« つれづれに | トップページ | 僕だけがいない街 »

2016年3月27日 (日)

ダークソウルIII~その2~

ちょっと面白くなってきた。それほど進めてないし、プレイ時間的にも大したことはないのだけど、スタートからグルッと一周が繋がる感じ?最初のショートカットが開通するところまで進めた。

今のところ最初のボス以外のボスには会ってないし、正直会いたいわけでも断じてないのだけど、
※怖いから

 サイクルがしっくりしてくる感じ?

雑魚を倒してレベルをギリ上げるくらいまで溜め、生命力や敏捷などのパラメータで微速ながら強くなっていくキャラを横目に身軽な状態で新天地を探索する。ビクビクしながら一つ一つの角と部屋、通路全てにカメラを回しながら調べつつ、入ってすぐ振り向いて居た敵をサクサクサクッと倒すと、別方向から数体が走ってくる。次の時にはその数体を先におびき寄せつつ処理しようとか、入ってすぐこの角度に居る敵を切る、みたいなのが、

 ダークソウルらしい面白さとして、居心地が良い。

ただ、そうは言っても新天地は緊張する。高台からピシピシと矢で倒してた相手と、いつまで経ってもがっぷり四つで戦えない感じ?誤って戦ってこてんぱんにやられちゃう感じ?

 自分がヘタだということをしみじみと感じる感じ。

しかし今回は敵が枯渇しない。だからたとえ1万近いソウルを不注意で溶かすことになっても、
※今のところ本作で溶かした経験はない。
それを自分の甘さとして取り戻すことが出来る。ミスはいくら慎重に慎重を重ねても起こりうるし、ジジイにはその頻度も多く、学習能力も低くなっている。

 だがそれが許されるのが「枯渇しない」ということ。

つまり、本作は「年寄りに優しい」作りになっている。

最初の壁は確かに20回くらい死んで「ムグゥ」となったが、それを超えることで自らが安定した操作感を取り戻すことが出来ることを僕は知っている。だからがんばれるし、その努力は裏切られない。見えない方角にいる敵を背中に感じる感覚、相手のリーチが思ったより長いことを食らいつつ徐々に把握していく感覚、大抵の強雑魚には「逃げ道」とも呼べる楽な倒し方が用意されていて、それを見つけて「ウヒヒ」となりながらこそこそと倒す感覚、、、。

 悪くないなと思う。

今作に初登場した「異形に変容する雑魚」も、見れば見るほど「かっこいい」。ぶっちゃけ「強さは鬼そのもの」で、まともに組み合ったら、

 100%以上勝てない

ネタバレになるけど、最初に遭遇したグンダに関しては、

 変容中に猛烈ダメージを与えまくって、あとは一回だけ回避してまた連打。何とか運良く倒したレベル。

つまり、普通に出会ったら「死ぬしかない」。でも、普通に出会わずに済むように作られている。

 そこがイイんだよね。
※もっとも「あくまで今のところは」だろうけど

以下最近の「サイクル」をダラダラと。やってない人には全くわからないし、やってる人には、コトに寄ったらネタバレになるという、誰も得しない話。でも気にせず書いていく。なぜなら僕はそういうヤツだから。

・・・

ロスリック高壁に降り、正面の階段を下りていく。手前で祈ってるヤツを両手持ちで倒してロックオンすると、正面から近づいてくるヤツにターゲットされるので、そいつと周囲の祈り雑魚を掃除。左後方のヤツも倒す。

 つかここまで詳しく書く必要は全くないが、気にせず進める。

右の祈り雑魚2を倒したあと正面から叫んでるヤツと段上から急接近してくるヤツがいるが、あまり気にせず倒す。祈り雑魚も一通り掃除。階下に一匹いるヤツもほっとくと寄ってくるので倒す。

稼ぎモード時には上の雑魚も掃除する。階段を上る手前から弓で火炎瓶雑魚を倒し、サッと上って奥にいる叫び雑魚を倒す。叫び雑魚を先に倒すと周囲の「ちょっと強い雑魚」が座ったまま攻撃するまで起きてこないので、あとはじっくり殲滅。ぶっちゃけこの一連の掃除で稼ぐ600ほどの経験値は、後々出てくるデブ300より遙かに安全で早く多い。効率を考えたら全く侮れないのだ。

階段を下り左の雑魚を倒し、振り向いて物陰に居る雑魚にロック&盾を構える。盾で受けたら2回攻撃で倒す。はしごは位置を覚えて中段に飛び降りれば問題なくノーダメージ。まぁみんな知ってるしやってることだけども。

