« FFBEエクスヴィアス~その505~ | トップページ | FFBEエクスヴィアス~その506~ »

2019年4月17日 (水)

かぐや様は告らせたい

既刊14巻まで読破。

 うーむ面白い!

と言うか、1巻を読んだ時点で自分がなぜイマイチに感じたのか思い返してみたのだけど、

 このままどちらも意地を張り続けて平行線を続けていくとしたら、それは僕の望むラブコメじゃないな

と思ったからだったと思い出した。

結局のトコロラブコメのキモは、「二人が思いを通わせる部分」にある。これはどんな作品であっても変わらない。徐々に自分の本当の気持ちに気付いて、相手も同じようにその気持ちを膨らませ、いろんな障害やら葛藤を繰り返しつつ、最後その思いをぶつけて、

 そしてハッピーエンド。

これが王道パターン。これがラブコメ。

もちろん片側は最初から大好きだったとか、心中をあまり表に出さずに展開する場合、そもそも自分の気持ちに気付いてないことなんかもあるけど、

 ラブコメとは、「人を好きになっている人」が主人公。

その点「かぐや様※タイトル」は、それをどこか蔑ろにしてたというか、いかに相手に告らせたいか、という表題の機微に傾注するあまり、

 果たして本当に二人は好き合っているのか

ということが不鮮明になってたと思う。少なくとも序盤は。

しかし、巻を重ね読み進める毎に、その気持ちはわかりやすく開花していく。もう直球で好きという気持ちを受け入れ、「いかに告らせるか」ではなく「いかに告るか」に変わっていく。

 ある意味普通のラブコメになってしまったとも言えるけど、僕はそれこそが大好きなので全く一切問題はない。

また、これも重要なファクターだけど、

 絵がどんどん上手くなっていった気がする。

最初はどちらかというと癖の強い「イロモノ作画」が多く、バランス的にコメディ要素が8割という感じだったけど、途中から「かわいいかぐや」「イケメンな白銀」がどんどん増えていって、また脇役もとても魅力的に描かれ始めて、

 読んでて凄く癒されるようになった。

まぁ藤原さんに関しては、自分的に微妙というか、作者的にも彼女を「損な役回り」にしたかった感はあるけど。

・・・

短いので個々のキャラごとに自分の好みを書いてみる。誰のためでもない「チラ裏」な話なので、読んでる人が「それはわかる!」と思うかも知れないし、「マジありえねぇ」って思うかも知れないけど。

・四宮かぐや

 基本わがままでイラっとすることも多いけど、そっちより気になるのはちょいちょい全く別人格になる(作者によってされてしまう)ところ。何つか、「ブレる」。それ以外はとてもピュアで嫉妬深いな女の子(わがままなところも含めて)なので、主人公として必要十分に魅力的。「結構好き」。

・白銀御行

 正直かぐやに合わせて行動や言動が決められてるきらいがある。あれほど強いキャラの横にいて、主題とも言える「告らせたい」を維持するには、多少のつじつま合わせは不可避かなぁとも思うけど、正直「作られた王子さま」感は否めない。「嫌いじゃないけど」。

・藤原千花

 コメディファクターを一身で支える陰の立て役者だが、同時に憎まれ役でもあり、僕自身どうにも好きになれない。ルックスがいいから救われてるけど、他のキャラ大半から「根底では嫌われている」感がいと憐れ。大事なキャラだけど、どこか作者からの愛が薄い気もする。「やっぱ好きになれない」。

・石上優

 初期と後期でキャラが全然変わった。藤原が作者に愛されてないとすれば、石上はガッツリ愛されている。と言うか、その度合いは「白銀以上」。要所要所で「実はイイ人」を積み重ねまくり、ついに高嶺の花にアタックするまでに成長。かぐやたち以上にハッピーエンドを期待したい。「かなり好き」。

・伊井野ミコ

 最初はただのウザキャラだったけど、「優しくされると許しちゃう」という追加要素で一気に魅力が増した。でも今の流れだとどう考えてもハッピーエンドが迎えられない不遇な立ち位置なのがかわいそう。ただもしリアルで居たらたぶんかなり仲良くなれる子だとは思う。基本正義の味方が好きなので。「でもマンガの中では好きじゃない」。

・早坂愛

 作者に愛されてる脇役。七変化はもはや「おもちゃ」にされてるレベルだけど、それでも(藤原と違い)ちょいちょい「イイ思い」をしてたりする。ルックスも良く、役所も非常に美味しい。てか存在感で言えばもはや白銀をも上回ってるのでは?名場面の多くに彼女の影がある気がする。「石上より好き」

・子安つばめ

 上は目次に出てたメインキャラだけど、この子はそこに載ってない。でもあえて書く。

 なぜなら、この子が一番好きだからっ!

