« ゴールデンウィーク最終日に大阪仕入れ | トップページ | サンドランドPS5~その12~ »

2024年5月18日 (土)

サンドランドPS5~その11~

クリアしちゃった~。

かなりネタバレを含むので、買う予定、やる予定がある人は読まないように。てか誰も読んでないかも知れないけどそれはまぁともかく。

最終評価は★★★☆かな~。かなり面白かったし、買って後悔は一切してないし、FF7リバースより面白かったし楽しめたのは間違いないけど、

 クリア後もう一声欲しかったかな、と。

前にも書いたけど、本作は「減点法でジャッジすると凡作」になる。でも加点法ならかなりの良作。ネットで見ても、他の並み居る話題作もプレイしている人の感想として、「一番面白かったのはサンドランド」の声もあるほど。

とどのつまり本作は、「浅くて優しくて丁寧だけど、ミスもある」そんな作品だったと思う。ゼルダのような完璧超人なオーラはないし、かと言ってとんがって作り手が作りたいものを作ったというひとりよがりな感じもない。たぶん、

 こういうものが作りたかったという気持ちが、そこそこちゃんと形になってる作品

だったと思う。

特に、登場人物はほとんど死なないし、悪いヤツが改心するケースも多い。
※比率的にはドラゴンボールとほぼ同程度かな。死ぬヤツは死ぬ

何より(これまで書き忘れてたけど)、主人公ベルゼブブの性格がとてもイイ。マンガでもその良さは出ていたけど、これだけしつこく同じセリフを聞かされまくると、
※移動中の野良会話

 しみじみコイツは前向きで、人として正しい行いを「肩の力を抜いてやる」ヤツなんだなぁと思う。

何つか、本作はある意味とても道徳的で、
※戦争の悪いところをあんま説教臭くならない程度に話したりするし

 小学生から中学生くらいの子供が遊ぶのには、とても「優等生」なゲームだったと思う。

ストーリーは、前半でマンガのパートを語り終え、後半は完全にオリジナル。でもその内容はとてもシックリと収まるもので、最後のオチに至る展開は、

 むしろマンガを超えた感動があった。

この辺りに生前の鳥山先生が絡んでいたのかはわからないけど、
※ちょっと優等生過ぎる展開だったので
僕自身少しホロリと来てしまったし、
※嫌みじゃない感じで

 とても清々しい気持ちになれた。

この感じは、ゲームではとても珍しいと思う。ある意味サマーウォーズやペンギンハイウェイにも通じるような、「子供向けだけど大人も癒される」そんな後味だったと思う。

あまりにも情報共有する相手が居ないものだから、普段よりネットでの攻略やら掲示板やらを読みあさってしまった結果、メカの種類が全部で何種類あるのか、クリア前に知ってしまったのがちょっとミスったかな、と思った。
※つまり残念ながら飛行機は手に入らないのだな、と

最終戦の前には、クリア出来るサブクエは一通りクリアした。ただ、レースやバトルアリーナはほぼほぼやり込まず、グレーで行けてない洞窟なども数カ所あったし、宝箱も、たぶん取得率70%くらいしか集めてないと思う。

心残りがあるとすれば、メカのレベルをMAXの30に上げる為の「ゲジ超硬合金」が、クリア後でも手に入らず、
※まだいくつかクリア後に発生したサブクエは残ってるので、それで加工屋に並ぶ可能性は高い
最終的なメカレベルが27のままだったのがちょい口惜しい。

ただ、武装に関しては、正直相手を混乱させるとか、機械トラブルや、延焼状態にするみたいな状態異常の武器、シングルキャノンの強い武器より、連装砲、つまり1度の射撃で2発弾が飛んでいく主砲が最も使い勝手が良く、

 そのシークレットが比較的早くに手に入ってしまったことで、「これ以上強くはなれないんだな」って感じになってしまったりはした。
※手に入ったのはメカレベルが20前くらいだったかも

一応クリティカル+と、延焼+を付けたけど、それで最後まで火力に不満はなく、ぶっちゃけ「戦車で戦えるなら余裕」って感じだった。
※その分人間で戦う時がツライかと言えば、それすらもダークエナジーをアイテムで「回復しない」という軽い縛りプレイをしていてなおそこまでキツくもなく、

 難度は総じて優しく、易しかったと言っていいと思う。

てか、そうだな、、、僕の長男なら、たぶん8歳くらいでクリア出来るような内容だった。

なので、メカに関しては正直全種類取得するまでがゴールで、最後に手に入れたホバータンクや、鳴り物入りのバトルメカ(キャラメルマン)なんかは、正直メリットとしては全然弱かった。特にホバータンクはジェットホバーの完全下位互換だったのだけど、ジェットホバーのが「作りやすい」のは、プレイの楽しさを維持する上でとても重要だったとも思うので、

 あくまでオマケ程度の存在価値でもよかったんだろうな、と>ホバータンク、バトルメカ

でもだからこそ、最後に飛行機が欲しくもなったんだけどさ。

ちなみにホバータンクは、しつこくジョーカーの手配書クエを繰り返して集めた。レシピが全然手に入らなかったので、あいつのドロップが頼りって感じで。

そう言えばベルゼのメタルボディやラッシュは、一度も使わなかったな。岩投げは一二回使ったけど、特に使いやすい感じじゃなくて、結局ダーク解放しかまともに使い物にならなかった気がする。あと、ラオの「戦車を使ってサポート」も、何度か使おうとするたびに、

 今は使えない!

って言われて、結果一度も使えなかった。

そもそも仲間のコマンドは4種類しかセット出来ないのだけど、

・メカのHP回復
・ラオの火力UP

コレ以外は、中盤以降一切使わなかった。状態異常回復とか「あ、あ、、、」と思ってる間に残り1秒くらいになって、まぁいいかって感じだし、シーフの盗むも結局「盗む前に倒しちゃう」感じ。宝探しも、あれを使うより普通に探索したり倒したりする方が早いと思ったし。

とにかく敵を倒すのが簡単で早く、シンプルだけど僕にとっては、

 無双シリーズの数千倍爽快感があった。

あんな雑魚まで持久戦を強いられるようなゲーム性は、「命の無駄使い」だと思うのだ。

時にはホバーカーでのんびり川を遡上したり、

|

« ゴールデンウィーク最終日に大阪仕入れ | トップページ | サンドランドPS5~その12~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴールデンウィーク最終日に大阪仕入れ | トップページ | サンドランドPS5~その12~ »