« FFBEエクスヴィアス~その209~ | トップページ | FFBEエクスヴィアス~その210~ »

2017年3月19日 (日)

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド~その9~

 ※ネタバレがひどいです。特に大妖精の泉に関して。

プレイ時間は70時間くらいだった。ホーム画面のプロフィールから、曖昧なプレイ時間が確認出来た。
※「65時間以上」と表示されてから5時間くらいやったので

そんなことより、

ついに、

とうとう、

なんとなく、、、

 ファミ通を読んでしまった。

先週号は、割かれているページそのものは多いものの、書かれてる内容は概ねというか全て知っていることばかりだったので、今週も「たかが知れてる」だろうとタカをくくっていたのだけど、

 スゲエネタバレのオンパレード。

てか、昔のファミ通だとこうした情報公開はかなりスローペースだったと思うのだが、

 時代が変わったのだろうね。

言っても全国紙の内容なので、ここに書いてしまっても「それは知ってて当然だろ」ってことが多いのかとも思うけど、

 一週間で50時間とか、普通の人が遊んでるとは思いにくいのだが?

まぁネットで調べるのがデフォってことなんだろうな~。せっかく面白いのに。

でも、

いくら面白くて楽しくても、

 限度ってモンがある。

本作に関しては、特に情報を外部から仕入れようとしない場合、時に致命的とすら言える「スルー」をしてしまうことがある。

正確に言えば致命的ではない。事実前回書いたとおりラスボスである厄災ガノンと対峙するところまでは行けたし、今後じっくり腰を据えて世界中を探索、神獣もゲットしていけば、

 たぶん倒せたと思う。

だから本当の意味で致命的ではないのだが、、、

 まさかあんな序盤に武器の枠を増やしてくれるNPCが居たとは・・・

愕然。まさに愕然とした。僕はこういう性格だから、割と気分的に行動しちゃうところもある。確かに以前の宿題では「序盤をしっかり探索」みたいなことを書いてはいたが、

 本作はやりたいことが多すぎて、ついついそう言うの、先送りにしちゃってた。正確には「スッキリ忘れ去ってた」。

とにかく、僕は55時間くらいまでずっと、「武器枠7」のままやってた。つか「そんなんで厄災ガノンとまともに戦えるだけの武器が残るわけねぇだろ!」って言いたくなる人も居るかも知れないが、

 攻撃LV3の食事を使いながら、道中の雑魚とほとんど戦わない場合、案外余裕なのである。

ともかく、双子馬宿の近くに、普通に困ってる大きいコログが居て、極々軽いミッションを消化して無事枠を増やしてもらえた。コログの実1個で1枠、2個でもう1枠。そして、

 コログの里に戻る

と言う。
※ファミ通ではここから「リバーサイド馬宿に移動」とあったけど、自分の場合は直で「里に戻る」だった。

コログの里はハイラル川の上流にあるという。全てのマップをアンロックしているので、「ここか!」というポイントが発覚するが、ひとまずそっちの話は置いておいて、、、

ファミ通のネタバレとして僕が得た情報を書いてしまう。これは文字通りネタバレなので、読むときはご注意を。てか、ネットで調べてたら周知の事実なんだろうけどさ。

・大妖精は4人居て、3体までは自力で見つけたけど、最後の一体はマップ「最南西」
※要するに左下
に居た。

・「イワロック」は始まりの大地以外にも何体か居た、、、らしかったが、しっかりマップを見ながら探すのは何かイヤだったので、適当にそれとなく探していたら、、、

 ファミ通に載ってないイワロックを発見。そいつがダイヤを2つも落としてくれた!

場所は、北西の「力の極位」ティム何ちゃらだったかな、その祠から南にダイブした先に見える高台。ちなみに色はベージュ。
※「ベージュ」って婦人肌着やパンストも扱ってる自分にはポピュラーなカラーだけど、世間的には「ライトブラウン」とか「サンドイエロー」とかのがわかりがいいんだろうなな。

当然そこそこ強いが、まぁ倒せない相手じゃない。てか、

 未だにイワロックはこの2体しか見つけてない。

ほかの、どこに居るんだよ・・・。
※でも正確には調べない<面倒なヤツだな

・炎の剣とかを装備してると、寒冷地でのカイロになる。地味に便利
 ※当然暑いエリアでの氷系もまたしかり

・某アイテムを手に入れる為には、ハートの器が全部で14個必要。なので、がんばりの器は取りすぎちゃダメ、、、なのだけど、これは、どこぞにいるNPC?が小銭で切り替えてくれるらしいので、そこまで致命的じゃない。つってもそいつがどこにいるのか、僕は知らないのだが。
※良く読んでないだけとも言う