外に出たら正面の槍雑魚にロックし、グルグルとヤツの周囲を回る。槍持ちは蹴りが使えればそれで崩せばいいけど、僕は使えないのでグルグルと回り、ヤツが攻撃モーションに移った瞬間に連撃で倒す。ノーダメージ。その際階段の「降りしな」で戦えば、横からの銃雑魚の攻撃は食らわない。

銃雑魚は余裕だが、踏み込みすぎるとドラゴンの火に焼かれる。余談だけど、自分はこのドラゴンを、「随分長い間起動しないまま稼いでた」。つまり、階段を上らず、ずっとこの廊下に出てくる5体の雑魚をまともに倒してた。だから、

 逆に、ドラゴンが出てきた時スゲェビックリした。

既に見知った場所だっただけにね。

サイクルでは上に行かず廊下の先へ進むが、このドラゴンの「焼き場」にあるアイテムは、食らいながらも全て取ることが出来る。また、その先の建物には、

 超ネタバレを連発になるけども、、、

1.宝箱は実はミミック。こんな序盤にっ!?とかなり焦ったけど、まぁ気持ちよく殺された。

2.そのミミック、実ははしごを上ることが出来ないので、はしご側から弓で起動し、

 がんばって攻撃を当てようと四苦八苦してると、いつの間にか消えている。

するとどうでしょう、次来た時「倒したことになっていて」ヤツがいた場所にソウルが!

3.そのソウルは「深みのバトルアクス」という武器で、実は今僕が愛用してる一振り。その斧を手に入れる直前に、「8個もあった欠片を全て使い切ってしまっていた」のが著しく悔やまれるが、まぁ欠片は時間を掛ければ溜められるだろうし、僕にはそれが「順路」だったのかな、と。っていうか普通に倒そうとしたらこのミミックは間違いなく現時点では倒せない相手だと思う。

 そのくらい強い。

「焼き場」の方におびき寄せて倒すのかな、とも思ったけど、存外そこまでは出てこなかったし。

 でもスゲェ強い武器なので、絶対取った方が良い。っていうか、この時点で取ったからこそかも知れないけど。

パラメータ的には、「ハルバード+3と同等以上」の攻撃力に、より速い攻撃モーションで隙が少ない。リーチは当然ハルバードより短いが、言ってもまだ無強化状態。地味な作業を繰り返してこいつを+3まで育てたいって感じ。ちなみにハルバードは1500円だが、結構落とす相手がいるので、もし買う前なら「拾うまでガマン」も一つの手。4つくらい拾ったわ。

閑話休題。

ちなみにはしごの先は、銀騎士のいる渡り廊下に通じていて、はしご側からしか扉は開けられない。出たら左右に寝てるけど起き出す雑魚がいるので、サクッと倒す。あと一体いる祈り雑魚も倒す。

銀騎士は未だに攻略法がよくわからないが、一つ言えるのは、

 火力さえあれば何とかなる

一回のスタミナゲージ分で打ち切れれば、それが一番の攻略法。なるべくガードや回避で消耗せずに、食らいながらでもいいから斬り合う。運が良ければ初撃をかわして一気に打ち切れるが、ぶっちゃけここでは死ななきゃそれでいいし、もっと言うと死んでもすぐ近くにかがり火があるので、血痕を取りに来るのも容易なのだ。
※待ってさえいれば銀騎士と戦わずに渡り廊下まで来ることが出来る。

ちなみに銀騎士は「残り火」「ロスリックの騎士のシリーズ」「何とかのクロスボウ」と結構多種多様なアイテムを落としてくれる。かぶととグリーブと鎧と剣と、、、みたいな。つか我ながらよくかぶってないな。っていうか意図的なものなのかも。つまり、逆に言えばこいつで残り火を稼ぐことは不可能なのかも。

建物に入ると左側に投げ矢雑魚が居るので、盾を構えてロック&ガード。攻撃がやんだら反撃でノーダメージ。一番の心配は「居ることを忘れてること」。スゲェ焦る。

右の階段を上ればかがり火だけど、ここは上らず、階下にいる投げ矢雑魚を矢で起動。上ってきたらガードして反撃。階下におり右後方の箱の後ろから上ってくる投げ矢雑魚をガード反撃で倒し、はしごを下りて居る槍強雑魚を、「ちょっと引いて回避してから」攻撃。こいつは結構固いけど、欠片を落とすこともあるので必ず倒す。ちなみにドラゴンの下にいた槍雑魚とかも欠片を落とすことがあるので、ソウルを見かけるとテンションが上がる。

