« 通夜の挨拶 | トップページ | アヴェンジャーズ エイジオブウルトロン »

2015年7月 8日 (水)

ゼノブレイドクロス~号外~

 ※今日はかなり短いです。マジで。っていうか書くことそんなないもん。

最近PCの調子が悪くて、そのせいかゼノクロをやるモチベが上がらない。「PCがおかしいのにゲームやってていいのか!?」。親父が死にそうでもゲームやってたくせによく言うとも思うが、まぁ憂鬱になるのは間違いない。

そんなわけで、ゲーム自体はこの二日三日プレイしてなかったりもするのだけど、、、

っていうかそろそろ現状のモチベーターが枯渇してきたってのが本音かも。飛べないドールだけでやれること、やりたいことがなくなってきたら、あとはもう話を進めて飛べるようになり、行けなかったところや倒せなかった相手を倒すって流れにどうしてもなっちゃうから。まぁ格闘でずっと来た自分が、射撃用のキャラや装備、デバイスを集めるってチョイスもあるし、ドールをまともに戦えるよう仕上げるってのもあるわけで、やっぱやりようによっちゃまだまだ「やれること」はあるか。

ただ、そんな状況でもゼノクロの話には触れていたいということで、気軽に書き込めるミーバースに最近入り浸ってるって話。ミーバースのゼノクロ板は、ほとんどの人が写真をアップしているし、
※保存するために仕方なく、というケースも多いのだけど。
固定ハンドル必須な分、モラルもそこそこ高い。

中にはやっぱり苦言というか否定的な感想もあるけど、全員が全員クリアして飽きちゃってるわけでもないし、
※今でも始めたばかりという人が出てくる。なんか嬉しい。
特に嬉しいのは、

 登山やってる人が結構いること。

同じ登山部員として応援&登頂をねぎらわずには居られない。天昇の滝を登った人みんなに、マウントエッジにも登り切って欲しいと思う。

 本当にあそこからの景色は格別だからっ!

他にも、スゲェかっこいい金色のカラーリングをした人にレシピを聞いたり、単純に「このエロさは素晴らしいとしか言いようがない!」と、立ったり座ったりしたくなるスクショがあったり、

 なかなかに居心地がいい。

もう少し過去のネタを読みやすくしてくれていれば、とも思うけど、写真メインの掲示板だから、それやっちゃうと重くなりすぎるんだろうな。

そんな中、特に(自分なりに)面白かったのが、「ぶっちゃけ本作は赤字だと思う?」と投げて、そこそこやりとりが出来たこと。

海外での発売を12月に控え、あっちで受けるのかどうなのか、果たしてどのくらい売れるのか売れないのかを考えたりする中で、

 自分なりに凄くスッキリする正解にたどり着いた。

「正解」とはつまり「問題」があってのことなわけだけど、それはすなわち、

 なぜゼノブレイドクロスは発売することが出来たのか?

これが最大の謎だった。人によっては「投げっぱなし」「沈黙」「アプデねぇのかよ!」と文句ばかり言っているが、僕的に10万しか売れないIPに、「売り上げの見込めないIP」に、なぜこれほどまでのボリュームを持たせることが出来たのか。

そりゃ売れて欲しいのはどこも一緒だと思うし、任天堂だからよそよりリスクの高いタイトルにGOサインを出せる可能性もあるとは思うけど、それにしたって、

 ミリオン売れても元が取れるか怪しいくらい凄いボリュームと作り込みだから。

いくら海外で支持されようと、もともとRPGが得意なハードじゃないし、ユーザー層的にもやっぱりズレてもいるはず。そりゃ高橋組の連中がみんな献身的で、そこそこ安い給料でも一日20時間以上働いてくれたってんなら、まぁそれなりに凄い物が出来てもおかしくないとは思うけど、それだって限界はあるし、

 本作は、そういう限界を超えてると思う。

また、もう一つ疑問だったのが、
※正確には僕は疑問じゃなかったのだけど、世間的に言われまくっていたのが、

 なぜこれほどまでストーリーが弱くなってしまったのか

アバターシステムで主人公の性別やキャラクターを自由にクリエイト出来るようにしたことで、シリーズの売り(と考えていた人が多かった)ゼノシリーズのストーリーが、大きく魅力を欠く物になってしまった。

 それが正解でないことは、高橋監督にもわかっていたはず。

 だがそうなった。

それはなぜか。

ここから書くことは全て僕の想像なのだけど、、、

本作は、

 任天堂が今後のゲーム業界を生き抜くためにいろんな経験を積む「習作」だったのではないか。

●オンライン

 任天堂はこれまでスマブラやマリオカートのような、対戦型、少人数のオンラインゲームに関しての経験と実績は積んでいるが、いわゆるMMOタイプの、多人数参加型のRPGは不得手としてきた。同時に、アイテム課金や月額プレイ料金システムのタイトルもなく、昨今スマホのメーカーに自社IPを提供して「外に目を向ける」ようになってきた。

