« ガンプラパトロール | トップページ | デジラマ案メモ »

2021年8月 7日 (土)

ガンプラパトロール~その2~

昨日の続き

●ジュニア模型

以前検索したときは定休日(水木定休)で、いつか行きたいと思っていた豊橋にある模型店。開店は11時だったので、タイミングを合わせて11時1分に着いたら、

 まだシャッターが半開き。

ふむ。まぁそう言うこともある。

しばらく外でウロウロしてたら、奥さんが開けてくれた。

店はかなり狭く、昔の駄菓子屋レベル。トヨカワホビーの4分の1くらい?のスペースにみっちりとプラモが詰め込まれていて、プラカラーやニッパーなどのツール類は天井から釣り下げられていたり、そもそもそれほど多くもなかったり。

11時開店7時閉店で週休二日というのも、営業時間としてはかなり短めではあるのだけど、さらにこの店は界隈では珍しく「全て定価」。貼り札は税抜価格のままで、割高感は否めなかったのだけど、

 そう言う環境だからこそ、他の店には無い物があったりするわけで。

例えば、昔は見たけど最近は全く見ない、MGプロヴィデンスガンダムや、MGサイコザク、MG百式など、MGが結構充実。

奥さんはしつこいくらい「探してる物があったら訊いて下さいね」と訊いてくれたのだけど、それには理由があって、

 どうやら今朝が入荷日だった様子。

つまり、僕がたまたま行ったのが月に2度くらいしかないガンプラの入荷直後であり、他の人の予約分は売れないけど、そうじゃなかったらリスト調べますので、みたいな。

ちなみにこの日入荷してたのは、
※予約で買えなかった物「×」も含め

×クスィ
×シャアリックドム&G3ガンダムセット
×ジムスナイパーII
×HGクシャトリヤ
・HGディジェ
・HGオリジン旧ザク
・HGオリジン旧シャアザク
・HGザクハーフキャノン
・MGシャアズゴック

こんな感じかな。一番揺れたのはハーフキャノン。定価1800円で税込1980円。「1900円でいいです」と言ってくれたけど、まぁ高い。

 頭の中で「作りそうかどうか」をシミュレーションする。

・・・まぁ作らない。

ちなみにこの店は前述の通り予約を受けてくれる。でダメ元でサイコガンダムの話をしたら、

 予約数はまだ余裕がありますが、入る可能性は薄いです。

ただ、ありがたい一言が。

 いつでもキャンセルして戴いて結構ですのでお気軽に。

ならば、と予約を入れて貰うことにした。ちなみにサイコガンダムの定価は5500円税込。2割引との差は1100円もあるが、メルカリとかだと8000円で組み立て済みとかだったので、全然マシとも言える。

 そもそもそんなに欲しいプラモがあるわけじゃないし。

ディジェも悩んだけど、「旧キットですら作らなかった」からな。HGを買っても作るまい。

値段が高く立地的にちょっと遠く、定休日的に行きづらい場所ではあったけど、奥さんの印象はすこぶる良く、家族でがんばってやっていこうという気持ちが伝わってくる「イイ店」だった。

トヨカワホビーにも言えるけど、昔からの「業種店」として、おもちゃ屋や本屋が軒並み潰れる中、模型店というさらにニッチな業種店が生き残ってるのが、ちょっとだけ面白い。もしかしたらこれも「転売ヤー」の存在に影響されてるのかなぁとも思った。

●MEGAドンキホーテ

豊橋には「日本一大きなドンキ」として有名なメガドンキがある。ここは以前お正月に行ったとき、ペーネロペーが腐るほど置いてあったので、意外と穴場かも知れないと思って寄って見ることにした。

そしたら、

 まんまと僕がDMMに予約を入れていた「オリジン量産ザク」が。

DMMのが安いが入荷は少し先で、さらに送料無料になるラインを超えてなかったので、そっちをキャンセルしてこちらを手に取る。
※ドンキは定価の2割引

さらに、さっき「こちらは予約なんです、、」と言われたジムスナIIが。正直そこまでかっこいいとは思ってないのだけど、最近の流れで「ジム、作ってない!」ことに気付き、その中の一縷の選択肢として、「買ってもイイかな」って思っていたのだ。

まぁ概ねはそんな感じだったのだけど、、、

一点凄く気になることがあった。

 売場の通路にデカイダンボールが4箱積まれている。

中身がスゲェ気になったので、店員さんに「開けて貰っていいですか?」と直談判。こういうのはなかなか普通のお客はやらないと思うのだけど、僕はアクティブなのだ。

 開ける直前に、ダンボールに「ガンプラ」の文字を視認。テンションがググッと上がる。

開けていくそばから、「さっき予約で見た」、リックドム&G3や、クシャトリヤが出てきて、すぐさまキープ。周囲には「気配を察したハイエナ<失礼」が集まってくるが、状況を把握出来ない人は遠目で見るだけだ。

 僕の狙いはクスィガンダム。

全く買う気などなかった。全く欲しいとも思ってない。だが、

 みんなが欲しいと思ってるのはメチャクチャ知っているし、今がそのチャンスなのだ。

次々と開けられていくダンボール。その最後の一箱を開け、上段に仮面ライダーやキティのプラモが見える。

 これ、別の箱と混ざっても、、、移しても大丈夫ですか?

