« FFブレイブエクスヴィアス~その20~ | トップページ | ドラクエビルダーズ~その1~ »

2016年1月28日 (木)

The Talos Principle

STEAMホリデーセールで買ったタイトルで、手を付けてなかった最後の一本。シリアスサムの会社が作ったアクションパズルゲーム。視点は基本FPSだが、TPS視点に変更することも出来る。グラフィックは昔昔大昔の有名なアドベンチャーゲーム「MYST」を彷彿とさせる美麗なもので、
※「昔」なのに「美麗」とはこれいかに、と思われるかも知れないが、MYSTはプリレンダリグされた静止画で、タロスはリアルタイムポリゴンなので、技術の進化はちゃんとある。
僕のPCスペックでも、PS3~PS4の間くらいの描写はしてくれた。

主人公は神様みたいな誰かに作られたロボット。そしてその神のお膝元である庭園で、パーツを探し、そのパーツを使ってさらなるエリアをアンロックしていく流れ。

FPSでアクションパズルと言えば、まず思い浮かぶのが「ポータル」だ。見た目の雰囲気も近く、勢いあの傑作のプレイフィールをこちらにも、と思いがちだが、

 実際は当然違う。

ポータルの瞬間移動ビームはないし、エリアも一本道ではない。いくつかの部屋を任意にチョイスし、場合によってはその全てをクリアせずとも先へ進むことも出来る。この辺りは「パズルであることのマイナス面」に対し配慮されているとも言えるが、逆に言えば「それだけ高難度である」ことの証明でもある。作り手が「これは難しい!でもクリアしてもらえたら絶対達成感が得られるハズ!」という面を折り込みたくてこのシステムを取っている、みたいな。

実際一番最初に、メインのモードではなく、「デモ」から始め、かつたまたま真正面にあった部屋が「ミディアム」だったせいもあり、

 あっさりその面がクリア出来なくて折れ掛けた。

ちなみに本作はボイスを含め概ね日本語化されているので、一部を除いて言葉で理解に苦しむことはないのだが、ちょっとしたところで「甘い」と感じたりはした。例えばこの「真正面にミディアムがある」というのもその一つで、導線をしっかりと取るのなら、最初にイージーから遊ばせる構造にすべきだったと思うし、別のエリアへ移動する際は相当長いローディングが入るにもかかわらず、「移動するYES・NO」の選択がなく、一瞬レバーが入るだけで入力が認識されてしまうので、結構それで萎えたりもした。

たださすがはシリアスサムの会社、移動速度に関するレスポンスは素晴らしく、「やりたいことがかなりスムーズに出来る」仕上げはさすが。ただ、同時にその遊びやすさは「酔いやすさ」も併発させていて、かつそれを理解しているからこそ「酔いにくい設定」まで用意する周到さもあったりする。

 それでも結構辛いのだが。

っていうか、最近ゲームで酔うことはとんとなかった僕だが、本作では結構やられてしまった。FPSモードで「これはヤバイ」と思い、「酔い軽減」にすることでTPSに変化したのだが、それでもRBのダッシュがあまりに高速かつ快適なため、

 ついつい多用してまたグンニョリと腹の奥の方が警鐘を鳴らし始める感じ。

ただ、メインモードの難度に関してはなかなかに丁度良く、デモのミディアムとは比べものにならないくらい簡単にクリアしていけた。

エリアは1つにつき4つ~6つの部屋がある感じで、
※後々増える可能性は多々ある
そのエリアが10くらいあり、かつその先にまた別のワールドがある、かなりボリューミーな内容。

当然仕掛けに関しても先に進めばそれなりに見慣れなかった物も出てくる感じだが、現時点では主人公のスペックが変わる感じはなかった。つまり、ポータルのように、最初1箇所のビームが、途中で2箇所になる感じはなかった。

序盤の今は、置いてある「ジャマー」と呼ばれるオブジェクトを移動したり発動したりしながら、巡回するドローンや固定砲台の機能を一時停止させ、目的のターゲットを取りに行く、というスタイル。デモのミディアムでは、壁面から照射されるレーザーを繋いだり塞いだりする感じものがあったりしたが、

 難しくて解けなかったので、残ったのは不安感のみだったり。

ポータルと比べパズル要素が強く、アクション要素は少ない。タイミングでどうこうというより、解法を閃き、それを実行する感じ。

好きな人にはかなりハマれる良質なものだとは認めるが、酔いのことも含め、自分には特別フィットする感じはなかった。メインの神様(自分を作った人)のボイスが、僕の苦手な立木文彦さんだったのもちょっとマイナス。まぁいつもの「過度な煽り」はさほどないから、それほどでもないと言えばそれほどでもないけど。

ところどころに古いPCに似た端末が置かれ、それにアクセスすることでかなり凝ったテキストアドベンチャーのようなやりとりが展開するが、僕にはぶっちゃけ面倒なだけだった。二つ目のワールドは一面雪景色だったり、足下の水たまりでちゃんと効果音とエフェクトがあったりと、見た目に関する不満は一切無い。「トータルリコールのトルーパー」に似た主人公のデザインも十分かっこいい。

前述のロードや導線に関する不満は、慣れればどうということもないし、この手のゲームが好きな人には間違いなく傑作たり得る内容だとは思うが、クリス評価的、、、というかクリス嗜好的には、★★って感じかな。見た目は綺麗でもやらされる内容は倉庫番ライクで、ポータルのようなダイナミックなコンピュータゲームならではなアクションパズルという感じではなかったのが残念。裏切られたとまでは言わないが、
※というか見た目に関してはむしろ良い意味で裏切られた
ここまで酔いやすいとは思わなかったし、もっと良い意味の派手さを期待してしまった感じかな~。惜しい。

|

« FFブレイブエクスヴィアス~その20~ | トップページ | ドラクエビルダーズ~その1~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FFブレイブエクスヴィアス~その20~ | トップページ | ドラクエビルダーズ~その1~ »