ちなみに、神獣のミッションをクリアすると、ハートの器を1つ丸々くれる。2つクリアした状態で、現在13個。もし切り替えしてくれるキャラを見つけられれば、すぐさま取りに行くことも出来る、、、はず。

・ガーディアンは目を矢で撃つとちょっと止まる。コレか!コレが攻略法だったのか!って感じ。マジびびった。

・ハテノ村に自宅を買うことが出来る。全然気付かなかった。こういうのホント参る。てか、せめてこっちだけでも気付いていれば、武器をもう少し潤沢にやりくりできたのに、って感じ。まぁぶっちゃけ置きっぱなしの「陳列用」って感じだけど。
※武器、弓、盾を各3個ずつ立てかけておける。

・マップの端にある迷路みたいなところをクリアすると、攻撃力が上がる装備がもらえるらしい。面倒そうなのでまだ行ってない。

・空飛んでる龍も倒せるらしい<当然だが。が、詳しく読んでない。ネルドラって言うらしい。

・あのクソウザイ魔法使いは、初代同様ウィズローブという名前だった。何かちょっと嬉しくなったな。

---------こんな感じ。

まぁなにはともあれ、「弾みは付いた」。別段モチベが下がってきてたわけじゃ全然ないけど、てか、現時点でも十分過ぎるくらいやりたいことがてんこ盛りだったのに、さらにこれで(やりたいことを)増やすのか!?って感じはなくはないけども、

 そういう加速感こそ、今の時代のゲームには必要って気もする。

常にモチベを注ぎ込み続ける。でないとすぐさましぼんじゃうもんなのだ。実際問題。

ともかく、僕の現状はこんな感じ。

・鳥みたいな神獣ヴァ・メドーを攻略

・象みたいな神獣ヴァ・ルッタを攻略

・最後の大妖精をアンロック、まだ完全じゃないながらも、僕の古代兵装の鎧セットが防御力78とかまで上昇
※素材あと1つ

・自宅を完成

・イチカラ村は放置

・武器枠13マス
※「コログ12個で増床」までクリア

・コログの試練クリア

・写真あと3枚

順に見ていく。

●メドー攻略

もう話がスゲェ良かった。てか、最初出てきた時に憎まれ口を叩いてた時点で、

 こいつ絶対かっこいいヤツだろ

って思ってたリーバル。

 まんまとかっこよすぎ。

S端子の頃はよくゲームの名場面をビデオに録画してたもんだけど、

 環境が整ってたらホント録画したいレベルだった。

一言一言が回を増すごとにかっこよくなっていく感じ。スゲェ嫌なヤツっぽいけど、実力を認めたら素直に折れるところ、そもそも、

 神獣ダンジョンがスゲぇムズい!

一回わざわざ抜けてコログの葉っぱを取りに行ったのだけど、

 取りに行く必要なし!

そうなのだ。ゼルダは「そんな作りにするわけがなかった」のだとちょっと反省。必要な物は必ずこの中で手に入る。ハマる「わけがない」のだ。

 それになかなか気付かなくてさ。

まぁ頭の柔らかい人ならすぐにちゃっちゃとクリアしちゃうんでしょうけども、

 ジジイはかなり苦労したって話。

ただ、

 ボスは超余裕。てか、既に一度倒してるって話。
※ボス戦前のリターンマッチのハズが、本編の方がリターンマッチになってしまう感じ。そう言う無茶な状況、スゲェ良い。

正直ちょっと泣けたからな。

報酬のリーバルトルネードは、ジャンプを溜めて放つことで上昇気流を発生させ、その場で高いジャンプ&パラセールが出来るワザ。クールタイムは非常に長いが、一度完了すると3回出すことが出来る。
※使う度にクールタイムに入るわけじゃなく、使い切って初めてチャージ。ちょっとクセがある。
※あと消費武器をひとつくれた。当然もったいなくて使えない。

クールタイムが異常に長い分、気楽に使いたくならないし、もっと言うと、

 コレを使って他の神獣ダンジョンとか絶対クリアしたくない。
※象さん攻略でスゲェ使いたくなったけど

順不同でクリアできる作りということは、「これが無くてもクリアできるように作られている」ということ。ということは、

 使ってしまったら、本来得られるはずのカタルシスを不意にすることになる。

駄ゲーならいざ知らず、ここまで面白いゼルダにそれは出来ない。てかクールタイムちょっと長すぎるとも思うけど。
※3分くらい?もっとかも。今度測ってみよう。

●ルッタ攻略

こっちもスゲェムズかった!てか、ルミィだっけ?ルファーだっけ?

