« 虹ジャーニー~その3~ | トップページ | ドラゴンクエストI~PS4版~その1~ »

2024年4月15日 (月)

虹ジャーニー~その4~

AIアプリだけの話ではないし、過去似たようなことを再三書いてることではあるのだけど、あらためてこないだ書いた、

 既視感が最大の敵

ということを、シミジミと噛みしめている。てか、これはインスタ全体、かなり多くのコンテンツにも言えることかも知れない。ただ、対義語として、

 偉大なるマンネリ

と言う言葉もある。好きなバンドが急に毛色の変わった曲ばかり作るようになったときの落胆は、誰しもが経験したことがあるだろう、、、あるったらあるの!もう!

マンネリの中にある安定感、普遍的な魅力と、既視感の中にある「飽き」「慣れ」という要素は、似て非なるモノだと思う。ドラクエの新作を見る度に「どっかで見たことあるよね」とは誰も思わないし言わない。でも、

 AIの女の子イラストを見ても、特に心が動かされることはなく、少なくとも僕に関して言えば、そこまでいいねを押したいとは思わない。

単純に好みの領域かも知れないが、やはり写実的なグラフィックスの方が、「鮮度があり、魅力的に映る」と僕個人は思う。

ただ、ちょっと視点を変えてこれが映画ならどうか。アニメであっても「綺麗」「美しい」と感じることはあるし、変な話僕はスターウォーズの旧作などに使われた「マット画」が大好きだ。絵であることが写真であることを超えるケースは、「ままある」。

さらに言えば、実写映画を観ていて、そのビジュアルに心を奪われるケースは稀であり、もっと言えば、「CGの方がグッと来る」ことすらある。非現実的なSFXやVFX、ゴジラでもマーベルでもいいけど、

 写実的であることが素晴らしいのではなく、既視感に囚われない(←この漢字が正しい)鮮度のあるグラフィックスが、重要で魅力的と言う事かも知れない。

・・・

今朝自店の店頭を掃き掃除しながら思ったのは、

 かっこいい≒シンプル

もちろん完全にイコールではない。ハイディティールのプラモやメタルビルドにもかっこよさは感じるし、デジタル機器や家電の機能美も理解出来る。ただ、

 かっこいいデザインは、線画でもたぶんかっこいい。

モノクロだろうと水彩画だろうと、アニメ絵だろうと実写デジラマだろうと、本当にかっこいいものは、「シンプルな魅力」がある。

そして、これはまだ確固たる自信があるわけじゃないけど、

 ピンボケは、それにプラスに作用しない

被写体の一番見せたい部分にフォーカスがされていて、それ以外をボカすことでそこをより際立たせる理屈はわかる。しかし、本当にかっこいいものであれば、別に周りがぼけていようがいまいがかっこよく見えると思うし、

 ピントが合っているということは、(巨大ロボットであるなら)それが巨大であることを裏付ける一因になる。

昨晩も大量にテストをし、僕が感じたこと、そして閃いたアイデアは、

 全体にピントを合わせることが不可能なら、ピントが合ってるところだけを切り抜いて、背景は別の物をあてがえばいい。

デザインに関して言えば、ぶっちゃけエアリアルだろうとレコンギスタだろうと、もちろんヒゲだろうと、何ならマークIIでさえも、

 最初は違和感があった。

もっと言えばあのRX78ガンダムであっても、映像によっては大いに情けなくかっこわるいものもあるし、初代クローバーのトイを見て、

 おおっかっけぇ!

とは誰も言わないだろう。少なくとも今は。

さらに言わせて貰う。これはほとんど関係無いと思うとは思うけど、

以前僕がスマホで熱を上げてプレイしていた「ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス」に対して、「ナンバリングじゃないから魅力が無い」というコメントがあった。

 バカなのか、と。

ナンバリングであることは、FFであることと直結してるわけがない。新作は常にこれまでにない設定とデザインと名前であるし、それがFFの文法に則って作られたものであれば、「魅力の有無をナンバリングであることに置く」ことがどれほど愚かなことなのか、、、

 わからない愚者が多かったんだわな。その掲示板は。

つまり、AIが作った「架空のガンダム」であっても、例えばそれがもしかしたら僕が見てない、知らない、気付かなかったシリーズ作品の主役機とうり二つかも知れないし、重要なのは、それが既存のもの、「多くの人が知っている存在であること」ではなく、

 自分が見て、かっこいいと感じるか否かだろっ!と

そして話が戻る。

 かっこいいと感じるのは、とてもシンプルな部分なのだ

例えば、以前も言ったけど僕はガンダムの「目」がヒサシ部分に少し隠れている方がかっこいいと思う。例えば鼻下が平らなのより盛り上がっていた方がかっこいいと思う。後頭部は短すぎると変な感じがする。角が細すぎたり、途中で凹んでたりすると違和感を感じる。目の形なんて、

 パッと見かっこ悪いと思ったら、それはもう自分で修正するしかない。

例えば汚れているとか、例えばデカールの文字がAI特有の「読めない文字」だとか、本来黄色の衿がグレーになってるとか、モノアイが全く動かない内部メカが見えてしまうだとか、背景の街並みのスケール感がおかしいだとか、、、、

 そんなことは枝葉末節、些末なこと。

重要なのは、ハイ、みなさんご一緒に!

 かっこいいと感じるかどうか!

※誰も読んでないとわかっていて書いてますよ?念のため

そしてその感性は、「自分を信じる以外無い」。フォロワーさんの誰かが「かっこいい!」と褒めてくれたとしても、もしかしたらその感性が大多数の同意を得られる「マスの意見」だったとしても、自分がそう感じないものをみんなに広く、強くアピールすることは、

 もし否定されたとき、どう自分に言い訳するつもりなのか。

「○○さんがかっこいいって言ったから、そのベクトルを続けました」とでも言うつもりか?

 バカなことを言うな。

僕は僕がかっこいいと思うものをみんなに見せて、そこで「鮮度と驚嘆と共感を得て、今のフォロワー数になった」と思っている。

 突き詰める「べき」なのは、「何がかっこよくて」「何が魅力的」なのか。そしてそれを成すにはどうしたらいいのか

ピンボケがない引きの映像を、虹で生成出来るならそれはそれでありがたい。がしかし、それを成す努力は、必ずしもかっこいいとは直結していない。シチュエーション、アングル、ポーズ、ピント、境目、光源、スケール、、、

 結局、AIだろうとデジラマだろうと、リアリティを追い求めることが説得力を持たせることに変わりはないし、僕の目指すのは、「誰も見たことがないリアル c.O澤氏」であり、

 まずは僕が「かっこいいと思う」静止画だ。

答えはとてもシンプルなのだ。パッケージアートでもかっこいいと感じるものはある。でも十把一絡げで埋もれてしまうものも凄く多い。てかほぼそうだ。そのパッケージは、

 結局はかっこよくなどないのだ。

かっこいいものは、そのかっこよさを雄弁に語る

かっこいいものは、見ただけで震えが来る、笑みが浮かぶ

かっこいいものは、多くの人が同じようにかっこよさを感じる

かっこいいは正義であり、

かっこいいは、、、

 とてもかっこいいのだ。

|

« 虹ジャーニー~その3~ | トップページ | ドラゴンクエストI~PS4版~その1~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虹ジャーニー~その3~ | トップページ | ドラゴンクエストI~PS4版~その1~ »