« キングコング | トップページ | スーパーマリオメーカー~その7~ »

2015年9月20日 (日)

映画3本「GIジョー2」「オズ」「マッハ無限大」

マリメカがやりたい、でもレンタル期間にリミットが、、、という精神状態で見ても、

 そんなに面白くない。

元からそれほど面白い作品ではなかったのかも知れないが、、、。

●GIジョー バック2リベンジ

主役がチャニング・テイタムからドウェイン・ジョンソン=ザ・ロックに変わった、シリーズ2作目。ぶっちゃけ(前作もだけど)全然見る気はなかったのだけど、予告があまりにも面白そうだったので勇んで借りてきたら、、、

 予告が全てな作品だった、、、

ぶっちゃけ予告だけなら80点くらい面白そうなのだけど、

 本編は☆(1/10)くらい

何が面白くなかったか正直よくわからないのだけど、とにかく「派手なシーンは全て予告で使われていて」かつ、その予告から本編までのインターバルが短かったのが不味かった。結構大型のメカ(戦車とか)も使われているし、「大統領と全く同じ顔のヒール」というのも、設定として面白いと思ったのだけど、核戦争とか首脳会議とかの政治色っぽいアプローチと、マッチョ&チベット?中国?の剣術使いとかが、イマイチ同居しないというか、

 見せたい絵ありき、から強引に話を紡いだ感じ

雪山でのワイヤーを使いまくった空中戦とか、「面白そう」なのだけど、結果冗長でダレてしまったり、悪い奴が簡単に寝返りすぎたり、見ていて「オイオイそりゃねぇだろ」って私的ツッコミどころが多すぎて、

 予告だけにしとけ、

って作品だったな。小型の爆発する「羽虫」を使う"ファイアフライ"なんかは、なかなか面白くて強い「いいキャラ」だと思うのに、役者とフィットしないというか、しっくりこないところが多かった。せっかくブルース・ウィリスを起用しても、見せ場がなくて「持ち腐れ」な感じだったし。もったいない。

●オズ はじまりの戦い

今まで「見よう見よう」と思いつつ、結局見てこなかったが、これも予告を見て「やっぱり見よう!」という気になって借りてきた。が、

 「見よう見よう」のままでよかった、、、

見始めてすぐに本作が「サム・ライミ」の作品であったことを知り&思いだし、

 既にテンション↓

もうサム・ライミというだけで「間違いなく暗い」というか「人間の嫌な部分を描く」のはわかりきってる感じになり、

 案の定、主人公オズの軽薄にして無責任な感じ爆発。

前半で「マイナスの溜め」をしまくったおかげで、終盤「更正しても」全然オオッて来ない。

 そんな簡単に人間変わらないからな。

だったらもっと序盤から「実はイイヤツ」的エピソードを挟んでくれないとって感じ。

ヒロインは見慣れぬ「ジェシカ・ビールを少し崩した感じ」と、ついこないだコンスタンティンで見たばかりのレイチェル・ワイズ。

 ぶっちゃけどっちも微妙。

ただ、脇役のサルと陶器人形の少女は、

 かなりイイ味!

特に陶器の女の子のキャラはメチャメチャキュートで、

 この子の良さで、映画全体の評価が★☆に!

この子がいなかったら、「0点」だったかもって話。

「実写テイスト」の陶器人形なので、アニメでもリアルな人間でもないキャラなのだけど、仕事の丁寧さ(たぶん彼女に対する愛の深さ)が、命を吹き込んだのか、

 まさに生きてるような魅力を醸し出しまくってた。

身長40cmくらいで、とにかく「ガール度」が高い。爆笑問題の田中に教えたいくらい「かわいい女の子」だったな。

「はじまりの戦い」ってくらいだから、オズの魔法使いの前日譚みたいなもんだったのだと思うけど、ぶっちゃけオズの魔法使い自体よく知らない自分には、その面での楽しさはなかった。

サム・ライミの映画が嫌いじゃなく、小さくてかわいい陶器の少女に興味があり、軽薄で嘘つきのペテン魔術師に耐えられる人なら、見て損はないと思う。そんな人がどれほどいるかは別の話。

●マッハ!無限大

CGもワイヤーも早回しも「使います」という触れ込みのシリーズ最新作。トニー・ジャーがメインだけど、今回は「動けるヒロイン」も起用して、絵的な派手さを増量。

 つーか、全然ダメだった。

ヒールの黒人は、「フルスロットル」でも同じようなスラムのトップみたいなRZAって人なのだけど、調べてみたら、

 なんとGIジョーバック2リベンジにも出てた!

これほど短期間に見た映画の3本に出てるって、なんだか運命的なものを感じなくもないが、

 映画自体は普通。

話はかなり大きく、弟同然のゾウ:コーンを盗まれた主人公が、コーンを取り戻しに乗り込むも、犯人は死んでて、その殺しの濡れ衣を着せられ、姪っ子二人にも恨まれ追われ、でもコーンは絶対取り戻したい、、、的な流れ。

ぶっちゃけ前半の「バイク数十台vsひとり」の戦いがあまりにタルくて、CGやワイヤーを使ったことで得たのは、

 ケガの少ない安全性だけか!?

って感じ。迫力とかはむしろこれまでのマッハのがあった気がするし、そもそも、

 痛そうってシーンがほとんどなかった。

敵味方問わず、人は全然ってほど死なず、人道的っちゃ人道的だけど、ただしつこいだけって気もしないでもない。

クリス評価は★くらいかな~。言っても最初のマッハから12年も経ってるんだから、そうそう現役続けるのもムリがあるよなって話。

トニー・ジャーはスタントマン出身なのだけど、ジェット・リーとはやはり比べられないよなって思った。

-----------

チャッピーがレンタル開始されたけど、久々に雨に濡れて風邪をひいてしまったので、借りに行く元気がない。そもそもマリメカのが映画より楽しい時期だしな。

|

« キングコング | トップページ | スーパーマリオメーカー~その7~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キングコング | トップページ | スーパーマリオメーカー~その7~ »