 が、大抵はズボン。

槍強雑魚を倒したら上に上って、外へ出る。祈り雑魚が2体居るが、その踊り場まで行くと右の壁と正面のはしごの両方から雑魚が来るので、ちょっと待ってはしごを先に処理すると楽。でも時間が掛かるので、慣れたら一気に上って倒しちゃう。ちなみにはしご側の雑魚が上ってこない時は、無理に降りていってまで倒す必要はない。なぜなら、、、

屋根の上に見える雑魚の内、左から2番目くらいのヤツが変容雑魚なので、そこから矢を一発。しばらくすると変容して周囲の雑魚を一掃。そこにぼんやりしてるので、弓でピシピシ攻撃。ちなみに「弓」と「矢」は一応気にしながら使い分けて書いているが、ぶっちゃけ同じモノだ。

すぐ真下まで来たら、近接武器に持ち替えて倒してもいいが、現時点のサイクルに「矢不足」はないので、このまま矢で倒して問題ない。
※ここでさっきのはしご雑魚を変容雑魚が倒してくれる。

屋根の上を移動し、右縁から遠く下の方に2体の雑魚が見える。奥は3発、手前は2発のやや堅めの飛び道具雑魚なので、ここから狙撃で倒す。

はしごを降り、すぐ際(きわ)にある入り口から建物に入る。このエリアはしばらくすると奥の入り口から銀騎士が顔を出し、

 こいつがこのサイクル一番の強敵なのだが、

まずは部屋に入ってすぐにある左の小部屋に入り、すぐさま左を向いて雑魚を倒す。段上から銃雑魚が撃ってくる弾を回避出来ないのでおとなしくくらいつつ、そいつも倒し、奥の部屋入ってすぐ右の雑魚も倒す。最初の雑魚の奥にあるツボの中に捉えられてる雑魚2体?も気持ちよく殲滅。こいつらは攻撃しないと起きてこないイイヤツ。

その後ひやひやしながら銀騎士が通るのを待って、一気に野党のごとく襲いかかるが、ぶっちゃけ屋根の上から降りてきたはしごを利用し、「銀騎士が背を向けて移動してる時に背中を撃つ」を繰り返せば、ノーミスで倒すことも出来る。

 ただし異常に時間が掛かる。

ここは博打ではあるけどガチで倒しちゃうんだよな。つい。卑怯?ダークソウルにその単語は存在しない。

余談だけど、ダークソウル系タイトルをプレイするたびに脳裏に浮かんでくる、先人の言葉がある。以前も書いたと思うけど、忘れてる人もいるかも知れないから伝えておく。

 「まだ行ける」は、「もう行けない」。

これはウィザードリィという名作において、ループによって永遠に湧き続ける雑魚を倒し続けている際、MPが減ってきてそろそろ戻ろうかな、という時に向けて発せられた言葉。

 ダークソウルにもまんまそれは言える。

薬も十分あるし、特に手強い雑魚も居ないところだから、「まだ行けるな」。そう思う時は少なくない。だが、

 そう言うときこそ戻るべきなのだ。

薬の数に油断してはいないか、今まで落ちたことがない落とし穴に落ちたりはしないか、いつもは余裕だった雑魚に牙をむかれない保証はない。長いプレイ時間が集中力を散漫にさせている可能性だってある。

 まだ行ける、と思ったときが引き時なのだ。

閑話休題。

銀騎士を倒すと廊下に出る。すぐ左にある小部屋に雑魚がいるので、角度を合わせてロックオンしてから入ってすぐ倒す。廊下を出て階下に降り、広間に入る。まずは上段を右に反時計回りで回って、道中にいる座り雑魚と、最奥部に居る銃雑魚を倒す。銃雑魚を放置するとあとから痛い目を見るので必ず。

あとは上から一匹ずつ矢でおびき寄せつつ倒していく。奥まった小さな階段にも犬が一匹うずくまってるので注意。一通り倒したら、、、

 グルッと屋根の上から撃って倒した2体の雑魚が居るところまで戻る。

ここにはもう2体、左右から雑魚が上ってくるが、2体だけなら余裕だ。倒して長いはしごを降りていく。

降りた瞬間には出てこないが、動くと左から一体、座ってるヤツが一体と、2体起動する。まぁ闇雲に攻撃しても問題はない。

そしていよいよデブの登場。つかコイツは、

 長はしごをのぼって建物伝いに屋根(さっきの屋根じゃないよ念のため)を時計回りで移動すると、おあつらえ向きの狙撃ポイントに出るので、そこからじっくり時間を掛けて倒す。

正直落下斬りとかで倒したくなりまくるのだけど、

 ここで死ぬとスゲェショックなのは間違いないので、じっくり倒す。

運が良ければ中央の「元噴水」に引っかかってくれるので、ピシピシ余裕。倒したら長はしごを降り、そのまま真正面のどんづまりに一体だけ雑魚が息を潜めているので、そいつを倒して次のエリアへ。