確かに優等生過ぎるし、イイ人過ぎるけど、何が好きって「胸が大きい!」、、、いや違うそれだと藤原も好きってことになってしまう。そうじゃないそうじゃない。

 ウワサに流されないところ、公平で平等で、さらに明るく、強い。

この子の周りにはきっとイイ人が集まってくるんだろうな、という女性と言うより人間的な魅力に惚れる。てか僕が好きな石上が心を奪われるくらいだから、相当魅力的でしかるべきなのだけど、さらに良かったのは、

 ネタバレ反転「ここまで魅力的なのにフリー」という設定。

現実にはあり得ないのだけど、でもどこかこの子の内側に「そう言う要素」があるのかも、と期待してしまうほど気に入ってる。てか、キャラを掘り下げたいと思ったのは、単につばめ先輩のことを書きたかったからだからな。他のキャラ説明はむしろオマケだ。「超好き」。

-------------

14巻である意味一つの節目を迎えたので、次巻はそこまで楽しみというわけでもなく、「渇望やるかたなし」ってこともないのが救い。

結構ネタ不足で、でもFF14とかエクスヴィアスとか、やることがある中で、

 13巻~14巻は3回通り読み返しちゃったり。

「どっちが楽しいかで決める」。今の僕には、かぐや様を読み返すのが一番楽しいと思ったんだよね。

 14巻★★★☆!

|

« FFBEエクスヴィアス~その505~ | トップページ | FFBEエクスヴィアス~その506~ »

コメント

クリスさん、こんばんは
以前、コメントでかぐや様を薦めさせていただいたものです
最新刊まで読んで頂けると、薦めた甲斐がありました。笑
また何か良さげな作品があったらコメントさせていただくので是非読んでみてください〜

投稿: haneru | 2019年4月23日 (火) 02時30分

どもどもです。まさかあそこまでイチャラブな(僕好みな)展開に転がっていくとは夢にも思いませんで、驚きと嬉しさでどうもありがとうという感じです。

 個人的につばめ先輩が凄く好き。

優くん報われて欲しいです。ガチで。藤原さんはどうでもいいですガチで。

基本嫌なキャラが居ないのがとてもイイですね。

・ハッピー多め
・ストレス無し
・ドキドキ多め
・失恋無し

これでお願いします!ときめきトゥナイトみたいなのが読みたいです!!

投稿: クリス | 2019年4月29日 (月) 19時58分

石上には報われて欲しいですけどね…
なんか、石上はつばめ先輩に振られて(一度付き合ったとしても)、最終的にはミコちゃんとくっつきそうな予感が私はしています。

クリスさんのブログをよく拝見させていただいてるのですが基本的にマイナス溜めが嫌いだというイメージだったのでかぐや様を薦めさせていただきました。笑
でもラブコメって意図的に嫌なキャラを描く作者が多いので、条件にあう作品ってなかなかないんですよね…

全ての条件を網羅出来てるとは言えませんが、今ふと浮かぶほかのオススメの作品としては「変女〜変な女子高生 甘栗千子〜」、「源君物語」ですかね!
ただこれらの作品はかぐや様のように万人ウケするようなラブコメではなく、少し癖のあるものなので少し注意が必要かもしれません。

投稿: haneru | 2019年5月 3日 (金) 02時39分

どもですクリスですまいど。最近ゲームネタに傾注してて申し訳ない。

石上優君の読み、

 かなり鋭いところを突いてるな!

と思いました(^^。なるほどそれはありえそう。いや、決してつばめ先輩が悪役になるわけじゃないんですが、「イイ感じに別れる」可能性は高いですよね。言葉通りなら、つばめ先輩が優君のことが好きになって、結果受験がおろそかになるのが見えたとしたら、優君から身を引く展開もなくはないかと思いますし、

 まさかのモテキでミコちゃんから告られる可能性も!?

しかし登場当時ここまでイイ感じのキャラに仕上がるとは、夢にも思いませんでしたね。彼だけに言えるわけじゃないですが。

オススメはまだ見ていませんが、俺物語とか非モテの王子様とか、あと徒然チルドレンもかな。マイナスの溜めが無くても面白くてキュンキュン出来るマンガはいっぱいありますよ。
※あとエロマンガ先生もほぼマイナスの溜めはないですね。マンガではないですが