と訊ね、OKを貰うと、そそくさと移動し、

 下段に大きめのHG箱を発見。すぐさまそれがクスィであることを確認。

甘かったのはこのときそのままレジに直行してしまえばよかったのだけど、
※思案するつもりだったのでそれは難しいのだけど

 どうやらこれは「今は売れない」ものらしかった。

僕の他にもうひとり中高生くらいのお兄ちゃんがコレを狙っていたらしく、「それ欲しいんですけど」と僕に言ってきたので、「思案中」と突っぱねたりもしたのだけど、店員さんが、

 これは今は売れないんです。レジに並んで戴かないと、、、

意味がわからない。これを持ってレジに行ってはダメなの?と訊いても、「これは並んで戴かないと、、」。途中でさっきの兄ちゃんがレジに並びに行く。確かにこれだけの情報を聞けば、「先にレジに並んだ方が買える」ように思える。

だがしかし、それは筋が通らない。一旦手に持ってる僕より、それを「今」聞いた人のがチャンスが早く巡ってくる「道理」がない。

詳しく聞いてみたら、つまりこのクスィは「翌朝出す物」だったことがわかった。兄ちゃんにもその旨を伝える。「そりゃ今から明日の朝までは並べない」。

 大して欲しくもなかったクスィだが、一度は手に持つ機会を得たのは結構楽しかった。てか、

 小学生の頃、近所のおもちゃ屋のおじさんに勝手口を開けて貰って、まだ全部の灯りが灯ってない店内で特別に売って貰った時のことを思い出した。

僕は51歳だが、こういうところは大人げないし、どん欲なのだ。

 だって楽しいから。

ただ、ひとしきり祭りが終わって、
※今思えばディジェやハーフキャノンも入っていたとは思うけど、クスィに全部持って行かれた

手元には「オリジン量産」「ジムスナII」「リックドムG3」「クシャトリヤ」。値段を調べたらクシャトリヤは定価税込み4950円だから約4000円。先日ユニコーンのアニメを少し見ただけでも出てきていて、

 距離感としてはそこそこ近い。

少なくとも動いてるところを一度も見たことがないMSではない。

ただ、あまりにも盾が面倒そう。見てるだけでクラクラするくらいめんどうそう。大きさとかじゃなく、単純に4枚も塗るとか、、、

 無理だろ常考

あと、リックドムG3も、ジュニア模型で「それが欲しかったんですけど、、、」と言う人が居たのでキープしたけど、冷静に考えればドムもガンダムもさほど要らない。これもリリース。

 結果オリジン量産ザクとジムスナIIだけゲット。価格は税込で3000円弱。

・・・

 楽しかった!

久々に「ワクワクする買い物」だったと思う。入ってきたばかりのダンボールを開けて貰う感じ。そこから何が出て来るか探す感じ。貴重なお宝を前に自らの価値観が揺らぐ感じ。結局買えず、でもさほどガッカリでもない感じ。

 いろんな思いがない交ぜになりつつ、3000円という出費で半休をエンジョイしたわ。

●手持ち&予約済み

・HGドムトローペン
・HGグフ※リヴァイブ
・HGガンダムマークII※リヴァイブ
・旧ザク※古いHG
・オリジン量産ザク
・ジムスナイパーII
・百式※リヴァイブ
・ザクレロ※旧キット
・ガルマザク※旧HG
・ヘルダイバー※パトレイバー

1/144クラスはこんな感じ。てかO澤氏やインスタの写真を見慣れてると、つい自分もそんな感じに作れるんじゃなかろうかと錯覚することがあるのだけど、当然そんなことは無いし、もっと言えば、「そんな風に凄く作れなくてもデジラマでかっこよくフィニッシュ出来ればいい」。逆に言えば、

 何を作れば、どのキットなら、かっこよくフィニッシュが決まるのか。

手で触って肉眼で見てかっこいいかどうかはあまり重要じゃない。てか実際ガンキャノンとかドムとか、「写真の中の方がウットリした回数は遙かに多い」。

てか今は辛うじてデジラマのネタが尽きてない(デジラマとして作りたいものがある)ので、そこまでナーバスになってないってのもあるんだよな。

ちなみに現在93作。残り7作で100作。それまでにもう一つくらい作るか作るまいか、、、そんな感じだ。

|

« ガンプラパトロール | トップページ | デジラマ案メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガンプラパトロール | トップページ | デジラマ案メモ »