« FFBEエクスヴィアス~VW~ | トップページ | スパイダーマン 新しいヤツ2作 »

2021年9月 7日 (火)

ポケモンカードの話

キリオさんへのレスという意味もありつつ、、、。

最近ガンプラだけじゃなく、ポケカもかなり転売ヤーが横行していて、全然買えない状況にあるらしい。買えないとはつまり、発売されたら転売ヤーが買い占めして、上乗せしないと手に入らないような状況。

昔と違うのは、横の情報網が強烈に整備されたことで、ゲリラ的に見つけて買うみたいなことがほぼほぼ不可能になったことと、単純におもちゃ屋が減って、売ってる店、買えるチャンスそのものが減ったこと。もしかしたらこれもコロナの影響、家で遊ぶ娯楽としてカードゲームが再燃したことも追い風になっているのかも知れない。

元々はポケモンというゲームボーイのゲームが出発点だが、ポケカはある種それとは別の進化を遂げてきたとも言える。トレーディングカードゆえに「集める事」そのものに対する価値が高く、デジタルではない「実物」の魅力もまたある。

本来ならば子供がボロボロのカードを持ち寄って遊ぶ娯楽だったと思う。僕らの子供の頃のメンコと同じベクトル上にあり、大きさによる価値はキラやプリズムという見た目のバリューに置き換わった。

レアリティはメンコの比ではないし、ニーズもまた年齢層が飛躍的に広がった。そのためにそれを使って金儲けをしようという輩も増え、、、ってまぁそれは昔も同じか。テキ屋の景品にまがい物のキラカードがあったのも、今となっては20年も前の話だ。

ひとつ思ったのは、キリオさんのお子さんがおいくつなのか、ポケモンカードが「なぜ欲しいのか」。

最新のカード、最強のデッキを作って、日本チャンピオンになって海外へ招待されるような未来を描いているのなら、それはもう新しいカードが欲しいに決まってるし、それに掛けるコストも、小中学生のお小遣いではままなるまい。

ちなみに再三書いている話をぶり返すが、上の例え、「日本チャンピオンになって、、」のくだりは、

 僕が実際に「そう言う人」と対戦したことによる。

小さな町のポケモンカード大会。参加者は20人にも満たない。当時僕は子供と二人で、「二度目」となるポケモンカード熱に冒され、それなりにお金を投じつつ自分なりに「これはなかなか強いんじゃないの?」と言うデッキを作り臨んだ。

もちろん当時でも、そう言う大会をやれば参加する、なんて人は常連さんが大半で、初参戦は僕ら親子だけ。そんな中ぶつかったのが、

 チャーリー。

当時中学3年生の彼は、身長は160cm弱で細身小柄で、言葉遣いは丁寧だが凄く早口、つまりせっかちを絵に描いたようなキャラだったのだが、、、

 僕は彼にものの3ターンでサイドカード全てを奪われた。

時間にして1分か2分か。てきぱきと動く彼に圧倒されたと言うこともあるけど、

 そこまで手も足も出ないほどのデッキだったし、自分の構築した物が打ち砕かれる切なさも感じた。

ただ、

そこまで圧倒的だったのは彼だけで、他のファミリーとは結構互角の戦いが出来てホッと胸をなで下ろした。やはり勝ったり負けたりしないとね。

・・・

また別の会場で彼を見た時も、

 小学生相手に瞬殺かましてた。

相変わらず容赦ねぇなと思いつつ、以後彼を見たことはなかったのだけど、、、

時を経て、ある日風の噂に、

 彼が日本チャンピオンになって海外で行われる世界大会に出場したことを聞いた。

久々にポケモンカードで対外試合をした相手が、「後の日本代表」だったとは。そりゃ勝てないわけだよ、、、。

まぁこれは僕の好きな思い出話。

逆に最初期の頃だと、

たぶん第三弾くらいがリリースされた頃の話。ポケモンカードなるカードゲームがあるらしいと、友人を巻き込んで20パックほど購入。遊び方もよくわからないままに、何が出て来るかワクワクしながらパッケージを開けていった。

もちろんルールは手探り。詳細は思い出せないけど、時には自分たちの都合のいいように受け取ったり改変したりしつつ遊んで居たと思う。

 当然話は終わらない。

ズブズブとのめり込み、インターネット黎明期、まだニフティサーブが機能していた頃。

僕は僕でニフティの掲示板を利用してカードを交換し、彼は彼でネットに交換サイトを立ち上げ、「同ランクなら2枚対1枚、上のランクには3~5枚対1枚で交換受け付けます」というスタイルで、メキメキと手札を強化。

 特に対戦するでもなく、コレクションを集めていった。

ちなみにこのときに僕がやっていたのは、1枚1枚のカードにポテンシャルを設定して、その中で優秀なカードにランキングを付けた上で、デッキを構築すると言う考察。

既に無くなっているけど、「WAWの濃い部屋」なるサイトを立ち上げて、一覧にして個々のカードに付いて考察を書いたりしてたら、、、
※僕は「クリス」の前のハンドルが「WAW」だったのです。ニフティの頃からの流れ

