« デジラマのコツ~その3~ | トップページ | デジラマのコツ~その5~ »

2021年7月 9日 (金)

デジラマのコツ~その4~

続き。

●縮尺

これは凄くわかりやすい。単純に大きさがしっかりとリアリティを持っているかどうか。

 全長18mのガンダム、足のサイズは6mくらい?アムロの身長は172cm?

道路の幅、横断歩道の幅、人間の身長、車の高さ、ビル1Fで3m、、、

僕がもっと頭が良ければ、

 ガンダムまで20mの距離があれば、仰角が何度くらいでちょうど画角に全て収まる

みたいなこともはじき出せるのかも知れない。

初期の「豊橋のザク」では、それら縮尺に関する考慮を一切しなかったために、

 「身長7mくらいのザク」

まるで東部ワールドスクエアか?ってなくらい小さなザクが出来上がることになってしまった。

もちろん素材がSDであったり、

 アッガイであったりすれば、その限りではないと思う。

最初から「本来の大きさじゃないことに抵抗がない」なら、厳密に精度を上げていく必要は全く無い。

ただ、そう言うのではなく、出来るだけリアリティを出したいその上で、

 2体のMSを画面に入れる場合

これがなかなか難しい。と言うか難しかった!

「ガンダムとガンキャノン2」を作ったとき、手前のガンキャノンはバシッとドヤ顔で立っている。しかし、あまりにもそのままじゃ画面が寂しいと言うことで、キャノンを左にズラして、そのやや後方の建物の後ろにガンダムを立たせようと思ったら、、、

 何が難しいかわからないですよね?

「そんなのちょっと小さくして置けばいいんじゃないの?」。僕もそう思いました。

でも、、、

 ちょっと小さくして置くと、、、

 ガンダムがそのまま小さく見えちゃう。

「ガンダムを撮影したときの角度」が「その距離感で破綻がない前提」で撮られてないから、ただ小さくしただけだと、違和感がなかなか消えない。

「遠いからガンキャノンより小さくて当たり前」とも思うけど、

 地面の「奥行き角※水平度?」がかなり浅く、ガンキャノンの足元からそのまま奥に伸ばしていったとき、ガンダムの足が建物を突き抜けてこちらにはみ出してしまった。
※わかりやすく言うと「ガンキャノンの左足の1m後ろに、建物の後ろに立ってるはずのガンダムの右足が表示されてしまった」

「角度」のところでも書いたけど、

 プラモと背景は正解の位置関係がたったひとつだけある。

プラモが2体なら、、、

 3つが正解の関係にならなきゃ破綻してしまう。
※つまり難度が高くなっちゃう

その分、完成したときの「しっくりパワー」がより高くなるわけで、だからってわけでもないだろうけど、「ガンダムとガンキャノン1」は1650ものいいねを貰えたのかもしれない。

 しっくりパワーがとても重要なのだ。

ともかく、「正解じゃないガンダム」を使って「正解を探そうとしても」、絶対に正解にはたどり着けない。「絶対に」だ。しかし、

 「最も正解に近いガンダム」は存在する。

つまり、「破綻はしてる。が、割とわからない」。それも縮尺を極めていく上でとても重要なポイントだなぁと昨夜の僕はしみじみとPCの前で寝息を、、昨日は寝てないわ。理解咀嚼した。そして、

 1mm単位でガンダムの大きさを変えては、画面から離れて見て、違和感の体感を繰り返した。

・・・しっくり来てない。ガンダムが思いっきり小さく見える

・・・しっくり来てない。ガンダムが近い割に小さく見える

・・・しっくり来てない。ガンダムの足が(建物に隠れて見えないけど)地面に着いてない気がする

・・・しっくり来て、、、むむ?、、、これは、、微妙に、、、しっくりか!?

最後の最後、エフェクトでごまかすこともあるけど、

 全てがしっくり行った場合、エフェクトはハッキリ言って不要。

果たしてこのブログを読んだ人の何人が「ガンダムとガンキャノン2」を見てくれるかわからないけど、、、

 せっかくなので久しぶりに画像を貼ろうかな。※小さいサイズだけど

22  ←これが完成。
 ガンダムの大きさ、角度にスンゲェ苦労してるとは誰も思わないんだろうな~。何とか建物の向こう側に立ってるように見えてくれればいいけど、、、

続く。

|

« デジラマのコツ~その3~ | トップページ | デジラマのコツ~その5~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デジラマのコツ~その3~ | トップページ | デジラマのコツ~その5~ »