« つれづれに | トップページ | FFBEエクスヴィアス~その48~ »

2016年4月16日 (土)

ダークソウルIII~その9~

そんなに遊ぶつもりじゃなくても、ちょっとやるといろいろ進展があって楽しい。カーサス地下墓も、途中から結構辛くなったりしたけど、やっぱ通り過ぎる頃には「いい想い出」になってる。

何を書くのか忘れそうなので、最初に目次を。

・太矢を止める
・大欠片マラソン
・吊り橋の上は
・レベルアップやショップやスキルのこと
・宿題

順番にのらりくらりと書いていく。

●太矢がマジウゼェ

燻りの湖に行くと、スゲェ高いところから太矢が飛んでくる。その狙いは異常に正確で、ダメージもそこそこ、、200か300くらい食らう。連続で食らうとかなり痛くて、かつ大カニで大欠片を稼ぎたい僕には、

 超ジャマ!

止める方法は、中央の床を太矢で壊して貰った先にあるというので、そこを探索したりしてたのだけど、、、

 まんまと老デーモンのいるかがり火に到達しちゃった。

ここまでは前回の話。で、今度はネットも見ちゃってルートを確認。「火の玉をガンガン撃ってくる山羊強雑魚3体いる通路にある、ネズミが居るルートの先」だという。全くスルーしちゃってたわ。

で、その先なのだけど、、、

 ネズミ、嵐の前の静けさだったわ。

途中で「呪死カエル」が大量に出てくるエリアがあり、遠くから矢で起動し、近づいて来たらロックオン、とにかく一切近づかずに矢だけで倒す。飛距離UP、HPMAX時のダメージアップ、技量アップで僕のファリス5は3発の普通の矢でヤツを屠ることができるのだ。

言葉にするとあっという間だが、「メチャメチャ時間掛けて」このエリアを通過。途中高台にソウルがあり、「そこに降りれると思しき場所」に行ってみても壁しかない。ままよ、と斬ってみたら、まんまと隠し扉があり、その中には宝箱が。でもってさっきのソウルの場所には行けず。うーんイケズ。

本作の宝箱というのは、本当い怖い。何が怖いって、

 出てくるミミックの下半身の当たり判定が小さいのが怖い。
※足が超細いので、主に下半身を狙って矢を射る僕には、非常に当てづらい。上半身は揺れるし。

なので、まずはカメラを何とか回して「中身が見えないか」とがんばるが、
※これによって中にミミックが入ってるのがわかる箱もある。デーモンが居たところの上にあるヤツとか。

 全然見えないっ!

ただ、この箱を空けるかどうかは熟考を要する。なぜなら、

 めちゃめちゃ時間掛けて呪死カエルたちを一掃した後だから。

だったらまずはその先を探索し尽くしてから、あらためてこれを開けに来た方がいいんじゃないか。それなら死んでも問題はない。

 これ決めるのにスゲェ時間掛けた。

先へ進むと今度は狭い橋の上で黒騎士登場。

 黒騎士も超苦手。何つか上手く倒す方法を「調べるまでがんばれない」強さがある。

それでもエスト瓶2本消費くらいで倒す。ちなにに「エスト瓶の効果アップ」の指輪をしてなくても、半分くらいは回復してくれるので、特に気にしない。

ちなみにこの橋の下には溶岩が広がっていて、アイテムソウルが3個くらい見える。あんなのマジで取れるんかいな?と思うが、ひとまず先へ進む。飛び降りるリスク、、、というより絶対死ぬし。

山道を抜けるといよいよゴールは近い。数体の車輪ドクロと、「こっちにも撃ってくるんかい!」とばかりな太矢攻撃。何とか障害物を渡り歩いて進軍していくと、、、

 いよいよその本体と遭遇。つかこないだ殺しちゃった巨人をイメージしてたから、

 クソデカイ三連バリスタ(高さ20m)が待ち受けているとは!!

ビビりまくりながらも周囲の探索を、、、

 赤目が二体いるぅ~(激涙

あいつらマジで倒さなきゃならんのか?でもここまで来て後には引けないので、泣きながら、一匹ずつスナイプで起動して何とか撃破。残りエスト瓶4。案外余裕あんじゃん。

バリスタの周囲には「太矢巨人」のムクロが2体あり、攻撃はしてこない。「ただのしかばねのようだ」。根本にあるレバーを押して、バリスタを止めたら、

 キリキリという歯車のような音が静まった!

ふぅ。

コレを安堵と呼ばずして何というって感じだけど、ともかくあの太矢を止めることが出来た。

 で、

その先は、「一段の高さが3mくらいの階段状の下り坂」が。つまりここから降りて「も」戻れますよ、と。でも一旦降りたら登れませんよ?と。

 またも熟考。

これをさっさと降りてしまっていいのか。さっきの宝箱はどうする?どうするオレ。階段は戻れないから、一旦宝箱を開けてから降りよう。

長い道のりを徒歩で戻る。疲れてるのでダッシュとかはしない。っていうか油断して落ちたらイヤだし、ここまでの戦いで「テレビの外の人」もグッタリだ。

で、無事宝箱まで戻った時点で、ハタと気づく。

 宝箱の奥の壁も隠し扉か!?