ゲートをくぐるとすぐ右の階段上から撃たれ、そいつを倒しに行くと別の雑魚に挟撃されるが、それほど手強くないので処理。そのまま道なりに進むと小さな中庭みたいなところに出る。

 ここからはまだ一回しか通過してないのでうろ覚え。

適当に雑魚を起動しつつ適当に倒し、適当に進むとエレベーターがあり、

 一番最初「ロスリック高壁」のかがり火からの「もうひとつの階段」方面に繋がる。

つってもエレベーター部屋から出たところの強雑魚が手強かったので、もし心配なら、一番最初に「こっち側」を掃除してから、このルートを踏破した方がイイかも知れない。

 これで1サイクル。一周で経験値7000くらいかな?
※まだ計ってない。全然そんなもらえないかも。

正直エレベーター近辺の探索はまだまだだし、「2万円の鍵」もまだ買ってない&その奥に何があるのかもわからないけど、こうして「固まる」のは楽しいし、安全。初見エリアの息苦しい緊張感と、安堵して回れる経験値稼ぎのバランスがソウルシリーズの妙味であり、本作にもそれはしっかりと活きてることがしみじみわかった。つか、

 ミミックが消えたときはどうしようと思ったけどな。

ちゃんとフォローされててマジ良かったと思ったと同時に、「さすがだな」って思った。

評価を★★★に上げる。攻略サイトはまだガマンして見てないので、みなさんネタバレはとりあえず控えて臭い。いや、下さい。つかしらぽんさん以外誰もやってないかもだけども。

|

« つれづれに | トップページ | 僕だけがいない街 »

コメント

クリスさん、どもです。
こちら現在不死街です。

あんな序盤にミミック出てくるとか超ビックリでしたが、
弓で起動してスロープ側からあんよはじょうずしてもらってヘルカイトゾーン(違)までおびき出して焼いてもらいましたwww
完全には焼けなかったんですけど、1回篝火戻って次に来たとき
こともあろうか、ミミックが部屋の出口(ヘルカイト橋側の出口)に宝箱として佇んでましてむしろ中に入れなくて笑ってしまったんですけどさすがPS4面白い動きをするなと思いながら焼き残すことなくく存分に焼いてもらいました。

偉大なるマンネリという言葉がしっくりくる今回のダークソウル3は、今後もきっとこのシリーズを遊んだ人たちがニヤニヤするような仕掛けをいっぱい用意してるんでしょうなあ。
パッチはどこにいるんだろう?www
今回のかぼたんはブラボの人形ちゃんと同じく拍手くれますね。いいですねーコレ。癒されます。

投稿: しらぽん | 2016年3月28日 (月) 01時45分

どもですしらぽんさん、もっとゆっくり進めるつもりだったのですが、あまりにも一本道で(※僕がルートを見つけられていないだけの可能性もありますが)、思わず先へ進めてしまいました。ブログのアップと実際の進行度が異なりますが、現時点で不死街を超えて、次のエリアに入ったばかり、というところです。あ、そう言えばまだ不死街で行ってないところがありましたね(^^;。書きながら思い出しました。

やればやるほどブラボーとの違い、ダクソIとの共通点を感じますよね。パッチかぁそんなヤツもいたな~って感じ(^^。あ、これはネタバレじゃないですよ?実際まだ僕会っていませんし。

ブラボーは雑魚一匹でも基本「剣を交えないとダメ」な仕様でしたが、こちらは弓が効く効く。なんだか過去一番弓が活躍してるんじゃないかってくらい弓で倒してますね。

 もちろんボスは別ですが。

僕みたいな真性チキンにはとても居心地がいいです。あ、こないだしらぽんさんもおっしゃっていましたが、やはり本作は明るいかも。ブラボーが「暗3:明1」くらいのバランストするなら、本作はその真逆ですね。先に進むと変わってくるのかしら。遠景の方が描画パワーを使うから、PS3では勢い暗い背景が多かったのに対する「スペック誇示」なのかな、と思ったりもしますが、遊びやすいから全然OKですね。

欠片がなかなか稼げないので、ついついひとつの武器に集中してしまいますが、まぁそれでもいいかなって感じに開き直っています。二次片までは(呼び名が違うかもですが)好き勝手育てつつ遊んで、そっからはネットで地雷を強化しないようにしようかなって感じですかね。

かぼたんの拍手とか全然忘れてました(^^;。次やったらチェックしますです。

投稿: クリス | 2016年3月28日 (月) 02時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つれづれに | トップページ | 僕だけがいない街 »