 かわいすぎ。でも名前覚えらんない。

でもリーバルの話の方が好き。てか、今の時代の鳥戦士の奥さん、綺麗すぎ。ちょっとなんか雰囲気がエロい。「人妻感」みたいな?

兄貴のシドはイカす!ちょっとグレンラガンのカミナの兄貴を思い出す感じ。固有BGMも「煽る」感じ。泳ぐの超速い。マッハ3くらい。

 時のオカリナの水神殿の難しさを思えば、全然余裕。

あれは歴史に残る難しさだったもんなって感じ。

今回のゼルダの特徴として、ダンジョンは神獣とよばれる巨大な乗り物の内部になっている。そのため、マップを取得することが「ただマップである」というだけでなく、「神獣を操作する」ことにも繋がっていて、

 マップなしでクリアすることは絶対出来ない構造になっている。

で、たとえばメドーなら左右の翼を傾けることあったり、ルッタなら「象の鼻を10段階くらいで動かせる」だったりするのだけど、

 この「10段階」というのが「絶対意味があるだろ」と思い続けながらプレイしてて、

 結果まさに意味があったことが分かった瞬間の気持ちよさ!

さすがゼルダだなぁと思う。つか難度的にも「ええーーー!?」って感じで、何回か詰まったりもしたのだけど、結果2体ともノーヒントでクリア出来てホント良かった。

 ホント良かった!

こういう「クリアが難しい謎解きダンジョン」ってのは、今の時代すぐネットで答えを調べたくなってしまうのだけど、やっぱ自力でクリアするのが最高だよな、とシミジミ思ったね。

 ちょっと切ない話だったけどさ。

つか、ゼルダ様彼女だけでもいいから甦らせてくれよ!

 ゼルダ「え?彼女だけは絶対イヤ」

軽い三角関係にニヤリとしたり。

・・・

報酬は、ミッション開始時くれた「滝登りが出来るようになるゾーラの服」と、クリア時に「死亡時自動蘇生+HPが一時的に限界突破回復」というパッシブスキル。まだ使ったことはないけど、妖精とどっちが先に使うのかちょっと気になる。あとクールタイムがどれくらいかも。
※こちらも消費武器をひとつくれた。当然使えない。つかむしろ邪魔だけど、セーブしない最終戦に持っていくのはアリかな。

●最後の大妖精

とにかく左下だと信じて移動。これはファミ通がなかったら絶対「見つけるのが遙かに先送り」になってたと思うけど、、、

 正直「大妖精の泉はあと他にあと一箇所あります」とかでもよかった気もする。

知っちゃったら絶対行きたくなってしまうし、行ったら開放したくなる。開放したら装備を絶対強化したくなっちゃうし、、、

 一度知ったことはもう消せない。

まぁ本作はその程度でつまらなくなるような「細い」ゲームじゃないけども。てか、もっと開発秘話とかスゲェ読みたいし見たいな。一応スイッチ上からも見られる動画があったのだけど、全然足りない。「社長が訊く」は今やってないんだろうか。

アンロックは1万ルピー。手持ちのダイヤ13個を全て売り払い、
※ゾーラの里で夜光石10個をダイヤに交換してもらったりもした
所持金3000にサファイア少々でクリア。

古代兵装の強化素材は絶対「巨大な古代のコア」だと踏んでいたが、

 必要数が各2個で済んでむしろ肩すかし
※3個だと思ってた&手持ち7個しかなく「あと2個かぁ」と口元に笑みを浮かべつつ残り2個を探しに行く算段まで立ててたのに、足りてしまった

ただ、もう一つの素材がキツかった。

 星のかけら

ここでかよぉ!って感じだけど、ここでだったんだね。手持ちは2個。夜が待ち遠しいが、夜になったらなったで曇りだったり、

 ハイラル城攻略中に遙か彼方に落ちたり。

取りに行けねぇよ、、、と言いながらも向かったけど、

 全っ然届かなかった!