ゼノクロもまた、そうした「オンラインへの布石」として、32人参加で、どの程度の負荷が掛かるか、ユーザーの要求、アバターシステムの功罪、ユーザーの好み(キャラ、ロボのデザインや世界観など)、大量のアイテムを処理するステップ等々を、学習、経験する役目を負った。

だから本作は、国内で10万そこそこしか売り上げが見込めないタイトルであっても、その作り込みはMMOのそれに近い膨大にして巨大なデータで固められていたし、一方でそれらを煮詰めていくだけのコストまでは手も時間も回らなかった。

ファミ通で高橋氏が次回作のことを語っていた際に、ユーザーからは「そんな先のことより、、、」と苦言が出ていたが、つまりは「そこ(次回作)が本当の目的」であり、任天堂側からの要求でもあったのではないか。

最初アバターシステムではなく、メインのストーリーを仕上げていたのが1年以上前の話だったとして、そこからPS4やスマホの共有感、シェア感が支持されているのを受け、任天堂サイドから、

 このままでは、ただ赤字を生むだけの大飯食らいで終わってしまう。だったら、いっそのこと(不評を覚悟してでも)次につながるシステムを乗せ、どれだけの作り込み(わかりやすい説明や、情報開示も含め)をしていく必要があるか、試してみてはどうか。特に海外でならオープンワールドのRPGに対する市場もあるし、国内で芳しくなくとも、あっちでそこそこの結果が残せる可能性もある。

もちろん僕のように、「システムだけでご飯三杯」なユーザーもいるから、全員から総スカンを食らうこともないし、シリーズのファンで、たとえ今作で裏切られたと感じる人が多かったとしても、

 どっちみち次作が出るのは3年以上先になる。

その頃には、今作のことなんて、いろんな意味で薄れてるはず。買う人は買うし、買わない人は買わない。

それに、そもそも先の「真の目的」が事実なら、

 その蓄積は、ゼノブレイドシリーズである必要がない。

高橋氏の作品としてリリースされる次回作はゼノシリーズであっても、ゼノブレイドクロスで得た経験を「そこだけ」に掛ける必要はない。

●ルックス

64やWiiの頃はまだ任天堂も「グラフィックやビジュアルがゲームにおいてそれほど重要な要素たり得ない」と考えていた節があるけど、今はもうそういう感じじゃないと思うんだよね。だからこそ、WiiUのゼルダは延期になったと思うし、ゼノブレイドクロスのグラフィックも、そこそこ以上にきれいな物になったと思う。感性はひとそれぞれだけど、

 720pのグラフィックでは、ゼノクロのグラフィック以上に「美しさ」を感じるゲームは、僕はないと思う。

確かにポリゴンが少なく、壁がのっぺりしてたり、人物の描写が著しく(PS4どころかPS3と比べても)ヘボいと感じさせるところはあったけど、段階を追って変化するテクスチャ、特に海の表現は、

 まさに実写と見まごうレベル。

次世代機で「きれいさでも」他と戦い、勝利するためには、やはりそれなりのコストも不可欠なはず。でも一朝一夕には叶わないから、どれかのタイトルで経験を積まなければならない。

しかし、任天堂自社のIPには、特に「絵を売りにする」ものがない。スターフォックスの次回作を見れば、それはもう火を見るより明らかで、「だったら何で」という話になった時、ある程度の実績があり、期待もできる「ゼノブレイド」の続編に白羽の矢が立ったのではないかと思う。

----------

そんなこんなで「赤字であることが許された」タイトルではあったものの、一旦リリースして、「思った以上に数字が出なかった」となれば、そこからより赤字をふくらませる経費は割けない。だから、(もっと売れていればそうはならなかったであろう)アップデートも全くされないし、DLCも一気に強めのものがリリースされ、事実上の「売り逃げ」になってしまったのだと思う。

 どう?この推理。

つか僕のブログを読んでくれてる方で、本作を遊んでる人は少ない(もしくはいない)と思うけど、オレ的にはじっちゃんの名を賭けてもイイ感じに、正鵠を射ていると思うんだけどな~。つか、

 あの岩田社長が、無策で10万しか売れないタイトルに、ここまでリソースを割くとは思えないもんな。

僕の推測が間違っていたとしても、別に何らかの理由があったりするんだろうな。

|

« 通夜の挨拶 | トップページ | アヴェンジャーズ エイジオブウルトロン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通夜の挨拶 | トップページ | アヴェンジャーズ エイジオブウルトロン »