 グッズプレスにサイト紹介されたりした。

これもちょっと楽しい思い出。

あと、たぶん第4段くらいだったと思うけど「NEO」が始まった頃では、「次世代ワールドホビーフェア」に友達と行って、大量の新発売のパックを買いあさり、

 コンプリートを5セットくらい作って、自分の店で販売したり。

あと、子供からカードを買って店で売るとか、立場を利用して見ず知らずの子供と交換するのも凄くやった。この頃になると、

 持ってないカードはコロコロ最初期のプロモカード「ミュウ」だけになってて、
※あくまで当時リリースされた中で、だけど

それを手に入れる為に子供たちのネットワークを利用して、「情報提供者に3パック、交換には好きなキラ3枚+5パック」という破格のレートで交換してもらったり。

その流れで、最終的にコロコロミュウの「未開封」まで手に入れたり、
※まだ剥がしてない状態。ちなみに剥がすときにきれいに剥がすのは至難の業

ワールドホビーフェア限定カードを100枚買ったり、

フルコンプを海外に1700ドルで売ったり、

JRスタンプラリーカードを子供から3000円で買ったり、
※後に転売しちゃったけど

 結構いろいろやってた。

ちなみにまだ転売ヤーみたいなのはほとんど居なくて、、、あ、話は前後するけど、個人的に自分の手持ちで貴重だなって思うのは、

 レックウザのポケモンコイン

これはネットで買ったような気がするけど、スンゲェ欲しくて、今はもういっぱい出てるのかも知れないけど、当時は、

 これが唯一無二の「メタルコイン」だったんだよね。

メルカリでもあんま見ないんじゃないかな。

ともかく、第一次ブームと第二次ブームで、トータル30万円くらい使ったような気がする。でもって同じくらい売ったような気がする。

一応手元にはそれなりのカードがまだあるけど、さすがに思い出が詰まってるから気楽に売ったりあげたりってことは無い。

 二度と使わないものであっても、要らないわけじゃないのだ。

で、話は戻って来るのだけど、もしお子さんが「ポケモンカードで遊ぶこと」が好きなのであれば、ゲームボーイ版を買ってあげると言う選択肢もあると思う。

特に新しいカードのような派手さはないものの、ゲーム性としては初期のころからかなり完成されていたと思うし、十分楽しかった。

カードの性能や、レア度を含め、公式大会で使えなくなっていたとしても、親や兄妹、友達と遊ぶだけなら旧裏カードだっていいと思うし、それだったらそこまで値段も高くなってないんじゃないかと思う。
※前述のコロコロミュウとかも399円とかだったし

ポケモンカードGBは、初代ゲームボーイとゲームボーイカラーで遊べる。「2」も出ていて、2なら「赤外線通信」を使って、「ケーブルが無くても」ゲームボーイ2台とソフト2つがあれば通信交換も出来るし、もちろん対戦も出来る。

ゲーム性はポケモンに近く、作ってるのは当時個人的に技術力が高いと思っていた「ハドソン」で、ドット絵に描き直されたポケモンカードは、それはそれで味があって僕は大好きだった。てか、

 寝ながら画面を見ずに「音だけ聞いて」対戦を繰り返すレベルにまでやり込んでた。

コレクションを志向する場合は、今のブーム、転売ヤー横行の現状は「ムカ付く以外の何物でもない」と思うけど、ただ遊ぶだけなら、いくつか選択肢は残ってるんじゃないかと思う次第ですよ。

てか子供とポケモンカード、僕も経験あるけど普通に楽しいしね(^^。

|

« FFBEエクスヴィアス~VW~ | トップページ | スパイダーマン 新しいヤツ2作 »

コメント

クリスさんこんにちは

ポケモンカード黎明期のお話
大変興味深く見させていただきました。

未来の日本代表と対戦とか・・・凄い。
今でこそ、youtubeがあるので、有名なプレイヤーとかは顔も名前もわかりますけど当時の環境ならではですね。
カードの集め方も時代を感じますね。
今は、とりあえずお金さえあればカードショップでもネットショップでも欲しいものは手に入りますもんね・・・。


娘はもちろん対戦もちょこちょこするんですが
今はちょっと別のことにまた興味がいっちゃいましたね。
もともとカードに興味持ったきっかけが
本郷奏多のyoutubeのポケカ開封動画をみてだったので
どっちかっというと開封するのが楽しかったみたいですw

ゲームボーイ版はダウンロードしましたが
ゲームの方はほとんど興味示さず
私がちょいちょいやってますw

一応、構築済みのデッキセットを買ったり
シングル買いでカードをそろえたりしてある程度
しっかりと対戦できるような環境は整えられてはいます。

今月と来月発売の新弾が、何とか1ボックスずつ確保できたので、それきっかけでまた対戦に興味持ってくれるといいなぁ

投稿: キリオ | 2021年9月10日 (金) 11時52分

ちすキリオさん、クリスですまいど。

子供と大人は時間の流れるスピードが違うから、大人より早く飽きがきたり、次のブームに染まったりしますね。もちろん「アニメ」とか「ゲーム」とかの大きなカテゴリーでは、生涯の趣味になりうるくらいどっぷりハマることもあるかなぁとも思いますが、それとて女の子だとまた違ったり。てかうちの娘を基準にするつもりはありませんが、

 男親が娘と趣味を共有し続けるのは至難の技かと思ったり。

それでも一般訴求力の高い、つまりミーハーな映画や音楽は、やっぱり普通に心に触れたりするので、その辺の良さを感じ続けられる感性は、キープしておきたいところですね。笑

何の話をしてるのやらですが!

余談ですが、自分はガンプラ買うのはちょっと見切りを付けた感じです。別にプラモを作らなくてもデジラマは作れますし、買わなくても結構積みプラもありますしね。

買えないものを欲しがるのは、出ないユニットを欲しがるのと同じでストレスが勝ることの方が多そう。もちろん欲しいものが手に入るカタルシスは、無視できないんですけどね~😅。

投稿: クリス | 2021年9月20日 (月) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FFBEエクスヴィアス~VW~ | トップページ | スパイダーマン 新しいヤツ2作 »