まぁあと1個手に入るのを楽しみに出来る、って考え方もあるかな。

他は主に属性キース素材で止まってる。あ、あとシノビマスがひとつも持ってなかったので、どこに居るか気になるけど、何とか自力で見つけられたらいいなぁと思うな。

●コログの試練

正直言って、「これだけはやって欲しくなかった」という、ポケモンで言うメガロポリス的な?僕の大嫌いな、そして一ミリも楽しいとは思えない、、、

 スニーキングミッション。

ホントイライラするだけ。これはホントに邪魔。人によっては楽しめるのかも知れないから、感性が壊れてるとかは言わないけど、

 僕にはホント楽しめない。

もう一方の「火の試練」の方が遙かに楽しめた。難しいのは難しいんだけど、倒した敵が復活しないという「世界共通ルール」がここでも適用されていて、

 偶然でも倒せれば楽になる、でも盾の耐久もじわりじわりと減っている
※盾や武器などが壊れるとミッション失敗になる

という、なかなかに上手い構造。てか、

 コログの森は、たどり着くのも結構苦労したけどね。

何となく「白い霧」にならない方へ移動してただけって感じ。

ちなみにマイホームが出来るまでは、このコログの森の「鍋」が、雨の日でも利用出来てよかった。

あとは、大きなコログに、武器枠を増床してもらたり、「某アイテム」があったり。

●写真ミッション

残り3枚。一枚は空に浮かんでる要塞みたいなのの近くだから、ゲルド地方だと思う。もう一枚は全然わからず、最後の一枚は「どう見てもお城だと思う」。最後のはハイラル城にそういうところがあると踏んで、それ目的で探索したのだけど、全然見つからず。ここじゃなさそう。でも地図で見つけられそうでもあるんだよな~。

まぁ馬宿を見つける方が楽かも知れないけど。
※これもファミ通に載ってた

全部見つけたらインパのところのボールがもらえて、一人目の大妖精の近くにある台座にセットすると、「何かある」はず。何があるのかは分からないけど、

 普通に楽しみ。

てかホント、他に一緒にやってくれる友人が居ないのが口惜しい。二人で競い合って、助け合って遊べば、多分今の2倍くらい楽しめると思う。
※自力でがんばっていれば見つけられたことを、軽く教えて貰って不意にするってことはあるんだろうけどそれでも

正直モンハンやポケモン、FF、ドラクエとかと比べて、「一般性が弱い」ジャンルになってしまった「キツめのアクションアドベンチャー」だけど、ここまで質が良いものはたぶん世界中探しても「ない」と思う。

オブリビオンを少しだけやっていたときの「オープンワールド感」に近い感じはするものの、アクションの質、イベントの量、そして根本的な遊びやすさの完成度が、

 全く別次元。

これは国民性にも寄るかも知れないけど、ニュートラルに見て
※世界観やデザインの好みは別として

 「コントローラを使って遊ぶゲーム」としての完成度は、絶対的にゼルダの方が上だと思う。

●軽く宿題。というか今日の予定

・残る神獣は二箇所。ゴロンシティは溶岩が熱すぎるので、ひとまずゲルドの方へ向かおうかな、と。てか、あと4箇所祠をクリアするだけでもハートの器は14個貯まる。そっちのが楽かな。

・夜が来たらとにかく周囲を見回し&ワープして流れ星を探す。移動は必ずシノビセットで。今晩中に見つけたいなぁ。

・何もないエリアの探索が意外と楽しかった。
※昨日はバオバブの木が群生してる辺りを探索した。普通の素材が普通に集まって良かった。

どこでもいいけど、まだアイコンがないエリアを探索したい。

・未だに細い隙間の向こうに見える祠に行けない

・以前書いた「滝の上まで行くコログミッション」をクリアする。今なら出来るはず

・とにかく耐暑装備がない以上、ヒンヤリ系を揃えて食事で何とかするしかない。何とかするしかないのだ!つかゲルドに売ってそうだな。

・ハイラル城再度探索したけど、あんまめぼしい物は見つからず。つか二回目の方が防御もHPも高くて、装備も潤沢だったはずなのに、探索はスゲェ苦労した。一回目はかなりビギナーズラックに助けられたかも。

