« ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド~その2~ | トップページ | FFBEエクスヴィアス~その207~ »

2017年3月 9日 (木)

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド~その3~

 面白い!

本作は「スロースターター」という呼び名がスゲェしっくり来る。昨日気付けば3時過ぎ!と思ったのもつかの間、

 今朝は、気付けば5時半!

今日が休みだったってのもあるけど、それにしてもスゲェ没入感。この感じはこれまでのゼルダにはなかったもの。

これまでのゼルダというと、初代を除いて割と、

 ダンジョンが難しくて気が重くなる

ことが多かったのだけど、本作のダンジョン、、、というか祠は、とても小さく、ほぼ一部屋レベル。諦めることも気安いし、
※一旦入れば再度そこにワープで飛んでこられる
もちろん諦めずにがんばってクリアするのも良い。

道中も慣れるとかなり平気。「風のタクト」では、長い船旅にウンザリもしたけど、本作は同じマップが広いのでも意味が違う。単純に景色が綺麗だし、天気がコロコロ変わるので、印象のメリハリもある。メリハリがあるだけでなく、天気に応じたメリットデメリットもあり、例えば、、、

・雨の日は視界が悪く、崖がスベって登れなくなる。屋外の調理場も火が消えて使えないし、たき火で時間を潰すことも出来ない。が、物音がほぼしなくなるので敵に近づくのも動物をハンティングするのもやりやすく、雨の日にしか出て来ない植物とかもある。

 つか雷はマジ怖いけど。

「雷雨」ってのはこれまでのゲームであまり見かけなかったと思うのだけど、雷雨の時金属製の装備を持ってると、
※錆びた剣とか鉄の盾とか

 そこに落雷する。つまり僕に落雷する。

それが超怖いし痛いし、

 悪くない。

確かに怖いんだけど、ゼルダは、、ゼルダだからこそ、

 この雷の利用法とかも絶対あるんだろうな、と思ってしまう。

澄み切った晴れの日の夕暮れは価値があるし、夜だから極端に暗いということもない。てかむしろ日中の方が視界が悪い時もあるくらい。
※なんかうっすらモヤが掛かったような・・・

天気だけでなく、マップが広く、しらみつぶしにチェックしようがないことが逆に幸いして、目的マーカーまでの道中が「ほぼ新鮮」。獣はついつい息を殺してしゃがみながらスナイプしてしまうし、ちょっと強そうな相手でも「無限に使える爆弾」で倒せば武器や矢を消費しない。移動しながら振り向いて投げるのは至難の業でも、歩きながら足元に置いていく「ボンバーマンさながらの垂れ流し置き」はちょっと愉快。

盾は相変わらず苦手だけど、敵のアルゴリズムはこれまでのゼルダを思えば全然緩いし、でも一方では体力が食べ物でほぼ無限に回復出来ることもあってか、

 即死級の攻撃の多いこと多いこと!

死んでちょっと手前からロードする時はそこまで長いロードじゃないし、「妖精」を持ってる時は「死んでもその場でハート4つで復活」したりする。でもそれが連続して手持ちがなくなった時の絶望感。持って無くても集中して倒せた時の達成感。

 やっぱりゼルダだったんだな、と思う。

最近はスローペースで世間より遅いことが普通だったけど、本作に関しては結構やっている。でもネットで一切調べてないので、本当の意味でのハイペースにはならない。

 でもそれが楽しい。

効率の良いレシピを調べたくなる。でもどうせなら自分で調べようと思う。謎解きで軽く詰まって、これまたネットに手が伸びそうになる。でも誰かが僕をせき立ててるわけじゃない。自力でクリア出来ない謎なんて、ゼルダにはないはずなのだ。

 実際ないし。

「力の試練:中級」に出てきたガーディアンが死ぬほど強くて、もう泣きそうになるも、ずっと戦ってたら最後にはほぼノーミスで倒せるようになった。軽いガッツポーズ。

しかし、この恩恵は思っていた以上に絶大で、

 しばらく進めて出てきた「力の試練:極級」すらもほぼノーミスでクリア出来た!

