« ラブコメ3作 | トップページ | 楽しいと楽は違う »

2022年3月30日 (水)

物語が面白かったゲーム※ネタバレ注意

結局毎日ログインを途絶えさせたことでモチベが下がって、シン・クロニクルは「止めちゃうかな~」って感じに。戦闘のテンポを上げることが出来るようになって、ちょっぴりモチベも高まったのだけど、最終的に話を楽しめないのに話を楽しませるゲームは無理だろうと。

ゲームに「文字」が初めて導入されたのは、、、いや、僕が遊んだゲームで最初にゲームの中で文章を読んだのは、たぶんゼルダの伝説だ。勇壮なOPから、画面が縦にスクロールし、最後に「くわしくはせつめいしょをみてね」みたいなそんなメッセージ。

実際には、ゼルダに文章を絡めた物語はほとんど無く、半年ほどあとのドラクエIが実質「物語を読むゲーム」の入り口だったと思う。短くひらがなのメッセージの向こう側に、マイラの温泉や城塞都市をイメージした。

ただ、話の筋としては、勇者が世界を回って武器や防具を集め、姫を助けつつボスを倒すと言う至ってシンプルなもの。当時はそれでも十分過ぎるほど楽しかったが、例えば小説や映画のようなストーリーそのものに唸ったとか、驚いたということは無かった。

では何が物語として面白かったか。

言うほど思い出せるタイトルも無いのだけど、思い出せるままに書いていく。てか、ここまで書いて思いだしたけど、

 記憶に残ってるのは「物語」ではなく「場面」だわ。

例えば推理小説のように、最後どんでん返しがあってガッツリ溜飲が下がるような、そんな起承転結のしっかりした「話」が面白かったものなんて、

 リンダキューブ(PCエンジン)くらいかも。

リンダキューブも、今思えばその話というより展開の新鮮さに「揺れた」だけかも。

ストーリーが良いと言えば「エンディングまで泣くんじゃない」のコピーが有名な、MOTHER。

でも正直Iはあのメロディが凄く良かったことと、

 ルーラが大変だった記憶。

助走から加速しながら壁にぶつからないように走る。当時は目新しさもあったけど、今だと面倒なだけだろうな。

それよりも僕的には「2」の記憶の方が強い。でもそれも「場面」か。主人公達が「生身の体では耐えられないから」と言う理由で、

 機械の体になってしまう展開。

恐ろしい。それほどの覚悟。それほどのドラマ。あとにも先にもあれほどショッキングな展開は無かったと思う。

先日かみさんにマザーの話をしたら、

 全く同じシーンのことを話出した。

マザーと言えば機械化なのだ。てかそれ以外はほとんど覚えてない。

「3」はクリアしてないけど、長男はその物語を絶賛してたな~。

他の人が絶賛してたと言えば、ファミコンの「ヘラクレスの栄光3」。かみさんが話の良さをスゲェ褒めてた。

何度かやり直そうと思ったけど、システム的に古すぎて無理だったな~。

ドラマティックなシーンなら、イース2でゴーバンが助けに来るシーンも印象深いし、FFシリーズでキャラクターが死んじゃうところはどれもそれなりに盛り上がって泣いたりもした。

 でも話とは違う。

話と言えばアドベンチャーゲームだけど、、、あ!

 PSPアナタヲユルサナイは良かったかも!

あと、小嶋秀夫監督の作品で唯一好きなのが、

 スナッチャー(PCエンジン)!

これは話が面白かったと言える。と言うか今思えば映画には割とありがちな展開だったのかも知れないけど、当時はタイムパラドックスに免疫が少なかったこともあって、

 えええーーー!!