もしハイラル城を徹底探索するなら、やはり耐久力の高い装備、及び大量の回復薬、攻撃UP薬は不可欠。行くんなら本気の覚悟が欲しい。最低でも古代兵装の鎧一式をMAXまで強化してからかな。

・リンゴを乱獲する。現状150個くらいだけど、すぐ減る。リンゴの森よりハテノ村の方が、なってる実の数が多い気がするが、どのみちどっちも全て取ればいい。ちなみに、ボムで切り倒す場合は、「ボムが地面に着地してから起爆」しないと、リンゴがいくつか消える(爆発で砕け散るのか、遠くに吹っ飛ぶのかは未確認)。地面に着いてからなら、そう言うことはないと思う。

・せっかくだから古代兵装の大剣でも作ってみる。てか、やっぱイワロックの出現ポイントをしっかり(ファミ通で)調べちゃおうかな。

・・・とにかく、

まだ探索してないエリアが多すぎて嬉しくなる。難度的にスゲェ難しいと思いながらも、そこまでボリュームが大きくない分、神獣ダンジョンは全然アリ。まさに、

 僕にとってちょうどいい難しさとボリューム

だった。絶対どこかに答えはある。そう信じて、そして裏切られない。それがゼルダだからな。

てか何本売れたのか知らないけど、これもまたゼノブレイドクロス同様、「元が取れない」タイトルなんだろうなぁと思う。海外でウケが良ければいいけど、、、どうなんだろ。

------------------

昨夜著しく狼狽するショックな出来事があった。

 つまり、

 コントローラにコップの水をこぼしてしまった。

正確には「三ツ矢サイダーを飲み終わって氷が溶けた水が入っていたコップ」をこぼしてしまった。

ましてやティッシュは箱をひっくり返してスイッチのモニターが置いてあった。

 でも冷静かつマッハで拭き取る。

結果、ボタンが少し効きが悪くなった、、、かも知れない。てか、

 スゲェ勢いで遊びすぎて、ボタンの効きが悪くなってる可能性もゼロじゃない。

つか効きが悪いは語弊があるし、ジュースをこぼしたコントローラにありがちな、「戻りが悪い」わけじゃない。何かこう、

 左右のボタンで感触が違う感じ?

1対で7000円とかするコントローラを、購入して10日で壊してしまうなんてことは、ホント勘弁して欲しいが、とりあえず、

 ゼルダをクリアするまではどうもこうもない。

クリアしてまだ調子が下り坂だったら、任天堂に修理に出そうかなって感じ。これだけ小さいとさすがにフタ開けて掃除しようって気にはならないんだよな。買ったばっかだし。

追記

そう言えば本作に何かが足りないとずっと思いながら遊んでたのだけど、途中で、

 ナヴィが居ない

ことに気付いた。そして同時に、

 だから楽しいのか!

とも。アイツ(および機能的な同種)は、ホント邪魔だった。何つか、ボスとかの攻略法を教えてくれるって言うからロックして起動してんのに、

 あてに出来る答えが返ってきたためしがない。

そのくせ戦う前にあれやこれや「当たり前のことばかり」まくし立てて、

 うるせぇ黙れ!

って感じだった。

本作は確かに情報不足なきらいはある。ただ、結果としてそれでも何とか遊べるように、「楽しめるように」作り込まれていたし、それで何ら問題はない。正直「思い出ムービー」はテンポが崩れるから邪魔だし、あんま感情移入とかしないが、
※リーバルの時だけはちょっとよかったけど、ゼルダ姫は、「そもそもかわいくない」のが大きなマイナス。

 ゼルダがかわいくないのは大きなマイナス。

あんな悲劇のヒロインに自ら突き進んでくキャラは、今時全く流行らないし、そそられない。

本作は凄く楽しいし、大満足だが、
※これでクリア出来なくても全然平気。スイッチ分元を取ったと言っても良いくらい楽しんでる

 ゼルダ姫だけは、もうちょっとやりようがあったんじゃないかって思った。

まぁ100年ガノンを抑え続けるという役回りからして、そこまでライトなキャラには出来なかったんだろうけどもさ。

|

« FFBEエクスヴィアス~その209~ | トップページ | FFBEエクスヴィアス~その210~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FFBEエクスヴィアス~その209~ | トップページ | FFBEエクスヴィアス~その210~ »