最初「極級」の文字を見た時は、足元がグラグラする感じがあったけど、おおざっぱなアルゴリズムは同じで、冷静に対応することで、全然行けた。てか、こちらの防具が良くなっていた分、より安定して倒せたってのもあるけど。

で、驚かされたのはその先。極級の先、「サイハテノ島」。もしかしてやる予定のある人も居るかも知れないので、
※てかWiiU持ってるなら結構やって欲しい。序盤はしょっぱいけど、「体ががこの世界になれてくる頃」には、グッと楽しさがブーストするハズ。ちなみに難度はそこそこ高めなので、テンさんにはお勧めしません(^^;。

なるべくオブラートに包んで言うと、、、

その島は小さく、一周500mくらいだと思う。その島で死ぬと、

 その島へ向かう別の島まで戻される。

つまり、その島ひとつクリアするまで、死ぬことが許されない。もうね、

 軽い絶望と、強い魅力と、心地よい緊張感の塊のような島だった!

これは本当に面白かった。もちろん難度的なこともあるんだけど、正直「もっとやりたい」って思えるほど。他の祠でも、スイッチのデフォルト機能であるスクリーンショットを使うとスゲェクリアしやすくなるとか、「軸検知」機能で、コントローラーを傾けてクリアする仕掛けとかなのに、

 その挙動がスゲェファジィで、「コントローラーは垂直なのに、ボールが全く落ちてこない」なんて状況になったりして、

 むしろ超愉快。

てか、そこはマジ難しかったのだけど、最終的にずっとやってたら、

 ボールを「跳ねさせる」ような動きで、一気にゴール近辺までショートカットさせることが出来たり。

「板の上を穴に落ちないように転がすゲーム」
※スマホゲーだと「aTilt」というゲームがお気に入りでオススメ
はみんなも知ってると思うけど、

 まさか壁を飛び越えさせることが出来るとか、、、もう、

 「さすがゼルダ」としか言いようがない。

馬は相変わらず上手く乗りこなせないけど、アクティブアイテムが強化されてテンポが劇的に向上したり、

 カメラとアルバムの使い方がまた新鮮。

ただ、コレクションしていくだけでなく、その写したアイテムをサーチ出来る。
※つっても当然近くに無ければ無理だけど
具体的に言えば、「しのび草」が生えてる森で、しのび草をセットすると、「それなりに」見つけやすくなる。
※「すごく」じゃないのは僕がまだイマイチ使い方がわかってないからかも。

金策もそこまでシビアではないし、所持アイテムも「素材や矢は三桁まで確認」。それでも武器はやっぱり壊れるし、道中で修理とかの要素もない完全な使い切り。特に前述の極級ガーディアンのように超堅いヤツなんて、

 倒すまでにいくつも武器が壊れていく。

最上の武器だろうと簡単には倒せない。でもしくじってもロードポイントが多いので、詰むということもない。

仕掛けは全体的に巨大で、その分移動に掛かる時間も長い。だから結果としてプレイ時間が伸びるのも理解出来るのだけど、重要なのはその「伸びた分」。決してロードが長くて伸びたわけでも移動が遅くて伸びたわけでもない。確かに料理を連続してやるのは面倒に思うこともあるけど、慣れればそこまでストレスじゃなくなったし、

 オートセーブ「だけじゃない」のが特に良い。

セーブせずにガッツリ進めて死んでも、やりなおしはほんのちょっと前から。一方で「ここでセーブしてちょっとずつ進めたい」と思う時は、死ぬと結構前からやり直しで、「ちょっとずつ進める」を許してくれなかったりもする。

 セーブ周りのデザインが、「唯一無二で最良」と言える。これは断言出来る。

一つしか任意セーブ出来ないから、いくつも保険を用意出来ない。でもその分煩雑じゃないし、いい意味での緊張感と安心感がある。ホント「発明」と言っていいレベルのセーブシステム。