って感じで驚いた気がする。てか今遊ぶには面倒過ぎるんだよな。当時のゲームって簡単に詰まるし。

 書きながら思い出したわ。話、物語が面白かった作品、、、

 「辻堂さんの純愛ロード」

エロゲーかよっ!って感じだけど、これはもう完全に話が良かった。誰のエピソードだったかもあんま覚えてないけど、身体能力で絶対勝てない番長みたいな相手に、逃げずに向かって勝利する展開、

 熱すぎて泣いたわ。

てかエロゲーは基本ゲームオーバーにならないし、物語を「読ませるだけ」のゲーム性だから、作者の思うままに展開を操作出来る強さがあるんだよね。家庭用ゲームでも、エロ抜きのギャルゲーが有っていいと思うけど、ときメモの悪しき慣例か、何らかゲーム性を折り込まないと気が済まないようなところを感じる。

思い出してきた。

 PSPミステリート!

探偵物のアドベンチャー。最初エロで出たらしいけど、そっちは知らず、エロなしのPSP版の話の面白さに唸って、

 続編が出たらハードごと買ってもいいかも!?

くらいに好きになったけど、

 結局XBOXONEで予定されていた続編は立ち消えに、、。南無、、

いや、アドベンチャーで物語が面白いのはある意味卑怯かも。RPGで話が面白いものの話がしたかったわけで。

 FFBE、結構面白かった。

6年も続けてるソシャゲで、正直盛り上がりと盛り下がりはあるけど、面白かったときはなかなか良かった。てか王道ファンタジーで、完全にシステムオンリーじゃない、話でもそれなりにがんばってたと「僕は」思う。てかソシャゲって、

 課金額が高くなりすぎて、どこか普通のゲームよりパチンコみたいなギャンブルに近い印象を受けるときがあるんだよな。

そんなにプロデューサーをバッシングする意味がわかんねぇと思ってたけど、要は金を巻き上げられたことに対するいら立ちか。

ついでなのでFFとドラクエの話をするけど、世間で評判が良かった「ドラクエ11」?はクリアしてないのだよな。だからそれ以外の作品ってことになるけど、ぶっちゃけFF7が良かった記憶もなく、FF10の話もFF12の話もろくに覚えてない。

 割と最近のFF15は、、、

ゲームとしては相当楽しんだのだけど、時間を巻き戻せるみたいなシステムが、物語への温度を一気に下げちゃった感じなんだよな。時間を超えて修行して戻ってくる展開は、普通考えると熱いと思うのだけど、100時間ほぼほぼ稼ぎ続けてて、いざ物語を進め始めたら、展開が早すぎてある意味ついて行けず。でも、

 個人的にFFで「話が良かった作品」とするなら、15はもしかしたら一番かも知れない。

オヤジとの別れ、友の失明、オープンカーでの楽しいドライブや、ハイグレードなグラフィックとフィールドもあって、今更だけど、「面白かったな~」と思う。

一点だけ気に入らないのは、対応するって言ってて結局一切対応しなかった3Dメガネか。あれを遊びたくて買った人も少なくなかっただろうに。

他のFFは、、、あんま話が良かった記憶はないかな。

ドラクエは、紛れも無く5が良かったと思う。てかちょっと待て、6だったかも?フローラを選んだのは5だけど、石像になってたのは、、、5?オルテガが出てきたのは?

 いろいろ忘れてるわ。

でも当時ドラクエと言えばストーリーが良い代名詞だったけど、ぶっちゃけ堀井雄二さんの凄いのは「バランス調整」と「スクリプト」。つまりピンポイントの脚本が優れている人って感じで、全体の物語、骨子となる部分が特筆してオリジナリティのあるドラマティックな展開を書ける感じじゃないと思った。

 まぁ本職の小説家が原作や脚本を担当すればそれで傑作になるかと言えば、決してそんなことはないのだけど。

つか、シン・クロニクルをやっててシミジミ思ったけど、ここまでしっかり物語を紡ぎたいなら、さっきも書いたけどエロゲーフォーマットでエロ抜きにして作った方がよっぽど楽しめると言うか、

 求められていない現実を突きつけられると思った。

つまり、売れないと。

話を丁寧に紡いで、それだけで惹きつけられるなら、それだけで商品として成立するなら、当然作ればいい。でも実際それではペイ出来ないからエロを絡めたり、RPG要素に「上乗せする形で織り込んだり」するわけで。

