« FF7リバース~その14~ | トップページ | 最近のスペライ »

2024年4月 2日 (火)

ドラクエの話

こないだFFの話をしたので今度はドラクエの話をする。深い意味も担保もない。

ドラクエとはドラゴンクエストのことである。僕のプレイ経験は、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11まで発売日に購入し、10と11は途中で投げている。11は近年PS+で再開したけど、序の序で投げている。

 凄く不思議な感じ。

僕は自分がFF派かドラクエ派かと問われたとき、迷わずドラクエ派であると公言してきた。もう少し掘り下げるなら、
※最初の数字が作品ナンバー。作品の後の数字が比較評価の数値

1.ドラクエ10:FF0

2.ドラクエ8:FF2

3.ドラクエ7:FF3※FFも決して悪くは無い。がドラクエ3は最高だった

4.ドラクエ2:FF8※FFが良かったと言うよりドラクエのAIが悪すぎた

5.ドラクエ6:FF4※僅差でドラクエ

6.ドラクエ5:FF5※どっちもイマイチ。でも「イマ2」ではない

7.ドラクエ5:FF4※どっちも最後の最後までやり込んだ

8.ドラクエ5:FF5※名勝負!

9.ドラクエ9:FF1※地図探し最高に楽しんだ。FF9は嫌いなので

で、ここからは変則比較。

ドラクエXとFFXI 6:4 ※ドラクエの方が楽しんだ気がする

ドラクエXIとFFXII 3:7 ※FF12が大好きなのだ僕は

FFX、FFXII、FFXIII、FFXVの比較だと、3:5:0:2 くらいのバランス。

つまり何が言いたいかと言えば、ドラクエのピークは「5」であり、FFのピークは「12」だったかなぁと。

てかそもそもなんでドラクエの話をしたくなったかと言えば、最近ふと「永田さんのドラクエ7コラム」を読み返しているから。

当時はまだファミ通スタッフだった、現ほぼ日スタッフの永田泰大さんが、僕は大大大好きなのだ。今改めて読み返してみて、氏の筆致には唸るほか無い。素晴らしい。

 てかもっと書いてないの?この人は。

とシミジミ思ってしまうほど。FF7リターンズのプレイ日記とかやってくれたらよかったのにと思うほど。まぁ「糸井重里の跡継ぎ」とすら言われてたらしいので、
※10年くらい前
ゲーム以上に楽しいことを見つけてしまったのかも知れないけど。

で、そのドラクエ日記を読んでると、ドラクエ7が凄く楽しそうである一方で、

 10年くらい前のやり直そうとして、しみじみ楽しめなかったことを思い出した。

当時は本当に最後の最後までしゃぶり尽くすほど遊んだ記憶がある。6も7も8も。

でも、実際リプレイに「耐えた」のは6までで、
※6は当時から時を経て再度クリアまでプレイした。たぶん2回

 7は、序盤の町でマップを回転させた時点で「もう無理」と思ってしまった。

とにかく自分の向いてる方向、町やダンジョンの構造がわかりづらく、一言で言えば「居心地が悪い」。迷うというレベルではなく、「迷わないことがない」というレベル。それでも、現状ダークソウルやFF7でも同じような視点の8の系譜である11が楽しめないのはなぜか。

 ドラクエXオフラインが楽しめたのはなぜか。

僕はドラクエのどこを楽しんでいたのか。

テキストは心地よく、レベルアップが待ち遠しいバランスは秀逸。マップデザインも適度に迷うレベルで、
※「7」は除く
グラフィックだって、別段FF7Rクラスであることを求めないなら、十分キレイと言って良い。

 ドラクエ11は、縛りがキツ過ぎると思った。

そして、Xオフラインはそれが緩い。

序盤こそレールに沿ってプレイすることを余儀なくされるが、、、ってか11だって序盤を過ぎれば多少の「余白」は生まれるのかも知れないが、

 もっとおおらかであったと思う。

ドラクエ3ほどでないにしても、もっと自由に、もっとのびのびと、ドラクエの世界を楽しめていた気が凄くする。

徐々に増えていくキャラ。それがもう辛かった。一言で言えば全然増えていかないし、ひとりひとりの掘り下げが深すぎて、

 面倒なのだ。ぶっちゃけ。

もっとお気楽に仲間になってくれていいのにと思う。てかFF7リバースをやっていても、「ドラクエ11より気楽さを感じてる」時点で、僕にとってのドラクエ11がどれほど「重たかった」のかを再認識してしまう。

10年くらい前にドラクエ1を遊んだ時は、本当に心の底から楽しめて、

 ドラクエとはここまで凄いゲームだったのか!

