« ワイルドスピード森川 | トップページ | 沈黙のパレード »

2024年4月 7日 (日)

FF7リバース~その15~

4、5日やらなくて、昨日久々にプレイ。現在の進行度は、11章に入って少し探索をしたくらい。プレイ時間は116時間。

で、今日とある感想のサイトを読んだのだけど、大いに納得出来る内容だった。かなり長いものだったけど、
※ネタバレも多少はあるけど、基本はシステム的、バランス的な話

 結論、「面白く無いところが多いゲーム」なのだな、と。

多少の嗜好の差はあるし、異論が全くないわけじゃないけど、例えば僕が以前から再三書いている「スニーキングミッションの何が面白いのか」みたいな、「面白さの素因数分解」的な話。

大量のミニゲームの是非、さらにプレイ時間の水増しとも取られかねない「ミニミニゲーム」の存在。ルールのわかりづらさ、労力とリターンのバランス、

 まぁなるほどな、と。

てか、FFって結構昔からそう言うところがあったとは思う。と言うか「FF7って」と言った方がいいか。

ミニゲームが事実上必須のような構成で、それをクリアしないと話が進まないのに、そのゲームそのものの「カタルシス」「快感」が、本編の「RPG」のそれとは合致しない。

もちろんドラクエのスロットが好きな人も居るし、本作のカードバトルを非常に楽しんでいる僕が居るのも事実なので、全てが全てNGではないとは思う。てか、

 カードバトルも、最終戦がとにかくバランスブレイカーで興ざめするらしいので、今から結構戦々恐々というか、「連戦」とか「詰め」とかの亜流ではなく、純粋にたくさんの人のいろんなデッキと戦って、カードの構成をもっと自由にできたら、さらに楽しかったかも知れないな、とは凄く思った。

てか、他の人も書いてたけど、射的のゲームも、前半楽しかったけど、後半「無駄撃ちするとスコアが減る」ようになって、一気にやらなくなった。てか、

 ぶっちゃけカードバトル以外は全て面白くはなかったかも知れない。
※ギリ、スペースシューティングが「有りと言えば有りかなぁ」ってレベル

レースも、空中の輪くぐりも、ガンビットギアーズやコンドルフォートも、

 スゲェ丁寧に作られているけど、それが必ずしも面白さに繋がってない。

報酬が凄く魅力的な場合、それは「枷」として重くのしかかりすぎてしまう。でも、難度が低すぎたら、「簡単過ぎる」と言われるだろうし、過去の作品での「FFのミニゲームの難度」という印象もある。

 ある意味詰んでるんだよな。

どうやっても苦言は出る。僕だけじゃなく、当たり前の話カードが嫌いな人も居るし、コンドルフォートが好きな人も居る。スニーキングミッションが好きな人も、、とにかくいろんな嗜好が、それも何十万何百万という嗜好が、

 FFという名前にはのしかかってくる。

だから、最終的には「どのみち何をやっても文句を言われるんだから」と開き直って仕上げることになる。

 そこに自分が当たればラッキー、くらいなものなのだ。

ただ、重要なのは「その打率」。ゼルダはもっと打率が高かったはずで、その時代にあった正解、「より正解に近い不正解」もあったはず。そう言う意味では、

 やっぱちょっと惜しかったかな、と思った。

別にミニゲームで全てのバランスが覆るような報酬は、今回は無いように見える。だから、出来なくてもやらなくてもたぶんほとんど問題はないし、もっと言えば、

 クリアしなくても完結編を遊ぶことは出来るだろう。
※たぶんだけど

僕はもしかしたらリバースをクリアしない、クリア出来ないかも知れない。「ミニゲームが、、、」と揶揄されていたけど、実際ミニゲームだけがツライわけじゃないし、
※コスモキャニオンで何カ所かどうしても行けなくてネット調べちゃったりしたし

 次々に構成が変わるパーティが、どこまで楽しめているかも大いに怪しい。

物語を見せる、楽しませるためのフォーマットとして、この巨大戦艦が建造されたとしたら、「物語そのものに大して魅力を感じていない僕」は、そもそもがかなりキツいプレイを余儀なくされているとも言える。

 イケメンと美少女が紡ぐデモだからギリ見てられるけど、コレがもしブサイクや、好みから乖離したアニメ絵だったら、とてもじゃないけど続けられなかった。
※ゼノブレイド2みたいな

話が暗いばっかりにならないような、逆に言えば「深刻さを全面否定するような」ふざけたおちゃらけ展開を「非」とする人も多いかも知れないけど、僕的には「そればっかり」だった16を一切楽しめなかったから、これはこれでいいと思う。この緊迫感の無さがある意味「FFらしさ」とも思うし、

 ゲームなんだから気軽で気楽でテキトーでいい部分も絶対あると思うし。

ともかく、コスモキャニオンもそれなりに苦労しつつ、どうにかこうにか100%を達成。ガンビットギアーズもストーリーに絡みそうな部分はなんとかクリア。てか、アレはもう別のゲームでイチから懇切丁寧に遊び方を説明してくれないと、まともにやり合うのは無理だよって思った。

次のエリア、たぶんフィールドでは最後となるニブルヘイムエリアは、

 地味に泳ぐの大変。
※チョコボをスルーしちゃったので相当な距離を自力で泳ぐハメに

でもやっぱりグラフィックはキレイだし、音楽も悪くない。戦闘は相変わらずスターダストレイ頼みだけど、細かいことはまぁいい。たまにカードやりにゴールドソーサーに戻って癒されたり出来るし。

今が11章の序盤。あと12、13、14と実質4つもある。パーセンテージで言えば、残り4分の1という感じか。

 探索が少なければそこまでじゃないかもだけど

てか、今回のFFはディスク2枚目までの内容だと聞いた。僕はディスク1枚につき100時間プレイしていたから、2枚目終了まで200時間は、

 当時とあまり変わらないペースかも知れない。

でもなんだろ、スゲェ疲れてる。スゲェボリューム感を感じてる。

 大作なのは間違いない。でもそれが、「ミニゲームのせいでそう感じてる」のだとしたら、それはやっぱり何か違うのかも知れない。

|

« ワイルドスピード森川 | トップページ | 沈黙のパレード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワイルドスピード森川 | トップページ | 沈黙のパレード »