最初の頃「武器がなくなる不安」を書いていたけど、今では割と平気。「赤い月」が来ると、モンスターは概ね復活する。

 死ぬほど美味しいイワロックも復活するので、大抵速攻倒しに行って鉱石を頂戴する。

宝箱は復活しないけど、「野良で置いてある武器」とかは復活するっぽい。特にハンマー
※王様の小屋から、木を切り倒して渡った崖向こうの絶壁に落ちてる。他にも落ちてるとこがあったと思うけど、パッと思い出せない

はイワロック倒すのに必須なので心強いし、「モリブリン」が3体出てくる丘でそいつら倒せば、そこそこ強い武器もドロップする。こいつらはボムだけで倒せる
※ただし時間は掛かる
ので好き。

前回「スゲェ難しい!」と思って、比較的諦めないタイプの僕が諦めた、

 湖の中の塔

も昨夜攻略に成功した。ここは、湖の真ん中の塔の周囲に、「雷攻撃をガンガン仕掛けてくる雑魚」がスゲェたくさん居て、こいつらの強いことと言ったら、

 筆舌に尽くしがたい。なので尽くさない!

てか、単純に「スゲェワープしまくって」攻撃が全然当たらない。鬼か!鬼の子か!って感じ。あと、

 塔を登りながらでも空飛べるからずっと付いてくるし!

クリアして嬉しかったな~って話。

滑空系のミニゲーム、馬のミニゲームもあるけど、こっちは全然無理。特にスタミナがないと絶対的な時間が短い、、、
※薬で何とか出来るのかも?

いつもならそう言うミニゲームも、半強制的にやらないとハートのカケラが手に入らないのでがんばらざるを得ないのだけど、本作でのハートは
※今のところ
全て祠の「克服の証」を集めての調達なので、割と気楽にスルー出来る。てか、

 いろいろ楽になってる。

以前あったMPが無くなったことで、基本アクティブアイテムは使い方だだし、特にストレスを感じるほどクールタイムがあるわけでもない。武器がなくてもボムは残るから、攻撃手段が無くなるって事もないし、そもそもそのボムが結構強いのがありがたい。

長距離のワープはややロードが長いものの、ワープポイントは非常に多いのでむしろ多用してしまうし、何より垂直の壁すら登れるという「ゼルダにあるまじき」仕様が、
※ちなみに全ての壁が登れるわけじゃない。特に祠の中はほぼ登れない
この広い世界を自由に移動したくさせている。最初は「ジリジリと」登っていく感じがもどかしかったりもしたけど、今なら「この距離ならジャンプ(※スタミナ消費が大きい高速移動手段)を多様出来るな」とかのジャッジも出来るようになってきて、

 かなりテンポよく楽しめるようになった。

かと言ってサイハテノ島に行く時とか、何度も何度も氷柱を立てて移動したり、イカダが上手く操作出来ずにもどかしい思いをしたり。

 ・・・よくこんなチューニング出来たなぁって思う。

経験のある人が遊べば、これがオブリビオンやウィッチャーみたいなオープンワールド系RPGの良いところを上手く消化吸収してることもわかりそうだけど、
※自分はそこまで遊んでないけど、ニオイは感じた

 やっぱりこれはゼルダなんだなって思う。

一回目に「ゼルダではない」って書いたのは撤回する。これは間違いなくゼルダだった。ただ、

 紛れもなく「新しいゼルダ」だ。

評価を★★★☆に上げる。つか、エクスヴィアスを始めてから1年半くらい経つけど、「起きてて仕事でもないのにオーブを溢れさせた」のは初めてだと思う。そこまで集中しちゃってた。

あと、あんま触れてなかったけど、スクリプトもやっぱりイイ。歳食っていろいろ忘れちゃうけど、やっぱりゼルダのスクリプトは秀逸だと思う。

●備忘録的メモ兼宿題

・とにかくマップタワーをアンロックする
・一旦セーブしてレシピを調べる
・復活する強い武器のポイントをチェック&調べる
・武器ごとの耐久力を調べる。何回斬ると壊れるとか
 →特にハンマー。葉っぱは燃えるが壊れない
・出来たらマッピングする
 ※スクショってPCから見られないのかな?
・マップの崖際外周を回る※世界一周する<言うほど簡単じゃないけど
・ハテノ村探索。ほぼやってない
・「力の試練」のガーディアンが復活するかチェック
・矢を大量に貯める
・撮れる図鑑写真は極力撮りまくる
・「二番目」に訪れるエリアをくまなく探索する。ここは難度が低いはずで、かつ探索がかなり甘いので。