きっと僕らが知らないだけだと思います。何がきっかけで出会えるかわからないですが、きっかけは大事にしたいなと思います。

ただ、前も書きましたが、自分は自分の気持ちにとても正直なので、面白く無ければバッサリ書いてしまいます。それはご容赦下さい。

投稿: クリス | 2019年5月 4日 (土) 20時27分

いえいえ!アニメや漫画ネタは多くを読んでないと書きづらいというのはわかるのでお気になさらず。笑

石上についてはちょっとメタネタになってはしまうのですが、かぐや姫の燕の子安貝の石上中納言のように掴むところまで頑張るが報われない(結局は燕の糞を掴んで落下死する)のような気がしてしょうがないんですよね…
クリスさんもおっしゃっていますが、かぐや様は告らせたいのキャラは、話が進むにつれて本当にいいところがどんどん見えてきて、そういう意味でも見応えはありますよね!(某藤原は除く)

あ、俺物語や徒然チルドレンはクリスさんが読んでいらっしゃるのを知っていたので脳内から除外してしまってました。笑

そうですよね、この世の中には多くの作品がありますし、どのようなきっかけで知れるかもしれないので私としても機会は大切にしたいと思います。
あっ、ちなみになんでここに先生が!?漫画を1話から読んでますがToLOVEる的な感じで面白いですよね。笑
ハーレムものでなく、巻数を勧めるごとによって色々な先生が出てくるので是非とも原作を読んでいただきたい作品です!
※余談ではありますが、ラブコメではないですが、同雑誌に掲載されているパラレルパラダイスも色々ぶっ飛んでて面白いので是非読んでいただきたいです。

むしろバッサリ行ってください!
かぐや様も最初あまり好みではないって書いていらっしゃったのを見てて、読み進めていったら評価変わるだろうなぁと思ってニヤニヤしてたので。笑
それでもし評価が覆らなかったとしても、また次にオススメ出来る作品があればオススメさせていただきます!

投稿: haneru | 2019年5月 5日 (日) 01時56分

どもですhaneruさん、クリスですまいど。メインでやってるゲームがシフトしつつある今日この頃なので、それとは無関係なレスが嬉しいです(^^。

「ツバメの子安貝」の話は、全く不勉強でわかりませんでした。でも歳を取るとそう言うのを調べようともしなくなるんですよ。「好きなことだけ情熱的」誰しもそう言うところはあるかな、とも思いますが。

藤原書記に関しては、ズバリ「恋が似合わない」んですよね。恋とはつまりはハードルがあったりドキドキがあったりという「上り下り」。彼女は完全なマイペース型なので、ルックスを起因としてモテはするものの、実際は「気分で付き合って、気分で結婚して、そのままのペースで老後を迎える」ような気がします。機微の無い子なので、ラブストーリーの中では無価値なんですよね(^^;。

俺物語も徒チルも、「最初からスゲェ面白かった」です。衝撃的と言ってもいい。なかなか無いかな、と思いつつも、「案外あるよ?」と言う気もします。「B型H系」や「おじょじょじょ」もそうですね。男性向け濃度が強いですが、普通に大好きです。てかB型H系のさんりようこ先生は、他のマンガも好みだったんですが、あんま描いて無くて残念。

自分トラブル読んでないです。何度も「嫌いじゃ無さそうなんだけど」と思うんですが、巻数が多いのと、

 ジャンプだってのがマイナスに作用して、結局ほぼ読んだことがない状況。

読めば面白いのかもなんですけどねぇ。

マンガに限らず、ある種ブーム的に盛り上がるものが来る感じで、今は割とマンガから距離があるんですよね。アニメに傾注する時、ラノベ読み始めた時、過去にはレゴだったりトレカゲーだったりしますが、今はオンラインのFF14。

 自分で作ったキャラがかわいすぎて・・・

でも面白いマンガはホント何度も繰り返し繰り返し読んだりしますし、あ、

 「煩悩寺」オススメですよ?

しばらく前に書いたネタですが、3冊でキレイに終わりますし、嫌なキャラゼロ、イチャラブMAXファイアーでドストライクに楽しめました。

以前は毎週だか毎月だか1冊キンドルでタダでマンガが貰えていたのですが、
※ギャラクシーのアプリ関連で
途中からマンガが無くなってしまって、結局そこでマンガとの距離が出たりもしましたね。タダで1巻読んで、続きを買ったものもいくつかあったんですけどねぇ。

ともかく、レスにしてもマンガにしても、その時のテンションで「ガツッ」と摂取するので、適当な距離感で見守って貰えたらと思います。てか今週の「なんここ」が、いつもの先生じゃなくてちょっとガッカリ。

 教師と生徒の恋愛が全然OKな世界観は大好きですけどね~(^^!!

投稿: クリス | 2019年5月 9日 (木) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FFBEエクスヴィアス~その505~ | トップページ | FFBEエクスヴィアス~その506~ »