« スマホがウイルスに?ほかつぶやき少々 | トップページ | FFBEエクスヴィアス~その406~ »

2018年7月15日 (日)

ジュラシックワールド 炎の王国

書いてる途中でウィンドウズのアップデートが勝手に始まって、おじゃんに。ガックリ。まぁそう言うこともある。ただテンションはダダ下がり。そこまで大したことを書いてたわけじゃないけど。

今日が初日。まぁ普通見に行く映画かな、と。あと「7番スクリーン」だったし。
※イオンシネマ豊川で一番大きいスクリーン。これだけで見に行くテンションが5割増し

席はH16。一番前のブロックの一番後ろ。僕の前には誰も居ないし、後ろは通路なので音もさほど気にならない。ちなみに1時間近く前に着いたので、はなまるうどんでカレーセットを食べた。

吹き替えだったが、むしろ僕はそっちのが好きなのでこれも問題なし。最後に玉木宏と木村佳乃と言われて、「ああそう言えばそうだったな」って程度。ただ、序盤に、

 あ、池田昌子だ※メーテルの声。オードリー・ヘップバーンの声でもある

もう池田昌子クラスになると、声を聞いた時点で「端役じゃないだろ」って邪推してしまう。まぁ言うほどキーパーソンでもなかったけど。

本編の感想の前に予告の感想を少々。なぜなら本編の感想は短くなりそうだから。

・マンマミーヤの続編

とにかくトレーラーがイイ。ダンシングクイーンもめちゃ美味しいタイミングで流れるし、とにかく出てる人がみんな幸せそう。ハッピーな空気がスゲェ流れ込んできて、それだけでちょっと幸せな気分になった。

 まぁ映画は見ないがな。前作も見てないし。

・オーシャンズ8

サンドラ・ブロックとアン・ハサウェイで、かなり面白そう。てか監督が気になるけど、
※僕はオーシャンズ11の監督が好きじゃない
それ以上にジョージ・クルーニーが「出ないっぽい」のがとてもよさげ。つっても見るのはDVDになってからだろうけどさ。てかやっぱアン・ハサウェイスゲェ好きかも知れない。

・ミッションインポッシブル フォールアウト

予告を見る限りあんま面白そうじゃない。ブラッド・バードじゃないと思うし、、、まぁサイモン・ペグは出てるけど、ジェレミー・レナーは出なさそうだし。たぶんレンタルが始まってから借りて見るくらいかな。さすがにトムも年齢感じちゃうお年頃だなぁ。

・未来のミライ

自分の中では、ぶっちゃけ細田監督は「おおかみこども」で大きく裏切られたので、以来一切信頼してない。なので映画館に行く気はサラサラない。てか、

 声優がスゲェダメっぽい。

具体的に言うと本職ではない俳優とか芸能人っぽい。神木君とかならいざ知らず、僅かなシーン見てるだけでも「嫌悪しかない」。子供の作画はかなりかわいいし、雰囲気は悪くないと思うけど、たぶん借りないだろうな~。

・・・・予告はこのくらいにして。

 ぶっちゃけかなりつまらなかった!

スタッフロール見て妙に納得。監督も音楽も別の人だった。スピルバーグは制作総指揮だし、ウィリアムスはメインテーマのみ。

 道理でメロディアスじゃないと思ったワ。

クリス・プラットとその彼女は同じ人。他は、ジェフ・ゴールドブラムが最初と最後に説教するためだけに出てきてマジウゼェ。

 てか説教、マジ要らねぇ。

あと全体的に画面が暗くて、状況がわかりづらい。テンポもあんま良くないし、

 ネタバレ挟みます↓※反転

オークションのシーンとか冗長だし、屋根の上移動していくとことか、博物館みたいなところのシーンとか」全体的にゆっくり。

逆に一番良かったのは、「序盤でマンホールみたいなところから逃げ出すシーン」。思わず両足抱えちゃったわ。ああいうのはとてもいい。てか、

 全体的にドキドキするシーンが少なかった。

ブロントザウルスみたいな大きいヤツも、なんか取って付けたみたいな出し方だったし、オープニングアクトは悪くなかったけど、インドミナスレックスみたいな「デカくて怖くて強くてかしこくて消えたりする」みたいなスーパーモンスターが出てくるわけでもなく、まぁ雰囲気は「古城」みたいで新鮮だったけど。

 イマイチ「殺し方」に新鮮味がないというか、面白みがなかった。

あ、でも新顔の女の子は結構好き。キャラもおっぱいも立ってた<言うな。そうそうこれ凄く言いたかったこと↓

 どこら辺が「炎の王国」なんだよ!

アホウか、と。全く内容とタイトルがフィットしてない。前半で火山パートは終了してるのに、「もしやこのまま炎の王国っぽさには触れない気か!?」ってまんまとそうだったし。そもそも、

 あの火山関連の映像、スゲェしょぼかったし。

もっと見せ場としてやりようがあったんじゃないか、と。地割れとか火山弾とか溶岩とか、、、。

 寂しいなぁ、、、って。

前作は事前に情報得た状態で見ちゃったから、そこで過度に期待が膨らんで、結果十分面白いはずの映画を辛辣な感想になっちゃって軽く後悔したので、今度は情報ゼロで、って思って見たんだけど、今のジャッジで、

 ジュラシックワールド ★★★☆

 ジュラシックワールド炎の王国 ★☆

このくらい落差があったね。READY PLAYER ONEとは比べものにならない。そうそう、もう一個絶対書いておきたいことがあった。

 始まる前の予告に、本編の(この場合炎の王国の)予告流すの止めろよ。

あれはマジ最悪。殺意しかないわ。あと、スタッフロールのあとにもワンカットあるにはあるけど、完全に「ここまで見てくれた人への一応のお礼」程度。ドラクエで言う袋小路に宝箱を置いておいたけど、中身は20ゴールド、みたいなレベルだったので、全く見る必要はない。てかぶっちゃけ、

 ネタバレ反転「プテラノドンがラスベガスに来てる」ってだけ。

続編が作りやすいように終わってるのも「あざとさ」しか見えなかったし、まぁクソ映画、、、は言い過ぎだけど、あんま面白くはなかったな。眠くはならなかったけど。なんか予算も前作より抑えて作ってる感じもしたけど、それは気のせいだったのかなぁ。

|

« スマホがウイルスに?ほかつぶやき少々 | トップページ | FFBEエクスヴィアス~その406~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スマホがウイルスに?ほかつぶやき少々 | トップページ | FFBEエクスヴィアス~その406~ »