だから問題ないのかも。

あまりテンションも上がらなかったのだけど、さすがにこれで止めるのもどうかと思って、今度は「T・ホーク」を使ってみることにした。スパIIXの頃はサガ夫と並んでよく使っていたキャラだったし。

 ・・・メキシカンタイフーン(レバー1回転投げ)がスゲェやりやすい。

パッドとの相性がいいというか、他にいくつか微妙に変わってたりもしたけど、コンドルダイブは相変わらず使いやすく、

 のらりくらりと2回目のボーナスステージの次のステージまで進めた。

つかもう「早く負けていいよ」みたいなテンションだったので、悔しさとかはゼロだったのだけど、それより何より気になったのは、

 T・ホーク、声小せぇよ・・・

理由はわからないが、勝利時の声が超小さくて、全く何を言ってるかわからない。一応日本語に変更はしたけど。
※デフォは英語ボイス日本語字幕。

ボーナスステージは、たぶん無印ストIVにはなかった、初代のヤツ。ちょっぴり懐かしいと思いつつも、

 全くクリアは出来なかった。

悔しくもない。T・ホークだし。

正直これでやめてもよかったのだけど、もう少し「僕以外の誰か」がやってる対戦が見たくなり、

 COM対COM

でやらせてみることにした。最初ミドル難度でやってみたときは、そう大したこともなかったのだけど、最高難度(ベリーハードかな)にしてみたら、

 結構かなり見られる内容に。

ときどきボーッとする「へな」はあるものの、タイミングよく波動拳につっこみワザ(T・ホークの新ワザ。名前は良くわからない)を当てたり、空中で絶妙に潰したりと、

 なかなか見ていて楽しい。

で、結構負けたり勝ったりがバランス良かったので、

 勝手にCOMの勝ち抜き戦をやらせてみることにした。

チョイスは適当。っていうか、リュウ対T・ホークのあと、T・ホーク対ザンギエフをやらせて、

 ザンギの圧勝。

その後、ザンギは、ブランカ、ダルシム、ガイル、サガット、フェイロン、春麗、豪鬼と、

 破竹の勢いで無敗伝説を築いていく、、、。

 そう、「一度も負けない」のだ。

一瞬の隙をついてスクリューに入る様は、ハイスコアガールの晶ちゃんが脳裏をかすめる。

 つか豪鬼ですら2タテってどんだけ?と思ったが、
※2戦とも瞬獄殺を食らってスゲェ勢いでHPを削られたにも関わらず勝利。つかガイルなんて、見ていてガイルに同情するくらい瞬殺されてた。初代ストIIの頃のダイヤグラムが遠すぎる過去の話のようで、、、。

 もしかしてもしかしたら、「ダン」ならヤツの猛攻を止めちゃったりする!?

 ザンギエフvsダン

見事なコンボでザンギを壁際に追い詰め、一気にHPを5mmほどまで削る。一方ダンのHPはまだ7割。

 これはついに負ける日が来たか!?
※全部今日の話なのだが

そう思った刹那、ファイナルアトミックバスターからのスクリューパイルまさかの3連発で、

 あっという間の逆転勝利。

2戦目は、どちらも一進一退の攻防が続き、またも先にザンギのHPが赤く染まったが、

 そこからスクリューパイル×2で逆転勝利。

「ザンギどんだけ強ぇぇんだよ!」

伊達に晶ちゃんの霊が乗り移ってるだけのことはある。

 っていうか、思った以上に楽しいCOM対COM戦。

そして同時に思い出す、

 スティックはもしかしたら使えないんじゃなかったっけ?
※斜め上が異常に入りにくくて実用にならない

 試すのも怖い状態に。

つかまぁそれでもそこそこ楽しめたからよしとするってところだけどさ。

そんなレベルのプレイ内容で、クリス評価は★★☆ってところかな。思った以上に要求スペックが低く、ロードが短かったのが嬉しかったな。これならもしストVがリリースされても、このPCで動く気がしてきたよ。
※買うとしても5年くらい先だとは思うけど。

|

« 今日の出来事 | トップページ | ゼノブレイドクロス~最終回~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の出来事 | トップページ | ゼノブレイドクロス~最終回~ »