---------

てかWiiUだと、ホームボタン押したあとの反応が死ぬほど遅くてかなりイライラしたけど、
※つってもWiiUではスクショが撮れるわけじゃないので、本作で頻繁にホームに移動する必要は無いんだろうけど
本作では、ほぼノーウェイトで写真をチェック出来るのがとても良い。ゲーム内で使えるカメラは、解像度が低く「見た目が小さい」ので見づらく、かつ当然ながらメッセージとかは撮れない。

グリップに装着してプレイすることで、「コントローラの充電を気にするなら、寝る前に両方外して本体にセットして寝ないとイケナイ」のは面倒ではあるものの、操作性自体は全くと言っていいほど問題ない。てか、「-ボタン」が押しづらいのと、気合い入れすぎてしゃがみと望遠鏡
※それぞれL・Rスティック押し込み
が誤爆しやすいことくらいかな。

ざっくりだけど、、、

 過去のゼルダで何本か好きな作品がある人が、「20時間遊べば」本作は「名作だ!」って思えると思う。

3時間ではわからないような良さって感じかな。てかオレ何時間遊んでるのかわかんないけど。

一言追記

これ書きたかったんだった。

 まだこんなゲームが遊べる自分が嬉しい。

なかなか一般の47歳は、ここまでガチなアクションRPG、楽しめないと思うからな~。

|

« ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド~その2~ | トップページ | FFBEエクスヴィアス~その207~ »

コメント

こんにちは〜! メチャ楽しくプレーされているのですね。ATCがうちにもプレー出来れば良いのに、、、、ゼルダは風のタクト懸賞で6本も当たり友人に配りまくりました。うちもチョコっとプレーしてみたけど挫折。友人のクリアー報告を受け泣きそうになった記憶があります。その後ゼルダはうちの鬼門ですね。てかACTが鬼門なわけですがね。
3月後半に最後の手術が決まりました。本当に最後なのか?大工の様な主治医に不安が、、、まぁ信じる者は救われると言うし、頑張ります。
あ〜仁王攻略中の友人が10回中8回ぐらいは死な無くなったとメールが来ます。クリス様ではないですが楽しくプレー出来るようになったみたいです。毎日何回死亡とのメールが来ます。もうソフトはプレゼントする気です。友人の息子がはまっているので喜んでくれると思います。良いことすると(?)自分にも幸運が来る気がしますが気のせいですかね〜!

投稿: テン | 2017年3月 9日 (木) 17時43分

ちすテンさん、クリスです。手術、気持ちよく成功するといいですね。本気でそう思います。ファイッ!

ゼルダはマジ楽しいですね。てか、「アクションの質」の問題もありますが、ある意味保険が掛けられる面はあります。体力回復薬がほぼ無限に手に入るので、地味に防御アップの薬も作って常備していれば、、、みたいな。つか、

 使うボタンが多い時点で結構折れちゃうかもですが(^^;。

仁王、、、全然触れなかったのでわかりませんが、もし僕が逆の立場でも「あげちゃった」と思いますね。やっぱ「一番楽しめる人のところに行くのがいい」って考えは僕もありますから。でもそう考えると、

 僕がゼルダを買ったのは、とてもラッキーだった気もします。

この歳になると、なかなか手放しで「面白い!」って言えるソフトと巡り会うの、難しくなってきますからねぇ。

善行が身を助ける、みたいなことわざがあった気がします。
※うろ覚え
なるべく笑顔で前向きになるのは、とても良いことだと思いますね。てか、自分も基本そう言うスタンスで生きてますけどね(笑。

投稿: クリス | 2017年3月11日 (土) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド~その2~ | トップページ | FFBEエクスヴィアス~その207~ »