と驚嘆した。ちなみにそれは移植版ではなく、最初のドラクエ。つまり、バランスはシビアだし、階段や話すもコマンドで入れなければならないものだったし、マップは狭いし、最高レベルは20だけど実際20まで上げられたことはなかったし
※稼ぎがめちゃ大変なので

 それでも「まどうし」に初めて出会っただけで震えが来たし、
※ギラの恐怖

がいこつは怖いけどマイラが近くにあるから安心感パ無かったし、

洞窟の奥で現れたドラゴンは、「間違いなくリアルな鍾乳洞と身の丈数メートルの巨大なドラゴン」だった。

ドムドーラの廃墟の中でロトの鎧を見つけるシーンも好きだし、メルキドを守るゴーレムを眠らせるシーンもステキ過ぎる。

 ドラクエはもしかしたら1作目こそが最高の名作かも知れないと、まことしやかに思ってしまうほどだ。

長男とかもしまだプレイしてなかったとしたら、ぜひやってみて欲しいと思う。

 本当に戦闘がシビアで、本当にレベルアップ嬉しい、「国産RPGの始祖」がそこにあるから。

2も良かったし3も良かった。でももしかしたら「めいれいさせろ」が加わったプレステ版の「4」も、今なら楽しめるかも知れない。僕はずっと「主人公と戦士と格闘家」のパーティでプレイし続けた人だからだ。

5は言うまでもなく楽しめ過ぎた。特に終盤のモンスターを仲間に入れるシーンは、今でも震えが来る。ホークブリザードやゴールドドラゴン、はぐメタはリアルタイムでは仲間に出来なかった。てか話も良かった。オルテガには自分が誰なのかを伝えられないまま、今生の別れをした。

6も嫌いではないけど、海が広すぎて実際のプレイ密度が下がってしまったように思う。謎解きも難しかった記憶。まぁ「2のラゴス」ほどじゃないけど。

7は今やる気になれないけど、8はもしかしたら楽しめるかも。9はグラフィックがしょぼいし、地図が実質機能しないから無理だ。僕にとって9の楽しさは地図の楽しさだった。てかドラクエ9は2009年なんだな。ブログを読み返せば当時のことが甦りそうだ。

Xは2章が発売されているから、やってもいいかなって思う。一章はちゃんと最後までプレイしたから。もっとも「一切やってない」からちょっと怖いけど>2章。

11はPS+で結局遊ばないままだった。戦闘スピードを上げたいジレンマと、遊びやすいジレンマ。それが両立出来ないもどかしさと、デモの長さ、テンポの悪さ、、、。

 僕はカジノが嫌いだし。

あれって、「遊ぶことを強制される」気がする。つまり、

 テンポが凄く悪くなる。

面白いと思いながら遊んでるFF7Rのカードゲームとは大違いだ。

ドラクエ3くらいのカジノがちょうどいい気がする。どんなんだったか思い出せないけど。

・・・

たぶん僕は今ドラクエ3か2が遊びたいんだと思う。出来たらPS5で。それもそこまでシビア過ぎないけど、それなりにシビアなのが。

以前安売りをしていたときに迷って迷って買わなかったことを軽く後悔しているけど、そんなのは買ってしまえば忘れるレベルことだ。

 買えばいい。そして遊べばいいのだ。

てか、、、

 僕の子供の頃、ドラクエ、ゼルダ、FF、マリオが生まれたってのは、本当に凄いことなんだよな。
※あとポケモンも

|

« FF7リバース~その14~ | トップページ | 最近のスペライ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FF7リバース~その14~ | トップページ | 最近のスペライ »