言い換えれば、話だけで魅力を感じさせられない、「物語パートがつまらない」ことを理解していなければ、「話だけで売れる」と勘違いして、

 アドベンチャーゲームスタイルのスピンオフを作ったりする。ファンタシースターみたいに。

でもあれが売れたとか大好評だったという話は聞かないわけで。

ちなみにネットで「物語が良かったRPG」で検索するとどうなるか。検索する前に予想する。

 ゲームその物、キャラその物の魅力が、物語の善し悪しを超えて作用してしまうので、純粋に物語の良さで評価されることはない、、、と思う。

そう思いつつ、調べて見たら、、、予想外!

1位 ドラクエV!

まさについさっき僕が良かったと書いたばかり!なんだ、このランキングは信頼出来そうな気がしてきたぞ!!続いて、、

2位 FF10

ああわからないでもないか、、、個々のキャラが立ってたし、宿命を強く感じるヒロインも魅力的だった。でも自分の中では10は物語よりシステムのゲームなんだよな~。

3位 FF7

まぁ来るでしょうな。僕は別段そうグッと来なかったけど。てかリメイクでエアリス存命ルートがあることを期待するだけ期待してます。ホントに出るのか!?>リメイク2

4位 クロノトリガー

なるほどね~。ゲーム自体は遊びにくくてさほどでもなかったけど、終盤の展開は確かにちょっと熱かった気がしないでもない。なんて言うか「なんだ思ったより面白いじゃん!」って感じだった記憶があるな~。

5位 ドラクエ3

話が面白かったかと言われたら、あんまと言うかほとんど記憶にない。てかドラクエ3はシステムのゲームって気がするけど?

6位 MOTHER2

ここに来るか!でも納得。やっぱ2なんだな~と。あれほど心を揺さぶる展開はオンリーワンって気がする。でももう一回遊べないんだよな。ゲーム自体はハッキリ言って遊びにくい印象の方が強い。毎回スロットとかちょっとしたアクション要素を絡めてくるのって、ぶっちゃけ面倒なんだよ。

7位 スーパーマリオRPG

なんだか変なの来た。この頃のは当然のように遊んでいるし、クリアした記憶もあるけど、これってそんな歴代に名を連ねるほどの内容だったかぁ?

あとは、FF6、ドラクエ4と続き、

10位 ペルソナ5

これは、、、かなり興味深い。なぜなら、

 ここまでで唯一僕が遊んでないゲームだからだ。

そこから先はだんだん濁っていくけど、20位に「僕が最も嫌いなRPG」がランクインしてて、ああこの辺りから「僕の嗜好が離れていったのかなぁ」と思った。てか、

 ペルソナ5はPS4でも出てるし、ちょっとやってみようかな

って気になったわ。あとペルソナで奇跡的に思い出したけど、

 東京魔人学園剣風帖

なんだか一生死ぬまで思い出さなかったかも知れないタイトルだけど、これはストーリーが面白かった記憶がある。学園物で、クリアまで遊べなかったけど、「隠れた名作」に飢えてた僕に結構刺さった気がする。それと、

 バスタード!!

これも密かに話も面白かった気がする。ウィザードリィの小説でそこそこ有名だったベニー松山さんがシナリオ書いてたと思うけど、ゲーム性も妙に凝っていて、でも今遊ぶにはハードルが高すぎる難解なシステムだったような。

昔のゲーム、昔の楽しかったゲームって、今遊んで100%楽しむのはまずムリ。それは言い換えれば、「100%で楽しめた時代」を経験することが出来た幸運なんだよな。

もう当時の面白さを味わうことは出来ないと言う意味で言えば、映画やマンガなどの受動的な娯楽より「シビア」な娯楽とも思うし、今後、自分の嗜好がさらにニッチになって行く過程で、楽しめるタイトルがほとんど無くなってしまう可能性も高いけど、

 出来たらまた心が躍るようなゲームに出会いたいって、強く思うんだよ。

|

« ラブコメ3作 | トップページ | 楽しいと楽は違う »