BINGO!呪死カエルエリアの高台に見えていていたソウルを無事ゲットし、再度宝箱の前まで来てから、またもハタと気づく。

 もしここで死んだら、あの「下り階段」の途中に何らかのソウルがあった場合、今の行程を全てまたやんなきゃ行けないのか!?

 そんなのイヤ~ン!!

一旦この宝箱から、スタートのかがり火まで徒歩で戻り、「ルートをチェック」。全然こっちのが楽だと言うことを確認して、改めて、

 さっきの下り階段を下りた。

ええもちろんソウルとかアイテムとかありませんでしたよ。そこまで酷な作りじゃなかったんですね。でもって宝箱はミミックじゃありませんでいた。残り火だったかな。ワスレチャッターイ。

ともかくこれによって思う存分大カニが狩れるようになったのだが、、、

●大欠片マラソン

「老王の前室」というかがり火から、先ほどのバリスタを目指していったわけだが、実はこのかがり火に飛ぶと、すぐ横の通路から一体山羊強雑魚が攻撃してくる。顔を出さなければスルーしてくれるのだが、

 実はコイツ、ソウルを900もくれる。

もし死んでもスルーすれば次回血痕を回収するのは容易だし、とにかくかがり火から圧倒的に近い。数回試しに倒してみたら、、、

 大欠片を落としやがった。
※つかタイトルに書いてあるからわかるわな。

もうね、カニとか食べてる場合じゃないって感じ。山羊雑魚は強いけど、言ってもかがり火の真横であり、リスクが低く、単位時間当たりのソウル効率もいい。

 10匹以上狩って、出たのはさっきの一個だけ。
※ちなみにその時は同時に混沌の貴石もドロップしてた。つかまさか固定ドロップじゃねぇよな?

ともかく、これを使って目下ファリスの弓+6を目指して、、、

 ってそれはもう集まったんだっけ?

●吊り橋の上には、、、

斬って落とした吊り橋の先にあったのがこれら燻りの湖関連だが、斬らずに移動するルートも当然あるわけで、

 中くらいの扉を開けると、なにやら厳かな部屋。

反対側の扉は開かず。一瞬何にもないのか?と思いつつ、いかにもな怪しさを醸し出す中央のテーブルに近づくと、、、

 「さかずきをかぶりますか?」
 ※ちょっと違ったかも

ドキドキしつつも「かぶる」をチョイスしたら、、、

 一気に明かりが消え、何か良くわからないけど全く別の部屋に飛ばされた。っていうか、

 超怖かったのですぐさまルーラ!

幸いにもおでこをぶつけることなくルーラは成功したが、ぶっちゃけあそこが順路なんだろうな。

●スキルとかレベルとか

集中力(FP)を14まで上げて、魔法のスロットを一つ増やす。特に欲しい魔法があったわけでもないのだけど、攻撃力UPのヤツはいざというとき使ってもイイ。攻撃力アップ量は、

344のロンソが362
231のファリスが243

有効時間は1分17秒くらいって以前書いた気がするけど、あれはたぶん1分の有効時間が指輪によって伸びたからだと思う。まぁわずかと言えばわずかだし、上がると言えば上がるって感じかな。

FPはこれ以上割くつもりはなく、筋力は26で思案中。やっぱり弓が好きなので、前回は技量を上げたりもしたけど、重量をもう少し持てるようにするのもいいかなってトコロ。

そうそう、そう言えば奇跡を売ってくれてた女の子もいなくなっちゃった。欲しかった奇跡は一通り買ったつもりではあるものの、ちょっと寂しい。普通の矢を売ってくれてる人だけはいなくなって欲しくないな~。あと楔石売ってくれる人も。つか「楔石の欠片」自体はもういらないってほど持ってるけども
※80個くらい?

あと「雷の槍」って奇跡も試したんだった。モーションはそれほど遅くないけど、ダメージが大きいとは思えない感じ。まぁ敵に使うことはないだろうな。

●宿題

・太矢を止めに行く道中で、隠し扉があったようなのでそこをチェック。何があったのかはよく見てなかったから知らない。「隠し扉がある」ってことが重要で、「その先に何がある」ってのは重要じゃないんだよな。

・老デーモンや暗闇の先を探索。

・いくつか取り忘れてるらしい指輪(緑化とか炎耐性のヤツとか)を取りに行く
※つかこれ見てたらどうやら「斑方石の指輪」は取れなくなってしまった様子。太矢で壊、、あ、だからレバーが「戻せる」ようになってたのか!

 死ぬほど面倒だけどな。

戻しに行く、指輪を取る、また止めに行く。爆死だわ。あと祭祀場の上にソウルがたくさん貰える指輪もあったみたいだし、いろいろ取り損ねてるな~。

・ジークバルドの話を進める。

こんな感じかな~。やっぱ死ぬのはイヤだな。

追記

つか炎方石の指輪なんて、絶対わからんわ!あと銀の蛇の指輪も、一回見つけられなかったらもう自力では無理だよな、アレ。ちょっとビックリした。隠す方も隠す方だけど、見つける方も見つける方だよ。

|

« つれづれに | トップページ | FFBEエクスヴィアス~その48~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つれづれに | トップページ | FFBEエクスヴィアス~その48~ »