コメント

なぜフローラ……
素直にビアンカでしょ^^;

全然覚えてないけど、そこは大切。

投稿: 月ノ丞 | 2022年3月30日 (水) 10時51分

ガハハ。僕はフローラを選んだ人なので!かなり迷いましたが、やってる友達も多かったし、フローラを選んだあとのビアンカとの関係がどうなるかは、フローラを選ばないとわからないと思ったので。

後悔はしていませんよ!笑

投稿: クリス | 2022年3月30日 (水) 23時56分

んー
確かにそう言われると迷いますね……
それに男性はフローラ選択率高いような……

投稿: 月ノ丞 | 2022年3月31日 (木) 15時59分

クリスさんこんにちは

自分はビアンカ派でしたw
昔から幼馴染という設定に弱いw

リンダキューブ
東京魔人学園剣風帳

自分が中学生の時に激ハマりしたタイトルの名前を
クリスさんのブログで久しぶりにみることになるとは!

リンダキューブはそれまで王道のRPGばっかりやってたので
サイコなストーリー、敵モンスター(動物)のぶっ飛んだデザイン、自由度の高いゲーム性(Cシナリオ)などでドはまりしましたね

天外魔境2とか当時のPCエンジンのゲームは
名作が多かった気がします。

東京魔人学園も懐かしい。
当時クラスメイトがやってて、貸してもらってめちゃハマりました。
転校生もので、学生たちが怪事件を特殊能力を駆使して解決していくってのが当時中学3年か高1くらいだったかな
自分にはめちゃくちゃはまりましたよ。

続編に東京魔人学園外法帖っていう過去の江戸時代の物語もあってそっちもかなりやりこみました。

3部作で大正時代の帝都編っていうのがあったらしいですが、結局作られませんでしたね。

九龍妖魔學園紀っていう同じその流れを組むゲームもあるのですが、こっちも結構面白かったなー。

ほんとソシャゲばっかりやっててストーリーでおぉ!ってなるゲームに全然出会えていない気がします。
据え置きゲームやってるとすぐ眠くなってしまう・・・。

ペルソナ5は最後までプレイしましたが楽しかったですね。
ここ何年でちゃんと据え置きのゲーム最後までプレイできたのって逆に稀かも。ストーリーも良かったです。

個人的には雰囲気がもう少し明るめのペルソナ4の方が好きだったかもですが。

投稿: キリオ | 2022年4月 1日 (金) 10時46分

>月ノ丞さん

ビアンカを選んだあとのフローラは、間違いなくただのモブになるじゃないですか。それはやらなくても分かる。でも逆は、モブになってしまったビアンカにずっと燻る何かが残ると思うんですよね。僕はその何かこそがドラクエVの真髄だと思ってますよ笑。

>キリオさん

ペルソナ5、めちゃくちゃ面白いですね!なんと言うか、想像よりXYZ軸全て上だった気がします。特にバランスが素晴らしい。傑作にしようという作り手の情熱を感じています。

正直4からやりたかったのですが、PS2時代のゲームは、今遊ぶともう見た目からして無理です。スーファミのようなドット絵なら全然行けるんですが、ポリゴンは2世代以上遡ったらもう見れない感じです。ゲームは明るい方が好きなんですけどね。

東京魔人学園にフックされる方が、ある意味こんなに身近にいるとは思いませんでしたが笑、残念ながら僕はもうホントに覚えてないんですよね。これも今遊んだらガッカリしちゃうタイプだと思います。色んなことが快適で当たり前になってしまっていますからねぇ。

しかしペルソナはめっけもんでした。やっぱ僕が知らないだけで、まだ僕でも楽しめるゲームは残ってたことが嬉しいです笑。

てかこのランキングよく見ると分かりますが、ペルソナ5って、

21世紀ナンバー1 RPG

なんですよね笑。

投稿: クリス | 2022年4月 1日 (金) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラブコメ3作 | トップページ | 楽しいと楽は違う »